不安の中の春

桜

先ほど表に出てみたら事務所前の桜がだいぶ花開いてきていました。

今日で3月も終わり、明日から4月です。

4月というと、新学期、新入生、新社会人、新生活、etc・・・新しく変わる生活にドキドキする落ち着かなさもありながら、これから始まる未知の出来事にワクワクもする、そんなイメージがあります。

既に4月になっても特に何も生活に変化はない世代の私だって、これから気温が暖かくなってきて、木々が芽吹き、花が咲くこれから初夏に向かっての息吹を感じられるこの季節が一番好き。今日みたいなお天気のいい日だったら仕事ちょっとサボってバイクに乗って「スポーツスター最高~♪」なんてヘルメットの中でニヤけていたことでしょう。

でも・・・・今年はそんなテンションにはとてもなれないですね。

日に日に増えるコロナウイルス感染者数、海外から伝えられる深刻な状況、そして昨日の志村けんさん死去のニュース、テンション下がりまくりです。

この感じ、どうにも9年前と重なるんですよね。

時期が同じってのもあるし、甚大な被害を受けた被災地の状況や予断を許さない原発事故の進行、4月になっても「春だぜヤッホー!」なんて気分には日本中がなりませんでした。

震災とウイルスではまったく異なるものですけど、先の見えない不安という点ではどちらも同じ。震災は発生してから余震がある程度収まってしまえば救援物資を届けたり仮設住宅を作ったりと復興に向けて歩み始められるのが、コロナウイルスは起きてからどんどん悪化していくという点で震災とはまた別の怖さもあります。東日本大震災から9年経ってまだ仮設暮らしの方がいる復興の遅さを考えると、コロナから復興できるのはいったいいつになるのか・・・そもそも終息すらまったく見えてないんですから、復興なんて気が早いと言われてしまうかもしれません。

子どもたちのことも心配です。今の時点では娘の高校では予定通り新学期始まるとなっていますけど、都心部に比べて感染者数が少ない新潟でも最近の急増ぶりを見てると新学期スタートして大丈夫なのかって不安しかありません。学校だけでなく、通学のバスや電車、部活動はわかりませんけど下校時には友だちとどこか寄ったりするかもしれないし、考えたらキリがありません。春から3年生の娘は残り1年の勉強がどうなるのかなども不安でしょう。親としては子どものメンタルにも気を配らなきゃって思ってるのに、肝心の親がメンタルやられちゃってるので自分で自分が情けないです。

 

来年の4月は「春だぜヤッホー!」ってテンションになれてるでしょうか・・・。

 

志村けんさん死去

コロナウイルス感染により20日から入院されていた志村けんさん。多くの方々が回復されることを願っていましたが・・・・今朝になって昨夜亡くなられたという一報を聞いた時には信じられない・・・と言うより受け止めたくないという気持ちになりました。

私はドンピシャのドリフ世代で、子どもの頃は他の多くの子どもと同じように「8時だよ全員集合」を欠かさず見ていました。中でも志村さんは一番の人気で、学校でも志村さんのギャグをマネする友だちがいっぱいでした。私より若い世代でも全員集合終了後も数々の番組で披露してきた志村さんのギャグを見て育った方は多いでしょう。多くの国民に親しまれ、愛され、笑わせてきた志村さん。きっとこのコロナウイルスにも打ち勝って、復帰会見で「だいじょうぶだぁ」と一発かましてくれるだろうと日本中が願っていたはず。

なのに、こんなにもあっけなく逝ってしまうなんて・・・。

大人になった今、必死になって志村さんの番組を見てたわけじゃなかったのに、どうしてこんなに大きく心にぽっかりと穴が開くのでしょう。それだけ志村さんが自分の人生において当り前の存在であり、亡くなるなんて想像もしていなかったということでしょうか。

つい先日もテレビで見たばっかりなんですよ。いつもの定番ギャグを繰り広げ、いつものように変わらず笑わせてくれていました。それなのに、たった10日ほどでこんなことになってしまうなんて、この記事を書いてる今も信じられません。

