東京オリンピック延期

TOKYO2020

コロナウイルスの影響で今年の開催が懸念されていた東京オリンピック・パラリンピックが延期されることになりました。

そりゃそうですよねぇ。収まるどころか拡大する一方の現状でとても開催できるとは思えないし、国民の大半も、そして世界中も「ムリでしょ」って思ってたのに意固地になってたのは政府や東京都、JOC、IOCなどオリンピック利権に関わる人たちばかりで、ここにきてようやく諦めたってところでしょうか。

しかし、現時点で「1年程度」としている延期期間、果たして1年後に万全の態勢で開催できるかというのはやや疑問。コロナウイルスが終息してるかという点もあるし、ある程度終息していても世界中からアスリートや観光客が押し寄せることで再発という懸念もあるし、延期したことで出場する選手の選出も変わる可能性もあるし、このコロナショックで受けた経済的ダメージから日本や世界が1年で回復してるかどうかもわからない。意外なところでは今年いっぱいで活動休止が決定している「嵐」のオリンピックナビゲーターはどうなるんだって話もあるみたいです。

まぁ、現時点ではコロナ終息の目途もまったくわかりませんから、当面は宙ぶらりんな状態になっちゃうでしょうね。

気の毒なのは出場が予定されていたアスリートの皆さん。2020年の夏がピークになるように調整してきてたのでしょうから、これが1年延期なのか、それとももっと先なのかによって体作りも変わってきます。また、年齢や体力によっては2020年がラストチャンスだという方もいたでしょう。逆に言えば延期でチャンスを得る方が出てくる可能性もあるわけですが、いずれにしても今回のコロナショックであらゆる歯車が狂ってしまいました。

オリンピック招致活動当時、東日本大震災の復興を最優先にしてほしいと思ってた私は東京招致には反対だったんですけど、今さらながらあの時東京になっていなければこんなことにはなってなかったのになぁと思ってしまいます。当時は東京の他にスペインのマドリードとトルコのイスタンブールが立候補してて、両国ともコロナ感染広がってますから東京じゃなかったとしても2020年の開催は難しかったということにはなりますけど・・・。

これで今度は震災からの「復興五輪」じゃなく、コロナウイルスからの「復活五輪」に変えられちゃうのでしょうか。これ以上、被災地置き去りにならないことを願います。

 

どうする経済対策

新型コロナウイルスの影響で経済がかなりのダメージを受けてます。

特に観光業・飲食業・小売業など、人の動きがないと売り上げにならない業種は深刻で、既に倒産・廃業になった、あるいは3月乗り切れるかどうか危ういという事業者が多数出ています。

このコロナショックへの経済対策として、国民1人あたり○円支給とか、商品券配布とか、消費税減税とか、無利子無担保融資とか、様々な案が検討・実施されてはいますが・・・・決定打となるのはなかなか難しいのが現状。

一番の問題はこのコロナウイルスの影響がいつまで続くのか、ということ。

あと1ヵ月なのか、半年なのか、はたまた1年以上かかるのか、それが見えないことには対応しようがないというのが多くの事業者の思うところでしょう。無利子無担保での融資も結局は返済しなければいけませんので、1年粘って借金膨らませるだけ膨らませてギブアップというのは最悪のパターンだし、だったら傷を広げる前にギブアップした方が賢明、という判断にもなるでしょう。現金の支給や商品券の配布にしても1家族が1年なんとか暮らしていける額なら精神的に安心も高まるでしょうが、雀の涙程度では焼け石に水でしょうし、それで政府にドヤ顔されてもねぇって。現金支給ではこの状況で消費には回らず全額貯蓄される可能性も高いですし。

個人的に一番効果がありそうなのは消費税減税ではないかと思っています。例えば1年とか2年とか期限を区切って5%くらいに戻す、あるいは思い切って0%にしてしまうとかすれば、収入が減ってる世帯にとっても恩恵あるし、コロナの影響あまり受けてない世帯でもこの機に大きな買い物しようと消費喚起に繋がります。そもそもコロナ以前に景気は回復してなかったんですから、10%に上げるより5%に下げれば消費が増えて結果的に経済が回復し、税収も増えるように思うのですけどね。8%から10%に上げる前も「リーマンショックのようなことがない限りは消費税は予定通り上げる」と言ってたわけですし、今回はリーマン級の景気悪化が増税後に来ちゃったわけですけど、既にリーマンどころじゃないって話もあるくらいですから、そこのあたりは臨機応変に対応してもいいように思います。でも麻生さんは消費税減税は考えてないみたいで、まぁそれはきっと一度上げたのを下げたくないって気持ちが強いのでしょう。ホンネは後々もっと上げたいって思ってるのでしょうし。

