核兵器は絶対悪

12月10日、ノルウェー・オスロでのノーベル平和賞授賞式で国際NGO「核兵器廃絶国際キャンペーン(ICAN)」と共に核兵器禁止条約の採択への活動を行ってきたサーロー節子さんがスピーチを行いました。

スピーチ全文和訳はこちらからご覧ください

私は肉声をちょっとしか聴いていないのですが、文字だけでもサーロー節子さんの核廃絶への強い想いがとても伝わってくるし、核がもたらす悲しみ・怒り・憎しみ・絶望・無力感・非人道性・・・等々、頭では理解していたはずの当り前のことを改めて突き付けられたような気がしました。

この件で新聞では記事とスピーチ全文が掲載されていましたが、テレビのニュースではあまり触れられていないように思います。ICANのノーベル平和賞受賞が決まった時もそうでしたよね。核の傘に守られている日本はこの話を大々的に国民に知られたくはないのです。もちろん核保有国は授賞式を欠席しています。

河野外務大臣は11日に「日本政府のアプローチとは異なるが核廃絶というゴールは共有している」と談話を出しました。この言葉に多くの方は空々しい建前と思ったのでは。少なくとも私はそう思いました。核廃絶へのアプローチは複数あってもいいでしょう。本当にゴールが共有できているなら。しかしICANや核兵器禁止条約と歩調を合わせない必要は本来ないはず。むしろ日本がイニシアチブを取って進めていってもいいくらいなのに。

戦後72年経って被爆者の多くはご高齢で、サーロー節子さんも85歳です。あと10年も経てば原爆の原体験を語れる方はほとんどいなくなってしまいます。写真や文献でも核兵器の恐ろしさは知ることができますが、サーロー節子さんのスピーチのように魂からの叫びに勝るものはありません。今回のスピーチで被爆者の声が世界に発信されたことは歓迎されることではありますが、個人だけでなく被爆国として国を挙げて核廃絶を訴え、核保有国との橋渡しとなって世界的な舵取りをしてほしい、そう願います。

 

核とは少し話がズレますが、北朝鮮による拉致被害者・曽我ひとみさんの夫、チャールズ・ジェンキンスさんと、増元るみ子さんの母・信子さんが相次いでお亡くなりになりました。核廃絶と同様に拉致被害者の帰国も一向に進んでいません。拉致被害者家族もご高齢ですので、帰国・再会を果たせないまま旅立っていく家族が今後も続くかもしれません。

これは勝手な憶測ですが、この国の政府は原爆被爆者も拉致被害者も亡くなるのを待っているような気がしてなりません。亡くなってしまえば問題への声は小さくなっていく。いつか「そんなこともあったね」と国民の記憶が風化していくのを待っている・・・というのは考え過ぎでしょうか。

 

だからこそ、今を生きる我々世代が語り継いでいかなければ、と考えさせられました。

 


Boston Dynamics Atlas

ボストン・ダイナミクス社が開発中の人型ロボット「アトラス」の能力がハンパないと話題になっていますね。

一昔前は二足歩行だけでもすごいって言われてたのに、今やバク宙するまでに進化。動画の一番最後で失敗してコケてるのはまだまだ未完の域であることを感じさせはするものの、間違いなく現時点で世界トップレベルであることは間違いないだろうし、コケてる様子はむしろ妙な人間臭さすら感じてしまう。

ASIMO、元気してる~?(笑)

ボストン・ダイナミクス社は現在ソフトバンクに買収されているそうで、あと数年後にはアクロバティックな動きをするPepperがリリースされているかもしれない。あんまり見たくないけど(笑)

で、人型ロボットが進化していく中で期待されるのはやっぱり原発の廃炉作業。福島第一原発にはこれまでもいくつかのロボット(人型ではない)が投入されていますが、そのほとんどが失敗に終わっています。ボストン・ダイナミクス社のロボットが高線量地域で正常に動作できるかはまだわかりませんが、生物が入って行けない場所での作業にロボット技術は不可欠。きっとボストン・ダイナミクス社もソフトバンクもその使命を意識してはいるはず。

逆に心配なのは兵器転用。今でもドローンで爆撃とか武力攻撃の無人化・自動化が進んでいて、人間はまるでゲームをするかのようにその様子をモニターで見るだけという時代になっていますが、武器が何になってもその先にあるのは人の命。戦争まで行かなくてもテロにロボットが使われるようになったら世も末です。

素晴らしい技術は人を守ることだけに使われてほしいですね。

 


核兵器禁止条約に賛成できる国に

今年のノーベル平和賞をICAN(International Campaign to Abolish Nuclear Weapons:核兵器廃絶国際キャンペーン)が受賞しました。

ノーベル賞委員会からの選定理由コメントは「核兵器廃絶国際キャンペーンは人類の惨禍を招きかねない核兵器の危険性を国際社会に知らせ、核兵器禁止条約の採択に寄与した」というもの。今年7月に国連で核兵器禁止条約が採択されたのは記憶に新しいですね。それだけ世界平和にとって核兵器禁止条約がとても意味のあるものであることの表れで、また、その採択に至るまでの道のりの険しさも称えられる理由の一つだったのではないかと思います。

日本の被爆者団体や平和団体もこの受賞を喜んでいて、私もとってもうれしく思いますねー。ノーベル賞が欧米の核保有国の顔色を伺うことなく、「良いものは良い」という当り前の信念を貫いたことも評価します。

