PayPay銀行

PayPay銀行

ジャパンネット銀行がPayPay銀行へと社名変更しました。

日本国内でのバーコード決済サービスではたぶんトップを走ってるであろうPayPay。今後は銀行業務とPayPayとのリレーションを深めてより多彩なサービスを・・・という目論みかなぁと見てますが、そんなことより強く感じるのはよくあるネーミングライツ的な雰囲気。

野球場とかサッカー場とかでよくありますよね。〇〇スタジアムとかってヤツ。あれって契約期間があるので契約が更新され続けてる間はいいんですけど、切れたら元に戻るとか、別の企業が契約してまた別の名前になるとか、地元にやっと馴染んできたと思ったら変わっちゃったりするので結構慌ただしいですよね。そういうもんだと思ってりゃいいのかもしれないけど、いつまでも定着しないのはどうなのかなーとも思うのです。

そこへPayPay銀行です。確かに他のPay系に比べりゃ認知度は高いし、この先も当面は続くんでしょうけど、10年後、20年後もPayPayが続いてるかというのは誰にも予測不能。途中でまた社名変更される可能性は結構高いような気がします。

いや、別にいいんですよ。いいんですけど、利用してる側からすると銀行名が変わることでこっちでも変えなきゃいけないこととか発生するし、アナタの都合でユーザーに迷惑かけちゃイカンでしょ、という気になっちゃうんですよね。ネーミングライツでもスタジアムの名前が変わると道路標識とか案内地図とか駅名・バス停などなど、影響が多岐に渡り手間やコストが大きくなるケースが少なくありません。PayPay銀行になることでどこまで影響があるのかわかりませんが、別にジャパンネット銀行のままでいいじゃーんって思うんですよねー。

いや、別にいいんですけど。

 

ということで、今までジャパンネット銀行宛に振り込んでいただいてたお取引先の皆さまは大変お手数ですが次回以降はPayPay銀行になりますのでお間違えのないようにお願い致します。

 

新サービス「まる込みスタイル」開始っ!

まる込みスタイル

今日からD-Styleの新サービス「まる込みスタイル」がスタートしました。

どうして今日からって・・・特に狙ったわけでも、キリのいい日でもないんですけど、今日のタイミングで公開できる段階になったってだけで・・・。

いや、ホントは先月の20周年で、とは思ってたんです。

でも忙しくてなかなか・・・ね。

まぁ、若干遅れましたがようやくスタートです。

詳細はホームページを見ていただくとして、そもそもの狙いはホームページを持つハードルを極力下げること、です。

どうしてもドメイン・サーバーなどのランニングコストもかかるし、最初の制作費や維持するための管理費など、案外コストがかかってくるもので、D-Styleではそれでもできるだけ安くできるように工夫や努力はしてきたんですが、「ウチはホームページなんかいらないな~」という消極的な方にとってはそれでもまだ敷居が高かったりします。だったら難しいことはコッチで全部肩代わりして、その代わりできるかぎりコストを削って、まずはホームページを持ってみて、その価値を感じてほしい!とかなりギリギリのところまで攻めた結果できたサービスです。

ぶっちゃけ、儲けはさしてありません。せめて価格を税別にさせてほしいな~って思ったんですけど、全部込みと言いながら税は別なのかよって自分なら思うだろうと、一部のオプションを除いて全部込みにしちゃいました。なので数を集めて薄利多売でもしないと全然割に合いません。

それでも、このサービスに関してはこれまでD-Styleとして縛ってきた「1エリア・1業種」という括りもナシで、さらに紹介割引制度・紹介パートナー制度も設けて、多くの方に利用していただきたいと考えているので、これまで機会に恵まれなかった新しい出会いも生まれるんじゃないかと、勝手に期待もしています。紹介した方も、紹介された方も、そしてD-Styleも、みんなでWin-Win-Winになっていけたら最高ですね。

ぜひ、まる込みスタイルをよろしくお願いしますっ!

 

海外からの落札

先日、ヤフオクに出品していた本が落札されまして、それが海外からの依頼で日本のオークションに入札してくれる代理業者さんでした。

長くヤフオクを利用してきて、このケースは初めてでしたね。

初めてのことに最初は「えっ」と不安になって、その業者さんの名前で評判を検索してみたら、既に多くの実績があって安心して取引できると評価も高いみたいで、実際もう商品は発送したんですが、最後までスムーズで不安は最初だけでその後はまったく不安を感じませんでした。もちろんどこの国の方からの依頼なのか等はまったく明かされませんので、この先どこに届くのかは私にもわかりません。

逆に、日本から海外のオークションに代理入札してもらうサービスは過去に利用を検討したことがありました。Type-3に乗ってた時でしたかねぇ。何を買おうとしてたのかはもう忘れちゃいましたが、マージンが案外高くて断念したのは覚えてます。まぁ、モノによってはマージン払ってでも手に入れたいパターンもあるでしょうから、利用するかはケースバイケースというところでしょうか。

