緊急事態宣言

4月に入ってからお客様の歯科医院さんへ新型コロナウイルスに関してのお知らせをHP上に載せましょうと案内をし、ご返信頂いた方から順次HPにお知らせを追加し、来院される患者さんへの注意喚起を行っています。

やりとりは基本メールなので先生方のお気持ちをリアルに感じるというのは難しいのですが、やはり医療に携わっているだけに全体的に危機意識が高いように感じます。政府や医師会、自治体、マスコミなどの対応への憤りを伝えてくださった先生もいらっしゃいました。

そこへきて昨日の緊急事態宣言。

現時点で緊急事態宣言の対象となっているのは、東京・神奈川・埼玉・千葉・大阪・兵庫・福岡の7都府県。当然、この7都府県内で診療されているお客様もいますので、私も非常に心配しています。いや、対象地域になってなくても全国規模で心配なんですけどね・・・・。

歯医者さんというのは当たり前ですがお口の中を診ます。コロナウイルス感染は唾液や血液を介するケースが多いので、歯科診療というのは感染リスクがかなりあります。ウチのお客様の歯科医院さんはコロナ以前から衛星管理や院内感染予防に積極的に取り組まれている医院が多いので、今回のコロナウイルスに対しても徹底的な予防対策はしています。が、感染してても無症状の方がいたりするので100%完全に防げるかというのは・・・・どうなんでしょう。院内での対策はもちろん、勤務外での行動も予防に努めなければなりませんし、先生だけでなくスタッフさんもいますので、皆さんの大変さは相当なものかと思います。

非常事態宣言対象地域であっても適切な感染予防対策を行った上でなら診療は認められるとのことですが、もし感染者が出てしまったら診療ができなくなってしまうでしょうし、そうなると盛んに言われてる「自粛と補償」と同じことが歯科医院でも起こるわけです。お医者さんって儲かってるイメージ強いと思いますけど、個人経営の歯科医院全てが潤沢な資金で運営されてるとは限りませんからねぇ。借入金も結構あるでしょうし。

昨日の安倍総理の会見を見てても、緊急事態宣言の割に危機感あんまり感じなかったのは私だけでしょうか?やっぱり国民の命より経済を優先してるようで、自粛で困ってる方への支援もまるで期待できないし、この中途半端さがかえって感染を広げてしまうのではないかと益々不安です。

 

リプロダクト

先日、とある絶版バイクのカウルに貼るステッカーを作れないか、というご相談をいただきました。

そのバイクのカウルは恐らくABS樹脂製かと思いますが、現物を確認したところ一般的なバイクに比べて厚さがやや薄い感じもあり、既に生産から30年を過ぎて経年劣化で高確率で割れてくるんだそうです。で、カウル自体はFRP製のリプロダクトパーツがあって入手は可能のことですが、カウルに貼ってある純正ステッカーが絶版でリプロもなくて手に入らないとのことで、そのご相談でした。

タンクやカウルに貼ってあるステッカーの類いは大抵の場合カウルの色に合わせたベースにグラフィックが描かれている一枚モノのステッカーかと思いますが、印刷でカウルの色に合わせていくのはこれがまた案外難しくて、色校を何度も出して近い色に合わせていく必要があり、後に大量に制作するステッカーならそれも可能ですけど、1台だけのための小ロットでそこまでコストはかけられません。かといって微妙に違う色で作ってもお客様は満足しないでしょうから、幸いにも既成のカッティングシートでグラフィックと近い色があったのでステッカーではなくカッティングシートで制作することになりました(もちろんお客様の了解を得て、です)。

立体的なカウル故にスキャナーで読み取ることはできないので、できるだけ平面に見える角度で写真を撮って、それを元にトレースしてパスデータを作ります。幸い、それほど難しいグラフィックではなかったのでほぼ正確にトレースできました。一度プリントアウトして現物と比較。まぁOKなレベルでしょうか。あとはパスデータでカットすれば完成です。

ステッカーでもカッティングシートでもウチはよく小ロットのお問い合わせがあります。もちろん小ロットでも対応は可能なのですが、問題なのはコストです。ステッカーが1枚でも1000枚でもデータ作る手間は同じですし、印刷物は特に数量が少ないとどうしても割高になりますので、その辺りをお客様がどこまで許容できるか、が一番の課題。当然、高くなりすぎて断念というケースも多々あります。それでもできるだけお客様の要望にはお応えしたいと思っておりますので、ダメモトでも一度ご相談ください。ベストな方法を探りましょう。

あ、どうしてもムリな時はムリって言いますので(笑)

 

