folding bike x2

DAHON Hit

いきなりですが、折り畳み自転車を買いました。

DAHONのHitというモデルで、奥さんと色違いで2台です。

 

いやね、前から話がなかったわけではないんですよ。

クルマに積んで、景色のキレイな所で軽くサイクリングしたり、街中を散策したり、自転車があれば遊びの幅も広がるよなぁ、と。

ただいかんせん、私はバイク乗り。チャリがあってもきっとバイク乗っちゃいますよね。

奥さんもチャリ欲しい欲しい!と熱望してたわけではないので、なかなか今一つ踏ん切りがつかないままズルズルと今に至ります。

 

折り畳み自転車と言えば以前から憧れていたのはr&m社のBirdy(出会った当時はBD-1)。折り畳み機構の斬新さと革新的なフォルムにメロメロになったんですが、いかんせんお高いモデルなので易々とは手が出せず、バイクあるのにチャリ買ってもどうせ乗らないじゃんといういつものパターンで憧れたまま20年が過ぎ、他にもコンパスみたいな畳み方がカッコいいストライダとか好きな折り畳み自転車がいくつかありながら購入には至らず、しかも奥さんと2台となると余計コスト的なハードルが上がるし、私の趣味優先というわけにもいかないのでいろいろと難しかったりするのです。

いっそホームセンターで売ってる安いのでもいいかなという考えもありますが。実際に売り場で持ち上げてみるとスチールフレーム故になかなか重いんですよね。クルマに積むという前提があるのであまり重いものは避けたいですし、やはり安かろう悪かろう的な製品も少なくないです。

で、今回選んだのがDAHONになるわけですが、最初からDAHONを狙っていたわけではありません。DAHONという名前はもちろん知ってましたが、特に特徴のあるモデルが展開されてるわけでもなく、いわゆるフツーの折り畳み自転車メーカーという認識で正直まったく意識はしておらず、たまたま訪れた自転車屋さんで折り畳みのエントリーモデルとして勧められたモデルの1つがHitでした。

Hitの他に同じくDAHONのRoute、TURNというメーカーのLinkがスペック・価格いずれも同じくらいだと案内されて、Hitが6速なのに対しRouteとLinkは7速とかスペック面でいくらか差はあったんですが、初めての折り畳みだしエントリーモデルで僅かな差にこだわってもしゃーないでしょということで、最終的には色で選びました(笑)

DAHON Hit

奥さんのはルビーレッド。

DAHON Hit

私のはティールブルー。

お店に並んでた中でそれぞれいいなと思った色がたまたまHitで一緒だったんですね。

Routeにも似たような色はあるんですけどあっちはソリッドで、Hitはメタリックでキラキラしてるのでコッチの方がカッコいいなーって。

Hitというモデルを知ったのはもちろんお店で聞いたのが初で、メーカーによれば

「Hit the pandemic」=「パンデミックに打ち勝つ」コロナウィルスが世界的に猛威を振るい、自転車ニーズの高まりから車体の安定供給が困難な状況が続く中、ライフラインの一つでもある自転車を1人でも多くの人に届けたいという想いを込めて誕生したモデル。

https://www.dahon.jp/2022/product/bike/hit.html

ということなんだそうです。

DAHON Hit

よく見るとフレームにはHitのロゴと共にウイルスにグーパンチしてるみたいなマークが。

コロナ過が過ぎてもコレ見る度にコロナの時に買ったんだねーってイヤでも思い出しそうですね(笑)

 

お店で受け取ってクルマに積んでみたらリアにシートの座面跳ね上げてそこに置くとジャストフィット。自転車同士が干渉して傷付くのを防ぐために間にクッションかましてあげればOKです。Hitはスチールフレームに比べれば軽いものの、エントリーモデルなので劇的に軽いわけでもありません。メーカー公表値では12.2kgで10kg切るくらいになってくるとかなり軽さを実感できるそうですが、クルマのリアに積む分にはさほど負担になる重さでもないですね。

そして家に帰ったら早速奥さんと一緒に近所をチョイ乗り。折り畳み方はお店で習って、最初は戸惑うけど慣れればかなり簡単。展開なんてササッとできちゃいます。

20インチ故に道路の凸凹をショックは娘のママチャリよりダイレクトに感じますが、そこは割り切りですね。Routeより1つ少ない6速でも街中をユルく散歩するくらいなら何ら不足はないし、車体が軽いのでサクサク走れます。ハンドリングが若干クセがあるように感じますがこれも慣れでしょう。

 

