世界ファースト

シアトルで市内の飲食店に対するプラスチック製ストロー使用禁止の条例が発効されたそうです。

もちろん目的は環境保護。特に最近深刻化している海のプラスチック汚染へ対応することが最大の狙い。ストローやレジ袋などのプラスチック製品は自然分解せず、ゴミとなったプラスチックは海や山にいつまでも残ります。劣化して小さくなったマイクロプラスチックが海洋生物に誤飲されて胃の中がゴミだらけなんていうニュースを見たことがある方も多いでしょう。ストローは製品自体が軽いため機械で分別するのが難しくリサイクルしにくいとも言われています。

本当はストローを使うこと自体をやめれば早いのですが、既にあるものを禁止するというのはなかなか難しいし反発も多い。代わりに「生分解性」のあるプラスチックストローが取り入れられたのですが、この生分解性ストローは一定の温度や微生物を必要とするため自然界で自然分解せず、海に流れてしまえば結果として同じ。そこで現在は紙製のストローに注目が集まっていて、既に紙製ストローへの切り替えを進めている企業もいくつか出てきています。

紙製ストローは以前からあったそうなのですが、漏れやすかったり、紙製に見せて実は中がプラスチックでコーティングされている製品だったりして、実用と環境保護を両立できるストローはなかなかなかったのが、最近は純紙製でも丈夫なストローが製品化されてきて、当然プラスチック製より割高なのがネックではありますが、切り替え可能な環境ができつつあります。

スターバックスやマクドナルドでは段階的に切り替えをしていくと表明していることから、今後は日本でも紙製ストローが使われるシーンが多くなっていくかもしれません。

 

今年の6月、カナダで開催されたG7サミットで「海洋プラスチック憲章」が採択されたのですが、日本とアメリカはこれに署名しませんでした。

日本が署名しなかった理由としては「中国やロシアなどの大国が参加していない憲章では海洋ゴミ削減につながらない」「国内産業への影響が大きいため慎重な調査や検討が必要」ということらしいのですが、なんだか核兵器禁止条約の時みたいな理由ですね。日本もプラスチックゴミの問題は深刻なのですから、他国がどうのと言わずに環境保護に向けた姿勢を積極的に示していかないと世界から取り残されることになります。

アフリカにあるルワンダという国では2008年からビニール袋を使用禁止にしたそうです。ルワンダでもプラスチックゴミによる環境問題は深刻で、海外からの観光客が持ち込んだビニール袋も入国審査で全て没収するという徹底した対策を取ってるとか。この厳しい対応でルワンダ国内に4つあったビニール袋製造工場が潰れてしまったそうで、国の経済を考えれば企業が倒産するのは税収面でも雇用面でも損失がかなり大きいと思いますが、それでも実行してというのは環境保護への真剣度が生半可じゃないということなのでしょう。逆に言えばそれくらいホンキで取り組まないといけないくらいに環境問題は待ったなしということです。

日本はどうもこういう新しい時代への転換が遅い(というかヘタ)な気がします。

原発なんかもそうですね。福島第一原発事故があって、廃炉も難しいし、核のゴミの処分方法も見つからない、世界的にはもう脱原発へシフトしているのに日本は頑なに原発を維持しようとしてるし、海外への輸出も行おうとしている。世界のトレンドと真逆です。脱原発にシフトできない理由は、原発で潤ってる企業や立地自治体が甘い汁を吸い続けたいから。でもホントはそんなこと言ってる場合じゃないし、そんなこと言ってたら永遠に脱原発なんてできません。

再生可能エネルギーや電気自動車なんかでも日本は世界をリードできるだけの技術力があるハズなのに、今や完全に世界から出遅れてしまっています。

一部の利権を守るために全体が滅んだら意味がないんです。シアトルやルワンダはそれがよくわかってるということ。日本にだってできないことじゃありません。

 

もちろん国としての方向性だけでなく、我々一人ひとりの意識も変えていく必要があります。たかが1本のストロー。しかしそれが海に流れ、魚の胃に入り、その魚を自分が食べる、そこまで考えを張り巡らせればたかがストローとは思えないですよね。

レジ袋の削減は結構普及したように思います。マイバッグ持参の方、増えてますよね。短い期間で一気に変えるのは難しくても、一人ひとりの心掛けで少しずつでも変えていければ全体が変わっていくはず。

個人も、国も、「自分ファースト」ではなく「世界ファースト」へシフトしていってほしいものです。

 

全固体電池

以前書いた「時代はEVへ?」でも触れたトヨタが開発中の全固体電池。

アメリカのベンチャー「フィスカー」が全固体電池の特許を申請したとの情報がありました。

航続距離800kmで充電時間わずか1分!フィスカーが全固体電池の特許を申請 – Autoblog 日本版

トヨタはフィスカーより先に全固体電池の実用化を目指してるそうですが、フィスカーが申請した特許というのは全固体電池そのもののものなのか、それとも構造の一部とか素材とかなのか、バッテリーを征するものがEVを征するとも言われるくらいEVにとって要となるバッテリーだけに開発競争は熾烈ですね。

で、フィスカーが開発中の全固体電池はフル充電で航続距離が約800km、フル充電までの時間が僅か1分というんですから、実用化に至ればこれまでEVのネックだった航続距離と充電時間の問題が一気にクリア。あとはコストや大きさ、重量がどの程度になるかにもよりますが、半分の400km・充電30秒なんてバッテリーができれば街乗りレベルなら充分だろうし、バイクに積めるくらい小型化できるのであれば距離200~300kmでも充電時間の短さで実用に足るかもしれない。量産化でコストが下がってくれば既存車のEV化も普及するかもしれません。

こうしてバッテリーは進化していくわけですが、忘れちゃならないのは電気を作るシステム。そもそもEVシフトが進んで行く背景にあるのは温暖化対策のためのCo2削減ですから、EVが増えたからと石炭・火力発電を増やしてたら本末転倒なわけで、バッテリーの進化より再生可能エネルギーの普及を先に進めていかなけれ電気の供給が追い付かなくなるかもしれません。もちろん福島第一原発事故を見てもわかるようにハイリスクな原発はフェードアウトさせてもらわないと。

 

全固体電池が手頃になって、空冷VWでガソリンタンク外したスペースに収まる大きさで300km走れるならEV化考えちゃうかも・・・・?

