withクマの生活様式

新潟県内ではクマの出没が相次いでいます。

今年はクマのエサとなる木の実が不作で人里に降りてくる可能性が高いというのは前から言われていたので、正にその通りになったということですね。

県内各地でクマに襲われてケガをするケースが何件もあり、この前は襲われた方が亡くなってしまったという悲しい報道もありましたし、昨日は石川県で商業施設に侵入したクマが射殺されるというケースもありました。

つい先日は新発田市の県指定文化財「市島邸」で来館者がクマに襲われるというケースが発生し、幸い襲われた方にケガはなかったとのことですが、市島邸周辺の住民によればこの付近でこれまでクマが出たことはなく、地元の方にしてみれば「まさか」という気持ちでしょう。

で、市島邸って聞いたことあるよな、どこだっけ?と調べてみたら、

福島潟と月岡温泉の間あたり、ウチからそれなりに離れてますけど、クルマで30分くらいの距離なので遠いと言うほど遠くない。山の方に走りに行って地元の方と話してると「クマ?出るよ~」とサラッと言われるんですけど、山はそうかもしれないけど平地では関係ない話だよな~と軽く思っていたのが、ここまで近い距離でクマが出たなんて話を聞くと、そのうち自宅近くで出没することもあるかもしれません。クルマで30分圏内ならクマの移動範囲として充分ありえますよね?そう考えるとなかなかに怖いです。

しかも最近は人間を恐れない「新世代クマ」が増えているなんて話もあって、「松本人志を恐れないお笑い第7世代」みたいに言うんじゃねぇとか思うんですけど、そんなクマがどんどん増えていくとヒトとクマの住み分けも難しくなっていくのかもしれません。

クマに限らず、動物が住宅地に来ると猟友会が出て射殺されることが多々あります。動物は食べ物を探してるだけで人間に危害を加えるつもりはないはずなのに、危ないからって射殺されるのって人間のエゴだよなぁっていつも思うのですが、じゃあ自宅近くにクマが現れてそのまま山に帰るの待ってるというのもマジで危ないでしょうし、そろそろ野生動物とうまく共存する生活様式というのを考えていく必要があるのかもしれませんね。

・・・・で、どうすれば?(汗)

 

とりあえず、冬が来る前にバイクで行きたいところがあちこちあったのですが、今シーズンは山に入るのは控えておくことにします・・・・。

 

中越散策

昨日は中越を中心に散策してきました。

まずは栃尾の道の駅へ行って定番の油揚げをいただきます・・・と、道の駅に着いたところにいきなり声をかけられて、誰かと思えばお久しぶりの元ブラケットチャンプ。お友だちに誘われてのバイクツーリング中とのことで、同じ新潟市に住んでいながらなかなか会わないのに、こんなところで会うなんて不思議なものですね。バイクでもキャンプでも飲み会でもいいのでまた一緒に遊びましょ。

で、油揚げも元チャンプも写真がないっていう(笑)

 

杜々の森

続いては杜々の森。ここはかなり昔、一時期MINIに乗ってた頃にクラブツーリングで来たことがあったはずですが、当時の記憶がまったくない。こんな感じのところだったっけなーと、ほぼお初な間隔で見てました。コロナの影響でキャンプ場が閉鎖されてたみたいで、人気はあまりなく、おかげで思う存分自然を満喫できました。

 

蒼柴神社

次は悠久山公園。長岡の方には馴染みの公園だと思いますが、実は初めて来ました。天気がよかったこともあって、こちらは大勢の家族連れが遊びに来てましたね。広い公園はのんびり散歩してると気持ちよくて、小さな動物園や猿山、郷土資料館などもあって、子どもが小さい頃に連れてきておけばよかったな~と思いました。写真の蒼柴神社もいい雰囲気でしたね。

 

江口だんご

続いてはこの日のメイン、江口だんごさんへ。ヨメさんが会社の人から勧められたから一度行ってみたいと言ってたお店で、長岡に支店がいくつもあるんですけど本店狙いで。正面の写真撮り忘れてましたが、古民家を改装したようなお店は雰囲気バッチリ。上の写真はお店を抜けた裏側なんですけど、手入れされた庭もステキで、青空とのコントラストがGoodでした。

ロールケーキ

お店の奥にある雪甘月というカフェでロールケーキを頂き、子どもたちのお土産には笹団子やしょうゆ団子を買いました。

 

長岡エリアって新潟市からだと近いようで遠いような微妙な距離で、知ってる施設やお気に入りスポットなんかも持ち合わせてなかったのでなかなか行く機会がなかったんですよね。でも調べるとまだまだ知らないところがいっぱいあるし、自然も豊かなのでバイクツーリングも結構楽しめそう。

また新規開拓の旅をしましょうかね~。

 

