大雪・・・

雪

この3連休は新潟市でも結構な積雪になりました。

新潟県内各地で交通機関はマヒするし、除雪は追いつかないし、除雪作業中の事故も起きるし、コロナどころじゃない災害レベルなところもありました。休み中、除雪に明け暮れた方も多かったでしょう。

はい、ウチもずっと除雪してました。

雪自体はフワフワの軽い雪で重くはなかったんですけど、それでも量はそれなりあるので困るのが捨て場所です。当然ご近所も揃って除雪しますから、あちこちで雪の山ですよ。公園なんて完全に埋まってましたもんね。あちこちで除雪車の動いてる音はしてもなかなかウチの近所までは回ってこなくて、昨日の夕方にやっと山を少し減らしてくれたので、その分は助かりました。

まぁ、上中越に比べたらかわいいもんですよねぇ。ニュースで見る上越の雪の量は新潟県民でもドン引きレベルでしたから。

今日は気温もやや上がって、今は軽く雨が降ってるので、これで山が多少でも融けてくれるといいんですけどね・・・。

 

しかし、今回のような雪が降ると俄然ジムニーが欲しくなります。普通のFFでもある程度は走るけど、ジムニーなら余程のことがない限りガンガン走れますもんね。N-BOXなんてバンパー下が低すぎてすぐラッセルですよ。そこらを走ってるジムニーのドライバーが揃って勝ち誇った顔をしてたように見えました。

クルマ復帰は空冷VWのつもりだったけど、ジムニーにしよっかな~(笑)

 

あけましておめでとうございます

護国神社

皆さま、あけましておめでとうございます。
今年もD-Styleをよろしくお願い致します。

さてさて、D-Styleは今日が仕事始め。今年は比較的年末年始の休みが短ったのですが、それでも生活リズムが崩れて仕事復帰はなんだかかったるいです(笑)

ま、新年早々やることはいっぱいあるので気を引き締めてがんばります。

 

年末年始は基本的にStay Homeでした。生活に必要な買い物は行きますけど、レジャー的な外出はナシ。唯一それっぽい初詣もいつもなら元旦に行くところを蜜を避けて3日に行ってきて、写真の通り護国神社はかなり空いてました。元旦・2日がどうだったのかわからないんですけど、やっぱり今年は控えるor分散の人が多かったんでしょうかね。

暮れの31日には東京で1300人以上の感染が確認され、そろそろ1000人超えるかも?と言われてたのが一気に1300人まで増えたので、かなりのインパクトがありましたよね。その後も減少に転ずることなく正月3ヶ日も高めで推移してますから、関東1都3県から緊急事態宣言の要請が出るのもムリはないという感じ。新潟はそれほど劇的に増えてる感じではないにしても、全国で減少傾向が見られてない中で微妙にジワジワ増えてきてると数ヶ月遅れで同じような状況に陥ることも可能性としてゼロじゃないので、緊急事態宣言が出なくてもやはり警戒は緩められませんね。

去年1年がすっかりコロナで振り回されて、年が変わってもその状況まで変わるわけじゃなく、なんだか明るい兆しがまったく見えない新年なんですけど、こんな時だからこそ新しい事にもチャレンジしていける1年にできたらいいなと考えています。

 

クリスマス with コロナ

先日、関越道で立ち往生を発生させた大雪があった後、新潟市はさっぱり雪が降ってません。故にクリスマスもホワイトではないですね。まぁ近年の新潟市はホワイトクリスマスになる方が珍しいですけど。

それよりも今年のクリスマスは何と言ってもコロナです。昨日のイブも例年に比べれば人出は少なかったようで、これまでなら外でみんなでワイワイやるところをStay Homeで大人しく、という方も多かったんでしょう。元々家族で過ごすというお家ではあまり影響はなかったですかね?10代・20代の若い世代にとってはロマンチックなムードにならなかったでしょうか。

しかし、去年の今ごろはまさかこんなことになってるなんて思ってもいませんでしたよね。武漢で感染が確認されたとか言い出したのがちょうど1年くらい前ですから、最初に聞いた時はちょっと不安もありましたけど、まさか1年で世界がこんな状況になってるなんて想像もできなかったし、第一波の春頃だってクリスマスまでこんなの続いてるなんて思ってなかったですし。身近に迫る感染リスクも怖いですけど、これがいつになったら終わるのかっていう終わりの見えなさもかなり怖い。メルケルさんの「最後のクリスマスにならないように」というメッセージは切実さも相まって結構重く受け止めました。昨日は東京で過去最高の888人、全国でも3700人以上の感染が確認され、まるでクリスマスムードを感じるどころではなくて、減少傾向が見えないことから年末に向けて更に暗い気持ちになってしまいます。

