戦争しないと取り戻せない

日本維新の会(現在は除名)の丸山穂高衆議院議員 の北方領土に関する発言が大きな波紋を広げています。

なんでもロシアにもあの発言が伝わり、ロシア国内でも広く報道されちゃってるとかで、一人の議員の軽はずみな発言が国際問題にまで発展する恐れも。

なんなんでしょうねぇ、この人。

前に飲酒トラブル起こした際には議員在職中の禁酒を宣言していたにもかかわらず、今回の発言をした時には飲酒してたと、別のツッコミも入ってきてますが、そもそも日本は自衛以外の目的で武力行使できないんですから、北方領土奪還のために戦争をすると言うなら、まずは憲法改正が先でしょうに。あ、維新は改憲派でしたか。

仮に武力で領土を奪還するとして、日本がロシアとガチンコ勝負して勝てると思ってるんでしょうか?武力差は歴然だし、日米同盟を傘にアメリカの参戦を期待しても、ロシアもアメリカが全面対決したらそれこそ世界大戦に発展する可能性があるし、日本の小さい島のために両国がそこまでしようとは思わないでしょう。武力で奪還したとしても国際社会がそれを認めはしないだろうし、日本がロシアに4島を奪われたのと同じ遺恨がロシアにも残ることになります。

当人は「戦争で取り戻すことに賛成か反対か」を「聞いただけ」と釈明してますけど、あの悲惨な戦争の結果として4島を奪われたという経緯があるのですから、元島民に戦争という選択肢なんて最初からあるわけがありません。マトモな日本人ならそんな発想ハナっからないし、戦争せずに平和的に解決したいと多くの方が尽力し、長い時間をかけて問題解決に向けてがんばってきたわけですよ。それをたった一度の失言でちゃぶ台返しするような議員は害でしかありません。

維新をクビになっても議員は続けると言ってましたが、こんな人は国民の代表としての議員をやる資格も素質もありませんので、とっとと議員辞職して二度と政治に関わらないでいただきたい。

 

平成から令和へ

昨日で平成が幕を閉じ、今日から令和となりました。

元号が変わったからと言って私らの生活に大きな変化があるわけでもなく、例年と変わらないGWを過ごしていますが、世の中の改元フィーバーに押されてる感じは少なからずあります。

上皇陛下が退位のお気持ちを表明してから退位に至るまでの度々のお言葉、そして今日の天皇陛下の初めてのお言葉の中でも際立つのは「平和」というキーワード。平成は近代日本で初めて戦争のなかった時代とも言われ、令和も戦争のない平和な時代であってほしいという国民の声が多く聞かれますが、一方で諸外国では戦争・紛争・テロ等が後を絶たず、海外からの日本への感情、自衛隊の海外派遣など、確かに日本は第二次世界大戦以降戦争をしませんでしたが、世界規模で見れば平和な時代であったとは言い難く、いつ日本がその戦火に巻き込まれるかという懸念も皆無とは言えません。

国防や外交の話を抜きにして平和を訴えるのはある意味お花畑かもしれませんが、上皇陛下がこれまで絶えず伝え願ってきた平和への想いは我々日本国民のみならず、世界中の人々の共通の想いであるはず。

平成と令和、それぞれから一字取ると「平和」という言葉になります。

 

平成から令和へ、日本だけでなく世界中へ平和への想いが引き継がれる時代であってほしいと強く願います。

 

高齢者ドライバーの免許更新は厳しくしてはどうでしょう

最近また高齢者ドライバーによる事故が多発してニュースになっています。

一方は逮捕されて一方は逮捕されなくて不公平だなんて声もあって、それはそれで問題かとは思いますが、今回はそこではなくどうしたら高齢者ドライバーによる事故を減らせるかということについて。

これは前から結構どうなの?と思っていたことなんですが、運転免許の更新でいくつかやる検査とかあるじゃないですか。免許取って初めての更新という若者も、運転歴ウン十年のベテラン高齢ドライバーも基本的には同じ内容で、果たしてアレで運転の適性や技術などを正しく計れるものなのかなぁというのは以前からの疑問です。

若い人は無謀な運転をしがち、高齢者は判断力や反射神経等が衰えがち、すっごくアバウトだとそんな傾向が考えられますが、それ自体も人によるだろうし、一口に高齢者と言っても衰え具合は人それぞれ。もう少し個人の能力や素質を考慮した免許更新ができないものでしょうか。

