原油高騰

先週末くらいから一気に寒くなってきて、長かった残暑が終わるのも一気でしたね。少し前に30℃を超えるような日もあったくらいで扇風機も出しっぱなしだったのに、今週からは扇風機がある事務所でエアコンの暖房をONにするという季節感狂いまくりなシーンも。あ、さすがに扇風機は片づけました。

で、そろそろ冬も近いということで日曜日に灯油を買いに行ったんですね。最近は原油高騰の影響でガソリンがどんどん値上がりしてるというニュースも聞いていたので灯油もきっと高くなってるんだろうなぁと思ってはいましたが、現金会員の割引価格で20リットルがなんと1920円!比較としてわかりやすい18リットルにすると1728円です。去年がいくらだったか調べてみるとだいたい1200円台(18L)、一昨年は1400円台(18L)くらいだったのでやはり今年は高いというのがわかります。それならしばらくはファンヒーターを使わずエアコンにした方がコスト抑えられるかなぁなんて単純に思うんですけど、原油だけじゃなく天然ガスも上がってるみたいなので今後は電気料金にも影響してくるでしょう。更に今は円安なのでエネルギー資源を輸入に頼る日本にとって最悪の時期になってしまっています。

ガソリンも、灯油も、ガス・電気もみーんな値上りして、ただでさえコロナで冷え込んでる経済に追い打ちじゃないですか。

原油が値上りしているのはコロナ過からの経済回復で原油需要が高まっているのに産油国がこの機会に儲けておきたいと増産を見送ったことがダブルで値上がりに拍車をかけてるそうな。脱炭素の流れや再生可能エネルギーへのシフト、アメリカのシェールガス等々、産油国にとってはこの先厳しい見通しもあるので稼げるうちに稼いでおきたいという気持ちはわからなくもないです。石油以外に大きな収入源のない国なら尚の事。ビジネスはボランティアじゃないですからね。ならば日本はいつまでもエネルギー海外依存度の高いままではなく、再生可能エネルギーをもっと比率上げて、こういった状況で経済を振り回されないようにするのと同時に、世界に向けてその技術を輸出できるくらい世界をリードしていかないと、海外にどんどん遅れを取ってしまいます。

あとは円安。末期の菅さんから岸田さんに総裁が変わり、普通だったら新総裁の元で成長へ向かう経済対策が取られるのではないかという期待感で円が値上りしてもいいもんなのに、岸田さんになってからどんどん円安に向かってるってどういうことでしょう。もう世界は日本に魅力を感じてない、自民党に期待もしていない、アジアは日本より中国、ということなのでしょうか。円安なら輸出産業はウハウハ・・・といきたいところなのに世界的な半導体不足で自動車や家電は軒並み減産。石油のように稼げるうちに稼いでおくということもできません。

スーパーに行っても野菜は高くなってるし、ガソリン高いと遠くまでドライブ行こうっていうのも躊躇われるし、最近のコロナ感染者減少傾向も、喜ぶよりもこのタイミングで第6波が来たら日本終わるんじゃね?という不安への序章のように感じてしまいます。

うーん、どんどん暗い話になって気分も暗くなってしまった。

なんか明るく楽しい話題ないですかねー。

 

ワクチン2回目

えー、先ほど新型コロナウイルスのワクチン2回目を接種してきました。

1回目が8月30日でしたのでほぼ1ヵ月後となります。今回も息子と一緒に行ってきました。

前回同様、接種自体は至ってスムーズ。待ち時間もほぼ無くて前回より早く終わったくらいです。この1ヵ月でスタッフの皆さんも慣れたでしょうし、受ける方も2回目となれば戸惑うこともないですもんね。

この記事を書いてる時点では特に何の症状もありません。何かあるとすれば今夜くらいか、明日以降か、2回目は副反応が重く出る人が多いようなので若干ビビり気味です。明日は仕事にならないかも~??