19周年

D-Styleは今日で19周年を迎えました。

いやー、来年にはついに20周年ですよ。

毎年のことながら、ここまで続けてこられたのはずっとD-Styleをご愛顧いただいてるお客様のお陰です。

ありがとうございます。

19年前と今じゃ世の中はすっかり変わってしまっていて、今ならサクサクとレンダリングが終わっちゃうCGも昔は何時間もかけてやってたし、ネット接続だって開業当時はISDNだったかな?それが今じゃWifiで常時接続できる時代。モバイル端末だって事業を立ち上げるからってそれまで持ってなかった携帯電話を初めて買った頃から当時は想像もしてなかったスマホ全盛ですもんね。10年ひと昔と言いますけど、20年近くも経つと当時が相当に古臭い時代に思えます。

クルマやバイクは昔から古臭いのばっかりだから変化も進化もない気がしますけど(笑)

時代は変わっても、歴史に奢らず、日常に甘んじず、初心を忘れず、これからも精進してまいります。

引き続きD-Styleをよろしくお願い致します。

 

そして同じく誕生日の息子は21歳。

偶然、今日開催のライブチケットが当たったみたいで、今ごろは東京のどこかにいるはず。行ったことないような所でもあんまり躊躇せず行っちゃうのは少々危なっかさを感じるんですけど、逆に言えばバイタリティに溢れてるとも言えるわけで、年と共に腰が重くなってきてるお父さんも少しは息子を見習わなければいけないのかもしれませんね。

 

そういえば今日はセンター試験ですね。来年からは試験方法が変わるとのことでセンター試験は今年が最後。で、来年は正に娘が受験生なわけで、新しい試験が吉と出るのか凶と出るのか、来年の今ごろは20周年だ~なんて言ってられないかもしれません。

 

ゴルフⅠカブリオレ

 

Windows7サポート終了

Windows7

昨日、2020年1月14日でWindows7のサポートが終了しました。

みなさん、もうWindows10への移行はお済ですか?

職場だけでなく、自宅のPCなど、まだWindows7って方、多いんじゃないですかねぇ。

サポートが終了してもWindows7が今すぐ使えなくなるわけじゃないので、サポート終了を知らずにこの先も使い続ける方も多いかもしれません。

正直、Windows10のアドバンテージってあんまり感じないし、使えるなら7でも充分かなって思ってるんですけど、サポート終了に伴い更新プログラムも今後はリリースされませんし、何より怖いのはシステムの脆弱性を狙ったスパムやウイルス。ネットに接続しないスタンドアロンならいいんでしょうけど、ネットもメールも他のソフトもって日常的に使う場合にはお勧めはできません。メーカーのゴリ押しに屈するのは悔しいですけど、ここは素直にWindows10へ移行してしまいましょう(あるいはMacにしちゃうとか)。

7から10への移行方法についてはMicrosoftのホームページや手順を開設してるブログなどがありますのでそちらで確認してみてください。

 

あけましておめでとうございます

2020年明けてもう6日、今日が仕事始めでございます。

皆さま、あけましておめでとうございます。

今年もD-Styleをよろしくお願いします。

 

さてさて、今日は早速年始恒例の全サイト更新作業からスタート。午前中に全て更新し、その他の作業も進めつつ、慌ただしく新年が始まりました。

しかし、今年は比較的お正月がのんびりできた方ですかねぇ。

例年ですと大晦日から元旦にかけて更新するお仕事もあったりして、今年もゼロではありませんでしたけど比較的少な目だったので、いつもよりはラクさせてもらいました。

とは言え、昨年から継続のお仕事も進めなければなりませんので、休みボケは今日でリセットしてガンガン進んでいこうと思います。

 

そして、年末年始にかけて世間ではゴシップから世界情勢まで様々なニュースがありました。

中でも一番衝撃的だったのはアメリカによるイラン革命防衛隊司令官殺害。トランプ大統領は予防的措置としていますが、アメリカ以外でこれに納得できる国ってかなり少数じゃないかと思います。仮に事実だとしてもその証拠を示さないことには正当性を証明はできないでしょう。そしてイランも報復を匂わせていることから世界では湾岸戦争再来とか第三次世界大戦か、なんて懸念も広がっています。タンカー護衛のために派遣が決まっている自衛隊が大丈夫なのかという不安もあります。また、イランと仲のいい北朝鮮も年末にかけてアメリカとの敵対姿勢を示すような動きもありましたけど、この件で自分たちへの見せしめと受け取るかもしれません。今年はアメリカ大統領選挙もあるのでトランプ大統領も再選を狙って強気なのかもしれませんけど、あまり世の中を不安定化させるのはやめてほしいですね。

2020年、できるだけ平穏な年になってほしいです。