withクマの生活様式

新潟県内ではクマの出没が相次いでいます。

今年はクマのエサとなる木の実が不作で人里に降りてくる可能性が高いというのは前から言われていたので、正にその通りになったということですね。

県内各地でクマに襲われてケガをするケースが何件もあり、この前は襲われた方が亡くなってしまったという悲しい報道もありましたし、昨日は石川県で商業施設に侵入したクマが射殺されるというケースもありました。

つい先日は新発田市の県指定文化財「市島邸」で来館者がクマに襲われるというケースが発生し、幸い襲われた方にケガはなかったとのことですが、市島邸周辺の住民によればこの付近でこれまでクマが出たことはなく、地元の方にしてみれば「まさか」という気持ちでしょう。

で、市島邸って聞いたことあるよな、どこだっけ?と調べてみたら、

福島潟と月岡温泉の間あたり、ウチからそれなりに離れてますけど、クルマで30分くらいの距離なので遠いと言うほど遠くない。山の方に走りに行って地元の方と話してると「クマ?出るよ~」とサラッと言われるんですけど、山はそうかもしれないけど平地では関係ない話だよな~と軽く思っていたのが、ここまで近い距離でクマが出たなんて話を聞くと、そのうち自宅近くで出没することもあるかもしれません。クルマで30分圏内ならクマの移動範囲として充分ありえますよね?そう考えるとなかなかに怖いです。

しかも最近は人間を恐れない「新世代クマ」が増えているなんて話もあって、「松本人志を恐れないお笑い第7世代」みたいに言うんじゃねぇとか思うんですけど、そんなクマがどんどん増えていくとヒトとクマの住み分けも難しくなっていくのかもしれません。

クマに限らず、動物が住宅地に来ると猟友会が出て射殺されることが多々あります。動物は食べ物を探してるだけで人間に危害を加えるつもりはないはずなのに、危ないからって射殺されるのって人間のエゴだよなぁっていつも思うのですが、じゃあ自宅近くにクマが現れてそのまま山に帰るの待ってるというのもマジで危ないでしょうし、そろそろ野生動物とうまく共存する生活様式というのを考えていく必要があるのかもしれませんね。

・・・・で、どうすれば?(汗)

 

とりあえず、冬が来る前にバイクで行きたいところがあちこちあったのですが、今シーズンは山に入るのは控えておくことにします・・・・。

 

自民党総裁選

安倍さん辞任により始まった自民党総裁選挙。

菅・岸田・石破の3人による争いですが、多くの派閥の支持を確保した菅さんが有利との流れですっかり出来レースのようになってしまっています。

まぁ・・・正直誰がなってもあんまり変わらないような。

世論の人気が高い石破さんが3人の中では一番マトモにも思えますけど、あの人はあの人で危険な面もありますしねぇ。3人以外に顔が上がっていた方々もアブナイ空気がプンプンで、どうにも自民党ってロクな人がいないなぁって感じ。

唯一の期待、泉田さんはまだそんなポジションに上がるまで行けない新人だし、恐らくこの先もずっと主流にはなれないような気がします。

で、本命の菅さんが総理になったら・・・。

記者会見では「まったく問題ない」「批判はあたらない」「コメントは控えたい」と肝心なことには応えない、安部さん以上のスルー総理になりそう。モリカケも桜も今さら解決しようなんてならないでしょうしねぇ。

悪夢の安倍政権が終わっても、明るい未来は見えてきません。

トホホ。

 

安倍総理辞任へ

ずいぶんと長い間、早く辞めろ~早く辞めろ~と思ってきたのが、いざ辞めるとなるとあっけないもんです。

昨日、7月28日、安倍総理が会見を開き、辞任の意向を表明しました。

辞任の理由としては健康上の問題としていますが、少し前から安倍総理は何度か病院へ行っていて、普通は総理クラスの健康リスクって隠すものなのに、むしろ不健康をアピールしていたように見えたくらいですから、菅官房長官が健康不安説をいくら否定したところで、辞任への布石だったのはミエミエでした。

新型コロナウイルスへの対応で支持率はみるみる低下、国会も開かず逃げ回ってばかりの状況で、落ちるところまで落ちて周りから退陣を迫られての辞任よりは、病気を理由に自ら退く方がダメージが少ないという判断なのでしょう。

ま、辞める理由は正直どうでもいいんです。

一番の懸念は辞任することでこれまでの疑念がチャラにされること。

森友・加計問題や桜を見る会、河井夫妻へ資金や詩織さんレイプ事件のもみ消しなどのアベトモ絡み、他にもこの7年超でネタは腐るほどあるし、中にはそれによって人の命が失われるという重い結果を招いた件もありますから、総理を辞職するのは結構ですけど、これらの疑惑についての説明や責任まで放棄されては困るのです。健康上の理由で総理を辞任するのに議員辞職はせずに衆議院議員は続けるというのは何とも解せないところなんですけど、少なくとも今よりはヒマになるんですから疑惑解明に全力を尽くしていただきたい。

