folding bike x2

DAHON Hit

いきなりですが、折り畳み自転車を買いました。

DAHONのHitというモデルで、奥さんと色違いで2台です。

 

いやね、前から話がなかったわけではないんですよ。

クルマに積んで、景色のキレイな所で軽くサイクリングしたり、街中を散策したり、自転車があれば遊びの幅も広がるよなぁ、と。

ただいかんせん、私はバイク乗り。チャリがあってもきっとバイク乗っちゃいますよね。

奥さんもチャリ欲しい欲しい!と熱望してたわけではないので、なかなか今一つ踏ん切りがつかないままズルズルと今に至ります。

 

折り畳み自転車と言えば以前から憧れていたのはr&m社のBirdy(出会った当時はBD-1)。折り畳み機構の斬新さと革新的なフォルムにメロメロになったんですが、いかんせんお高いモデルなので易々とは手が出せず、バイクあるのにチャリ買ってもどうせ乗らないじゃんといういつものパターンで憧れたまま20年が過ぎ、他にもコンパスみたいな畳み方がカッコいいストライダとか好きな折り畳み自転車がいくつかありながら購入には至らず、しかも奥さんと2台となると余計コスト的なハードルが上がるし、私の趣味優先というわけにもいかないのでいろいろと難しかったりするのです。

いっそホームセンターで売ってる安いのでもいいかなという考えもありますが。実際に売り場で持ち上げてみるとスチールフレーム故になかなか重いんですよね。クルマに積むという前提があるのであまり重いものは避けたいですし、やはり安かろう悪かろう的な製品も少なくないです。

で、今回選んだのがDAHONになるわけですが、最初からDAHONを狙っていたわけではありません。DAHONという名前はもちろん知ってましたが、特に特徴のあるモデルが展開されてるわけでもなく、いわゆるフツーの折り畳み自転車メーカーという認識で正直まったく意識はしておらず、たまたま訪れた自転車屋さんで折り畳みのエントリーモデルとして勧められたモデルの1つがHitでした。

Hitの他に同じくDAHONのRoute、TURNというメーカーのLinkがスペック・価格いずれも同じくらいだと案内されて、Hitが6速なのに対しRouteとLinkは7速とかスペック面でいくらか差はあったんですが、初めての折り畳みだしエントリーモデルで僅かな差にこだわってもしゃーないでしょということで、最終的には色で選びました(笑)

DAHON Hit

奥さんのはルビーレッド。

DAHON Hit

私のはティールブルー。

お店に並んでた中でそれぞれいいなと思った色がたまたまHitで一緒だったんですね。

Routeにも似たような色はあるんですけどあっちはソリッドで、Hitはメタリックでキラキラしてるのでコッチの方がカッコいいなーって。

Hitというモデルを知ったのはもちろんお店で聞いたのが初で、メーカーによれば

「Hit the pandemic」=「パンデミックに打ち勝つ」コロナウィルスが世界的に猛威を振るい、自転車ニーズの高まりから車体の安定供給が困難な状況が続く中、ライフラインの一つでもある自転車を1人でも多くの人に届けたいという想いを込めて誕生したモデル。

https://www.dahon.jp/2022/product/bike/hit.html

ということなんだそうです。

DAHON Hit

よく見るとフレームにはHitのロゴと共にウイルスにグーパンチしてるみたいなマークが。

コロナ過が過ぎてもコレ見る度にコロナの時に買ったんだねーってイヤでも思い出しそうですね(笑)

 

お店で受け取ってクルマに積んでみたらリアにシートの座面跳ね上げてそこに置くとジャストフィット。自転車同士が干渉して傷付くのを防ぐために間にクッションかましてあげればOKです。Hitはスチールフレームに比べれば軽いものの、エントリーモデルなので劇的に軽いわけでもありません。メーカー公表値では12.2kgで10kg切るくらいになってくるとかなり軽さを実感できるそうですが、クルマのリアに積む分にはさほど負担になる重さでもないですね。