例えば60歳以上(と年齢で区切るのも難しいのだろうけど)は免許更新の際に自分のクルマに乗ってきてもらって、教官を横に乗せてコースを走るという実技検定を加えるというのはどうでしょう。公平な目で判断して、もし危険なら更新させない、微妙なら3・5年ではなく1年で再度更新とか、少し厳しめでも良いんじゃないかと思うんです。

最近は高齢者ドライバーの免許自主返納という動きも増えてはいますが、あれも結局は本人の同意がなければできないことで、もっと厳しく「あなたはもう運転しない方がいい」とジャッジしてあげるのも必要なのではないかと。

そんなことしたら、免許更新の手続きが大変だとかコストはどうするとか、あるいは地方でクルマがないと生活できない高齢者から免許を取り上げるのか、なんて声もあるんじゃないかと思うので簡単に導入とはいかないんでしょうけど、何せ人が亡くなる事故がこれだけ起きてるんですから、いくら自動車の安全性能が上がっても運転する人の技量が下がっていればどうにもならないわけですよ。

そもそも最初に免許取る時点でももっと厳しくてもいいと思うんですよね。普段運転してると高齢者じゃなくても危なっかしいドライバー結構見かけますしね。暴走のような危険行為じゃなくても、ウインカー点けずにいきなりスーっと車線変更して割り込んできたりとか、普通に停止線オーバーして停まってたり、やたらバックがヘタだったりとか、ちょっとしたことでも「大丈夫?」と思うケースは数知れず。

先日の事故で奥と娘を亡くした男性の会見見てたらやり切れないじゃないですか。遺族の気持ちを思えばああいう事故を起こさないためにも少し厳しめにしてもいいんじゃないでしょうか。

 

なぜ被害者が卒業するのか

暴行事件が問題となっていたNGT48、21日に行われた公演で被害を訴えていた渦中の山口真帆さんと山口さんに同調するメンバー2名がNGT48を卒業することが発表されました。

えーと、これってどういうことなんでしょうね。

普通、暴行を加えた加害者、そしてその裏で手を引いていた一部のメンバーが諸悪の根源だと思うのですが、加害者が起訴されることもなく、メンバーが処分されることもなく、何も悪くない山口さんが卒業という名目の処分を受けるのを誰が納得できるというのか、運営は何を守ろうとしているのか、今回の対応はまったくもって不可解です。

誰か、これを正当だと思ってる人、います?

ネットでは運営に対する辛辣な意見が流れていて、中には「NGT48はもう新潟に関わるな」なんて厳しい声も。

それでも応援したいというファンにしても、仲間に暴行をけしかけたメンバーがいる状態で今までのように応援できるものでしょうか。私は特に積極的に応援してたわけじゃないですけど、同じようにファンまでいかなくとも少なからず新潟という地域を盛り上げる一助と期待していた多くの人たちも今までのようにNGT48に期待していくことは難しいでしょう。実際、県や市には広報活動にNGT48を使わないでという意見も多数寄せられているとか。

 

「正直者が馬鹿を見る」ということなのでしょうか。

勇気を出してレイプされたことを告白したのに、それが報われるどころかバッシングの対象にされてしまう。暴行されたことを勇気を持って告白したのに悪者扱いされて追い出される。構図は同じですよね。

これまで何人もの女性が(女性に限らずですが)恐怖や悲しみを乗り越えて正義を貫こうとしてきたのに、この国の社会はさっぱり変わらない。権力者の顔色を窺って忖度し、黒を白に変えてしまう社会。

NGT48の運営も同じなのかもしれません。もしそうじゃないと言うなら、誰もが納得できる正しい判断を下すべき。

正直者が報われる社会を望みます。

 

新紙幣

お札が新しくなるそうですね。

肖像は1万円札が「渋沢栄一」、5千円札が「津田梅子」、千円札が「北里柴三郎」とのことで・・・

えーと、すみません、私、誰一人知りませんでした(汗)

こういう時、学の無さが露呈しちゃいますな。

福沢諭吉や野口英世くらいメジャーな方だと助かるんですが。

はい、もうちょっと勉強します。

 

で、公開された新紙幣のデザイン、個人的「おっ」と思ったのが千円札の裏面に描かれた葛飾北斎の「冨嶽三十六景 神奈川沖浪裏」

さすがにこれは私も知ってますよ。北斎の作品の中でも超有名ですもんね。

浮世絵が描かれるというのはいかにも日本の紙幣らしくていいんじゃないですか?

 

その他に、紙幣に初導入となる3Dホログラムも採用されるそうで、どんな感じに見えるのかも楽しみですね。

新紙幣の導入は2024年の予定。

まだ5年もあるのか・・・・。