ドメイン値上げ

先日、さくらインターネットからドメイン値上げの案内がありました。

昨今はコロナ・ウクライナ・円安などの影響でいろんなものが値上げになっていますが、まさかドメインにまで値上げの波が来るとは想定外でした。

対象となるのは「.com」「.net」「.org」「.info」「.biz」「.mobi」

値上げ幅はドメイン種別や契約期間によって異なりますが、.comの1年だと1952円→2614円、3年で5800円→7753円、その他全体的に30~40%ほどの値上げとなっています。

一度の値上げ率って食品なんかだと1~5%くらい、高くても10%未満に抑えて割高感をできるだけ感じさせないようにしてますが、30~40%ってかなり大胆ですよねぇ。この案内を受けてネットでは使ってないドメインを解約するとか、他に切り替えるとか、さくら離れの動きも多少あるようです。ビジネスサイトなら値上げされてもまだ許容できる金額かもしれませんがプライベートサイトだとちょっと厳しいかも。アフィリサイトでこの値上げをペイできないレベルならそもそも辞めた方がいいでしょうね(笑)

値上げの理由としてプレスリリースでは「上位組織から提示されるドメイン料金の上昇や、その他の外的要因による仕入れ価格の変動に伴い」とあります。上位組織に提示される料金というのはさくらに限った話ではないのでやはり他のホスティング会社でも値上げに追従する動きが出る可能性はありますね。ドメインを管理している団体は確かアメリカにあるので最近のアメリカでのインフレが影響してるのでしょうか。ドメインに原材料は必要ないので外的要因というのは主に為替ですよね。今後円高に進めば話も変わってくるかもしれませんが、夏頃には1ドル150円台にまで、という見立てもあるようなので更なる値上げがあるかもしれませんし、一度上げた料金でもまた下げるという判断をしてくれる優しい会社かどうかわからないので、円高に進んでもその恩恵があるかは未知数です。

お客様の中でさくらを利用されている方はあまり多くはありませんが、.comドメインは超メジャーなドメインでお客様でも利用が多いのでさくら以外にも拡大するとちょっと影響大きくなるかもしれません。

エックスサーバーのキャンペーンでドメイン永年無料で取得してる方も多いんですけど、値上げに耐え切れず途中で永年無料じゃなくなるってこともあり得ますかね?

今度は電気代が高くなったからレンタルサーバーも値上げ・・・・なんてことになったら困るなぁ(汗)

 

SE to 8

iPhone8

長年愛用してきたiPhone SE(初代)が最近バッテリーの持ちが異常に悪くなりまして、バッテリー交換か機種変更かでしばし悩んでる間にもバッテリーが瀕死の状態になっちゃったので、ネットで本体オーダーして届くの待ってるなんて時間の猶予もない状態で、急遽バッテリーを交換してもらおうと修理屋さんに駆け込んだところ、8のUsedが安く置いてあったのでバッテリーは変えずに8に機種変更しました。Usedだけどお店が新品バッテリーをサービスしてくれたのでバッテリーに関しては当面大丈夫でしょう。

お店でSIMは差し替えてもらって、帰宅してからバックアップから復元するだけなので移行はスムーズ。大きさが変わったくらいで使い方も変わらずなので戸惑うことは何もない・・・・んだけど、今までコンパクトなSEに馴染んでたので手に持った感覚とかポケットに入れた感覚とか、とにかくデカい。iPhoneに限らず最近のスマホはサイズ大きめなので、それらに比べたら8はそれほど大きいわけじゃないのにSEのコンパクトさが際立ってるので、機種変更した後にあらためてSEの良さを実感した次第です。

 

iPhone SE

ちなみにSEを使い始めたのが2016年の12月。

ちょうど5年になりますね。

それ以前もSEと同じ大きさの5で、5を使い始めたのが2012年11月だったので、9年もあのサイズだったということになります。

現行の第2世代SEは8と同じ大きさで、初代SE以降あのサイズのiPhoneはリリースされていません。

何といいますかねぇ、デカけりゃエラいみたいなのってかなり頭悪そうで、アメ車のパワー欲しけりゃ排気量上げろってノリに近い気がする(それは別にキライじゃないんだけど)。むしろ精密な腕時計のように小さい中に技術がギュッと詰まってる方がハイテク感は高いように思うのですよ。技術の進歩は小型化の進歩でもあったわけですし。

