20th Anniversary

今日、1月18日でD-Styleは20周年を迎えました。

毎年この時期に〇周年として記事を書いてますが、今年はついに20年という大きな区切りを迎えたことと、昨今のコロナ過での経済的ダメージの中で何とかまだ生き残れていることで、より一層感慨深いものがあります。

毎年同じことの繰り返しになってしまっていますが、ここまで続けてこられたのは何よりD-Styleとお付き合いいただいた多くのお客様や助けてくれた協力業者さんのお陰です。コロナの時代でリモートワークが普及し、基本一人で全国の皆さんとお仕事させていただいてるウチはコロナの前からずっとリモートワークみたいなもんですが、やはり基本は人と人との繋がり。直接お会いできる機会は限られても、デジタルなお付き合いよりは人情味のあるお仕事がしたい。コロナ過によってより強くそう思います。20年という長い月日の中で様々な事が起こり、苦しい時も多々ありました。それでも既に10年以上のお付き合いになるお客様がたくさんいらっしゃって、今もなおお付き合いを続けていただけていることに、ただただ感謝するばかり。本当にありがとうございます。

30周年があるのかどうかわかりませんけど、続けられるうちは続けていきたいと思っていますし、まだまだ新しいことにもチャレンジしていきたい。10年後にこのブログで30周年の記事を書けるようにがんばっていきます。

今後ともD-Styleをよろしくお願い致します。

 

D-Style

そして、この写真は20年前、2001年の夏、事務所前で撮った写真。

私も妻もまだ若いですね(笑)。息子はまだ2歳です。娘が生まれるのはこの1年半後。ビートルはこの後手放してしまったので娘はこのビートルには乗ってなかったですね。息子もきっと記憶はないと思います。

ここから始まったD-Styleが紆余曲折を経てハタチになりました。

こんな小さかった息子もすっかり大人ですからねぇ。まだ生まれてなかった娘も2年後には成人式ですし。

もう親と一緒になんて写真撮らせない年頃なのであらためて20周年の家族写真なんてものはないんですけど、30周年には孫と一緒の写真でも撮らせてもらいましょうかねぇ。

 

あけましておめでとうございます

護国神社

皆さま、あけましておめでとうございます。
今年もD-Styleをよろしくお願い致します。

さてさて、D-Styleは今日が仕事始め。今年は比較的年末年始の休みが短ったのですが、それでも生活リズムが崩れて仕事復帰はなんだかかったるいです(笑)

ま、新年早々やることはいっぱいあるので気を引き締めてがんばります。

 

年末年始は基本的にStay Homeでした。生活に必要な買い物は行きますけど、レジャー的な外出はナシ。唯一それっぽい初詣もいつもなら元旦に行くところを蜜を避けて3日に行ってきて、写真の通り護国神社はかなり空いてました。元旦・2日がどうだったのかわからないんですけど、やっぱり今年は控えるor分散の人が多かったんでしょうかね。

暮れの31日には東京で1300人以上の感染が確認され、そろそろ1000人超えるかも?と言われてたのが一気に1300人まで増えたので、かなりのインパクトがありましたよね。その後も減少に転ずることなく正月3ヶ日も高めで推移してますから、関東1都3県から緊急事態宣言の要請が出るのもムリはないという感じ。新潟はそれほど劇的に増えてる感じではないにしても、全国で減少傾向が見られてない中で微妙にジワジワ増えてきてると数ヶ月遅れで同じような状況に陥ることも可能性としてゼロじゃないので、緊急事態宣言が出なくてもやはり警戒は緩められませんね。

去年1年がすっかりコロナで振り回されて、年が変わってもその状況まで変わるわけじゃなく、なんだか明るい兆しがまったく見えない新年なんですけど、こんな時だからこそ新しい事にもチャレンジしていける1年にできたらいいなと考えています。

 

仕事納め

D-Styleは今日で仕事納め。

明日から1月3日まで年末年始のお休みとなります。

他でも今日、明日くらいまでというところが多いのでしょうか。コロナの影響で早めに先週末からというところもあるのかな?年末年始も休まず仕事という方はお疲れ様です。

 

で、この年末年始はどうしましょうかねぇ。

巷で言われているように「静かな年末年始」を過ごすつもりではいますけど、せめて初詣は人の少なそうな日時を狙って行こうかとか、いやいや今年はちょっとヤバそうだからやめておこうかとか、たまにはお友だちにも会いたいよなーと思いつつも万が一があると自分も相手も困ることだし、動こうにも動けない、そもそも動くべきではない、という状況で、結局家でテレビ見て終わっちゃう感じですかねぇ。

帰省を控えるようにとは言われてても、やっぱり帰省する人は少なからずいるでしょうし、コロナの変異種まで国内で見つかって更に上のステージに上がるような雰囲気の中でコレではこの年末年始は恐ろしいことになるんじゃないかとメッチャ心配です。

