平和的解決を願う

恐れていたことが現実になってしまいました。

先日のアメリカによるイラン革命防衛隊司令官殺害の報復としてイラクにあるアメリカ関連施設をミサイル攻撃、イラン国営テレビは「少なくとも80人の米国のテロリストが死亡した」と報じました。また、報復は今回限りではないこと、アメリカの同盟国も対象になる、等を示唆しているとのことです。

これ・・・ガチの戦争に発展するのでしょうか?

アメリカ国内にとどまらず、世界中で戦争反対の声が上がっています。もちろん私も戦争には反対です。

いつも思います。誰かにとっての正義は別の誰かにとっては悪だと。

互いに自分を正義と思ってる同士で争えば一方が屈服するまで終わりはありません。それは人間一人の個人でも、集団でも、国家でも同じ事。異なる国・文化・宗教などなど、一個人でも大集団でも考え方は人それぞれで、だからぶつかることも多々あって、それを暴力や武力を使うのではなく、血を流すことなく解決するために人間は「話し合い」という手段を持っているはず。ここ最近の世界の流れでは、お互いの違いを尊重し、多様性を認める寛容的な社会に向かっていたのではなかったの?そんな単純な話ではないのでしょうが、現実に人の命が奪われているわけですから、これ以上血を流すことなく平和的に解決してくれることを多くの人が願っています。

 

そしてもう一つの懸念は自衛隊の中東派遣です。

安倍総理は中東情勢の緊迫化を受けて今週末から予定していた中東諸国歴訪を取り止め。それは今の段階では正しい判断ではないかと思いますが、菅官房長官は自衛隊中東派遣について「(心配は)していない」と述べ、派遣は予定通り実施する考えだという報道がありました。今回の自衛隊派遣はホルムズ海峡を通るタンカーの保護や情報収集が目的でイランに対するアメリカの攻撃に加わるわけではありませんが、この緊迫した状況下で何もないと断言できるものでしょうか?イランは同盟国も報復の対象になるという考えを示唆していますから、イラン周辺で自衛隊が情報収集のために哨戒機を飛ばしていた場合、それが軍事目的でなかったとしてもイランが正しくそう認識するとは限りません。上がわかっていても現場レベルでコントロールが効かなくなることも考えられますし、イラン軍や革命防衛隊でなくともテロリストが独自に攻撃を仕掛けてくることもないとは言えません。私なんかはもう不安要素しか頭に思い浮かばなくて、菅官房長官の「心配してない」というのはもはや思考停止なんじゃないかと思うほどです。

じゃあタンカーが危険に晒されて石油の輸入はどうするんだって話もありますけど、アメリカ・イラン双方と友好関係にあるってのが「外交の安倍」のウリとしてるんですから、タンカーの運航を一時的に止めてでもこれ以上の緊迫化を避け、自制を促すのが今一番日本に求められることじゃないんでしょうか?

で、こんなのが続くと自衛隊を先制攻撃できるようにしろとか、隊じゃなく軍にしろとか、攻撃能力を持たせるべきだとか、力で捻じ伏せようという考えが日本でも広がりそうでそれも怖い。それやっちゃったら今のトランプさんと同じですよ?

これ以上、対立が激化しないように、マジでお願いします。

 

あけましておめでとうございます

2020年明けてもう6日、今日が仕事始めでございます。

皆さま、あけましておめでとうございます。

今年もD-Styleをよろしくお願いします。

 

さてさて、今日は早速年始恒例の全サイト更新作業からスタート。午前中に全て更新し、その他の作業も進めつつ、慌ただしく新年が始まりました。

しかし、今年は比較的お正月がのんびりできた方ですかねぇ。

例年ですと大晦日から元旦にかけて更新するお仕事もあったりして、今年もゼロではありませんでしたけど比較的少な目だったので、いつもよりはラクさせてもらいました。

とは言え、昨年から継続のお仕事も進めなければなりませんので、休みボケは今日でリセットしてガンガン進んでいこうと思います。

 

