消費税率10%への対応

消費税率変更まで1ヵ月を切ったので、ホームページにご案内を掲載しました。

ウチの場合は軽減税率の対象となるサービス・商品はございませんので、10月1日から全ての料金が税率10%になります。

現在進めている案件は9月中に納品できれば8%でいけるんですけど・・・うーん、どうだろう?

 

で、もう1ヵ月もないと言いながら、消費税が上がる実感はまるでなくて、実感するのはきっと10月以降なんでしょうね。

駆け込みで9月中に買っておかなきゃいけないってのも特に思い付かず、ゴルフのスタッドレスタイヤは早めに買っておいた方がいいのかな~ってくらい。2%の差でもそれなりの金額になるウン百万の高額商品買う予定なんて9月中はおろか、数年先でも無さそうですしねぇ。

心配なのは各店舗ですよ。増税で金額変更もあるだろうし、軽減税率対象商品扱ってるところは複雑になるし、キャッシュレスでの還元なんてもうわけわかんない。9月になってもまだ対応できてないお店も多いんじゃないですか?きっと増税による消費の落ち込みもあるだろうし、あまりいい未来が見えてきません。

 

皆さんは増税前に何か買いましたか?増税への対応、済んでますか?

 

馴染ませる

先日ご依頼頂いた3D CGの制作が進行中です。

某山間部に建設予定の構造物の完成予想図フォトモンタージュとその色替えパターンの制作なのですが(案件的に詳細は伏せます)、頂いたフォトモンタージュ用の写真を拝見すると、せっかくCG作ってもその建設予定構造物があまり見えない感じになりそう。

それでもいいのか担当者さんに確認すると、構造物ができるだけ景観を損ねないように配慮してるのでむしろ馴染んでる方がいいのだとか。

なるほど・・・そういう観方もありますね。

色替えも複数の色候補があるんですが、どれも彩度を抑えたシックなものとされていて、これも景観に配慮した上での色選定ということ。

正直、作る方としてはCGのオブジェクトがどどーんと全面に出るようなものの方が作り甲斐はあるんですけどね(笑)

 

フルCGから目立たないフォトモンタージュまで、3D CGのご依頼お待ちしています。

 

引き止めたい

現在、とある会社のHPリニューアルでご相談頂いておりまして、リニューアルもそうなんですが、現在ご利用中のホスティング会社でドメイン・サーバーのコストがえらく高額なので当社でお勧めしているホスティング会社に移管しようという方向で進めております。

だってねぇ、サーバー容量がウチで勧めているトコに比べて1/5なのに料金は倍以上なんですよ?SSL証明書も高くて、それも含めちゃうと3倍以上になっちゃいます。ドメインもサーバーもHPを運用する以上、継続的にコストが発生しますので、機能や安定性の面で一概に安ければいいとも言えませんけど(当社では総合的に吟味した上でお勧めしています)、低スペックで高額なら使い続ける理由がありません。当然、移管に際してはいろいろ手続きやらがあって面倒ではありますが、その面倒があったとしても移管するメリットの方が上回っているならしない手はありませんよね。

で、じゃあ移管の手続きをしようかとヘルプで手順を確認しようとすると・・・これが出てこない。他社から自社への移管はこれでもかってくらい懇切丁寧にヘルプが充実してるのに、自社から他社の案内がどうやっても見つけられません。

いや、気持ちはわかりますよ。誰だって他にお客さん取られたくないでしょうよ。でも、こういうやり方は企業姿勢としてどうなの?と思ってしまうし、なおの事この会社を利用し続けるのをお勧めしたくなくなります。

一番大事なのは出口を塞ぐことではなく、出口に向かわせないサービスを提供することではないかと思います。

  

ステッカー制作のご依頼

今日はとあるクルマ屋さんからステッカーとカッティングシート制作のご依頼をいただきました。

たまたま偶然なんですが、実は以前に少し関りがあったクルマ屋さんで、担当者さんもウチを見て「見覚えがある」とおっしゃってまして、なんだか不思議なご縁を感じてしまいました。

偶然と言うくらいでウチを見つけたのはネットで検索してって経緯なんですけど、なぜだかウチはさほど力を入れてないのにステッカー制作で検索にヒットするらしく、ステッカー制作のご相談というのは結構いただきます。

ただ、ステッカーに限らず印刷関係全般に言えることは、ロット数で金額がかなり変わること。大量に作れば1枚単価が下がるのはご想像の通りで、困るのは小ロットの時。

もちろん小ロットにも対応はするのですが、お友だち関係で使うので5枚とか10枚でいい、なんてケースも少なくなく、その上デザイン制作もとなるとどうしても1枚単価が高くなって価格的に折り合わないということが多々あります。

なんとか安価にと努力はしてみても、どうしても越えられない壁もありますので、全てのご希望に添えられるとは限りません(それはウチだからではなく他でも同じことだと思いますが)。

今回はお客様からデータ持ち込みでの制作でしたのでロット数は少な目でも何とか折り合う価格にはできました。

「必ず」とは断言できませんが、小ロットでもなんとかできるように努力してみますので、ステッカー制作でお悩みの方はお気軽にご相談ください。