そして安部総理辞任後はどうなるのか。

既にポスト安部と見込まれる顔が出ていますけど、あれだけ「後継は安部以外なら誰でもマシ」と言われながらも実際にはポスト安部の面々も安部さんとどっこいどっこいな方ばかりなので、誰がなったところでいい方向に行く気があまりしません。今の野党にも期待はできませんからねぇ。

誰が後継になるにしても、安部さんの悪いところは継承せずに、せめてもう少しクリーンな政治を目指していただきたい。傍で見てきたならわかりますよね?きっと安部さんは歴史に名を刻むことになると思いますが、それは英雄としてではなく悪代官としてです。政治の世界に身を置いたのなら後世においても称えられる実績で名を残したいでしょう?

あとはメディアもです。ヘンに政権に忖度せず、間違ってることは間違ってると正しく指摘できる「普通の」メディアになってほしいですね。

 

いつもと違う夏

お盆休みも終わって今日からお仕事再開です。

連休って毎度のことながら生活リズムが狂ってしまって、休み明けが微妙にキツイですよね。え、私だけですか?

 

今年のお盆はコロナウイルスのこともあって大人しく過ごしました。

いつもなら奥さんの実家にみんな集まってご飯食べるんですけど、万が一のこともあるので集まるのはコロナが収まってからにしようと、東京にいる姪も帰省はしないということになりました。少し淋しいですけど今の状況では仕方ないですね。

お墓参りでは私たちが行った時は人が少なめのように見受けられましたが、全体的に少ないのかたまたまだったのかはわかりません。ニュースでは帰省できなくて地元にいる家族だけでお参りしたとか、中には業者に頼むとか、オンライン墓参りなんてのもあったようですね。せめてお墓参りくらいはリアルでしてくれよと思いますけど、これが来年以降も定番化することなく、今年だけの出来事であってほしいと願います。

 

あとはお出かけは近場のみで、できるだけ密にならないように。

 

クロスカブ
スポーツスター
上堰潟公園

3枚目は角田山近くにある上堰潟公園というところで、前の道は何度も通ってるのに公園内に入ったのは初めてでした。ちょうどひまわりが見頃というタイミングでここは人出も多かったですね。ひまわりは見事だったけど散々歩いてメチャ暑かったです・・・。

 

そんなに遠くに行かなくても、ステキなところがいっぱいの新潟。

もちろん遠くにもいっぱいいいところがあるので、もう少し涼しくなってきたらまたバイクで探検してこようと思います。

 

計り知れない威力

今日は広島原爆の日。コロナの影響で式典等が規模縮小になってるようですが、我々日本人も、もちろん世界中の人々も、決して小さく扱うことではない忘れてはいけない出来事です。

今年はTwitterでNHK広島が企画した実在の人物の日記を元にした「もし75年前にSNSがあったら」という半フィクションのようなツイートがありまして、今日は朝から正に当時・当日の生々しい様子がツイートされていました。しかし、昨年広島を訪問し原爆ドームを見たりしても、こうして文字でリアリティのある様子を見たりしても、現実の体験には程遠いわけです。

比較対象とするのはやや適切ではないような気もしますが、先日郡山市で店舗のガス爆発事故がありました。爆発後の店舗は骨組みだけが残り、周りは広範囲にガラスが割れるなどの被害を及ぼし、その爆発の威力がどれほどすさまじいものだったか伺い知れます。そして昨日はレバノンのベイルートで硝酸アンモニウムが原因と思われる大規模な爆発事故があり、こちらは大爆発の前にそれより小さい爆発があったことから多くの映像が残されており、爆発の瞬間、膨れ上がる圧力、吹き飛ばされる家屋などなど、なかなか見ることができないであろうレベルの大爆発を見せられました。

ちょうどこの時期というタイミングであったこともあり、75年前に広島と長崎に落とされた原子爆弾は郡山やベイルートどころではない、その何倍も何十倍も何百倍ものすさまじい爆発を起こし、多くの人を焼き、建物を消失させたのかと、違う面でリアリティを感じてしまいました。

だってあのベイルートの映像を見ればあの規模でも相当な威力だとわかりますよね。実際に現地にいた方は相当に怖かったと思います。現時点で死者は100人以上、負傷者は4000人以上にもなってるそうで、それより遥かに大きな被害をもたらした原爆というのはいかに強力だったのか。リアリティを感じたと言いながら、実際には想像を遥かに超えているのでしょう。

もちろん、75年経ってもそんなものをこの世で使っていいわけがありません。

今はコロナのことで世の中がいっぱいになってしまっていますけど、この先も決して忘れることなく、この世界から核兵器をなくすべく努力は続けなければなりませんね。