また水害

この週末に九州を襲った大雨により、熊本県等で河川の氾濫や土砂災害などが発生しています。梅雨前線が停滞することでしばらく大雨への警戒が続きそうで、再びの災害が非常に心配です。

昔も水害がなかったわけではないけど、こんなに頻繁ではなかったですよね。私が子どもの頃は何年かに一度、台風で被害が出る程度で、こんなに毎年どこかで水害が発生するなんてことはなかったし、線状降水帯なんて言葉もありませんでした。地球温暖化の影響なのか、少しずつ日本の気候が変わってきているように感じるし、もはやいつ・どこで水害が起きてもおかしくない状況。明日は我が身です。

こうなってくるとこの先は生活も変わってくるかもしれません。

住まいは水害のリスクの低いエリアが望まれるようになって、更には持ち家ではなく賃貸の割合が高くなり、クルマも所有ではなくリースやサブスクに移行し、インフラも恒久的なシステムより修復が容易なブロック単位でのシステムになっていくとか。水害ばかりではなく地震も多い日本ですから、最終的には仮設住宅のような街になっていくのかもしれません。

私も今の家を建てる時に地震は考慮したのですが水害はあまり意識しなかったんですよね。7.13水害を見てはいたものの、こんなに頻繁に水害が起こるようになるとは思ってませんでしたから、もし今現在家を建てる計画をしていたら「建てない」という選択もあったかもしれませんし、土地選びでも高さをかなり意識して選んでいたかと思います。となると阿賀野川が近いこの辺りに住むことはなかったかもしれませんね。

先日ゴルフカブリオレを手放したのも、理由の1つに水害で水没したらヤだなというのが少なからずありました。思い入れのあるクルマなら仮に水没しても絶対復活させるのでしょうけど、クルマに対する熱が冷めてきてる現状では捨てるに捨てられないクルマはリスクでしかありません。10年落ちのFITなら水没してもまぁ仕方ないかぁって諦めもつくじゃないですか。

そんなことを考えていると、こだわりのマイホームや愛着のあるクルマなど、趣味的な要素がどんどん削がれていってしまって、その上コロナウイルスで人と会うとか外食するとか旅行行くとかも思うようにできないとなると、とってもつまらない人生になっちゃうんじゃないかって不安にもなってきますねぇ(汗)

災害に備え、趣味と実益を兼ねてオフロードバイクでも買おうかな(笑)

 

レジ袋有料化

7月になりまして、今日からレジ袋が有料化されました。

今日は買い物行ってないので世間がどう変わったのか確認してませんけど、そもそも普段から「エコバック利用orシールでいいです」を徹底してるので、私自身の生活はあんまり変わらないかもしれないし、エコバックも今ではすっかり普及・認知されてますから、世の多くの方もそうは困らないかもしれません。

これをきっかけにプラゴミ削減・マイクロプラスチック問題解消へ世間の意識が向かってくれることを期待します。

ところが一方で引き続きレジ袋を無料で提供する動きもあるようで、これはマイクロプラスチック問題をスルーしてるのではなく、コロナウイルス感染防止のためで、もしお客さんが持ち込んだエコバックにウイルスが不着していたら・・・というリスクを考えるとお店の負担になっても衛生的なレジ袋を使った方がいいだろうと、そういう判断らしいです。

まぁ確かにそれもそうかなぁという気がします。私自身も普段使ってるエコバックを毎日消毒してるかって言われればしてないですしね。

環境と衛生、どちらを優先させるのか、悩ましいところでもあります。

ただ、世界中に漂ってるマイクロプラスチックの元凶はもちろんレジ袋だけじゃなく、プラスチック製品全般が元になっています。むしろ全体の比率から見ればレジ袋は2%くらいなんだとか。今回の有料化もあってレジ袋が全ての元凶のように思われてる一面もあるような気がしますが、レジ袋だけに目を向けるのではなく、プラスチック製品全般を如何に減らしていくかという視点で取り組まないといけないですよね。

地球温暖化もマイクロプラスチック問題も待ったナシ。国や企業、個人の利益ばかりではなく、国境関係なく地球に暮らす一人ひとりとしてできることに取り組んでいきましょう。

 

半世紀

先日、50歳の誕生日を迎えました。

50歳・・・少し前までは遠い未来のように感じていたのが、気付けばもうその時を迎えるまでになっていることにあらためて驚き。

気持ちの面では20代・30代くらいからあまり変化はないんですけどね。

でも、確実に体は老いてるわけで、そろそろ自分を客観的に見るという意識を持たないと気持ちと体のギャップでケガとかしそう(笑)

 

で、50年って年月も振り返ってみればなかなかの長さですよねぇ。

私が生まれた頃は世の中のシステムとかマインドとか科学技術とか世界情勢とかあらゆるものが今とは全然違ったし、子どもの頃に想像されていた近未来とも違って、50歳になった時にどんな世界になっているのかなんてまるで想像もしてなかったし、今はたった1年でもいろいろと変化するのに、それを50回積み重ねればそりゃかなり変わりますわな。50年後はさすがに私は死んでると思いますけど、2070年がどんな世界になっているのかまったく予想できませんね。

