ナメきってる東電

先日、東京電力が柏崎刈羽原発について「6・7号機の稼働後5年以内に一部の原発の廃炉を検討する」という方針を明らかにしました。

廃炉に言及したことで一瞬脱原発へ前進したように見えて、6・7号機の再稼働前提ですから到底受け入れられるものではありません。

そもそも

「6・7号機の稼働後5年以内に一部の原発の廃炉を検討する」

というのは言い換えれば

「6・7号機を再稼働させてくれたら一部の廃炉を考えてやってもいいぜ?」

ということ。

さらに「廃炉を検討する」ですから、「検討の結果、廃炉しないことにしました」でもOKということ。

要は何が何でも6・7号機は再稼働させろ、ということしか言ってないんですな。

東電はどこまで市民をナメてるんでしょうかねぇ。

こういう姿勢のままであれば、どんな条件あっても東電に原発を動かさせてはいけないですよ。万が一事故が起これば福島第一原発事故と同じようにまた無責任に逃げるだけですから。

少しは企業としての姿勢を見直すという発想はないんですかね?

 

仲良くしようよ

日韓関係が悪化の一途です。

なんかね、TwitterのTLでも普段そっち方面のツイートなんてほとんどしないような方でも反韓・嫌韓的なツイートしてたりリツイートしてたり、中には韓国と国交断絶してもいいなんて過激なものもあったりして、一般レベルでも韓国への感情は悪くなってるなぁという印象を強く感じます。

私自身は韓国は特に好きでもキライでもなくて、それは韓国以外の国と特に違いはないフツーな気持ちで、どの国でもそれぞれの歴史や文化があって、もちろんいいところばかりではないだろうし、対日感情も様々なんでしょうけど、できることならお互いの違いを理解した上で尊重し合って、双方でより良い関係を築いていけたら世の中の多くの問題は解決できるんじゃないかと思うのですよ。

まぁ確かに今の韓国はどうなんだろうとも思います。

まったく歩み寄る姿勢を示さず、昔の話をぶり返し、まるで子どものケンカのよう。

先日のレジストなどの対韓輸出管理の厳格化は、日本の言うように輸出品の管理が甘いということであればそれを改善すればいいだけのことだし、韓国の言うようにしっかりやってると言うならそれをキチンと説明すればいいだけのことだし、それを徴用工問題への報復と受け取るのは筋違いだと私も思います。まして厳格化されたと言っても禁輸措置ではなく手続きを踏んで許可が下りれば問題なく輸出できるし実際の影響は微々たるものなのに、ヒステリックに反日感情を煽る韓国政府のやり方には疑問を感じます。

ただ、こうした応酬で誰が得するかって誰も得しないんですよね。日本も韓国も国民感情とは別に経済面での結びつきは切ることはできないし、双方からの旅行者で食ってる観光業は大きなダメージ受けてるし、普通に韓流ドラマやK-POPや韓国料理が好きだっているだろうし、一般レベルではいい加減にしろって思ってる人も多いと思うんですよ。今回のGSOMIA破棄にしたって、実質的にGSOMIAは既に形骸化してるとも言われてますけど、自衛隊や韓国軍の現場レベルでは何かあった時の意思疎通がダイレクトにできないというのはマイナスでしかないし、経済面だけでなく軍事面でも双方の信頼関係が崩れたら他のどこかの国の思うつぼじゃないかと思うのですが。

あちらにはあちらの事情があるんでしょうけど、もう少し未来志向で両国が仲良く発展していけるような関係を築けるようにしてもらいたいなーと思います。

 

煽り運転

お盆休みも終わりまして今日から平常運転再開です。

さて、休みの間は普段見ない日中のワイドショーを見る機会が多く、休みの前半は専ら台風10号のニュースだったのが、台風が過ぎてテレビを席巻してたのが例の高速道路での煽り運転&暴行事件。

加害者は既に逮捕されたとのことで、あとは法に従って裁いていただくことになりますが、こちらとしては連日のように窓越しにグーパンチする映像を繰り返し見せられたもんだから無関係の私までちょっぴりトラウマな気分ですよ。暴力的なシーンは見てるこっちも非常に不快なので、テレビ局の皆さんももう少し配慮していただけたらと思います。