「こんなことで」というレベルではないけれど、ホントにこんなことで人があっけなく亡くなってしまうんだ。やっぱり今回のコロナウイルスは「こんなこと」と軽く考えたらいけないものなんですね。週末もテレビではコロナ関係のニュースばかりでこれだけ見せ続けられると少々ウンザリするというか、気が滅入っちゃいそうになるんですけど、海外での悲惨な状況は対岸の火事ではなく明日は我が身と考え、この困難に国民総団結で真剣に向き合わなければなりません。既に多くの死者が出ていた中での今回の志村さんの死は呑気に思っていた方々にもかなりのインパクトを与えたことでしょう。志村さんの死を無駄にしないためにも、我々は全力でコロナウイルスを克服しなければなりません。

 

志村けんさん、長い間私たちにたくさんの笑いを届けてくれてありがとうございました。

心よりご冥福をお祈りいたします。

 

東京オリンピック延期

TOKYO2020

コロナウイルスの影響で今年の開催が懸念されていた東京オリンピック・パラリンピックが延期されることになりました。

そりゃそうですよねぇ。収まるどころか拡大する一方の現状でとても開催できるとは思えないし、国民の大半も、そして世界中も「ムリでしょ」って思ってたのに意固地になってたのは政府や東京都、JOC、IOCなどオリンピック利権に関わる人たちばかりで、ここにきてようやく諦めたってところでしょうか。

しかし、現時点で「1年程度」としている延期期間、果たして1年後に万全の態勢で開催できるかというのはやや疑問。コロナウイルスが終息してるかという点もあるし、ある程度終息していても世界中からアスリートや観光客が押し寄せることで再発という懸念もあるし、延期したことで出場する選手の選出も変わる可能性もあるし、このコロナショックで受けた経済的ダメージから日本や世界が1年で回復してるかどうかもわからない。意外なところでは今年いっぱいで活動休止が決定している「嵐」のオリンピックナビゲーターはどうなるんだって話もあるみたいです。

まぁ、現時点ではコロナ終息の目途もまったくわかりませんから、当面は宙ぶらりんな状態になっちゃうでしょうね。

気の毒なのは出場が予定されていたアスリートの皆さん。2020年の夏がピークになるように調整してきてたのでしょうから、これが1年延期なのか、それとももっと先なのかによって体作りも変わってきます。また、年齢や体力によっては2020年がラストチャンスだという方もいたでしょう。逆に言えば延期でチャンスを得る方が出てくる可能性もあるわけですが、いずれにしても今回のコロナショックであらゆる歯車が狂ってしまいました。

オリンピック招致活動当時、東日本大震災の復興を最優先にしてほしいと思ってた私は東京招致には反対だったんですけど、今さらながらあの時東京になっていなければこんなことにはなってなかったのになぁと思ってしまいます。当時は東京の他にスペインのマドリードとトルコのイスタンブールが立候補してて、両国ともコロナ感染広がってますから東京じゃなかったとしても2020年の開催は難しかったということにはなりますけど・・・。

これで今度は震災からの「復興五輪」じゃなく、コロナウイルスからの「復活五輪」に変えられちゃうのでしょうか。これ以上、被災地置き去りにならないことを願います。

 

どうする経済対策

新型コロナウイルスの影響で経済がかなりのダメージを受けてます。

特に観光業・飲食業・小売業など、人の動きがないと売り上げにならない業種は深刻で、既に倒産・廃業になった、あるいは3月乗り切れるかどうか危ういという事業者が多数出ています。

このコロナショックへの経済対策として、国民1人あたり○円支給とか、商品券配布とか、消費税減税とか、無利子無担保融資とか、様々な案が検討・実施されてはいますが・・・・決定打となるのはなかなか難しいのが現状。