私たちにできるのはとにかく予防しかありません。

安易な行動が大変な事態を招くこともあるわけですから、今は苦しくてもこれ以上苦しくならないための行動が求められます。

 

それでは皆様、今年もD-Styleをご愛顧いただきありがとうございました。
来年はコロナが収束して明るい年になることを祈っております。
よい年をお迎えください。

 

グッズ販売します

Tシャツ

D-StyleではこれまでiPhoneカバーやTシャツ等のグッズを作って販売してきました。

しかしグッズを作るとなると一般的にはそれなりの数をまとめて作ることになるし、ウェアならサイズ、スマホケースなら機種毎のバリエーションを揃える必要があるので、1回にかかる制作コスト、売れ残りリスク等々、難しいところもあります。iPhoneカバーは一時期結構作ったんですけど、機種がちょいちょいモデルチェンジするし、iPhone以外もとなると少量生産はかなりキツいです。ウェアにしてもサイズはある程度見込んでおいても狙った通りに売れるとも限りませんからね。あとでもう10枚追加~なんてのも難しかったりするし。

ということで、今回からはTシャツトリニティさんで受注生産販売とすることにしました。

D-Style|デザインTシャツ通販【Tシャツトリニティ】

これなら在庫を抱える必要はないし、同じデザインでサイズ違い・色違いを好きなだけ展開できるし、買う人も売る人もそれぞれにメリットがあります。当然大量生産に比べたら1点あたりの価格は高くなってはしまうんですけど、個人の小ロット制作に比べたらそれほど差はないし、むしろ受注生産でこの価格なら安いくらいじゃないかと思います。

同じようなサービスを展開しているもう1社はアイテムのバリエーションが豊富なのが魅力だったのですが、Tシャツトリニティより価格がやや高くなってしまうので今回は見送りました。今後はTシャツとスマホケースはTシャツトリニティ、それ以外はもう1社と分けて展開するのも検討してみたいと思います。

 

現時点では過去に販売したiPhoneカバーの再販バージョン、それらをウェアにアレンジしたものを主にラインナップしています。記事冒頭のTシャツはかつてiPhoneカバーで作ったデザインをウェアに展開したもので、当時は売ってませんでした。その他にも、この前ステッカーを作ったCub unlimited関係のアイテムも追加していますし、新作デザインも少しずつ追加していく予定です。

トレーナー

↑コレはかつて作ったbug unlimited Tシャツをスウェットに変えたもの。Tシャツを作ったのはもう10年も前ですよ。まだ小さかった子どもたちの分も含めてネイビーとバーガンディの2色を作りました。このTシャツがなかなか丈夫で未だに現役なんですけど(笑)、さすがにもう新たに作るまではしないので、Tシャツトリニティでスウェットやパーカーなど昔は作れなかったアイテムを作ってみたいなぁと思ってます。

bug unlimited

 ↑10年前、息子にモデルになってもらった時の写真。10年前ってまだ小学生だよね。当然この時のサイズはもう着れません(笑)

 

Tシャツトリニティはもちろん誰でも利用できますので、売ってるアイテムを買うだけでなく、自分オリジナルのグッズを自分用に作ることもできます。大量制作まではしないけど、家族分やチーム分など少数制作したいってパターンにも向いてますね。

 

G-MISTのお問い合わせが急増

コロナウイルスが拡大していくにつれ、当社で取り扱いの次亜塩素酸水「G-MIST(ジーミスト)」のお問い合わせがすごーく増えてます。

更には最近BSNでも取り扱いを始めてテレビCMいっぱい流してるもんだから、その影響でお問い合わせがますます増えてきてます。

 

新潟日報
新潟日報 2020.5.19

 

で、今日は新潟日報でも記事が載ったもんだから、今日もまたお問い合わせが何件か来ています。

コロナまではそんなに反響なかったんですけどね(笑)

今までもちょいちょいは売れてましたけど、この1・2ヵ月で今までの数年分以上の数が売れてます。

とは言ってもウチはこれがメインではないので他と比べればそれほどでしょうけど。

 

気をつけていただきたいのは、一口に次亜塩素酸水と言っても全てがG-MISTのように長期保存が可能なわけではないということ。近くのホームセンターにも次亜塩素酸水として容器に入れて売ってるものがありましたけど、通常の次亜塩素酸水は製造後すぐに減衰が始まってしまうので店頭に並ぶ頃にはただの水に戻ってる可能性があります。また、次亜塩素酸ナトリウムを希釈して次亜塩素酸水として売ってる商品もあるそうですが、これは次亜塩素酸水とはまったく異なるもので、これらについては機能水研究振興財団という団体が注意喚起を行っていると先日ニュースがありました。

次亜塩素酸水をご購入の際は皆さんご注意くださいね。

 

ジーミスト

長期保存が可能な次亜塩素酸水「G-MIST(ジーミスト)」のご購入はこちらから