ただ、いくら世の中が変わっても願うのは平和ですよ。世の中に争いがなく、人々が平穏に暮らしていける社会、その価値観だけはいつの時代も変わりません。人生半世紀を過ぎてあとは余生を消化していくのみの身としては、これからを生きる若い人たちが平和に暮らしていけるように、自分のできる中において平和を乱す種をできるだけ取り除くことができれば本望かなと思ってます。

 

VW

↑はちょうど10年前の写真。私のクルマ趣味では一番ピークだった頃でしょうか。今では空冷VWもドラッグレースも疎遠になってしまって、私の廻りでも同じように年を取ってライフスタイルが変わった人もいますけど、そんな皆さんとも繋がりは変わらず、きっとこの先の10年も一緒にバカ話できそうなのは自分の人生において大切な宝物です。

 

50を迎えての目標は、あと10年後もバイクに乗ってること!

体力的にスポーツスターがいつまで乗れるかって不安も多少ありつつ、それでも排気量落としたっていいからバイクには乗り続けたい。

そのために、仕事もプライベートも充実させていたいですね。

 

あ、禁煙もがんばります(汗)

 

再度、禁煙

途中で挫折する可能性が高いし、宣言しておいて結局ダメだったというのもムダに恥ずかしいので公にしないつもりではいたのですが、今度こそはと自分を追い込むために公表します。

今週月曜から禁煙しました。

特に理由やきっかけがあったわけではなく、月曜日に買い置きが残り1箱になった時に急に思いついたんですよね。もちろん喫煙者の皆さんは少なからずタバコを止めたいという気持ちは常にあるでしょうし、私も前から意識としてはありました。喫煙者には住みづらい昨今のムードもあるし、カラダにもサイフにも良くないのですから、止められるなら止めるべき。でも、止めるストレスでイライラするくらいなら自己責任において吸ってた方がいいというご都合的な思考もあり、結局のところここまでダラダラと続けていたのが、なぜか急に月曜になって思い立ったわけです。

どうしてそんな気持ちになったのかは自分でもわかりません(笑)

昔から私を知ってる方なら前にもそんなのあったよね?と思うかもしれません。はい、10年くらい前に数ヶ月ほど禁煙したことがありました。なので記事タイトルに「再度」なんですね。その時は結構順調に続いていたんですけど、甘い考えでは戻るのも一瞬で、止められたのは3ヵ月くらいだったでしょうかねぇ。

今回もやっぱり吸いたくはなりますけど、甘えることなくこらえてます。

 

禁煙ウォッチ

まだ1週間も経ってないのでこのまま続くのかは何とも言えませんけど、↑こんなアプリを入れて日々の励みにしています。節約できた金額はわかりやすく達成感得られそうだけど、同時に過去の無駄遣いも後悔しそう(笑)

あとはですね、部屋の壁紙を少しづつキレイに掃除しています。長年の蓄積で汚れた壁紙を掃除すると、これをまた汚してなるものかと別のマインドも生まれてきて、時間を見つけると壁紙拭きばっかりしてます。

タバコを止めると味覚が変わったり体調が良くなったりという話がありますが、私はまだそれは実感できてません。既に禁煙された方と先日お会いした際には「お米がやたら美味しくなった」とおっしゃってたので、そういう変化を実感できるところまで行ってみたいですよねぇ。前回の禁煙時には口寂しさを紛らわすためにアメだのガムだのお菓子だのをやたら食して10kgくらい太ったという副産物もあったので、今回はそれのないように間食はしないように気をつけています。

・・・と、ここまで書いておいて来週には復煙してたら笑うよなぁ。

いつまで続くか、こうご期待!

 

リモートTV

リモート

コロナウイルスの流行が始まってから世の中が一気に様変わりしました。

その中の一つがテレビ。

クイズ番組の回答者、ワイドショーのコメンテーター、バラエティ番組のゲスト、その他様々な番組で出演者が別室または自宅からリモートで出演することがとても多くなりました。リモートじゃなくても同じスタジオにいる出演者同士の間隔を空けたり、アクリル板で仕切ったりと、いろいろ工夫しています。

で、最初はやっぱり違和感がありました。見てる方もそうですけど、たぶん出てる方もなんかヘンな感じだな~やりにくいな~なんて思ってたのではないでしょうか。同じ現場にいないと空気感とかわからないですから、気の利いたツッコミを入れるお笑い芸人とか難しいですよね。

それでもそんな放送が続いてくると、見てる方も出てる方も慣れてくるのか、案外普通にできるじゃん、むしろコレでよくね?って気がしてくるのは不思議です。

クイズ番組だと回線のタイムラグで難しいかなと思ってたのが案外そうでもないみたいだし、コメンテーターはわざわざスタジオ行かなくてもリモートで充分だったりするし、この調子だとコロナが収まってもこのやり方は今後定着していくのかもしれません。

確実にリモートでは難しいのはドラマと音楽番組ですかねぇ。

出勤や会議などの働き方も今回をきっかけに大きく変わっていきそうだし、コロナは災いでも世の中がいい方向に進むのは悪いことばかりではないのかもしれません。

まぁ、D-Styleは創業当時からほぼリモートワークみたいなもんですけど(笑)