そして家に帰ったら早速奥さんと一緒に近所をチョイ乗り。折り畳み方はお店で習って、最初は戸惑うけど慣れればかなり簡単。展開なんてササッとできちゃいます。

20インチ故に道路の凸凹をショックは娘のママチャリよりダイレクトに感じますが、そこは割り切りですね。Routeより1つ少ない6速でも街中をユルく散歩するくらいなら何ら不足はないし、車体が軽いのでサクサク走れます。ハンドリングが若干クセがあるように感じますがこれも慣れでしょう。

 

DAHON Hit

今日のお昼休みにもちょっと走ってみました。

ウチからござれや阿賀橋を渡って土手沿いを松浜まで、松浜橋を渡ってまた土手沿いで帰ってくるというバイクでもよく走るルートです。

一番の違いはやはりスピード。バイクでも排気量によってスピードレンジが変われば見えてくる景色も変わってくるんですが、自転車だとバイクと徒歩の中間レベルで、バイクでは見逃してしまう景色を実感します。橋を渡る時もバイクで車道だと水面を直で覗き込むというのはムリですが、自転車だと歩道からすぐ水面が見えて、しかもゆっくりだから魚が泳いでるのを見れたり、浅いところで水草が揺れてるのが見えたり、目に入ってくるものがまるで違います。

走る道もクルマやバイクでは走れないところで走れたりするので、土手の下にあるサイクリングコースとか、公園の中にあるサイクリングコースなんかも走れるので、ここでもやっぱりバイクとは違う景色が見えてきます。

あとはクルマだと輸送費のかかる佐渡も自転車ならもっと気軽に行けるかなーとか、身近なところで古町を散策するのもおもしろそうかなとか、実際そこまで一生懸命走るかどうかわからないですけど、楽しみ方はいろいろありそうなのでムリしない範囲で楽しめたらいいですね。

 

ただねぇ、置き場所を考えずに買ったのはちょっと失敗だったかも。折り畳みでもそれなりに場所はとりますからねー。

 

カメラを始めたい

私が子どもの頃はもちろんフィルムカメラ、今のようにデジカメのない時代は1枚1枚を失敗しないためにここぞという場面で緊張しながらシャッターを切っていたのをおぼえています。免許を取ってバイクに乗るようになり、ツーリングで写真を撮ることもありましたが、やはり1枚1枚が大事なので撮影する場所やタイミングは厳選して撮っていました。

デジカメが普及してきたのは社会人になってずいぶん経ってから。フィルムと違って失敗してもムダになることがないので緊張して撮るなんてこともなくなり、1枚の重みもかなり軽くなったような気がします。フィルムカメラからデジタルカメラへ移行していったタイミングがちょうど子どもが生まれたくらいのタイミングだったので赤ちゃんの時の写真は少な目だったのが保育園くらいになるとムダとも思えるくらいの大量の写真が残っています。

それが今ではスマホのカメラがデジカメを超えるようなスペックを持っちゃったもんだからデジカメを持ち歩かずとも常に持ってるスマホで高画質な写真がいつでも撮れていつでもSNSにアップできる時代にまで進化し、昔のフィルムを大事にしていた時代が懐かしいと言うより三丁目の夕日ぐらい古臭く感じてしまいますね。

元々写真を撮ること自体はキライではありません。クルマやバイクのイベントに行けばお気に入りを写真に納め、ドライブやツーリングに行けばキレイな景色を背景に愛車を写真に納めたりしています。でも、その程度。より良い写真を撮りたいとか、いいカメラで撮りたいとか、そういう願望はあまりなく、1枚のよく撮れた写真を残すと言うよりは記録写真みたいなノリです。

 

それがですね。。。。

 

 

最近、こういった写真家さんをフォローして美しい写真に見惚れちゃってるんです。

んー、どうやったらこんな写真が撮れるんだろう?

カメラの差?技術の差?センス?

もし自分でもこんな美しい写真が撮れるなら、あらためて写真の技術を学びたいなーという気持ちが芽生えてきました。

近くにいい先生いないかな?