来年のクリスマスは・・・・楽しい気分で過ごせてるかなぁ。

話は変わって、先日ドラマ「姉ちゃんの恋人」が最終回でした。設定が重いのでシリアスなドラマなのかなと思いきや、割とシンプルなラブストーリーで、各々葛藤がありながらもサクッと付き合っちゃったりするところがストーリー的に安易すぎね?と思うところもなかったわけじゃないにしても、そんな全体的なことよりも、最後に登場人物全員がハッピーになるわかりやすいオチに安心したと言いますか、逆にこのご時世に複雑な悲しいエンディングだったら絶対見たくないなって思ってたので、最後の最後、家族そろって食卓を囲むシーンにやけにジーンときちゃったりして・・・当り前が当り前じゃなくなった世の中にこそ、こういう普通の幸せのシーンを見せてもらえたのがやけにうれしかったです。

来年は普通の幸せ実感できてるかなぁ。

年末はまた強力寒波が来るようだし、初詣も密になるからどうしよっかなーって感じ。Stay Homeですかね。

 

雪化粧

雪

昨日から寒気が強まったそうで、山沿いでは大雪に・・・というニュースもありました。実際、湯沢とか山の方では結構な量が一気に積もったようです。

で、ここ新潟市も今朝起きたらうっすらと白くなっていました。この程度の量なので日が昇ったらすぐに消えちゃいましたけどね。いよいよ本格的に冬に入るということで、いつも雪の降り始めはクルマの事故が起きたり、滑って転んでケガをしたりというのが起きやすいので、皆さんくれぐれもご注意ください。

思い返せば昨年は記録的とも言える小雪で、新潟市は一度も積雪がなかったように思います。山間部でも全然積もらなくてスキー場が営業を断念したというのもありました。経営ヤバくてクラウドファンディングしたスキー場もあったような?今年は雪が期待できるとなればスキー場も賑わうでしょう・・・と言いたいところですが、今年は雪が降る代わりにコロナですよ。スキーしてる時は密になりませんけど、食事やリフト待ちでは人が密集するので今年はその対策が必須になるでしょうね。ゴンドラ式のリフトでは人数制限もしなきゃでしょうしね。そもそも旅行・レジャーを控えないと感染収まらないという雰囲気では、いくら感染対策を施しても今年は来場者自体が少ないかもしれません。2年連続閑古鳥ではかなり厳しいですよね・・・。

コロナウイルス、寒さで凍死してくれたらいいのにっ。

 

この木 なんの木

ウチからすぐ近く、かわせみ橋のたもとに長らく手付かずの空き地がありまして、一部は地主さんが畑をやったり駐車場として貸し出したりしてるものの、大半は草が生えっぱなしのほったらかしで、だからと言って子どもの遊び場になってるわけでもなく、ここ数年はかわせみ橋を渡るのに横切られるだけの状態でした。

空き地

そこに上の写真のように大きな木が何本か生えてまして、木の種類とか樹齢とかまったくわかりませんけど、なかなか立派な木なので結構古くからこの地に根ざしてきた木なのかもしれません。

それが最近になってついにここも宅地になることが決まりまして、恐らく来春くらいに始まるであろう分譲目指して現在造成中です。

で、他人様の土地ですから何をどうしようが私の関与するところではないんですけど、あの木がどうなるのかな~というのがとても気になっていました。

まぁ、普通はジャマですから伐採ですよね。でもあれだけの巨木をまた植えたいって言ってもすぐにできることじゃないし、古くから地域を見守ってきた木を活かした緑溢れる造成地を・・・なんて期待も少しあったんです。

が・・・・

空き地

当然、一切容赦はありません。

ご覧のようにキレイさっぱり伐採されました。

いやホント、私がどうこう言うことじゃないんですよ。責めてるわけでもないんです。でもなんか歴史あるものが、それは自然物であろうが人が作ったものであろうが、刻んできた時間は一度失われたら取り戻せないものですから、活かすやり方はなかったのかなぁと勝手にセンチメンタルな気分になっちゃってるんですよね。

最近は身近な地域に残ってる歴史を感じるものを探して散歩するのが好きなんですが、そんなウン百年とかじゃなく、50年・100年くらいの割と最近のものでも興味深く見入ってしまうおもしろいのがいっぱいあったりするんですよね。あの木も樹齢はなんとなく50~100年くらい?そんなに長くない?それでもきっと私が子どもの頃からあった木だと思うので、実家から離れてるので当時のこの辺の雰囲気なんてまったく記憶がありませんけど、通船川でフナ釣りしてた時には見ていたかもしれないなーとか考えると何だか感慨深い気分になりません?

新しく、キレイになっていくのも悪くはないけど、古いものを大切に歴史を刻んでいくのもいいと思うんですよね~。