で、今回の事件に限らず煽り運転によるトラブルというのは後を絶たないわけですが、いつも思うのはこれだけ世間にドライブレコーダーが浸透し始めている昨今でよくああいう行為ができるなということ。ドラレコ非搭載であっても今どきは皆さんスマホを持ってますので、危険な運転すれば即撮影されてネットに上げられてしまう時代。驚くのは映像が残る残らないにかかわらず、社名が入った営業車やトラックでも危険な運転やマナーの悪い運転をする人が案外多いということで、私だったらそんな運転をする人がいる会社とは極力関わりたくないなぁと思うのですが、皆さんはいかがでしょう。街中には監視カメラが多数設置され、クルマにはドラレコが搭載され、道行く人たちの手にはスマホがあり、いつ・誰が・何を見てるか、そしてそれが誰かによって証拠を残されてネットで晒されるかもわからない時代ですから、普段から周りに配慮した優しい運転を心掛けたいものです。

 

この休み中はクロスカブの慣らし運転をしておりまして、慣らし中ですのでスピードは必然的に抑え気味になり、ほぼ法定速度内で走ることになります。しかし実際の道路の流れとしては法定速度+αくらいになることが多く、法定速度で走る私は非常にジャマな存在になってしまうので、できるだけ左端に寄って走って追い抜く方はどうぞどうぞとアピールしてるつもりではいるのですが、道幅が狭かったり、カーブが続いたり、対向車が途切れなかったりと、いつでもどこでも追い抜きできるとも限りません。途中でどこか端に寄れるゾーンがあれば一旦退避してやりすごすこともできますが、それもいつでもそんな場所があるとも限らず、中途半端に端に寄ったりするとかえって危険だったりもして、そうすると私の後ろにクルマが数台繋がることも多く、中には煽りまではいかないにしてもイライラしてるっぽいなぁというドライバーもいたりして、対向車が切れた途端にすごい勢いで加速してイライラをぶつけるかのように私との距離をギリギリで危険な追い抜きをしていく方も少なくありませんでした。特に追い抜いて元の車線に戻る際、ドライバーの横を私が過ぎた時点ですぐ戻ってこられるとクルマの後半がメッチャ接近してきて接触しそうな勢いの方も結構いて、バイクに乗らない方はあんまりわかんないのかもしれませんけど、仮に抜かれてることに気付かず走ったりすると意図せず中央車線側にバイクが寄ってくることもないわけじゃないので、追い抜きの時は充分横の間隔を空けるようにお願いしたいです。

それにしても皆さん急ぎすぎじゃないですか?私の前方100mくらい先に同じくらいのスピードで走る軽トラがいて、私を抜いても結局その先で詰まるじゃんってわかってるのにムリな追い越しして思った通り軽トラの後ろでまたイライラしてるクルマを見ると、そんなに急いだところで到着時間が半分になるわけじゃなし、短縮できたとしてもせいぜい数分でしょ?せっかく景色の美しいところを走ってるのにそれを見ずに急いで走っちゃうなんてもったいないと思うんですけどねぇ。軽トラにドラレコ付いてて「煽られた!」ってネットで拡散されたら代償デカいでしょうに。

私もできるだけジャマにならにように走りますので、皆さんも思いやりの心で優しい運転を心がけるようにしてくださいませ。

 

しかし、あんな怖い煽り運転事件を見せられるとせめてヨメさんのクルマにはドラレコ付けた方がいいかなぁなんて思ってしまいますね。まぁドラレコ自体が煽り運転を防止できるもんじゃないですけど、付いてるのがわかるようにしておけば多少の抑止にはなりますよね。あと、窓は絶対開けちゃダメですね。

ゴルフカブリオレで幌開けてる時はどうすればいいんだろう・・・(汗)

 

塩レモンぽん酢

先日の広島旅行で帰りに休憩で寄ったサービスエリアのおみやげコーナーで発見し、妙に惹かれて買って帰ってきた「塩レモンぽん酢」。

瀬戸内地方って柑橘類の生産が盛んなんですってね。ゆずのポン酢は割とよく見ますけどレモンって案外見かけないかも。

まぁハズレでもいいやって軽い気持ちで特に期待もせずに買ってきたのが、家に帰ってサラダにかけてみたら・・・・激ウマ!