一番の問題はこのコロナウイルスの影響がいつまで続くのか、ということ。

あと1ヵ月なのか、半年なのか、はたまた1年以上かかるのか、それが見えないことには対応しようがないというのが多くの事業者の思うところでしょう。無利子無担保での融資も結局は返済しなければいけませんので、1年粘って借金膨らませるだけ膨らませてギブアップというのは最悪のパターンだし、だったら傷を広げる前にギブアップした方が賢明、という判断にもなるでしょう。現金の支給や商品券の配布にしても1家族が1年なんとか暮らしていける額なら精神的に安心も高まるでしょうが、雀の涙程度では焼け石に水でしょうし、それで政府にドヤ顔されてもねぇって。現金支給ではこの状況で消費には回らず全額貯蓄される可能性も高いですし。

個人的に一番効果がありそうなのは消費税減税ではないかと思っています。例えば1年とか2年とか期限を区切って5%くらいに戻す、あるいは思い切って0%にしてしまうとかすれば、収入が減ってる世帯にとっても恩恵あるし、コロナの影響あまり受けてない世帯でもこの機に大きな買い物しようと消費喚起に繋がります。そもそもコロナ以前に景気は回復してなかったんですから、10%に上げるより5%に下げれば消費が増えて結果的に経済が回復し、税収も増えるように思うのですけどね。8%から10%に上げる前も「リーマンショックのようなことがない限りは消費税は予定通り上げる」と言ってたわけですし、今回はリーマン級の景気悪化が増税後に来ちゃったわけですけど、既にリーマンどころじゃないって話もあるくらいですから、そこのあたりは臨機応変に対応してもいいように思います。でも麻生さんは消費税減税は考えてないみたいで、まぁそれはきっと一度上げたのを下げたくないって気持ちが強いのでしょう。ホンネは後々もっと上げたいって思ってるのでしょうし。

しかし、現状はガチで3月でヤバいって事業者がいっぱいいるんですから悠長なこと言ってられないんですよね。コロナ対策にしても経済対策にしても、今の政府はなんとなく他人事に思ってるような気がしてなりません。

 

小倉優子・夫経営歯科医院へのクチコミ

昨日、タレントの小倉優子さん夫妻が離婚危機にあるというニュースがありました。前夫の浮気が原因で離婚し、再度掴んだ幸せだっただけに事実であれば気の毒な話だなと思いますが、真相はご本人たちのみ知ることですので、余計な詮索はせずに見守るしかありません。

が、ニュースでは小倉さんが既に第三子となるご主人との子どもを妊娠中であるにもかかわらず家を出て離婚を望んでいるということ、そして生まれてくる我が子にも会いたくはない、という風に報じられていたため、ここの部分だけ切り取って鵜呑みにすれば「とんでもないクズ夫」という印象になってしまい、SNSでもご主人に対しての辛辣な口撃が数多く発生することになってしまいました。

そしてその矛先はなんとGoogleマップでのご主人が経営する歯科医院のクチコミにまで及び、以前のスコアはわかりませんが、星1つが続けて投稿されたことでこの記事を書いてる時点では1.5にまで落ちています。

Googleマップ

現在は消されているようですが、当初は↑のような診療内容や対応にまったく関係のないクチコミが書き込まれていました。当然、クチコミの趣旨としては医院の提供するサービス(この場合は主に診療内容)に対してであるべきで、こういったサービスと無関係なプライベートに対するクチコミ投稿は本来の利用規約に違反しています。で、恐らくGoogleサイドでもこういうクチコミ投稿は削除する対応をしてると思うので現時点ではコメントがなくなっていますが、コメントがない単に星1つだけのものは削除する判断が難しいのでそのままになってしまいます。実際にご主人がクズ夫だったとしても、こういうネットの使い方というのは褒められる行為ではないですよね。

小倉優子コメント

当の小倉優子さんはInstagramで↑のようにコメント。「報道内容に事実と異なることがある」とありますし、ご主人への取材も控えてほしいとのことですので、当人同士で話し合っていただいて、いい方向に向かうよう静かに見守りましょう。

 

しかし、ゆうこりんもなかなか男運が無いと言うか・・・、ご主人も離婚するなら妊娠させるなよって言うか・・・、あ、こういうのが余計な詮索ですね(汗)