水害への備え

もうすぐ7月13日が訪れます。

新潟県民なら忘れられない2004年7月13日の三条市を中心とした水害。

あの時、友人の実家が被害に合って、片付けのお手伝いをさせていただきましたが、現地で目にした惨状は14年が経とうという今も目に焼き付いています。

 

7.13水害

7.13水害

7.13水害

 

当時、家の中を拝見した際に見た壁に残った一本の線。ここまで水が上がってきていたという証拠。腰くらい、いや胸近くまであったでしょうか。廻りは住宅の他に田んぼや畑もあって面積的に結構広いのに、この規模でここまで水位が上がるのかというのは衝撃でした。

そして今回の西日本豪雨災害。床上浸水はもちろんのこと、場所によっては二階まで水没してしまったところもあって、報道で屋根だけが見えている映像も度々見ました。一般的な住宅なら二階の軒下までの高さは少なくとも5m以上、普通は6~7mほどらしいので、7.13水害で見た水位どころではありません。

・・・ゾッとしますね。

我が家は総二階なので屋根に上がる術がありません。ベランダにハシゴをかけようにも軒がジャマして立てられない。仮に二階まで水没するレベルの水害で逃げ遅れたら完全にアウトです。避難するにしても近くで高い建物って中学校くらいですし、近隣住民が集中したら収容しきれるかもわからない。

生き残る術を警報が出てから考えていては間に合わない。やはり日頃からの備えというのが重要なんですね。

最近、ゴムボートとライフジャケットも持ってた方がいいのかななんて真剣に考えてしまいます・・・。

 

大阪北部地震で感じたこと

6月18日に近畿地方で発生した大きな地震。倒れたブロック塀や家具の下敷きになって尊い命が失われたり、家屋や交通インフラにも大きな被害を出しました。しかし、最大震度6弱という規模を考えると、以前より防災・減災が進んでいるのかなぁという印象も受けます。あれだけの地震が起きてながら会社に向かう人が多かったのは、そういう面の表れなのか、逆に阪神淡路や東日本大震災から時間が経過したことで地震への意識が低下してきているのか、いずれにしても日本人は地震に対してタフだなぁとも思いました。

地震発生から1週間あまりが経ち、復旧活動も進んでいるようですが、報道を見ていて気になったのがガスの復旧の遅さ。地中に管が埋められているガスは漏れている箇所の発見が難しく、修復も掘り起こしての作業で、管を復旧しても各家庭での安全が確認できないと再開できないなどの理由があるそうで、それを聞けば時間がかかるのは納得としても、災害時の復旧は電気に比べると難しいというのを痛感しました。

ウチは9年前に太陽光発電を導入するのに合わせてこれまでのガス電気併用からオール電化に切り替えたのですが、個人的にエコキュートが非常に効率が悪いと思っていて、湯量を抑えれば足りなくなった時に困るし、湯量に余裕を持たせれば余った分がロスになるし、設備やメンテナンスにもコストがかかるので、人にオール電化について聞かれた時はあまり勧めてはいません。なのでエコキュートの寿命が来たらまたガス併用に戻そうかなとも考えていたのですが、先の地震でガスの復旧に時間ががかるのを見てると、災害時に強いのはオール電化なのかなと、なかなか自分の中でベストな生活インフラを決めかねてる状態。

まぁ、大阪と新潟じゃガス管の総延長もかなり違うので一概には言えないのでしょうし、電気・ガスだけじゃなく水道の復旧スピードなんかにもよりますけど。家自体が倒壊したらどれが早いなんて問題じゃないですしね。

そんなタイミングで昨日、エコキュートの配管から微量に水が漏れてるのを発見してしまいまして、日曜日なのでどこも来てくれないし、設備屋さんが今日来てくれましたけど下見だけで修理は後日になったし、この程度の復旧すら地震じゃなくても時間がかかるようであれば、やっぱりエコキュートはやめようかなぁなんて思う月曜日なのでありました。




サクラサク

今日は公立高校の合格発表。

入試が終わってからも落ち着きませんでしたねぇ。

娘は当日の出来に不安があったようで尚更のこと。

 

で、

 

結果は、

 

見事合格してました~♪

 

「落ちてたらどうしよぅ~」とずーっと不安そうだった娘は飛び上がってよろこんでましたよ。

えぇ、学校に向ってる間、お父さんも落ちてた時に何て声をかけていいのか不安でしたよ。

いやー、これでやっと落ち着きました。

中学入ってからの間、特にこの1年はかなりがんばったので報われてよかったです。

また3年後には大学の入試があるので、この先の高校生活もしっかりがんばってくださいな。

 

 

 

家の前の桜には小さい蕾が付いていました。

こちらも間もなくサクラサク、ですね。

 

やっと終わった~

昨日・今日と2日間に渡った高校入試もやっと終わりました。

この2日間、本人はもちろんですけど親も気が気じゃなかったですよ。

今頃がんばってるかなー
体調悪くなってないかなー
できなくて落ち込んでないかなー

心配したところで何の役にも立たないのがもどかしい。

まぁやるだけやったし、これまで頑張った分、今日からは勉強からも解放されるので、あとは結果を待つのみということでゆっくり休んでほしいですわ。

でも、結果が出るまで落ち着かないんだろーなー、本人も親も。

 

ともあれ受験生の皆さんおつかれでした。

良い結果が出るといいね。

 

いよいよ・・・

中学校は明日が卒業式。

そしてその翌日と翌々日にはついに公立高校の受験日を迎えます。

 

娘は昨日から体調がイマイチで、受験間近のタイミングでインフルエンザにかかっていたらどうしよう~~とかなり不安な様子で、今日も体調がすぐれないので学校は早退してお医者さんへ。幸いインフルエンザではなく胃腸炎との診断でしたが、もしかしたら受験のプレッシャーでストレス抱えてるのかもしれません。

普段は強気な口調で勝気な印象が強い娘も実は結構な心配性で、最近はかなり不安がってるのがよくわかるのですが、受験も体調不良も親が代わってあげることはできませんので見てて切ないですな。

まぁ、ここまで来たらあとは試験本番で今の実力を出し切るのみ。

誰に似たのか親に言われるまでもなく必死に勉強してきた子ですから、実力さえ出せれば合格する・・・と信じたい。

早くこのプレッシャーから解放してあげたいですな。