日常域の楽しさ

スポーツスターが楽しすぎて全然飽きないので乗り換えるつもりは今のところ無いにしても、乗ってみたいと思うバイクはいくつかありまして、その内の1台がハスクバーナのスヴァルトピレン401。

スヴァルトピレン401

軽量コンパクトな車体に390DUKE譲りのエンジン。これだけでかなり期待値高くなっちゃいますが、前にこのブログで取り上げた時は動画があまりなかったんですけど、最近は試乗レビュー動画がいくつかアップされていて、それらを見てると単気筒とは思えない怒涛の吹け上がりでヒュンヒュン走るもんだからまぁおもしろそう。ヴィットピレンよりアップライトなポジションで街乗りもラクそうだし、最近スヴァルトピレンにも701が出るというニュースがありましたがこの走りなら401で充分じゃないかと思います。

残念ながら新潟にはハスクバーナのディーラーがなくて試乗も望めないんですが、390DUKEなら乗れる機会が得られそうなので、いずれDUKEでスヴァルトピレンの片鱗を体感できたらな、と考えています。

 

ただ、バイクとしては最高にエキサイティングでおもしろそうなスヴァルトピレン401も日常域ではどうなのか?とも思うわけです。

これまでにもそれなりに速いバイクに乗っていたこともありますけど、そのバイクによって走って気持ちのいい速度やステージというのは違っていて、SSなんかだと日本の一般道では完全にポテンシャルを持て余すわけで、一般道をクルマと一緒に法定速度で走ってる状況なんかはストレスでしかありません。高速道路を100km/hで走ってたとしてもアクビが出るくらい退屈。GPz900Rを降りた時がそんな状況でした。

今まで自分が乗ってきたバイクの中でスヴァルトピレンのスペック的に近いのはR1-Zじゃないかと思います。R1-Zも2ストらしくエキサイティングでおもしろいバイクでしたが、楽しく走れるのは一般公道での速度域よりもう少し上。そして街中よりはやはりワインディングが向いてます。

対して現在の愛車スポーツスターは排気量半分以下のスヴァルトピレンにも追いつけない鈍なバイク(個人の印象です)。回せばそれなりに走りはしますがスヴァルトピレンとはかなり性格が異なります。しかし、バイクの楽しさって排気量や性能だけで決まるものじゃなく、カブにはカブの、SSにはSSの楽しさがあるわけで、スポーツスターというバイクは私にとって街乗りからロングツーリングまで日常域のスピードで常に楽しさを提供してくれるバイクなんです。一般道を走っていればどうしてもクルマと一緒にゆっくり走らなければならないシーンがあり、しかもそれって乗ってる間の大部分を占めていたりします。水冷250ccくらいの性能があればビューンと追い抜いていけちゃいますけど、スポーツスターに乗ってるとクルマと一緒のゆっくりペースでもエンジンの鼓動だけで充分気持ちいい。5速で気持ちいい最低限のスピードはありますが、それ以上であればひたすらのんびりクルーズしてるだけでいいんです。そんな私を速いバイクがビュンビュン追い抜いていっても「慌てない慌てない」と一休さんのごとくマイペースでいられます。もちろんワインディングでのちょっと高めの速度域でも楽しいし、とにかく常識的なスピード域で常に楽しいバイクがスポーツスターなのです。

当然、同じスポーツスターでも乗る人によって感じ方は違うでしょうから、私よりもっとハイペースで走る人もいっぱいいます。スポーツスターにはそれも受け入れるキャパがあり、走るシーンやスタイルなどを選ばない懐の広いバイクではないでしょうか。

今でもまた乗りたいと思う250TRも似た感じですね。絶対的なパワーの低さはいかんともしがたいところなんですが、遅いなりに気持ちいいスピードで走ってるととにかく気持ちいい。エンジンフィールの心地良さはスポーツスターにも通じるものがあります(なのでロングストロークエンジンに異様に固執しちゃうのですが)。軽くてドコにでも行けちゃう気軽さも良かったですね。

だからスポーツスターって全然飽きないんです。

 

そんなことを考えていると、やっぱりスヴァルトピレンは自分の日常での使用を考えるとややスパルタン過ぎるような気がしてます。701なんて尚更持て余すだけでしょう。

でも、バイク乗りとして速さを否定することはないし、スヴァルトピレンはとても魅力的なバイクなので、もし状況が(要はヨメさんの目w)許すならスポーツスターを残したまま増車が理想。あとはカブともう1台250ccのオフ車があると最高。一人で4台ですか(笑)。

離婚されないように妄想だけに留めておきます・・・・。




次はどうするの

昨日のジャンボリーレポはHPにアップしましたのでおヒマな方はどぞ。

12th. Street VWs Jamboree | bug unlimited

 