なので、SEくらいのサイズでフチナシのフルディスプレィ、コンパクトなのに大画面、みたいな方がカッコいいかな~なんて。

まぁ、個人の好みなんですけど。

 

ということで、機種変更はしたけどSEにはとっても思い入れがあるので本体は捨てずにいずれバッテリー復活させて何かに活用したいと思います。

 

Twitter Proアカウント

Twitterのトレンドに「Twitter Pro」とあったので何かと思ったらProアカウントなるものができてたんだそうです。

Proアカウントというのは

ビジネスやブランドのオーナー、クリエイター、パブリッシャーは、ProアカウントでTwitter上の存在感を高め、強化できます。ProアカウントはTwitterの一般ユーザーには公開されない、さまざまな種類の専門ツールを提供する窓口として機能します。

https://business.twitter.com/ja/help/account-setup/professional-accounts.html

へぇ、こんなのあるなんて全然知りませんでした。

ってか、聞いてもどう活用するのかよくわからない。

また、現時点では誰でもProアカウントにできるというわけではなく、

Twitter利用者契約に複数回違反していないこと。
アカウント名、自己紹介、プロフィール写真など、プロフィールのあらゆる項目が設定されていること。
認証済みの個人情報がプロフィールで確認できること。プロフィールで他の人物、ブランド、組織の名を騙っていないこと、他者を欺く目的で偽の個人情報をプロフィールに掲載していないこと。ブランドや組織と直接提携している場合を除き、動物や架空のキャラクター画像をプロフィールに使用していないこと。パロディアカウント、ファンアカウントはProアカウントとして認証されません。

https://business.twitter.com/ja/help/account-setup/professional-accounts.html

という要件を満たしている必要があるそうです。

確かにD-Styleやまる込みスタイルのアカウントにはProアカウントの項目が表示されてましたが、それ以外のほぼ放置しているテスト用サブアカウントは項目が表示されておらず、何かしらの選別はされていそうです。しかし、Proアカウントのハードルってさほど高くはない気がしますので、普通に運用してるアカウントであれば一般の個人であってもProアカウントの選択肢は出るのではないでしょうか。

Twitter Proアカウント
メニューにTwitter Proが表示されています

で、物は試しにProアカウントにしてみました。

カテゴリーは選択肢が多いものの、自分にピッタリくるのがどれなのかちょっと微妙。よくわからないけど「グラフィック」で検索して出てきた「グラフィックデザインエージェンシー」というのにしてみました。

あとは「ビジネス」か「クリエイター」を選択するところで「ビジネス」を選択して完了。デザイナーはクリエイターですけど、ここで言うクリエイターってもっとアーティスティックな方やタレントさんとかが該当するんだと思います。まぁ「自称」ならなんでもアリですけど(笑)

Twitter Proアカウント

で、Proアカウントにするとプロフィールに「グラフィックデザインエージェンシー」と表示されるようになりました。

えっと、現時点で変わったのはこれだけで、今までと何も変わりません。

プロフィールのカテゴリーは非表示にもできるので、非表示にしてしまえば以前とまったく変わりません。

ん~、どう活用するんだ?(汗)

たぶん、広告出す時に何かするとか、そんなのですかねぇ。

現時点では特に使い道がなさそうです。

ま、今後に期待ですかね。

 

でもTwitterってあんまりビジネス色強くしないでまったりやってるのがちょうどいいんだけどなー。

あ、気が向いたらフォローしてください。 https://twitter.com/dstylemk

 

メタバース

Facebookが近く社名を変更する可能性があるというニュースがあり、社名変更の理由としてメタバースへのシフトが言われています。ザッカーバーグCEOは「我々はソーシャルメディア会社よりメタバースの会社として見られるようになる」と述べ、ヨーロッパで1万人もの新規雇用方針も発表しているそうです。