DAHON Hit

今日のお昼休みにもちょっと走ってみました。

ウチからござれや阿賀橋を渡って土手沿いを松浜まで、松浜橋を渡ってまた土手沿いで帰ってくるというバイクでもよく走るルートです。

一番の違いはやはりスピード。バイクでも排気量によってスピードレンジが変われば見えてくる景色も変わってくるんですが、自転車だとバイクと徒歩の中間レベルで、バイクでは見逃してしまう景色を実感します。橋を渡る時もバイクで車道だと水面を直で覗き込むというのはムリですが、自転車だと歩道からすぐ水面が見えて、しかもゆっくりだから魚が泳いでるのを見れたり、浅いところで水草が揺れてるのが見えたり、目に入ってくるものがまるで違います。

走る道もクルマやバイクでは走れないところで走れたりするので、土手の下にあるサイクリングコースとか、公園の中にあるサイクリングコースなんかも走れるので、ここでもやっぱりバイクとは違う景色が見えてきます。

あとはクルマだと輸送費のかかる佐渡も自転車ならもっと気軽に行けるかなーとか、身近なところで古町を散策するのもおもしろそうかなとか、実際そこまで一生懸命走るかどうかわからないですけど、楽しみ方はいろいろありそうなのでムリしない範囲で楽しめたらいいですね。

 

ただねぇ、置き場所を考えずに買ったのはちょっと失敗だったかも。折り畳みでもそれなりに場所はとりますからねー。

 

過ぎ行く夏

上堰潟公園

少し前まで鬼のように暑かったような気がするんですが、ここ最近は曇りや雨の日が多くて一気に涼しくなってきちゃったので、すっかり秋が近づいていた印象です。

今年は秋桜も早く咲きそうという話もあり、実際ウチの近所の畑で勝手に咲いてる秋桜も花をつけてましたから、ものは試しにと去年も秋桜を見に行った上堰潟公園へ先日行ってきました。

が、さすがに早過ぎましたね(笑)

ちょいちょいと花は咲いてましたが見頃には程遠い。去年行ったのは10月上旬ですからね。1ヶ月以上も早けりゃそりゃそうです。

 

コスモス

↑去年はこんな

また1ヶ月後にリベンジしませう。

 

その足で前から気になっていたカフェにも。

日月カフェ

大河津分水沿いの道から国上寺へ登る道へ曲がり、途中から案内看板を頼りに細い路地を進んで行ったらありました。

事前情報ナシで行ったんですが、名前の通り日曜と月曜のみの営業だそうで、たまたま日曜だったからよかったものの、土曜だったら空振りになるところでした。

江戸時代に作られたという古民家を改装したカフェで、入り口を入って右側は30~40年前に増築したそうですが、集落の奥の奥という立地やお庭も含めて全体的にとても雰囲気が良かったです。

できることなら縁側で一日中のんびりしたい・・・・です。

これから秋が深まってくるとお庭の木々も紅葉してまたいい雰囲気になるかも。

行かれる方はくれぐれも曜日にご注意ください。

 

屋外でも屋内でも、夏が終わって秋に向かう切り替わりの時期を肌で感じ、そろそろバイクに乗るもの快適になってくるので、今度は息子と野郎二人でカフェ巡りなんて気持ち悪いことしてもいいかなぁ。

 

雨で冠水

雨

事前に大雨になるかもしれないという予報を聞いていた上で、朝の8時頃はやや強めの雨が降ってる状況で昨日からの雨で山形県や新潟県北部で災害級だというニュースを見ていました。

それが8時半くらいになったら猛烈な雨になってきて、家の前の排水溝は既に満水。排水溝の水はすぐ前を通ってる幹線道路の下にある太い排水管へ流れていくハズですが、排水のキャパは超えてたようで一気に道路が冠水、それから10分もしないうちにガレージの中にまで水が入ってきて、いよいよヤバいかな?という不安が襲ってきました。

 

雨

 

ここに引っ越してきてもう16年くらいになりますが、ここまで水が上がったのは初めてです。

この辺りは海抜が低いので阿賀野川が氾濫したらタバいかも?というのは想像してましたけど、こんな短時間の雨でこんなことになるとは想像を超えてました。

 

FIT

 

カーポートに停めていたFITのホイールくらいまでなので約10cmくらいでしょうか。

ガレージでも5cmくらいは来たかもしれません。

結局この後しばらくしたら雨足は弱まって、増える早さも尋常じゃなかったけどそれに負けないくらいの早さであっという間に水は引きました。

正味1時間くらいの出来事でしょうか。

その間、ネットでは村上市での土砂災害や新潟市内でもウチなんかより断然多く冠水してるところなど散見されて、たかだか10cm程度で済んでよかったとはいうものの、ピークの見えない大雨で水かさが増してくる怖さというのは充分感じました。

 

よく水害で「どうしてもっと早く避難しないの」と思うケースがありますけど、普段生活しててそんなシーンに遭遇したことがなければまさかここでそんな水害が発生するとは思わないだろうし、

雨が強くなってきたねー

排水溝溢れてきたよ?

