レジ袋有料化

7月になりまして、今日からレジ袋が有料化されました。

今日は買い物行ってないので世間がどう変わったのか確認してませんけど、そもそも普段から「エコバック利用orシールでいいです」を徹底してるので、私自身の生活はあんまり変わらないかもしれないし、エコバックも今ではすっかり普及・認知されてますから、世の多くの方もそうは困らないかもしれません。

これをきっかけにプラゴミ削減・マイクロプラスチック問題解消へ世間の意識が向かってくれることを期待します。

ところが一方で引き続きレジ袋を無料で提供する動きもあるようで、これはマイクロプラスチック問題をスルーしてるのではなく、コロナウイルス感染防止のためで、もしお客さんが持ち込んだエコバックにウイルスが不着していたら・・・というリスクを考えるとお店の負担になっても衛生的なレジ袋を使った方がいいだろうと、そういう判断らしいです。

まぁ確かにそれもそうかなぁという気がします。私自身も普段使ってるエコバックを毎日消毒してるかって言われればしてないですしね。

環境と衛生、どちらを優先させるのか、悩ましいところでもあります。

ただ、世界中に漂ってるマイクロプラスチックの元凶はもちろんレジ袋だけじゃなく、プラスチック製品全般が元になっています。むしろ全体の比率から見ればレジ袋は2%くらいなんだとか。今回の有料化もあってレジ袋が全ての元凶のように思われてる一面もあるような気がしますが、レジ袋だけに目を向けるのではなく、プラスチック製品全般を如何に減らしていくかという視点で取り組まないといけないですよね。

地球温暖化もマイクロプラスチック問題も待ったナシ。国や企業、個人の利益ばかりではなく、国境関係なく地球に暮らす一人ひとりとしてできることに取り組んでいきましょう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)