Twitter、休眠アカウント削除へ

米Twitterが、アクティブではないTwitterアカウントの所有者に対し「12月11日までにログインしないとアカウントを削除する」という警告メールを送っていると米The Vergeなどのメディアが報じ、米Twitterがそれを認める声明文を各メディアに送っているそうです。Twitterでは以前から少なくとも6ヵ月毎にログインしてツイートするよう推奨していて、「アクティブでない期間が長期にわたると、アカウントが恒久的に削除される場合があります」とポリシーに記載していましたが、実際に削除の警告をするのはこれが初めてとのこと。

日頃Twitterを利用してる方なら少なからず実感するであろう休眠アカウント。6ヵ月はおろか、最後のツイートが3年以上前という方もいたりして、そういう方はもうTwitter自体を活用してないのだと思いますけど、ツイートしないけど見てるだけ、いわゆるロム専という方もいるかもしれません。ロム専でツイートしてなくてもログインさえしてればアカウント削除にならないならそれは問題ないのでしょうけど、12月11日以降は急激にフォロワーが減るという現象が起こるかもしれませんね。

まぁ、実際のところフォロワー数を競うようなアカウントの場合、相互フォローで単に数だけ集めてもツイートを見てもらえてるかはわからない、と言うよりまず見られてないというパターンもあるので、休眠アカウントが削除されるというのはアクティブフォロワー数を現実的なものにするという点ではいいのかもしれません。

懸念されてるのは亡くなった方のアカウント。Facebookには「追悼アカウント」というシステムがあるらしいのですがTwitterにはそういうのはありません。Webサイトやブログでもそうですが、親しかった方や有名人ならファンの方が亡くなった後も過去の発信を読み返すということはありますよね。故人のアカウント削除を回避するには故人に代わって遺族がログインするくらいしか方法がなく、遺族の誰もパスワードを知らない場合はそのまま削除されてしまうかもしれません。

しばらくログインしてないけど生きてるよ!という方は削除される前にログインしておいてくださいね。

 

※2019.11.28追記

その後、故人のアカウントが削除されることへ苦情が相次いだため、追悼機能を追加するまで休眠アカウント削除の計画を一時中断すると発表したとのことです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)