 

しかしこれである程度コロナの重症化は避けられるハズ。ちゃんと抗体ができるまでしばらく時間がかかること、2回接種しても感染することはあるということ、引き続きマスクや消毒は継続するということ、これらを頭に入れて油断せずに終息までがんばるとしましょう。

 

緊急事態宣言は解除の方向になったんですよね?最近は新規感染者数がかなり少なくなってきてピークアウトした感がありますけど、次なる第6波の話も出てますので油断すると第5波よりも多くの感染者が出る可能性もあり、ワクチン接種率が上がっていることからどこまで感染者増加を抑制できるか・・・・何とも言えませんね。

宣言解除ってなるとまるで全てから解放されたかのように感染対策がおろそかになる方が出るのが毎度のパターン。もう何回もやってるんだからいい加減に学習して、感染拡大させないようにお願いしたいものです。

 

コロナワクチン2回目接種完了

ワクチン1回目

新型コロナワクチンの接種率も上がってきてる中、ようやく私も昨日1回目のワクチンを打ってきました。

本当は7月上旬に某企業の職域接種に混ぜてもらえるって話があったんですけど、その時は希望者が殺到して、ちょうど職域が多くなりすぎてワクチン足りないなんて言ってた時期だったので、部外者の私は混ぜてもらえなかったんです。

今回もその時とは別の企業の職域接種に混ぜていただいて、私の年齢なら今は市の集団接種会場でも予約ができるんですが、できれば息子も一緒に接種してもらいたかったので集団接種ではなく職域接種に混ぜていただいたという流れ。

話に聞いていた通り、接種自体は待ち時間と接種後の待機時間を合わせても30分程度ですぐに終わりました。1日経った今は打った左腕にやや痛みがあって、これがウワサに聞くヤツかぁという感じ。熱や頭痛もなく、食欲も普通です。

怖いのは2回目ですよね。出る症状は人によって違うものの、概ね2回目は副反応が重いという声が多く、医療従事者ということで早めに接種していたお客様の歯科医院でも2回目は念のため接種の翌日を臨時休診にするという医院がけっこうありましたし、キツかったという声も実際に聞いています。

まぁ、覚悟するしかないっすね。

あとは最近モデルナ製ワクチンで異物混入があったと報道され、そのロットのワクチンを接種した方の中に亡くなった方がいたとの報道もあって、さすがに昨日私らが接種したワクチンは異物のチェックはされていると思いますけど、因果関係不明でもいろいろわからないことが多過ぎて不安なってしまう面も。そもそも急ごしらえで作ったワクチンってホントに大丈夫なん?って不安も拭いきれたわけじゃないですし。

ようやく若い世代の方も接種できるようになってきて、このまま接種が進めば国民の多くで2回目完了するのは10月中くらいでしょうか?そうすれば感染も縮小に向かいますかねぇ。多くの国民が限界迎えてますから、今度こそ中途半端に緩めて再拡大なんてことにならないように、しっかり抑え込みたいですね。

コロナワクチン2回目接種完了

ワクチン2回目の接種が完了したら、こちらのTシャツよろしくお願いします(笑)

 

感染拡大が止まらない

このブログでも何度も触れているコロナウィルス。少しは安心材料となる話でも出てくれば多少でも気は休まるのに、そんな記事が書けるどころか日本全国で感染者がどんどん増えて、その加速度は恐ろしいほど。少し前までは20人程度だった新潟でも最近は100人を超えるのが普通になってきて、これっていつかの東京や大阪だったよねと思うと、この先数週間後にはどんなことになっているのか、恐怖しかありません。

関東では自宅療養者も爆発的に増えて、入院できないまま自宅で亡くなるケースも増えてきているし、今日も自宅療養中の妊婦さんが救急車を呼んだのに受け入れ先が見つからず自宅で出産した赤ちゃんが亡くなったという悲しいニュースもありました。