で、レポにも書きましたが、会う人会う人こぞって「Type-3売れたら次はどうするの?」とこれでもかってくらい聞かれました。

実際のところ、ぼんやり考えてることも無いわけじゃないんですけど、いくら考えたところで売れないことには先に進まないし、売れたとしてもその時点でいい物件があるとも限らないし、その時の気持ちだったり家庭の事情だったり仕事の状況だったり、様々な事で選択肢は変わると思うんですよね。物件と出会うタイミングってのもあるし。

何ヶ月か前にお友だちからおもしろそうな売り情報がありまして、その時点でType-3が売れる目途が立ってればアリかなと思いつつ、いつ売れるかわからない状況で物件の詳細聞いて売主に期待を持たせるのも申し訳なかったのでその時は詳細聞かずにお流れにしました。

よく皆さんも言ってますよ。クルマとの出会いは一期一会だって。

もし昨日、Type-3を買うという人が表れて、D-Styleチョイスで選ばせてもらったコンバチオーナーさんが譲ってもいい、なんて話がトントンと進んでいたら、昨日一日で全部コトが進んでいたかもしれないし。

あるいはクルマやめてバイク増車!なんてコトもあるかもしれないし(笑)

なので、おぼろげなイメージはありつつも、その時のタイミングに任せる、ってくらいかなりアバウトな状況です。

 

ってゆーか、

皆さん、私が次に何乗るかそんなに興味あるんか?(笑)

 

Type-3




多忙なり

もー、お仕事がたまりにたまってしまってどーにもなりません。

明後日はもうストヴイジャンボリーだってのにType-3は何もしてない。

この前、清津峡行ってきてから洗車すらできてないんだもん。

 

誰か代ってくれ!

 

あ、ジャンボリーじゃなく仕事の方で。

 

お待たせしているお客様には大変申し訳ございませんが、心を鬼にして週末はお台場行ってきます。

 

・・・なんていう中身のないブログ書いてるくらいならとっとと仕事しろ、ですね。

はい。




脱オール電化計画3

本日、エコキュートを撤去してガス給湯器に変えてもらいました。

エコキュートは日に日にエラーの頻度が上がってきてたので、完全にお亡くなりになる前に交換できてよかったです。

これでしばらくは安心してお風呂に入れます。

使い勝手はこれからですが、電気からガスに変わったところで使用に関しては特に変わることはないので問題ないでしょう。

あとは光熱費の変化ですね。

電力プランについては事前に東北電力に問い合わせたところ、エコキュートがなくなっても太陽光発電があるなら現在の時間帯別Bのままでいいのではないかとのことだったので、しばらくは変更しないまま使ってみて過去のデータと比較した上で再検討ですかね。夏と冬でかなり条件違うので1年は見なきゃでしょうか。




YAMAHA Ténéré 700

Ténéré 700

前からウワサになっていたテネレがミラノショーのカンファレンスイベントで市販バージョンと思われる姿で発表されました。

Ténéré 700

ショーモデル・コンセプトモデルのような非現実的な要素は皆無で今すぐリリースできそうな完成度。

 

Ténéré 700

エンジンはテネレ700の名前からわかるようにMT-07ベースの水冷パラツイン689cc。オフロード向けにセッティングを変えてたりするんでしょうか。フレームはMT-07と共用ではなく新設計された専用のダブルクレードルです。

 

Ténéré 700

個性的なLED4眼ヘッドライトはハイ・ローそれぞれ2灯。ラリーモデルっぽいスクリーンはフェアリング性能高そうですね。

 

Ténéré 700

メーターもラリーモデルっぽい縦型のマルチファンクションディスプレィ。燃料タンクは16リットルを確保し、350kmを超える航続が可能だとか。

気になるリリース時期はヨーロッパでは2019年後半を予定しているそうですが、日本への導入やその時期についてはまだ発表がありません。でもきっと日本でも出すよねぇ。競合するであろうアフリカツインも結構売れてるみたいだし、国内でもビッグオフローダーの需要ってそれなりにあると思います。

 

ロングツーリング目的ならこういうモデルいいですよね。アップライトなポジションと余裕のパワーでラクラククルーズ。未舗装のキャンプ場でも難なく入っていけるし、林道や砂浜でもかなり走れそう。

ただねー、水冷ツインってところが私としてはNotかなぁ。これは完全に個人的な好みなんだけど、やっぱ空冷シングルエンジンのオフローダーが欲しい。ってか、前から言ってるようにXT500を復活させてほしいのですよ。ドッカンドッカンと荒々しい振動に揺さぶられながら大地を爆走したい!そんな私の願いを叶えてくれるモデルがいつか現れるのでしょうか・・・・。