聖子ちゃん

ネタ的に今さらですが大晦日の紅白歌合戦について。

ここ数年、紅白も少し感じが変わってきて、要所要所にバラエティ的な演出が入るようになりましたよね。昔はただ歌って以上って感じであんまりおもしろくは思わなかったんですけど、最近のは歌以外にも楽しめる部分が増えておもしろいなって思うようになりました。

で、出演する歌手の皆さんも、昔はロックやニューミュージック系で「紅白に出るのはカッコ悪い」というような風潮があったのか、オファーを断る方が多かったのに、最近の紅白はそういうのが拭われてきてるようにも思います。そのせいなのか、昨年末はユーミンとサザンが出ちゃったり、石川さゆりのギターで布袋寅泰が出たり、見所も多かったのではないでしょうか。ユーミンはバックバンドも豪華な顔ぶれでしたしねぇ。

そんな中で私が意外とグッと来たのが松田聖子。

アイドル全盛の80年代当時はあのブリっ子キャラが恥ずかしくて、私はアンチ松田聖子で、どちらかと言えば中森明菜派でした。男ならトシちゃんよりもマッチって感じで。

その後も特に松田聖子が好きになることもなく今に至るわけですが、この前の紅白で披露した懐かしのメドレーを聴くと、今さらながら、いや今だからなのか、意外と松田聖子の曲って良曲揃いだなぁと感じました。好きじゃなくても当時散々歌番組で流れてましたから全部知ってますしね。

作詞はご存知松本隆、作曲は大瀧詠一・細野晴臣・佐野元春・松任谷由実・財津和夫などなど、アイドルへの楽曲提供とは思えない豪華な布陣。あらためて聴くと作曲者それぞれの個性もしっかり反映されつつ松田聖子ワールドに昇華されていて、松本隆の詞もよく練られていたんだなぁと感心します。

そんな事を思っていたらただ歌を聴くだけじゃなく、違う見方をしてみるのもおもしろいと思った年末の紅白歌合戦でした。




下町ロケット in 燕市

下町ロケット

前シーズンは見てなかったんですけど、今回は燕市でロケを行ったと散々告知があったので見てみました。

いったいドコで燕ロケのシーンが使われるのかと思えば、そのまんま燕市だったんですね(笑)

てっきり町工場が使われてるのかと思ってたのに、思いっきり見覚えのある山の景色でした。

ということはあの農家宅も実際にあるお宅ということですよね。今後、観光名所になったりして?

劇中で燕と呼ばれるようになった由来が語られてましたが、Wikiを見るとそういう伝説もあるみたいだけど、元は「津波目」という表記だったのがいつの間にか文字が置き換えられたとのことで、この辺りのお話は燕市の方なら知ってることなんでしょうか。

本筋もおもしろかったけど、そういう側面も合わせて見るとより楽しいですね。




東京オリンピックのエゲツないボランティア募集について / せやろがいおじさん

話題の動画。

まずはご覧あれ。

 

 

動画消されるかもしれないので一応文字起し。

 

お〜い!オリンピックの現地スタッフやらスポーツドクターをボランティアで募集しようとしてるお偉いさ〜ん。

国民のことどない思てる〜~~~?

そもそもボランティアって募集するもん?

自発的にお金いらんから手伝わせて〜って来るのがボランティアやんな?

お前らのやってる宿泊費も交通費も払わんけど10日間くらい無料で働いて〜っていうのはただの奴隷急募のお知らせじゃい!!

ほんで東京オリンピックの予算当初2000億円やったのが今3兆円まで膨れ上がってるらしいやないか。

膨れ上がりすぎや!

パリス・ヒルトンが予算組んどるんけ?

ほんで人件費なんか多く見積もってもだいたい100億円くらいや!

3兆円と比べたら消費税くらいのもんや!

そんぐらいのお金出せへんもんかね〜~~~?

ど〜してもお金捻出できへんねやったら分かった!

100歩譲って現地スタッフはボランティアでお願いしてもええとしよう。

でも主役である選手の体を守るスポーツドクターだけはお金出してお願いしよ。

え?そんなお金もない?

