タバコ1箱¥1000

ガソリンが値上がりし、電気・ガスも値上がりし、食料品も値上がりし、イカまで値上がりする中、今度はタバコを1箱1000円に値上げする案が出ているそうで、この国はどこまで庶民を苦しめるつもりでしょうか。

私は喫煙者ですけど、さすがに1箱1000円になったらやめると思います。と言うよりやめざるをえないです。
1日・1箱としても月に30箱、つまり3万円。この何でも値上がりして家計を圧迫している現状でタバコに月3万円をすんなり出せる人ってかなり限られるんじゃないでしょうか。値上げ分の差額21000円給料が上がるワケでもないでしょうし。

でも、喫煙者の私でもタバコ1000円にはそんなに強く反対というワケでもなかったりします。
自分で禁煙できない意思の弱い私にとってはこれくらいの荒療治が必要かもしれませんからね。

しかし納得できないのは値上げの理由。

そもそもの発端は不足している財源を本来ならば消費税率アップで補おうとしたいところを消費税では反発が強いから世間の嫌われ者「タバコ」なら反発も少ないだろうってコトで喫煙者に肩代わりさせちゃえってコトでしょ?揮発油税のような道路特定財源なら使途が決まってる(というワケでもないようだが)から自動車ユーザーが負担するのは理解できるとしても、タバコの増税で得た税金の使途って何よ?どこかのおバカさんが散在しちゃって不足した年金財源補填とか、国民は誰一人賛成してない戦争への加担とか、しまいにゃ居酒屋タクシー代とか、喫煙者だけが負担するべきじゃないものばっかじゃないの?

しかも更に腹立たしいのは「国民の健康」をタテマエにしてるところ。
そりゃタバコがカラダに良くないのは吸ってる人だって周知の事実。それを知った上で吸ってるんだから、国が本当に国民のためを思って「健康のためにタバコはやめましょう」って言うなら日本国内でのタバコの製造・販売を全面的に禁止しちゃって強制的に「吸いたくても吸えない」ようにすればいいだけのこと。それなら未成年者の喫煙だって100%無くなるし、意思の弱い私のような人間でもタバコとは無縁になれる。でもそれをしないのは結局税収がゼロになるのはイカンと思ってるからでしょ?ホンネとタテマエをうまくオブラートに包んでいるようでも結局は健康よりも税収なのはミエミエですよ。

論点がちょっとズレるけど、毎日のように飲酒運転による悲惨な事故が後を絶たず、その度に酒を飲んで運転なんかする輩に強い怒りを感じる酒を飲まない私からすれば、本当に飲酒運転を撲滅したいならビール350缶1000円に値上げするとかいっそ禁酒法導入とか「飲みたくても飲めない」状況にしちゃってもいいと思ってるんですけど、それをしないのはやっぱりお酒を飲む人はお酒が好きで、国は酒税による税収を捨てられないわけで、カラダへの害という点ではタバコの方が圧倒的に分が悪いけれど同じ嗜好品なのにタバコだけが迫害されるのはどうも納得いかんのですわ。

肝心の税収は、試算では値上げによって消費量が1/3まで落ち込んでも3兆円の税収アップが見込めるんだそうだけれでも、これもどうだかアヤシイ。300円から400円に上げるよりも税収は落ちると推測しているのは私だけじゃないでしょう。それに喫煙者が大幅に減って国民の健康レベルが上がると当然寿命も延びるのだから益々少子高齢化に拍車がかかって健康保険や年金・福祉の財源が今より圧迫されて挙句の果てに「やっぱり消費税も上げないとムリです」とか言ったら非喫煙者も黙ってはいないはず。そもそもタバコや消費税を上げる前にやることあるでしょーが。

更に例のtaspo(タスポ)が導入されたお陰で廃業に追い込まれているタバコ屋さんが続出してるってのに、消費量が1/3になったらそれが益々加速するのは明らか。taspoもタバコ増税も弱者いじめじゃないですか。

カラダに悪いと言われているタバコも60年以上吸い続けてもピンピンしてるお年寄りだっているんだよ?仕事をリタイヤして子供も自立して年金で細々と暮らしてるおじいちゃんが畑仕事の合間に一服・・・・・・。このおじいちゃん、誰かに迷惑かけてます?

安易な発想でバカな提案をしないでほしい・・・・

と、タバコを吸いながら書いてみました。

秋葉原通り魔事件

私なんぞのブログで軽々しく書けるようなことではないのですが・・・・・あまりにも悲しく、ショッキングな事件。
こういう無差別に人の命を奪う残忍な行為があまりにも多すぎます。

今更犯人を責めても失われた命は帰ってこない・・・・。
犯人が(形式上の)罪を償ったとしても遺族の悲しみが消えることはない・・・・。
遺族だけでなく、犯人の家族や友人だって同じ思いなはず。

何のためにこんな行為をするのか。

どんな事情があるにせよ、人を傷つけたり(心も体も)、人の命を奪ったりする権利はこの世の中に誰一人として持っていません。
まして被害に合われた方々は犯人と何の繋がりも無いまったくの無関係なのに。
ただそこにいただけなのに・・・・・・。