そして、年末年始にかけて世間ではゴシップから世界情勢まで様々なニュースがありました。

中でも一番衝撃的だったのはアメリカによるイラン革命防衛隊司令官殺害。トランプ大統領は予防的措置としていますが、アメリカ以外でこれに納得できる国ってかなり少数じゃないかと思います。仮に事実だとしてもその証拠を示さないことには正当性を証明はできないでしょう。そしてイランも報復を匂わせていることから世界では湾岸戦争再来とか第三次世界大戦か、なんて懸念も広がっています。タンカー護衛のために派遣が決まっている自衛隊が大丈夫なのかという不安もあります。また、イランと仲のいい北朝鮮も年末にかけてアメリカとの敵対姿勢を示すような動きもありましたけど、この件で自分たちへの見せしめと受け取るかもしれません。今年はアメリカ大統領選挙もあるのでトランプ大統領も再選を狙って強気なのかもしれませんけど、あまり世の中を不安定化させるのはやめてほしいですね。

2020年、できるだけ平穏な年になってほしいです。

 

暖冬?小雪?

雪

12月も終わりに近づいてるのに雪がさっぱり降りませんね。

今年の初雪はいつだったでしょう?パラッと軽く降っただけでその後はさっぱりです。

ま、普段の生活においてはあまり降らない方が助かるんですけど、降らなすぎてもスキー場が困るとか春以降に水不足になるとか、単純に喜んでばかりもいられないですよね。

で、昨日のニュースで「今後は温暖化によって日本海側で豪雪が強まるかもしれない」というのがありました。

え?温暖化ならむしろ小雪になるんじゃないの?と思いきや、大陸からの寒気が強まる→日本海で発生する水蒸気が増えて雪雲が急発達→平野部で降らないまま山脈にぶつかり山間部で大雪になる、こんなメカニズムらしいです。今まで40年に一度程度だった豪雪が、今後は8~9年に一度くらいになるという予測もあるとか。

気象にはまったく詳しくないのでこれが正しい推測なのかもよくわかりませんが、偉い先生方が研究した上での話なのでそういうことなんでしょう。近年増えてるゲリラ豪雨みたいなもんですかねぇ。ある場所に集中して一気に降る、みたいな。それとは違うのかな。

平野部の人たちはよく「平地に降らないで山だけ降ればいいのに」なんて話したりしますけど、山だけ降るにしても程度の問題ですよね。山間部の方はある程度慣れてはいるでしょうけど、身動きできないレベルにまでなるともはや災害ですから。前にも山梨でしたっけ?大雪で地域が孤立して各地から除雪隊が駆け付けたってことありましたよね。

大雨による水害、大雪による孤立、地震や台風等々、最近はいつ・どこで・何が起きてもおかしくない時代。

やっぱ一家に一台ジムニーとオフロードバイクですかね(笑)

 

ながら運転厳罰化

いよいよ師走に入り、年末に向けて慌ただしくなってくるシーズンですね。

そして12月1日から「ながら運転」の罰則が強化されました。

運転中に携帯電話を手に持って通話や操作をしたり、画面を見続けた場合の違反点数は1点から3点になり、反則金も普通車の場合で6000円から1万8000円と3倍に引き上げられました。さらに、ながら運転で事故を起こした場合は違反点数6点で一発免停になります。ちなみにながら運転でなくとも運転中にカーナビを見続けるのもアウトだそうです。

・・・・まぁ、罰則が強化される以前にそもそも危険な行為なのでするべきではないんですが、それでもやっちゃってる方が意外に多いんだとか。飲酒運転も似たようなものでしょうか。危険とわかっているのに自分だけは大丈夫という根拠のない自信。個人的には飲酒運転や酒気帯び運転は免停30年、いや、今後生涯免許取得不可でもいいと思ってるので、ながら運転ももっと厳しくしてもいいような気がしてます。