 

adidas ULTRASTAR

昨日の記事を書いてて思い出したのが同じくadidasのウルトラスター。

一見、スーパースターに見えて、紐ナシで履けるように中にゴムベルト(ホールドバンドと言うらしい)を仕込んだモデル。かのRun-D.M.C.がスーパースターを紐ナシで履いていたことから用意されたシグネチャーモデルがウルトラスターです。

私、昔持ってたんですよねー。

記憶が定かでありませんがウルトラスターが誕生したのは1980年代、買ったのは社会人になってからだったと思います。当時はウルトラスターの存在を知らず、狙ってウルトラスターを買ったのではなく、スニーカーを探してたまたま訪れた靴屋で発見して「おぉ~何だコレは~」とレア感に惹かれて勢いで買ったのでした。しかしその靴屋では在庫がその一足のみでサイズが28cm、adidasだと26.5~27cmくらいの私にはもちろんガバガバ。ただでさえユルいのに紐ナシで履いたらすぐ脱げちゃうので結局紐結んでましたけどね(笑)

買ったウルトラスターは結構気に入って履いていて、ボロボロになっても捨てられずに持ってました。確か結婚する時に実家の整理で泣く泣く捨てたんじゃなかったっけ。

そんなウルトラスターも今は復刻が出てるようなんですが、当時のディティール全然覚えてないんですよねぇ。オリジナルとの違いがわからん。

ま、今でも普通に紐結ぶだろうからスーパースターでいいと思いますが・・・・。

 

adidas COUNTRY

久しぶりにadidasのカントリーを買いました。

前に買ったのがずいぶんボロっちくなっちゃったのでね。

カントリーと言えば定番なのは

ホワイト/グリーンですよね。

今までのはグリーンでしたが、今回は冒頭の写真のような黒を買ってみました。

黒だとソールも黒なんですね。

あとは後ろにロゴが入らなかったりして、パッと見てパチモン臭い(笑)

 

カントリーはその名の通りクロスカントリー用途を目的に作られたスニーカーで、特徴的なのは踵の丸くなったソール。

これがドライブシューズとしても使いやすいということで、カジュアルなドライブシューズを求めるクルマ好きには昔から人気。そんなことからスニーカーはadidasオンリーな私もスーパースターでもスタンスミスでもなくカントリーを長年愛用してました。最近は安いモデルを履き潰してばっかりでしたけど。

で、どうして黒にしたかっていうのがバイクに乗るとシフトで汚れるからってクルマと関係ない理由(笑)

ま、クルマでもバイクでもどっちでも都合がいいということで。

 

デジカメ

この前、息子にデジカメ貸したら壊れて帰ってきまして(汗)、まぁ今のもだいぶ前に買ったのだったのでこの機会に新調しようかと。

しかし携帯がガラケーからiPhoneになってからデジカメ使う頻度が極端に落ちましたよねぇ。元々写真が趣味とかってわけじゃないので本格的なカメラまで必要とはしないし、出かけた先でちょっとスナップ写真を撮るってくらいならデジカメ持ち歩かなくてもiPhoneで充分。デジカメ持ってなくて困るシーンってあんまりありません。

ただ、残念ながらiPhoneには光学ズームがないので遠くの被写体を撮るには難がある。特に運動会とか子どもの学校行事はズーム必須だし、動画も撮るのならやっぱりデジカメがあると便利なんですよね。デジタル一眼にも興味はなくはないけれど・・・たぶん私には宝の持ち腐れ。

で、最近はどんなデジカメがあるのかなーとちょいと見てみると、デジカメ普及期のような新製品ラッシュはどこへやら。やはりスマホの普及に伴いデジカメ市場は縮小してるようで2~3年前のモデルが普通に現役でラインナップされてたり、メーカーもあんまりやる気ない感じ。どちらかと言うと今は一眼の方が熱いんですかねぇ。画素数を競ってた頃に比べてカメラの性能は安いモデルでも十分すぎるほどだし、あとは付加価値での差別化くらいだけど、それもなんだか飽和状態で目新しさは感じない。かと言って価格が下がってるのかと思えば案外それなりな価格をキープしてたり、1万円台の激安コンデジと10万以上の一眼との間に入るモデルたちはあまり魅力的なものがありません。

あんまりワクワクしない買い物だなぁ(汗)