クリスマス with コロナ

先日、関越道で立ち往生を発生させた大雪があった後、新潟市はさっぱり雪が降ってません。故にクリスマスもホワイトではないですね。まぁ近年の新潟市はホワイトクリスマスになる方が珍しいですけど。

それよりも今年のクリスマスは何と言ってもコロナです。昨日のイブも例年に比べれば人出は少なかったようで、これまでなら外でみんなでワイワイやるところをStay Homeで大人しく、という方も多かったんでしょう。元々家族で過ごすというお家ではあまり影響はなかったですかね?10代・20代の若い世代にとってはロマンチックなムードにならなかったでしょうか。

しかし、去年の今ごろはまさかこんなことになってるなんて思ってもいませんでしたよね。武漢で感染が確認されたとか言い出したのがちょうど1年くらい前ですから、最初に聞いた時はちょっと不安もありましたけど、まさか1年で世界がこんな状況になってるなんて想像もできなかったし、第一波の春頃だってクリスマスまでこんなの続いてるなんて思ってなかったですし。身近に迫る感染リスクも怖いですけど、これがいつになったら終わるのかっていう終わりの見えなさもかなり怖い。メルケルさんの「最後のクリスマスにならないように」というメッセージは切実さも相まって結構重く受け止めました。昨日は東京で過去最高の888人、全国でも3700人以上の感染が確認され、まるでクリスマスムードを感じるどころではなくて、減少傾向が見えないことから年末に向けて更に暗い気持ちになってしまいます。

来年のクリスマスは・・・・楽しい気分で過ごせてるかなぁ。

話は変わって、先日ドラマ「姉ちゃんの恋人」が最終回でした。設定が重いのでシリアスなドラマなのかなと思いきや、割とシンプルなラブストーリーで、各々葛藤がありながらもサクッと付き合っちゃったりするところがストーリー的に安易すぎね?と思うところもなかったわけじゃないにしても、そんな全体的なことよりも、最後に登場人物全員がハッピーになるわかりやすいオチに安心したと言いますか、逆にこのご時世に複雑な悲しいエンディングだったら絶対見たくないなって思ってたので、最後の最後、家族そろって食卓を囲むシーンにやけにジーンときちゃったりして・・・当り前が当り前じゃなくなった世の中にこそ、こういう普通の幸せのシーンを見せてもらえたのがやけにうれしかったです。

来年は普通の幸せ実感できてるかなぁ。

年末はまた強力寒波が来るようだし、初詣も密になるからどうしよっかなーって感じ。Stay Homeですかね。

 

雪化粧

雪

昨日から寒気が強まったそうで、山沿いでは大雪に・・・というニュースもありました。実際、湯沢とか山の方では結構な量が一気に積もったようです。

で、ここ新潟市も今朝起きたらうっすらと白くなっていました。この程度の量なので日が昇ったらすぐに消えちゃいましたけどね。いよいよ本格的に冬に入るということで、いつも雪の降り始めはクルマの事故が起きたり、滑って転んでケガをしたりというのが起きやすいので、皆さんくれぐれもご注意ください。

思い返せば昨年は記録的とも言える小雪で、新潟市は一度も積雪がなかったように思います。山間部でも全然積もらなくてスキー場が営業を断念したというのもありました。経営ヤバくてクラウドファンディングしたスキー場もあったような?今年は雪が期待できるとなればスキー場も賑わうでしょう・・・と言いたいところですが、今年は雪が降る代わりにコロナですよ。スキーしてる時は密になりませんけど、食事やリフト待ちでは人が密集するので今年はその対策が必須になるでしょうね。ゴンドラ式のリフトでは人数制限もしなきゃでしょうしね。そもそも旅行・レジャーを控えないと感染収まらないという雰囲気では、いくら感染対策を施しても今年は来場者自体が少ないかもしれません。2年連続閑古鳥ではかなり厳しいですよね・・・。

コロナウイルス、寒さで凍死してくれたらいいのにっ。

 

師走

今日から12月、いよいよ年末モードに突入って感じですかねー。

ただ今年はコロナウイルスのせいでいつもと違う年末になるのは確実。

一部の地域では飲食店の時短営業やら不要不急の外出自粛など、活動が制限されてきている中で、年末の稼ぎ時になんてこったいというところも多いでしょう。忘年会はいつものようにはいかないですよねぇ。クリスマスも家で過ごす人が多くなりそう?