ほな3兆歩譲ってスポーツドクターもボランティアでお願いしたとしよう。

で、もちろんお偉いさん方も給料貰いませんよね!?

スポーツドクターをボランティアでまかなわなアカンようなグズグズの予算計画作っといてまさか給料貰いませんよね!?

これでしっかり自分の利益だけは確保しようとしてたりしたらおじさんのエキスがギュッと詰まったこのふんどしで両頬ピシ!ピシ!ってやってとってもイヤな気持ちにさせたろけ〜。

なんかサマータイムみたいなのも導入しようとしてたらしいけどええか!?これだけは言うとくぞ!

オリンピックの為やから言うたら何でもOKなるわけとちゃうからな!

それ有事やからお国のために尽くしてくれ!って言ってたあの時と考え方大して変わってへんからな!

こんな国から時間も技術もお金も全部搾り取られて搾り取られて国民がおからみたいになって上の奴らが豆乳チューチュー吸うてるようなオリンピックやったら今後やる必要無しじゃ!

国民のこともっとダイズに(大事に)して〜

せやろがい

 

ふんどしでピシピシ!はともかく、言ってることはまったくもって正論。

お偉いさんはたっぷりお金もらって、スポンサーもウハウハして、そんで体動かす実働スタッフがボランティアのタダ働きって、どんだけ鬼畜なん。

なんかタダのボランティアが批判浴びたみたいで1日1000円出すみたいな話もあるみたいですけど、逆に「金払ってるんだから文句言わずに死ぬまで働け」みたいなことになりそうな悪寒。

何のために公式スポンサー企業がおるんじゃい!
真っ当な賃金でスタッフ雇えや!
それすら出せないならスポンサーなんてやめちまえ!

結局、平和の祭典なんてキレイな言葉で飾っていても、利権の祭典でしかないわけですな。

 

ちなみにこの動画に登場してる方、お笑い芸人の榎森耕助さんという方だそうです。

今回の動画で結構注目を集めているようですが、これを気に人気に火が付くかどうかより、安倍さんに消されないかの方が気掛かりです。




引き際・去り際

この連休、テレビでもネットでも安室奈美恵さんの引退と樹木希林さんの訃報が大きなニュースとなっていました。

平成も終わろうというタイミングで正に平成を代表する歌姫として君臨してきた安室奈美恵の引退。その人気は未だ衰えを知らないのに、1年前の引退宣言には日本中が驚きました。何を想い、この先の人生をどう生きるのか。我々には知る由もない安室奈美恵の心の内は伝説となって永遠に彼女の胸に仕舞われるのかもしれませんが、表舞台から去っても彼女の歌声はファンの耳に永遠に残ることでしょう。

樹木希林さんの訃報にも驚きました。つい最近まで元気な姿を見ていただけに、75歳という若さでこの世を去ったことに多くの方が無念に思ったことでしょう。

平成の歌姫の引退と、国民的女優の死去。

形は違えど、我々の目の前から同時期にいなくなったことになんだか複雑な気持ちです。

自分自身もいずれ仕事をリタイヤし、人生の終焉を迎える時が来るわけで、その時に何を想い、それまでに何をするのか。別に多くの人に惜しまれながら、なんて人生を思い描いているわけではないけれど、たった一度の自分のストーリーをどう描いて何を残していくか、そんなことを考えたりします。

実際、いつ死ぬかわからないですしね。

 

安室奈美恵さん、樹木希林さん、長い間おつかれさまでした。

 




ミライのテーマ / 山下達郎

今日で8月も終わり、明日から9月。

この夏はとにかく暑すぎて、この猛暑はもうカンベンと思っていたのが、ここしばらくの涼しい雨続きに早くも秋の気配を感じたりすると、あのクソ暑い日々が少し恋しかったり、夏の終わりに淋しさを感じたり、人間ってなんて勝手なんでしょう。

 

 

山下達郎の夏ソング定番なメロディも、このタイミングで聴くとやっぱり過ぎ去る夏の淋しさを感じますねぇ。