しかし、残念ながら肝心の核保有国やその同盟国、そこには日本も含まれますが、核兵器禁止条約に賛成していないのはご存じの通り。保有国が参加しない条約では効力は限定的ではあるのですが、今回のノーベル平和賞受賞によってその意味合いが増したのは確実。きっと条約非参加国はバツが悪いでしょう。事実、日本はこの受賞に対しては完全ノーコメント。世界で唯一の戦争被爆国がこの受賞に何も言えないってのはなんとも情けない話です。

これはまずありえない話ですけど、もし安部総理が就任からの約5年の間に核兵器廃絶に向けて関係各国に働きかけ、核兵器禁止条約採択に主導的な役割を果たしていれば、安部総理がノーベル平和賞候補になっていた可能性もあるわけです。稀代の悪代官として名を残すより、世界平和に尽力した人物として名を残す方がはるかに誇らしいことなんですけどね。

アメリカの核の傘に守られながら核兵器廃絶を訴えるのは矛盾があるとは思います。しかし、唯一の被爆国として核兵器の非人道性をリアリティを持って訴えられるのは日本しかないわけです。原爆を落としたアメリカの顔色を伺うのではなく、同盟国であっても「ダメなものはダメ」と言うべきことは言わなくては。仮に日本が他国から攻撃されても核兵器だけは使うな、くらい言ってもいいんじゃないでしょうか。

政局は先の見えない状況ではありますが、ぜひ日本には胸を張って核兵器禁止条約に賛成できる国になってほしいと願います。

 


結局・・・自民から出馬

世間的に今日の大きな話題は新型iPhone Xなんでしょうが、新潟県民にとっては自民党が泉田氏の擁立を正式に決めたことの方が重大。

え、あ、iPhoneも気になりますけど(笑)

正確には現時点で自民党新潟5区支部が擁立を決めただけで、今後県連としての会議を経て自民党本部に公認を要請ということなので正式決定は少し前のめりかもしれませんが、さすがにここまで来てひっくり返るなんてことはないでしょう。

 

この話が出てから私が見る限り泉田氏の自民からの出馬には批判的な声が圧倒的。泉田氏のツイートにはかなり辛口なリプも多かったです。自民党県連内でも疑問の声が多かったくらいですもんね。古賀茂明氏に至っては「ペテン師」「裏切り行為」と痛烈に批判、落選運動の展開も示唆していました。

で、どうなんでしょうねぇ。順当に行けば与党でも野党でも泉田氏の当選はほぼ確実。野党側がよほど強力な対抗馬を擁立できれば少しは風向きも変わるのでしょうが、今のところ候補の名前すら出てこない状態。あとは今回の自民からの出馬に反発する有権者がどう動くか。元々4区の泉田氏が5区から出ることに5区の方からは面白くないという声もチラホラ聞こえるし、重要争点である柏崎刈羽原発の再稼働への姿勢で泉田氏が変節したと受け取られれば「泉田落し」へと流れる可能性も。

私個人としては「与党内でなければ何もできない」という考えに一定の理解もありつつ、今回の補選では泉田氏には落選していただいて「いくら泉田でも原発再稼働推進の自民ではダメ」という新潟県民のメッセージを再認識させる必要があるかな、と。

まぁ、なんだかんだ言って当選は濃厚かと思いますけどね。

自民に擦り寄る泉田さんなんて見たくないなぁ。

ただ、今回の補選が終わっても遅くとも来年12月までには次の衆院選が待ってるわけで、補選で当選してからの間で安部総理に飲まれるような姿を見せればきっと次は無いし、補選で落ちて次は野党から、あるいは4区から、なんてことをすればまたそれはそれで反発が強そう。

某アイドルグループメンバーの結婚発表みたいに、ファンの熱意が強ければ強いほど、期待を裏切った時の代償は大きいのです。

 

今回の出馬劇は泉田氏にとって自らの政治生命を追い込むことになるかも・・・?

 


泉田氏の擁立決定持ち越し?

 

今朝の新潟日報に載ってた泉田氏のツイートのすぐ下に私のリプが(笑)

ボカされてもType-3ってわかるじゃん。

ってか、そこはトリミングしてもいいだろ。

ってか、ツイート載せるのに許可いらんの?

 

それはさておき、

昨日の記事で泉田氏の自民党からの出馬が確定と書いたんですが、今日の選考委員会で一部の地元県議らから反対の声が上がって正式決定は来週に持ち越されたんだそうです。

自民党内からも異論があるのは知ってましたが、泉田氏が出馬要請を承諾した時点で擁立の方向で固まってたのかと思ってたらまだゴタゴタしてたんですね。

意見集約してから打診せいよっ!

 

しかしこれってどうなんでしょうねぇ。自民が擁立断念なんてこともあるんでしょうか。

日報の記事には原発について「外野で言っても駄目。与党内部から働きかけが必要という思いはある」とのコメントがありましたので、そのまま受け取れば自民以外からの出馬は泉田氏の中にはないということで、自民から出ないということであれば野党からでも無所属でもなく、出馬自体がボツ、あるいは次の衆院選で新潟4区から出馬、ということになるのでしょうか。

なかなかハッキリしないですねぇ・・・・。

絶対彼氏にしたくないわ(笑)