勝負の3週間とは言いますけど、それが終わって年末年始になるとまた感染拡大しそうで怖いです。

国も自治体も親身になって守ってくれる雰囲気薄いので、一人ひとりの心がけが重要。一番大変な状況に置かれている医療従事者の皆さんへの負担を増やさないようにしなければですね。

・・・なんて言いながら、新潟も多くはないけど徐々に増えてきているので、自分自身が一番気を付けないと。娘の受験が終わるまで我が家にコロナウイルス持ち込むわけにはいきません。

今年は気が抜けない年末になりそうですね・・・・。

 

GoTo見直し

あれだけゴリ押ししてきたGoToトラベルも北海道と大阪を対象から外すなど見直しを迫られています。

そりゃそうでしょう。GoTo始める前から多くの方はこうなること予想してましたもん。最近のコロナ感染拡大の原因の全てがGoToとは言わないですけど、人の移動が拡大の原因になるのは初期から言われてたことなんですから、移動を助長する制度は感染拡大も助長させたと言われても仕方がないと思います。経済が大事だというのもすごくわかるし、旅行事業が経済への波及効果として大きいのもわかってますけど、それで結局感染が拡大してしまっては本末転倒。小出しに緩めたり締めたりをするんじゃなく、一度徹底的に締めて感染を封じ込め、その間の補償を十分に行い、終息したら思いっきり開放、というのが結局一番早いんじゃないかと。持ち直してきた観光地も、これでまた元に戻ってしまえばGoToの意味もないですよ。

で、そもそも思うのが、どうしてまだ東京が制限かからないのかってこと。飲食店に対しての時短要請は行われるようですが、感染者が圧倒的に多い関東の移動をフリーにしたままでは抑え込みはムリじゃないですか?

で、それについて国は自治体で判断することだ、都は国が方向を示せって、お互いにけん制し合ってて、そういう無責任さも拡大の要因だと思うんですよね。GoToストップと言えば観光地や飲食店から文句言われるのが怖いんでしょう。でもこういう時って例え自分が悪者にされたとしても必要な判断を責任もってするリーダーが必要だと思うんですよ。アッチにもコッチにもいい顔して当り障りのないこと並べて結果どれもうまくいかない、そんな政治家が多い気がします。

いったい何を守ろうとしてるんですかね?

 

この調子では年末年始の移動も控えなくてはいけないでしょうし、ウインタースポーツとか、受験、クリスマス、忘新年会、成人式などなど、いろんなイベント事も制限受けることになりそうですね。

 

女川原発2号機再稼働は撤回せよ

福島第一原発事故からあと数ヶ月で10年になるこのタイミングで、宮城県の村井知事が女川原発2号機の再稼働に同意したというニュースがありました。

東日本大震災の被災地でまた原発を動かそうという発想自体が私にとってはありえないし、被災自治体の長がそういう判断をするのは論外だと思います。

村井知事は「原発がある以上、事故が起こる可能性はある。事故があったからダメとなると、すべての乗り物を否定することになる。」とのコメントを出してますが、まったくもってアホな話です。もちろん原発事故はダメで乗り物の事故はOKだなんて言うつもりはありません。どんな事故も無い方がいいに決まってます。ただ、自動車事故と原発事故では影響を及ぼす規模が大きく違います。飛行機事故でも船舶事故でもそう。メルトダウンまで行けばどうなるのか、私たちは9年前に見せつけられたし、その後の悲劇も充分知ってしまいました。東北の方なら尚の事、身に染みてわかっているはず。

もしこれでまた事故が起きたら今度は誰が責任を取るのでしょう。村井知事は責任取りませんよね?東北電力もまた東京電力のように責任逃れですよね?原発が動くことで経済的恩恵を受けるのは地元であると同時に、事故が起きれば満足な補償も得られないまま故郷を失うのも地元です。福島の皆さん、誘致したのをとっても後悔してましたよね?それを隣で見てきて宮城の知事はどうしてまた動かそうなんて考えに至るのでしょう。

結局また命よりカネ、ですか。

村井知事は再稼働同意を撤回するべきだし、しないなら宮城県民の力で知事を辞職に追い込むべきです。