37%

今も管理サイトのSSL化が複数進行中で、今日も2件SSL化が完了しました。

で、実際のところ管理サイトのうちどれくらいSSL化されたか調べてみたら、まだ37%余りでしかありませんでした。

「まだ」というのが正しいのか「もう」というのが正しいのか、ここ何ヵ月もこればっかりやってるのでかなり進んだように感じてたのが約37%ですのでやっぱり「まだ」でしょうかね。

SSL化のタイミングというのも少し微妙で、やるなら早い方がいいのはもちろんで、現在のサーバーですぐSSL化できるところはすぐにやりましょうとご案内していますが、サーバー変更が必要な場合は現在のサーバー契約の残り期間も考慮しなければならない場合も多く、一般的にはホスティング会社との契約は1年単位だと思いますので、契約更新したばかりで残り11ヵ月もあるようだとこちらとしても「すぐやりましょう」とはなかなか言いづらいところもあります。もちろんそうならないように更新時期まで近い方には早めにご案内するようにはしていますが。

年内はあと2・3件のSSL化が完了する予定。

できるだけ早い時期に100%完了することを目指したいですね。




ガス欠

昨日、晴れてたので久しぶりにカブに乗ろうとガレージから引っ張り出してキックしてみるとさっぱりかからない。

ウチのカブは大抵は1発、悪くても2・3発のキックでいつも始動するのでおかしいな~とふと下を覗き込むとレッグシールドに何やらピンク色のシミが。え?漏れた?とシートを上げてガソリン残量を見ると見事にカラッポ。しばらく乗らない間にオーバーフローしてガソリン全部抜けちゃってたみたいです。しかもコックをリザーブにしてたもんだからリザーブすら使い切っての完全なカラッポでした(汗)。

で、仕方ないので近所のGSまでカブを押していって給油。ガソリン入れたら何事もなかったかのようにあっさりかかりました。

うーん、こういうこともあるんですねぇ。こういう場合もガス欠って言うのかな?

最後にどれだけガソリン残ってたかも全然覚えてないんですけど、リザーブにしてたってことはその時点であんまり残ってなかったんでしょうね。リザーブにしたことすら覚えてないし、最後の乗ったのがいつだったかも覚えてない。

たぶん、年内乗るのは昨日が最後になると思うので、今度はちゃんとコックをOFFにしておきました。




スズキ隼・生産終了

スズキ 隼

隼(GSX1300R)がユーロ4に対応できずに生産終了とのことで、規制地域では年内で販売終了、規制が及ばない北米では在庫分は販売継続するも生産自体は終わるので在庫が尽きたら以上終わり、ということみたいです。

隼って言うとデビュー時のインパクトはかなりでしたよね。「300km/h」というはバイクのパフォーマンスにおいて一つの指標で、かつてCB750FOURが200km/hを超えた時のように、いつの時代もバイクは絶対的な速さが求められる一面があり、隼がデビューした時はバイク雑誌でもアウトバーンに隼を持ち込んで実際に300km/h超えのメーターの写真を撮ってたなんてこともありました。現実として日本で300km/h出せる公道は存在しないし、仮に出せるステージがあったとしても日常的に出す速度域ではないし、興味のない人からすればムダでしかない性能なわけですけど、「出せるけど出さない」のと「出したいけど出せない」のは決定的な差で、隼に限らず400ccくらいから上のバイクはほぼ公道で必要以上の性能を有してるわけで、ムダかもしれないパフォーマンスを追い求めるのがバイクのロマンであったりもするわけです。

その点で、今では隼を超える性能を持ったバイクはいくらでもある中で「300km/h」という数字が隼をハイパフォーマンスバイクの一つのアイコン的存在にしていたように思います。

そんな隼もついに生産終了。排ガス規制で終わっていく中の1台になってしまいました。

まぁ、300km/h出るバイクで公道を60km/hで走るのはストレスにしか感じない私には縁のないバイクなんですけど(笑)、アイコン的なバイクが消えていくのはちょっと寂しい気もします。

規制対応して復活はあるかな?




辺野古埋め立て、土砂投入開始

琉球新報

ついに始まってしまいました。

沖縄の民意によって玉城デニー知事が誕生し、玉城知事は安部総理や菅官房長官に直訴し、辺野古では抗議活動が行われ、これでもかというくらいに辺野古移設反対の声が上がっているのに、国はその声を一切無視して埋め立てを強行・・・。

これだけの民意が示されてる中で、このブログで愚痴ったところで何が変わるわけでもないんですけど・・・・国のこの姿勢には憤りしか感じません。

来年2月にはあらためて辺野古移設の是非を問う県民投票が予定されているというのに、それを待たずに既成事実化しようという強硬策。「やっちゃったもん勝ち」なら法も民意も関係ないじゃないですか。

思えば安部政権になってから多くの事が同じように安部さんの思い通りに進められています。国会は過半数を握られ、国民や野党が反対してもお構いナシ。都合の悪いスキャンダルは握り潰され、望んでもいない法律ばかりが通される。そしてそれに対して疑問も抱かないメディアや国民・・・。

辺野古埋め立ては象徴的ではあるけれど、これまで安部政権が進めてきた全ての事柄に共通している問題です。

国民の声なんて聞いちゃいない!

何度掛け合っても「辺野古移設が唯一の解決策」として聞く耳持たず、アメリカと交渉する気すらない無能政府。

話し合いが成立しないなら下野させる以外にありません。

それともまだ気付かないまま、沈黙というYesで安部さんを支持しますか?




WordPress 5.0 リリース

今月の7日くらいだったでしょうか。メジャーアップデートしたWordPress 5.0(コードネーム:Bebo)がリリースされました。

今回の大きな目玉としては新エディター「Gutenberg(グーテンベルグ)」の採用。既にアップデートした方によれば「使いにくい」という声が多数あるものの、新しいインターフェイスに戸惑うのはWordPressに限った話ではありませんので、あとは慣れでしょう。逆に大きな変化はエディターくらいで他はたいしてかわってないので、Gutenbergがまだ不安という方はClassic Editorを使えばほぼこれまで通りに更新できるのではないでしょうか。

ただ、出始めはトラブルも考えられるのでこのブログはまだ4.9.9のまま。普段あまり使ってない他のWordPressで5.0にアップしてみましたが、そっちの環境ではプラグイン等にも異常はなく、単にエディターが変わった程度な感じでした。このブログで使ってるプラグインの中では一部に5.0での互換性が不明となってるものがありましたので、もう少し様子を見ましょうか。ちなみのこのブログを書いてる時点で5.0.1が既にリリースされてるようです。

新しいものに対応していくのはなかなか大変ですけど、これも時代の流れ。逆らわずに受け入れていくしかありませんね。

私はむしろWordPressよりWindows10の方が使いにくいです・・・・。