え?道路冠水してるけど?

まさかこっちまではこないでしょ

増えてきたけどまだ大丈夫だよね・・・

そろそろ止むと思うけど・・・・ヤバい?

という感じでなかなか避難行動に移らない安全バイアスが働くもんだなというのを、ジワジワとガレージの奥まで迫ってくる水を見ながら思いました。

結果的に10cmで済んだものの、あのまま雨が降り続いていたら私も逃げ遅れになっていたかもしれないんですよね。

 

道路から水が引いてから長靴を履いてすぐ近くの交差点まで出てみたら、ウチの前は0cmなのにちょっと曲がった先で長靴半分以上浸かってしまうくらいの水深があるところもあって、ホンのちょっとの高さの差なんでしょうけど、水って正直だなぁというのもあらためて感じました。

ハイエースの腹まで浸かってんのに気にせず新築工事進めてる大工さんのメンタルは強いのか鈍感なだけなのかどうなんでしょう。水が引いてからであの水深なんだからピークの時は車内まで浸水してたような気がするけど。

 

各地で災害も起きてるようですし、次は北陸で線状降水帯が発生してるようなので、くれぐれも命を最優先に守る行動をしましょう。

 

21年

雪
雪

昨夜からボソボソと降ってきた雪は今朝にはこんなに積もっていました。

まぁそれでも山間部に比べたら全然ですし、去年に比べても全然なので、かわいいもんです。

今朝、家の前と生垣に乗っかってたのを除雪して、すっかり体力も持久力もないヤワなおっさんなので除雪→仕事→除雪→仕事と休みながらある程度除雪したら、晴れてたこともあって概ね融けて家の前はほぼクリアになりました。

寝ている間に除雪車も来てたようで、例年だと道路はボコボコだし人の敷地に雪山作ってくしで結構雑な除雪なんですけど、今回の除雪は意外とキレイにやってくれてましたね。人か業者が変わったのかな?ありがとうございます。

 

そんな雪の日にD-Styleは21歳を迎えました。

コロナの影響も少なからず受けて経営は決してラクではありませんが、多くのお客様に支えられて21年を迎えられたのはいつにも増して感謝感謝です。

今まで以上にお客様と共に成長したいという気持ちが強くなって1年前に始めたまる込みスタイル。まだ数はそれほど多くはありませんが、この1年でまた新たな出会いをいただいて、僅かでもD-Styleがお客様の役に立てているのはうれしい限り。ここ数年はSNS経由での出会いもあったり、最近はTシャツやステッカーで今までとは違う層との出会いもあったり、もちろん長くお付き合いして頂いているお客様とも新しい挑戦をしてみたり、多くの方々と関われるしあわせを実感しています。

年を重ねてくると頭も固くなりがちで、新しいモノを取り入れるのが億劫になってきてるのも正直なところあったりしますが、だからこそ固定観念にとらわれず、新しいモノや自分と違う価値観に対して否定や拒否からではなく、まずは覗いてみようというスタンスで取り組んでいけたらと思っています。

22年目もD-Styleをよろしくお願いします。

 

そして息子も今日で23歳。昨日は息子の誕生日のお祝いに家族4人揃って食事に行ってきました。コロナが始まってから家族の誕生日くらいしか外食しなくなってますけど、個室のあるお店を選んでできるだけ人と接触しないようにして、せめてこんな時くらい飲食店さんにも貢献してあげないと。

お店のサービスで出てきたバースデープレート。

えっと、たくやじゃなく「たつや」なんですけどね(笑)

ま、それもいい思い出です。

 

仕事始め2022

あけましておめでとうございます。

2022年もD-Styleをよろしくお願い致します。

 

さて、年末年始のお休みも終わり、今日が仕事始めです。

毎年恒例ですが、年が変わったことでお客様のサイトで書き換えるところがあるのでそれを一通りやりながら細かい調整や修正もして、なんやかんやで一日が終わってしまいます。

長い休みがあると生活リズムが狂いがちで、仕事のペースも思うようにいきません。

年齢のせいでしょうかねぇ(汗)

 

休みの間は基本的にのんびり過ごしました。

子どもたちが仕事やバイトがあったりするのでなかなか4人揃って出かけるというのが年々難しくなっていって、それでも妻の実家でみんなで食事できたり、初詣にも行けたし、家でも僅かな時間でも4人揃う時間が取れる時はできるだけ一緒に過ごして、私としては充実した時間になったと思います。

 

旦飯野神社

初詣は旦飯野神社へ。

人気のパワースポットだけに大勢の参拝者がいましたね。

今年は色々と勝負の年になるので、神頼みでも何でも頼れるものは頼りたい。

あとは自分を信じてやれることは全力でやる。

後悔だけはしたくない。

 

あらためて、今年もよろしくお願いします。