 

SKYACTIV-X

マツダが開発中の新エンジン「SKYACTIV-X」がなかなかスゴいです。

まず、詳しい説明はリンク先でどうぞ。

マツダ SKYACTIV-X はこれまでのエンジンと何が違うのか…「HCCI」実用化、なぜできた? | レスポンス(Response.jp)

マツダ・SKYACTIV(スカイアクティブ)-Xエンジンは、内燃機関を次のステージに引き上げる|MotorFan[モーターファン]

 

簡単に言ってしまえば、ディーゼルエンジンのように圧縮比を上げて圧縮着火させるガソリンエンジン。

この予混合圧縮着火(HCCI)という概念は以前からあったそうなんですが、エンジンチューニングとか知ってる方ならおわかりのようにガソリンエンジンは圧縮比を上げればパワーは出るけど上げ過ぎるとノッキングも起きるし最悪エンジンブローに繋がるので限界があって、マツダはHCCIによる圧縮着火ではなく、スパークプラグを使った火花点火制御圧縮着火(SPCCI)という技術を開発した、というのがSKYACTIV-Xエンジンです。SKYACTIV-Xエンジンは圧縮比16、空燃比32~40という普通のガソリンエンジンでは考えられない高圧縮とリーンバーン。文字で書いてしまえば簡単ですけど、かなりすごい技術じゃないでしょうか。

で、マツダのスゴいと思うところはガソリンエンジンの可能性を捨ててないこと。

昨今はEVシフトの流れがあってガソリンエンジンは今後消えゆく運命にある予感すらする時代ですが、単にEVへ舵取りするわけではなく、ガソリンエンジンでもここまでできるんだってマツダの技術屋としての根性を見せられたように思います。

思えばロータリーエンジンでもそうでしたよねぇ。

やるな、マツダ。

SKYACTIV-Xエンジンは現在はまだ開発段階ですが、数年後には市販車に搭載予定だそうです。

 

次世代VWバスがいよいよリリース?

もはや出る出る詐欺(笑)じゃないかと思うくらいに引っ張りまくってる次世代VWバス。

ここにきてようやくI.D. Buzzコンセプトをベースとした市販車を2022年にリリースすると正式に発表がありました。

正式発表はいいけど、リリース随分先だな、おい。

 

最近の世界的な傾向として、ハイブリッドでも水素でもなく、もちろんガソリンエンジンでもない純EVの普及を進めていくような雰囲気を感じます。各自動車メーカーはEVの開発や市販化に力を入れていて、我先にスケジュールを前倒ししてEVのシェアを早く勝ち取りたい、この先の自動車業界をリードしたいという想いをひしひしと感じます。

次世代バスももちろん純EV。現時点でミニバンタイプのEVってあんまりないと思うので、出せばヒットするような気はしますが、バスに先行してリリース予定のハッチバック版i.D.ですら2020年で、バスは更にその2年後ですから、世界的なEV化の加速度に比べるとちょっとのんびりしてるような気もします。

リリースまでに時間がかかるのはバッテリーかなぁ。でもバッテリーの進化のスピードもすごく早いから5年後なんてどんなバッテリー性能に達してるかわかんないですよね。

 

まぁ、いつ出すかはいいんですけど、出す際はもうちょっとかわいいデザインにしてくれるといいなぁ。

 

Bollinger Motors B1

昨日の記事でEVについて書いたからというわけでもないんだけど、面白そうなクルマが発表になったのでご紹介。

アメリカのBollinger Motorsが開発した「B1」というEVです。

現在までに市販されているEVは普通の乗用タイプが大半ですが、B1は見ての通りのオフロード車。車体のほぼ全てが平面で構成される個性的なエクステリアは軍用車にも見えるくらいのゴツい印象で、なんとなくディフェンダーっぽさも感じます。EVでもこんなルックスですから当然駆動は4WD。前後オーバーハングはスッパリと短く、アプローチ・ディパーチャーアングルも50度以上あり、前後に1基ずつ積んだモーターは最高出力360HPとかなりのハイパワーで、モーターならではの低速での力強さを活かしたオフ性能も期待できそう。バッテリーは60kWhと100kWhの2種類が用意され、100kWhのバッテリーなら航続距離は約320kmにもなります。

面白いのはフロントまでトランクスルーにできること。モーターやバッテリーは完全にフロア下のプラットフォームに格納されているので、内燃機関車ならあるはずのエンジンがないフロントは荷室になり長尺物も積めちゃいます(あんまり利用する機会ないような気もするけど・・・・)。

実際のリリースはまだ先のようで、価格もまだ未定。日本で買えるようになるのかもわかりませんが、どうせEV買うならこんな個性的で思いっきり遊べそうなクルマなら楽しいかもしれませんね。