しかし、現状はガチで3月でヤバいって事業者がいっぱいいるんですから悠長なこと言ってられないんですよね。コロナ対策にしても経済対策にしても、今の政府はなんとなく他人事に思ってるような気がしてなりません。

 

9年

今日で東日本大震災から9年。今年はコロナウイルスの影響で追悼行事が規模縮小や中止になるなどいつもと違う3.11です。が、9年経ってもあの時の記憶が薄れることはありません・・・。

コロナ対策でイベントの自粛や経済活動の停滞が起きてる最近の様子を見てると、あの時も計画停電とか楽しい話題が消えるとか、微妙に違うとはいえ何となく今と当時が重なって見える部分もあります。

もし今、大きな地震や原発事故があったら、長期間の避難所生活でコロナウイルスが益々拡大するんじゃないかという怖さも感じたり、自然災害にしても未知のウイルスにしても人間の力というのは弱いものだなと感じたり、あらためて色んな事を考えさせられる日です。

安部総理は「復興五輪」という言葉を繰り返しますが、9年経ってもまだまだ復興と呼ぶには程遠い地域があることを思えば、せめて2020年のこの日にもっと復興を実感できるような対応ができなかったのだろうかという思いもあります。そもそもコロナウイルスの影響で五輪開催すら危ぶまれてきましたが・・・。

10年の節目にはもう少し明るい未来が見えてるといいですね。

 

買い占めはやめましょう

最近コロナの記事ばっかりですな(汗)

先週は新潟市で初の感染者が確認され、先ほどは三条市でも郵便局員の感染が確認されたと速報が入ってきました。今日から学校は休校になってますけど、新潟県内の感染拡大をどこまで防げるか、今は耐え忍ぶしかありません。

その一方で問題になっているのが買い占め騒動。SNSでデマが拡散されたせいでトイレットペーパーやティッシュを買い求める人が殺到し、店頭の棚はからっぽになったとまたSNSで拡散されてまして、私自身も週末に会う人会う人に「トイレットペーパーがないよ~」と聞かされてて、そんなの首都圏とか一部だけじゃねーの?と昨日買い物に行ったホームセンターやドラッグストアは見事なまでにトイレットペーパーもティッシュもからっぽでした。中にはお店が開く前から行列ができてたなんて話もあり、トイレットペーパーだけじゃなくお米や缶詰なんかも買い占められてるんだとか。

お米や缶詰はなんとなくわかります。休校になって様々な制約が生じる中での対応策なんでしょう。カップラーメンやインスタント食品も買い占められてるみたいなので、全てがデマに踊らされてるわけじゃないんでしょうけど、それにしたってトイレットペーパーがなくなるなんてことはないんだし、もう少し冷静になれよと思うのですが、デマを信じた人が買い占めに走り、買い占められたら買えないじゃんとデマを信じてない人まで買い占めに走り、結果としてストックが尽きそうなホントに必要な人が買えなくなってしまっています。

オイルショックかよっ!(笑)

思えばオイルショックの時にもあった買い占めが、21世紀になって情報伝達が格段に早く広くなったことで買い占めの勢いも増し、ネットのお陰で転売する人まで現れて、オイルショックのあった1970年代よりも日本人の民度は下がってしまったのか?パワーアップしてしまったのか?と思ってしまいます。

もうすぐ9回目の3.11。9年前は日本中が助け合って困難を乗り越えて世界中から日本人の民度が称賛されたってのに、あの「絆」は幻だったんでしょうか。

ネットのデマは安易に信じず、自分さえよければって考えは捨てて、買い占めなんかせずに、みんなで一丸となってこの困難を乗り越えましょうよ。

 

新潟市でもコロナウイルス感染確認

いずれ出てくるのは時間の問題だろうと思っていましたけど、今日ついに新潟市でも新型コロナウイルスの感染者が確認されました。

新潟市は感染した男性の行動歴を公表し不安の払拭に努めてますが、接触した可能性のある方や住まいの近隣住民は不安でしょうね。今回のコロナウイルスはわからないことが多いから尚更です。

また、男性が介護のために帰省していた実家の母親は男性と共に入院し、現時点で症状は見られないもののPCR検査の結果待ちとのこと。また、母親が普段利用していたデイサービスでは感染が疑われる事態は発生していないとのことです。しかし高齢者ですのでやはり心配ですよね。

じわじわと感染が拡大する新型コロナウイルス。学校の休校やイベントの自粛など、感染拡大を阻止するために各方面で防衛策が敷かれている中、拡大を防ぎきれるのか、経済的なダメージにどこまで耐えられるのか、もはや日本中が他人事ではありません。

とりあえずマスクと消毒液の供給、何とかならないですかね・・・。