しかし、今回落札された本は特に貴重なものでもなく、誰も落札しないだろうけど品揃えをさびしくさせないための飾りみたいな感覚で出品していたもの。海外の方から見て、業者に手数料払って日本からの送料かけてまで読みたい本であるとは・・・・・なかなか思えないんですけどねぇ。

何かの間違いとかじゃないですか?(笑)

そのうちラリーストライプが海を渡る日が来るかもしれませんね。

 

iPhone 12

iPhone12

今日から日本でiPhone12が販売開始になりました。

うーん・・・・新製品が出てもあまり話題にならなくなっちゃいましたよねぇ。

正直、スペック的にはもはや熟成の域で、画面サイズはこれ以上大きくも小さくもならないし、最終的には表面全てディスプレィってのが究極でしょうからデザインする余地もなくなってくるし、あとは落としても絶対割れない丈夫な画面になるとか、満充電で1週間もつロングライフなバッテリーとか、考えられないくらいに端末が低価格になるとか、そういうのでもない限り目新しさを出すのは難しくなってきました。

iPhone4とか5あたりはまだワクワク感あったのにねー。

サイズ感もさることながら、私はあの頃のトキメキを忘れられないから未だに第一世代SEを使い続けてるのかも。

そんな目新しさのない新iPhoneでも一番の注目はiPhone初の5G対応でしょうか。まだ5Gが使えるエリアは限られているものの、今後拡大していくことは確実ですし、3Gから4Gに変わっていった時のように、速くなった通信速度に慣れてくると遅い速度では満足できなくなって端末そのものが原因よりも環境改善のための機種変更需要というのは今後起こるはず。動画配信も5Gを基準にしたものに変わっていくでしょうしね。環境に悪い古いクルマは増税するからエコな新車に買い替えろみたいな横暴とも言えますが(笑)。

一方で5Gの電波による健康被害への懸念というのも言われています。ただ、心配する声と、それを打ち消すかのような心配ないという声と、両方があって、正直どっちが正しいのかよくわかりません。IHクッキングヒーターや電子レンジの電磁波なんかも以前から言われてますよね。こういう立証が難しいものってどう判断すればいいんでしょうね。新しい技術を推し進めるのも結構なんですが、不安要素を解消する働きもしてもらわないと、後でダメでした~では困ります。

使用中の第一世代SE、そろそろ機種変かな~とも思ってますが、4Gの第二世代SEにするか、5GのiPhone12にするか・・・・。

5G対応のちっちゃいの出してください。

 

小倉優子・夫経営歯科医院へのクチコミ

昨日、タレントの小倉優子さん夫妻が離婚危機にあるというニュースがありました。前夫の浮気が原因で離婚し、再度掴んだ幸せだっただけに事実であれば気の毒な話だなと思いますが、真相はご本人たちのみ知ることですので、余計な詮索はせずに見守るしかありません。

が、ニュースでは小倉さんが既に第三子となるご主人との子どもを妊娠中であるにもかかわらず家を出て離婚を望んでいるということ、そして生まれてくる我が子にも会いたくはない、という風に報じられていたため、ここの部分だけ切り取って鵜呑みにすれば「とんでもないクズ夫」という印象になってしまい、SNSでもご主人に対しての辛辣な口撃が数多く発生することになってしまいました。

そしてその矛先はなんとGoogleマップでのご主人が経営する歯科医院のクチコミにまで及び、以前のスコアはわかりませんが、星1つが続けて投稿されたことでこの記事を書いてる時点では1.5にまで落ちています。

Googleマップ

現在は消されているようですが、当初は↑のような診療内容や対応にまったく関係のないクチコミが書き込まれていました。当然、クチコミの趣旨としては医院の提供するサービス(この場合は主に診療内容)に対してであるべきで、こういったサービスと無関係なプライベートに対するクチコミ投稿は本来の利用規約に違反しています。で、恐らくGoogleサイドでもこういうクチコミ投稿は削除する対応をしてると思うので現時点ではコメントがなくなっていますが、コメントがない単に星1つだけのものは削除する判断が難しいのでそのままになってしまいます。実際にご主人がクズ夫だったとしても、こういうネットの使い方というのは褒められる行為ではないですよね。

小倉優子コメント

当の小倉優子さんはInstagramで↑のようにコメント。「報道内容に事実と異なることがある」とありますし、ご主人への取材も控えてほしいとのことですので、当人同士で話し合っていただいて、いい方向に向かうよう静かに見守りましょう。

 

しかし、ゆうこりんもなかなか男運が無いと言うか・・・、ご主人も離婚するなら妊娠させるなよって言うか・・・、あ、こういうのが余計な詮索ですね(汗)