今日、友人からメールが来て、その友人もあの事件が起きた時に秋葉原にいたんだそうです。現場からは歩いて数分。友人がいたビルの前を犯人のトラックが通ったと言うのです。ちょうどお昼時で彼は別方面に向かっていたそうなのですが、一歩間違えれば事件に巻き込まれていたかもしれません。

その話を聞いて、背筋がゾッとしました。

彼とは公私共々仲良くさせてもらっており、彼の奥さんやお子さんのこともよく知っています。彼が多くの人たちに親しまれているのも知っています。その彼が「誰でもよかった」なんて理由で命を落としたとしたら・・・・。

身近な人がそういう危険にあったというだけでもショッキングですが、登下校中の子供の列にクルマが突っ込んだり、学校に刃物を持って押し入ったり、自分や自分の家族もいつ同様の事件に巻き込まれるかわからない今の世の中。今回の事件に限らず、世の人々は二度とそんな事件が起こらないように願っているのにまたも起きる惨劇。人の心は病んでいるのでしょうか。

事件に巻き込まれて亡くなられた方々のご冥福をお祈り致します。

殺人餃子

いやー怖いですねー、餃子。
中には「殺人餃子」とか「毒餃子」なんて過激な言い方もされてるよーですが、現時点で死者が出ていないのは不幸中の幸いでしょうか。

先日、百度の記事でも書きましたが、ただでさえ良くない最近の対中イメージがこれで更に下がっちゃったのではないでしょうか。

敏感なところでは餃子以外の中国産食品も撤去するスーパーもあるでしょうし、食品以外の製品も含めて不買運動に発展する可能性もあるでしょうし、ヘタすりゃ在日中国人・中国企業へのいわれなきバッシングまであるかもしれませんし、関係ない餃子や中華料理そのものに対するイメージまで悪くなるかもしれません。

悪いのはメタミドホスを入れたヤツなんですけどねぇ・・・・・。

今日、パッケージに穴が開けられていたなんてニュースも流れていましたが、この騒動はドコまで波紋を広げるでしょうか。

暫定税率

ガソリンに課せられている「暫定税率」の問題が毎日のようにニュースで取り上げられています。

一般世論(と民主党)は「暫定税率廃止」派が多いようで、私も自動車ユーザー一個人としてはガソリン価格が下がるのは大いに歓迎するところではありますが、廃止ウンヌンについては一概にYes・Noで言えないところです。

暫定税率が廃止されればガソリン価格は下がりますが、当然その分の税収は減ります。
じゃあ減った税収をどう確保するのか。
仮に消費税率を上げるとなったら暫定税率廃止に賛同していた国民も「それはちょっと待ってよ」となるハズです。

で、ここで問題となるのが税収のプラスマイナスではなく、

●そもそも収支自体が正しいのか
●税の使途は正しいのか

ということではないかと。

暫定税率を含めてガソリン等に課せられている揮発油税は道路の建設・維持・整備に使われる道路特定財源の一つですが、以前話題になった道路特定財源の一般財源化問題からもわかるように、道路特定財源が必ずしも不足しているかどうかは疑問です。

仮に暫定税率を廃止しても道路に関する収支が黒で収まるようであればこれは国によるボッタクリに他ならないので即廃止すべきだと思いますし、一般財源化なんてもっての外です。

しかし、実際には全国各地で老朽化した橋の改修問題や地方の道路未整備など、やらなければいけない事も多いので、暫定税率廃止によってその予算が不足するようであれば暫定税率維持もやむなしでしょう(じゃあ暫定なんて言い方はやめた方がいいですよね)。

ただ、これらの収支については限りなくブラックで、整備計画自体が綿密に練られたものなのか、誰かの利権のために使われていないのか(きっと使われてるんだろうなぁ)、地域による格差が生じていないのか、等々が国民には全然見えてないのが大きな問題なのではないかと思うのであります。

なので、暫定税率廃止を議論する前に税の使途や整備計画をオープンにし、足りないならいくら足りない、余ってるならいくら余ってるを国民に明示するのが先なのではないかと。

まぁ、道路に関する費用を自動車ユーザーだけが負担するのがどうなのかという議論もあるかと思いますが、税金にしろ年金にしろ正規の目的に正しく使われているのであれば、それ相応の負担を求めても国民の理解は得られるのではないかと思いますが、皆さんはどうでしょうか。

原油100ドル時代突入

新年早々飛び込んできたニュースといえばニューヨーク商業取引所の原油先物相場で1バレル=100ドルを付けた件。
去年の今頃は60ドル前後だったそうなので、たった1年で1.6倍にも値上がりしたことになります。

先日灯油を買いに行ったときもその値段にヨメさんと共にかなり引いたものでしたが、一説では120ドルとも150ドルとも言われていますので、灯油需要が低くなる春頃までにまだまだ値上がりするのかもしれません。

ガソリンだってスタンドの前を通る度に表示しているリッター単価がどんどん上がっちゃって、普段クルマに乗る頻度が低い私でも、40Lしか入らないOVALで以前じゃ考えられないくらいのガソリン価格はかなり痛いですしねぇ。

原油が枯渇する前に、庶民はガソリン買えなくなったりして?

諸悪の根源「サブプライム」は解決にまだまだ時間がかかりそうだし、その間に物価もどんどん上がっちゃうし、2008年の先行きがとっても暗く感じちゃいます。

とりあえずプリウスに買い替え~??