適度な塩分とレモンのさっぱりとした風味が最高で、特にこの暑い季節にはピッタリ。コレをかければいくらでも食べれそうな勢いです。

で、コレなら定番で常備しておいてもいいねと買い物のついでにスーパーで探してみたんですけど・・・ドコにも置いてない。

あとで調べたらどうやら一般に流通はしてないらしく、店頭での販売はSAのみ、あとは通販でしか手に入らないらしい。

手に入らないとなると余計に欲しくなってしまうもので、今度ネットで買ってみようと思います。

騙されたと思って一度試してみて~と言いたいところですが、わざわざ送料かけて買うとなると気軽にオススメってワケにはいかないかなぁ。でも送料かけてでも買う価値はありますので、気になった方はぜひ試してみてください。

 

過ちを繰り返さないために

今日は広島の原爆の日。先日の旅行で広島訪問を果たしたこともあり、今年は何だか前と少し違う気持ちです。

最近はWikiに飽き足らず動画でも第二次世界大戦や原爆投下について見聞きしていて、先日の原爆資料館での生々しい展示も見て、ついこの間はテレビで「この世界の片隅で」を見たりして、戦争や原爆の恐ろしさ、悲惨さ、悲しみ、憎しみ、愚かさ等々に想いをはせてはみるのですが、実際に体験をされた方々のようなリアリティには遠く及びません。

しかし確実にわかるのは「二度と同じ過ちは繰り返してはならない」ということ。

原爆で〇万人の方が亡くなった、〇〇海戦で〇万人が玉砕した、資料等を見聞きしてるとそういう大きな数字が並ぶことが多いのですが、その中の一人ひとりにそれぞれの人生があり、家族や友人がいて、〇万人が亡くなった1つの戦争ではなく、戦争である一人が亡くなった悲しみ×〇万人×その遺族、なんだと私は思っています。「この世界の片隅で」では主人公である女性の半生が描かれていますが、大なり小なり彼女と同じような悲しみを味わされた人が膨大な数いるわけで、その膨大な悲しみを思うとどれだけ想いをはせても足りないくらいです。

もちろん戦勝国である連合軍側だって同じこと。戦争には勝ってもその勝利は多くの方の命が失われた結果。勝ったから良し、とはなりません。勝っても負けても多くの悲しみが残ります。

そう思えば、やはり二度と戦争なんてしちゃいけないし、この世界から核兵器なんてなくすべきだと強く思います。

 

話は変わって、最近は日韓関係が悪化の一途です。韓国だけでなく中国や東南アジア諸国なども第二次世界大戦では悲しい歴史を辿り、その過去から様々な想いがあり、悲しい過去をなかったことにはできないし、70年以上経ったからといって忘れられるものでもありません。反日感情が根強いのも仕方がないことなのかもしれません。

日本は広島と長崎に原爆を投下され、その他にも東京などの都市に無差別の大空襲も受け、多くの無抵抗の民間人が殺されました。今の価値観でも当時の価値観でもこれらの行為は戦争犯罪と言えると思います。しかし日本は戦後結ばれたサンフランシスコ講和条約によってそれらの賠償請求権を放棄してしまったので今はもう賠償を求めることも責任を問うこともできません。賠償を日本に求める声も少なからずありますが、日本人の多くは戦争の責任や賠償よりも、あの悲劇を二度と繰り返さないということの方を強く望んでいるのではないでしょうか。

ご存命の方が少なくなる一方の原爆被災者の方々は思い出したくもない過去を新しい世代に語り、かつて自分を苦しめた当事者であるアメリカまで行って原爆の悲惨さや核廃絶を訴えています。

過去の過ちを変えることはできないけど、これからの未来を変えることはできる。

日韓関係はお花畑なキレイ事だけで片付く話じゃないことは重々承知しています。しかしその上で、悲しい過去はあったけど、これから先は悲劇を繰り返さないように双方が歩み寄り、いがみ合うのではなく助け合っていく、そんな未来志向の想いがベースにあると、もっといい関係に発展していけるんじゃないかと私は思います。

日韓関係だけじゃないですね。米中の貿易戦争、緊迫する中東情勢、世界中に蔓延しつつあるヘイトクライム等々、様々な諸問題全てにおいて欠けているのは平和な世界を目指す未来的思考じゃないでしょうか。

唯一の被爆国である日本こそ、そういう想いを発信するリーダーシップになりうるのではないかと思いますが、我々日本国民もそんなリーダーシップを発揮してくれるであろうリーダーを選ぶように選挙でもしっかり見極めていかないといけませんね。