で、メタバースって何なん??という感じですよね。

簡単言えばネット上の仮想空間のことで、それは別にFacebook社が独自に考え出したものでも独占するサービスでもありません。かつては「セカンドライフ」という仮想空間サービスがあり、当時はかなり注目を集めて投資もされたようですがブームが去るのもあっという間でした(実は現在もサービスは継続中らしい)。ゲームの「フォートナイト」「あつまれどうぶつの森」もメタバースの一種として例に挙げられてますが、私はいずれもやったことがありません。SNSは既に飽和状態で目新しさもなく(スタンダードサービスになったという点で私は評価してますが)、これから5G環境が整ってくるとSNSから新しいステージとしてメタバースが台頭してくるのかもしれませんね。昨今のコロナ過もそれを後押ししてるという声もあるようです。

メタバースの今後は・・・・私にはわかりません。早過ぎだったセカンドライフも今の環境なら違っていたような気もします。Facebookが熱を入れてるくらいなので当時のようにはならないかもしれないし、一方で最近の投資でありとあらゆるものに節操なく大金を投じる加熱っぷりがメタバースでも広がり過ぎると一般大衆の気持ちが離れるということもあるかもしれない。しかし、リアルでもバーチャルでも金・金・金!みたいな現状は人としての楽しみがどんどん奪われていってるような気がして、農家の物置に寝ていたカブを5000円で譲ってもらって部品交換会でパーツ探しながらちょっとずつ直して乗る、みたいな昭和のアナログ的ホビーの対極にあるメタバースには個人的にはあまり魅力を感じません(今のところは、ですが)。

とか言いながら、TwitterやFacebookはすっかり生活の一部になっちゃってるし、メタバースにもいつの間にか取り込まれていっちゃうんだろうなぁ~。

メタバースの可能性として結構ハードル低めに思うのは世界中の人たちと繋がるような大規模なものより、企業のリモートワークの延長のような小規模なものでしょうか。コロナ過で多くの仕事がリモートでもできることがわかっちゃって、オフィスは不要と地方に本社を移転する動きもある昨今ですから、ZOOM会議の発展版でバーチャルオフィスとしてのメタバース活用はシステムさえ整えばすぐにでも導入できそう。いや、同じようなものは既に導入されてるかな?そのプラットフォーム提供というビジネスならニーズは結構ありそうですね。

クルマやバイクのイベントをメタバースで・・・というのはさすがにイヤかな(笑)

 

D-Styleホームページをリニューアル

D-Style

D-Styleホームページをリニューアルしました。

前回のリニューアルは・・・・9年くらい前になっちゃうかもしれません。

Web屋としてはかなり失格ですよねぇ。

本来なら自分が一番先頭走ってなきゃいけないのに。

しかし、言い訳をさせてもらえば、どうしてもお客様のお仕事が最優先で自分のは後回しになっちゃうのでね。

はい、言い訳ですね。

本当は今年の始めの20周年タイミングでとは思ってたんですよね。合わせてロゴマークのリニューアルもしちゃおうとか、料金体系も見直そうとか、いろいろと考えだけはあったんです。でも日々の仕事に追われて・・・・こんなに伸びちゃいました。

 

ホームページはすっかりスマホがメインになりました。ウチみたいな業種だとまだPCのアクセスも結構あるんですけど、お客様のホームページは業種によっては99%スマホってところも冗談じゃなく普通にあります。それでもお客様自身が日常的にスマホでネットを見ないタイプですと、まだスマホ対応の必要性を感じないというケースも少なくありません。デバイス別のアクセス状況もお見せしてご提案はしてるんですけどね。ただ、昨今のコロナ過で経営的に厳しいということもあるので、予算をかけずに簡易的に対応する方法もご提案しています。

ホームページに関してお悩みがあればお気軽にご相談ください。

 

このブログも近々内容を整理する予定です。

既に一部の記事は引っ越し始めてますので、消えた記事はbug unlimitedでご覧ください。