村上市で震度6強の地震

昨夜の地震はビックリしましたね。

私は事務所でネットを見ながらカブのカスタムネタを漁ってたんですが、けたたましい緊急地震速報からさほど時間を置かずにグラグラっと。最初のアラートでは下越で震度5なんて出たもんだから慌てましたよ。結局新潟市東区辺りは震度4程度だったそうで、幸い家財道具が倒れたりってこともなく無事でした。あれだけ揺れたのは東日本大震災以来?でしょうか。地震の後には津波警報・注意報も発令されて、恐らく沿岸部地域からのものだと思われる津波の防災サイレンのような音も聞こえてきたもんだから、3.11のあの映像が脳裏をよぎりました。

2階で一人で勉強してた娘は勉強に集中するためと勉強中はスマホの電源切っちゃってるので、緊急地震速報すら聞けずにいきなり揺れたので怖かったでしょうねぇ。大急ぎで2階に上がったらベッドの横で座り込んでました。

普段、地震への備えが~なんてよく言ってる割には、実際に地震が起きればそんな冷静でもいられなくて、当たり前ですけど地震は事前予告ナシで来ますから、緊急地震速報のアラート音もあの地震の揺れも毎度毎度心臓に悪いです。まぁ慣れるのも逆に怖いんですけど。

気になるのは震源地。新潟と山形の県境付近の沿岸部とのことで、プレート境界でもなく、これまであまり地震の起きてこなかった地域です。いわゆる空白地帯と呼ばれるところですね。55年前の新潟地震とも、中越・中越沖地震とも異なる場所で、そんな空白地帯であれだけの規模の揺れが起こるというのは、色んな意味で怖いです。

津波は幸いたいしたことがなかったみたいでよかったんですが、それでも警報で予測されていた1mの津波というのは1mごときと軽く思われがちで、危機感があまり感じられないところがありますよね。しかし身長175cmの私で言えば1mってお腹のあたりまでの高さですから、海でお腹くらいまでの波を受けた時の強さを想像するとたかが1mとバカにはできない威力です。背の小さい子どもなら尚の事、マトモに受けたら確実に命を奪われる威力ですから、たった1mと軽く思わず、空振りで終わったとしても素直に避難するべきでしょう。間違っても様子を見に行ったりしてはいけません。

昨夜以降、余震という揺れは感じてませんが、今後1週間程度は同規模の余震に注意とのことなので、引き続き警戒しましょう。

 

固定価格買取期間終了

エコキュートをやめたお陰で絶好調な我が家の電力事情ですが、先日、「再生可能エネルギーの固定価格買取期間満了に関するお知らせ」なんてのが届いてまして、今年の11月で買取期間が終わっちゃうとのこと。

まぁ、太陽光発電を導入して10年ですからねぇ。わかっていたこととは言えこのタイミングだと考えると、やっぱり最初からエコキュートなんて使わなきゃよかったという後悔しかありません。

で、買取期間終了後はどうするかと言えば、電気自動車や蓄電池にチャージして自家消費するか、これまで通りに余剰電力を売電するかの2択。我が家には電気自動車も蓄電池もありませんので実質後者の1択です。買取価格はこれまでの1kW当り48円から9円と1/5以下にどどーんと下がってしまうので、これまでのような売電収入は見込めないにしても、日中の電力消費が抑えられるのは変わらないので太陽光発電のメリットが失われるわけじゃありません。蓄電池は以前から頭にはあるんですが、導入コストや電池の性能を考慮するとまだ時期早々かなと。いずれは蓄電池導入で春~秋は買電ゼロを目指したいですけどね。

発電エアロバイクでも買うかな・・・・(笑)

 

発電好調

5月は初夏のような天気が多くよく晴れたので太陽光発電もいっぱい発電してくれました。

 

モニター上での5月ベストスコアは5月19日。ピークが低い割には自給率171%を達成。1日の自給率としては太陽光発電を導入して以降、最高値です。

 

そして5月トータルでも自給率107%を達成。これまで売買電の金額ベースで黒字になったことは何度かありましたが、単純な発電・消費ベースで月間自給率100%超えは初めてです。

 

どうして今年になって急にこんなことになったのか。

当然、最大の要因は去年の11月に廃止したエコキュート。夜間に電気でお湯を沸かす分がごっそりなくなったのでエコキュートを外してから電気代は昨年までと比べて3~4割ほど少なくなり、代わりに復活したガスも基本給湯のみなので水道が暖かくなってくる春以降はどんどんガス代も下がり、トータルでは相当コストダウンできていると思われます。

あともう一つ要因があるとしたら春に息子が家を出たこと。息子がいる時はテレビ見ながら寝落ちしたり、お風呂入ったまま寝落ちしたり、部屋の電気を点けたまま寝落ちしたり、とにかく息子の寝落ちでムダな電気が多かったんですね。全体的な割合からすれば微々たるものかもしれませんが、そういったロスがなくなったことも好成績に繋がったのではないでしょうか。

しかし、これからは梅雨に入る・エアコン使用が増える等でここまで自給率は上がらないかもしれませんね。

それでもエコキュートをやめたのは正解だったと思います。

 

敗退、でも終わってない

昨日のジュノン・スーパーボーイ・コンテスト地方予選、家でネット配信の様子を見守りました。

が、息子は残念ながら予選通過とはなりませんでした。

まぁ、そんなに甘くはないよねぇ。

しかし本人はさほど落ち込んでる様子はなく(強がってるだけかもしれないけど)、早くも敗者復活戦に向けて意欲的。

うんうん、チャンスがあるならできる限りのことはしてください。

例えダメでもやらずに後悔するよりはいいでしょう。

 

Twitter https://twitter.com/PJS_Tatsuya
Instagram https://www.instagram.com/sound_tuba/
CHEERZ for JUNON https://junon.cheerz.cz/posters/6093
SHOWROOM https://www.showroom-live.com/JBEGG_240

 

地方予選

明日はジュノン・スーパーボーイ・コンテストの地方予選があるらしいです。

地方って新潟?東京?実はあんまりよくわかってません(笑)

息子は午後のどこかで出番らしく、SHOWROOMで生中継があるようなので、タイミングが合えば見てみようと思います。

 

・・・で、どうなんですかねぇ。

箸にも棒にも掛からないのか、それとも案外健闘するのか、本人に多少なりとも手応えとか見込みとかあるのか、ま~ったくわかりません。

なんかね、予選では高校時代に吹奏楽で担当していたチューバを披露するそうですよ。自前のチューバなんて持ってないから楽器屋さんからレンタルしたんですけど、それ借りるのも結構てんやわんやありまして、結果的に借りれてずっと練習してるようですけど、チューバってそもそもソロで演奏するパートじゃないように思うんですけど、インパクトはあるかもしれないけど低音のソロって結構シュールだよなぁなんて心配もありつつ、まぁよくわかりませんけどやるだけのことはやって、結果が伴ったらラッキーですわな。

既に敗者復活戦対策も練ってるそうですけど(笑)

若い時しかできないことですから、思いっきり楽しんでくださいな。

新潟からこっそり応援してます。