月潟駅跡

月潟駅跡

先日、TwitterのTLに流れてきて気になった月潟駅へ行ってきました。

現在、新潟市にはJR以外の鉄道は走ってませんが、かつては新潟交通の私鉄が白山前~燕を結ぶ新潟交通電車線として走っていて、月潟駅はそのうちの駅の1つ。1999年に廃線になって以降は公園として整備され、駅舎や電車が保存されています。

 

月潟駅跡

昭和テイストたっぷりの駅舎。開業が1933年(昭和8年)とのことで、この古さは1933年当時からのものなんでしょうか。

 

月潟駅跡
月潟駅跡

静かに佇む車両。線路内に咲くコスモスが廃線感を増しているようで、もの悲しくもほっこりと和みます。

当時、路線の存在はもちろん知ってましたが、現在の東区にずっと住んでた私は一度も乗ったことはありませんでした。JRすら高校生の時ぐらいしか乗りませんでしたしねぇ。でも、うちの奥さんは子どもの頃にこの新潟交通電車線に何度も乗っていたそうです。恐らく大野あたりの駅から青山まで乗ってたらしいので月潟駅に来たことはないそうですけど。

当時の記憶はなくても、なんとなーくそれっぽい雰囲気は覚えてるような気がして、ノスタルジックな雰囲気はとてもいいですね。月潟駅だけでなくこの周辺の住宅や商店、寺院などでもいい雰囲気のものが結構残っていそうなので、それらも含めて地域を散策してみてもいいかもしれません。

また、しっかりした形で残ってるのは月潟駅のみらしいのですが、かつて線路が通っていた痕跡があちこちで確認できるらしく、そんなのを探してみるのも楽しいかもしれませんね。

 

禁煙100日

禁煙ウォッチ

6月から始めた禁煙が先日100日に達してました。

ワニは100日で死にましたが、私の禁煙は続きましたね。

えぇ、ホントに1本も吸ってないですよ。

ここまで続く過程で、久しぶりに吸ったらどんな感じなのかなーと思うことがしばしばあるんですけど、このコロナ過であまり人とも会わないもんですから、気軽に1本頂戴と言えるような機会もなく、副流煙を浴びることすらなかなかないので、タバコに対する感覚がどう変わったのか(あるいは変わらないのか)がまったく実感できてません。

吸ったらまた元に戻るかなぁ。

それとももう吸わなくていいや~ってなるのかな。

 

で、間もなく10月からタバコが値上げになります。

私の吸ってた銘柄は1箱460円が500円に。

この場合、禁煙ウォッチの設定も1箱500円に変えるべき?

そこまでシビアに節約金額を出したいわけじゃないけれど、この先どんどん値上げになっていく過程でずっと禁煙続けていけば、結果的に節約できた金額にも大きな差が出るじゃないですか。

なので禁煙ウォッチは単純に1箱の値段ではなく、銘柄別のデータを揃えて価格変更に合わせて金額も自動で変動させていく仕様にしてはと思うのですよ。

ま、アプリ開発者さんはここ見てないでしょうけど(笑)

 

しかし、以前だったら今のタイミングで大量カートン買いとかするところなのに、禁煙した今となっては完全に他人事。私にとっての禁煙のメリットって、健康面よりもムダ遣いしないで済む精神的な面の方が大きいかもしれません。

 

たきがしら湿原

たきがしら湿原

今日はヨメさんと前から気になっていた「たきがしら湿原」へ行ってきました。

本当は先週行くつもりだったんですけど、その前にネットで調べたら土砂崩れか何かで湿原までのルートが通行止めとのことだったので、18日から開通するという情報を元に今日行ってきた次第です。

しかしまぁ、新潟市からだと微妙に遠い。49号から県道に入ってからもなかなかの距離で、いいドライブになります。

たきがしら湿原

ま、何がどうこうって単に湿原なんですけど、この雄大な景色を見るだけでも来る価値はあるかな。ガッツリ全部回るには結構な時間がかかるらしいので、あまり遠くに行かないエリアで楽しんできました。

 

大尾不動滝

そしてたきがしら湿原に向かう途中で見つけた大尾不動滝。帰りに寄ろうかと、たきがしら湿原を見てから帰りに寄り道して滝に向かったわけですよ。徒歩6分って書いてあったのですぐだな~なんて軽く思ってたら、

大尾不動滝

途中から結構ハードな道になってきて、

大尾不動滝

大尾不動滝を拝む頃には秘境感たっぷり。全然6分で辿り着けるような気軽な道じゃないですよ。帰りに登ってくる老夫婦や小さい子を連れたファミリーとすれ違いましたけど、皆さん無事に滝まで行けたのでしょうか?(一応それなりにハードですよとは忠告しておきました)。

 

行くなら断然お天気のいい日がいいですね。雨の翌日とか足元大変かも。これから秋が深まってきた頃に行くのもいいかもしれませんね~。