清津峡

昨日は前からお友だちに「いいよ」と聞いていた清津峡にType-3で行ってきました。

せっかくの紅葉時期だし、単に目的地まで行くだけではつまらんと山を経由して行ったらすげー時間かかりました。新潟市から十日町まで下道で行くのは結構大変だったんですね(汗)

しかしその甲斐あって道中の山道は紅葉もキレイで、いいドライブになりました。

で、お昼過ぎた頃に到着した清津峡。国道から清津峡まで続く道に入った途端に大渋滞で、これは駐車場に着くまで相当かかるだろうと、途中の閉鎖されたお店の前にクルマを置いて徒歩で清津峡まで。これがまた結構な距離で30分くらい歩いたでしょうか。それでも同じくクルマで清津峡を目指していた方のツイートでは駐車場まで1時間くらいかかったそうなので、歩いて正解だったかもしれません。歩きながらの景色もなかなか良かったですし。

そしてようやく到着した清津峡。想像していたより壮大なスケール、荒々しい岩肌、透き通る清流、そして見事な紅葉と、素晴らしい景色が堪能できました。

 

清津峡

清津峡

清津峡

清津峡トンネル

清津峡トンネル

清津峡

 

清津峡トンネル最終地点には水鏡の演出がされているのですが、さすがの人出でインスタに上げるような景色独り占めな写真は撮れませんでしたねぇ。

渓谷は節理と呼ばれる独特の岩の表面が特徴で、以前だったら「へぇ~」で終わってたところなんですけど、ブラタモリを見るようになってからにわか地質知識が芽生えてきたことで、タモリだったらこの岩肌を見てどんなウンチク語るかな、なんておもしろく見れました。いつかブラタモリ来てほしいですね。

で、クルマ置いた場所から歩いて、さらにトンネルも歩いて、よく考えたら帰りもまた歩かなきゃで、久しぶりにこんなに歩きましたよ。それでも歩いてでも見る価値はあったかと思います。まだ行ったことない方は一度は訪れてみてはいかがでしょう。

 

Type-3

 

雲ひとつない晴天の青、紅葉の赤・黄、Type-3の緑と、賑やかな色調はこの季節ならでは。

次はバイクでも行ってみたいですね。




あと1週間

受理書

本日、Street VWs Jamboreeのエントリー受理書が届きました。

気付けばもう来週の日曜なんですよね。

準備、なんもしてねぇ~(笑)

まぁ特に準備らしい準備もないんですけど。

とりあえずお天気がいいといいですね。

お台場でのラスト、楽しみたいと思います。




脱オール電化計画2

その後も複数のエラーが発生したりとかなり調子が悪いエコキュートから脱却すべく進めていた脱オール電化計画ですが、複数の会社からガス化の見積りを取って、最終的に北陸ガス認定ショップにお願いすることにしました。

北陸ガス認定ショップと他の会社と何が違うって「助成金の有無」です。エコキュートからガス給湯に変えるウチのようなケースだと、北陸ガスから給湯器本体価格の半分が助成金として出るのですが、これは同じ工事内容でも北陸ガス認定ショップじゃないと助成金が出ないんだそうです。その他に工事費やエコキュートの撤去費で各社の差がありますが、助成金パワーはかなりの差になるので見積金額は最大で10万円くらい違いました。10万も差があったらよほど認定ショップがキライでもなければそこに頼みますよねぇ(笑)。ガス展などのイベントで商談するとまた別の特典があったりするそうなので、もし我が家と同じくエコキュートからガス給湯に変えたいという方がいらっしゃったら、ガス展が開催されてるタイミングを狙うとお得かもしれません。

で、あとは工事してもらうだけなんですが、認定ショップさんがかなり忙しいらしく工事日はまだ未定。

エコキュートが完全に死ぬ前に工事できるといいのですが・・・・。




Chevolet eCOPO Camaro

Chevolet eCOPO Camaro

シボレーがドラッグレース仕様のCOPOのEV版「eCOPO Camaro」を発表。

パッと見ただけでは普通のカマロとほぼ変わらない外観。しかし中身はV8を2基のモーターに置き換えて、バッテリーは通常のEVの倍となる800V電圧とし、合計700HPを発揮。1/4マイルのタイムは9秒台になるんだとか。

ボンネットの中身やバッテリー配置など画像を探してみたけど今のところ見つけられず、とりあえずバーンナウトしてる動画があったので音だけでも。

 

 

うん、静かですね(笑)

さすがEV。

アメ車と言えばV8、ドラッグレースと言えばヘダースからの爆音、という固定概念からすると静かなモーターのドラッグレーサーってどうなの~?と思ってしまうのが正直なところなんですけど、昨今の環境問題とか世界的なEVシフトの流れを考慮するとこれも時代の変化なのかなと思わなくもないし、ONですぐ最大トルクを出すモーターって実はドラッグレース向きだったりするので、1つのカテゴライズとしてEVドラッグレースというのも今後は成立していくのかもしれません。フォーミュラカーでもEV盛り上げようとがんばってるしね。

でも・・・やっぱ静かなのって物足りないんだよなー(笑)

 

Chevolet eCOPO Camaro




Pocket Rocket

Pocket Rocket

Pocket Rocket

Pocket Rocket

 

ドイツのSOLモーターズという会社が開発した電動バイク「Pocket Rocket」

メインフレーム(?)となる円柱をうまく使ったおもしろいデザインですね。

前後にサスペンションを備え、ブレーキは前後油圧ディスク、モーターは後輪ハブに組み込まれていて、最高出力は8.5hpまたは6hp、8.5hpモデルは最高速度80km/hで、1回の充電で80km走行できるそうです。フレーム・ホイール・フェンダー・ハンドルバーなどはアルミ製で重量はわずか55kg。スマホに専用アプリをインストールするとデジタルメーター兼コントローラーとして使えるようになり、コントローラーから選べる3種類の走行モードの中には「ウィリー」なんてのもあって、55kgで8.5hpなら確かにウィリーマシンにもなりそうです。

 

Pocket Rocket

 

走ってる姿もなかなかかわいい。

荷物はまったく積めないし、薄いシートは80kmでもお尻が痛くなりそうですが、個性的なシティコミューターとしてはおもしろいかも。

2019年にドイツで先行リリース予定で、2020年にはヨーロッパ以外でも販売する計画があるそうで、現在はクラウドファンディングで予約を受け付け中だそうです。

2年後には日本にも入ってきますかねぇ。ナンバー付けるとダサくなりそうな予感ですけど。

気になるお値段は6hpモデルが6240ユーロ(約80万円)、8.5hpモデルが7800ユーロ(約100万円)となかなかいいお値段。今なら27%OFFだそうですけど、それでもまだ気軽に買える価格じゃないですね。

それでもガソリンエンジンじゃできないEVならではの個性的なデザインの楽しいバイクがこれからも増えていくといいですね。