もう完全に非常事態です。コロナに感染しても入院はできず、コロナじゃない病気やケガでも病院には運んでもらえない。マスコミは言わないけどほぼ医療崩壊してると言っていいでしょうし、首都圏だけでなくこのままではこれが全国規模になる可能性も非常に高い。医療スタッフやベッドはこれ以上大量に増えるなんて期待もできないでしょうから、とにかく感染者を少しでも減らす以外にこれを乗り切る術はありません。政府も自治体もお手上げ状態で、あとは国民一人ひとりが自覚を持って感染を防ぐしかありません。

なのに・・・・世の中はまだ危機感低いような気がします。

お盆休みの間もあれだけ移動は控えてと言われてたのに県外ナンバーのクルマがたくさん走ってたし、帰省していた人もたくさんいたみたいです。「自分だけは」と根拠のない自信で無自覚に行動した人が多かった結果が今なのですから、そんなの人に言われるまでもなく自制しなきゃいつまでも終わりは見えてきません。

幸いなのは夏休み期間中だったこと。季節性インフルエンザが学校を介して広まるようにコロナも同じことが起こるでしょうから、逆に言えばこれから夏休みが終わって二学期が始まったら更に感染拡大する可能性が高いとも言えます。一部では既に分散登校とかオンライン授業とかって話も出てはいるようですけど、全ての学校でできる状態ではなさそうですし、12歳以下はワクチンも打てないので小学校は特に心配。親⇔子ども⇔同級生⇔その家族・・・考えただけでも恐ろしい。

とにかく、外出はできるだけ控えて、人との接触もできるだけ避けて、手洗い・消毒・マスクはもう言うまでもなく、飲み会も旅行も諦めるしかありません。無策の政府はもうアテになりませんよ。

 

感動と腐敗

国立競技場

東京オリンピックが閉幕しました。

数々の勝負があり、様々なドラマがあり、喜びや涙があり、多くの方に感動を与えたスポーツの力というのは偉大だな、とあらためて感じました。

スケートボード女子パークで金メダル候補と言われていた世界ランキング1位の岡本碧優選手が先行する四十住さくら選手を抜いて上にいくために果敢に挑んだ大技で着地に失敗、4位に終わってしまいましたが、そのチャレンジ精神を称えるかのように日本人選手だけでなくその場にいた外国人選手もみんなで岡本選手に駆け寄り抱きかかえるシーンは、国も人種も文化も勝敗も越えて人は皆1つになれるんだという素晴らしさを象徴していたような気がして、私もとても感動しました。

しかし、この素晴らしいステージを作り上げるまでの過程が、賄賂で得た招致、エンブレムデザインの盗作、女性蔑視や容姿の侮辱、いじめや差別、世界一お金がかからないと言いながらかかってしまった巨額の費用、大量の食品廃棄、コロナ過における開催、守られなかったバブル、などなど、およそスポーツマンシップとは程遠い、むしろ真逆とも思える中身であったことが感動に水を差したと言いますか、素直に喜べないところでもあります。

そもそもこの暑い時期の東京でスポーツイベントを開催するのがどれだけ危険であるかというのは招致の段階で多くの方が言ってたことだし、結局暑さでスケジュール変えたり、中には競技の参加・継続ができない選手が出るなど、それみたことかという結果になったわけで、わかっていながら時期を動かせないのはアメリカのTV局の事情でしかなく、つまりオリンピックそのものが競技やアスリートを中心に考えられたものではなく、所詮はスポンサーファーストの商業イベントに過ぎないという根本的なところで「選手よりマネー」という腐った連鎖の根源になっているということもあらためて世界に知らしめたわけです。

オリンピックが終われば次はパラリンピックが待っています。パラリンピックこそオリンピックより差別やいじめのない社会を表す象徴でもあるわけですから、運営はパラ選手たちに対して恥ずかしいことをしていないかと自問自答してほしい。今一度オリンピック精神に立ち返り、その存在意義を確かめてほしい。

それができないならオリンピックなんてもうやめちまっていいと思います。