心配なのはバイクです。最近はバイクにスマホホルダーを付けてスマホをナビ代わりにしてるライダーも多いと思いますが、バイクでも同じく運転中のスマホ操作はアウトです。バイク乗りながらスマホ操作する方はあまりいないと思うのでその点は大丈夫かもしれませんが、クルマのカーナビと同じく運転中に注視するのもアウトで、バイクの場合はスマホホルダー取り付けてるのがハンドル廻り(メーター近く)であることや、ヘルメット被ってるため実際の視線方向が外から判断しにくい等の状況から、恣意的に検挙される可能性が否定できません。クルマでもバイクでもナビでもスマホでもメーターでも、普通はそんなに長く見続けることはないですけどね。ヘルメットが下を向いてると注視してると判断される可能性が高いという話もあるので、ライダーの皆さんは気を付けましょう。

 

あと、ながら運転とは別の話ですが、相次ぐ踏み間違いの事故を減らすために今後は新車に自動ブレーキ機能の搭載を義務付ける方針らしいですよね。機能の実効性はともかく、事故を減らせるのであればそういう機能はあった方がいいと思います。が、以前ネットで「スマホ見ながら運転してて追突しそうになったけど自動ブレーキのお陰で助かった」なんてのを見たことがあって、自動ブレーキの普及がながら運転を助長することになったら本末転倒だなぁとも思います。

それと同時に今後は「逆走防止機能」というのも必要になってくるかもしれません。先日も関越道で逆走車の正面衝突による死亡事故が起きてましたが、個人的な感覚では高速を逆走してたら遅くとも本線入った時点で気付くだろうし、隣に自分と同じ方向に走ってる反対車線があれば絶対わかると思うんですけど、現実には逆走する方は後を絶ちません。私も以前、一般道で2車線の一方通行を走ってた時に逆走してきたクルマに遭遇したことがあります(同じ道で2回も)。脇道から入ってきた場合に一方通行の標識を見落としちゃうと道路の構造的に対面通行車線と誤解しやすいというのはわかります。でもさすがに高速道路で逆走って構造的にそういう流れになってないんだからあり得ないと思うんですけどねぇ。

 

これから雪が降ると事故が多くなります。特に降り始めはベテランでも事故を起こすケースがありますので、くれぐれも安全運転で新しい年を迎えましょう。

 

Twitter、休眠アカウント削除へ

米Twitterが、アクティブではないTwitterアカウントの所有者に対し「12月11日までにログインしないとアカウントを削除する」という警告メールを送っていると米The Vergeなどのメディアが報じ、米Twitterがそれを認める声明文を各メディアに送っているそうです。Twitterでは以前から少なくとも6ヵ月毎にログインしてツイートするよう推奨していて、「アクティブでない期間が長期にわたると、アカウントが恒久的に削除される場合があります」とポリシーに記載していましたが、実際に削除の警告をするのはこれが初めてとのこと。

日頃Twitterを利用してる方なら少なからず実感するであろう休眠アカウント。6ヵ月はおろか、最後のツイートが3年以上前という方もいたりして、そういう方はもうTwitter自体を活用してないのだと思いますけど、ツイートしないけど見てるだけ、いわゆるロム専という方もいるかもしれません。ロム専でツイートしてなくてもログインさえしてればアカウント削除にならないならそれは問題ないのでしょうけど、12月11日以降は急激にフォロワーが減るという現象が起こるかもしれませんね。

まぁ、実際のところフォロワー数を競うようなアカウントの場合、相互フォローで単に数だけ集めてもツイートを見てもらえてるかはわからない、と言うよりまず見られてないというパターンもあるので、休眠アカウントが削除されるというのはアクティブフォロワー数を現実的なものにするという点ではいいのかもしれません。

懸念されてるのは亡くなった方のアカウント。Facebookには「追悼アカウント」というシステムがあるらしいのですがTwitterにはそういうのはありません。Webサイトやブログでもそうですが、親しかった方や有名人ならファンの方が亡くなった後も過去の発信を読み返すということはありますよね。故人のアカウント削除を回避するには故人に代わって遺族がログインするくらいしか方法がなく、遺族の誰もパスワードを知らない場合はそのまま削除されてしまうかもしれません。

しばらくログインしてないけど生きてるよ!という方は削除される前にログインしておいてくださいね。

 

※2019.11.28追記

その後、故人のアカウントが削除されることへ苦情が相次いだため、追悼機能を追加するまで休眠アカウント削除の計画を一時中断すると発表したとのことです。