もんじゅの後継?

既に廃炉が決まっている高速増殖炉「もんじゅ」の後継となる高速炉を目標として21世紀半ば頃に運転開始という案が示されたとか。

高速増殖炉というのは皆さんもご存知の通りプルトニウムを燃料とする原子炉で、政府が進める核燃料サイクルを実現するための要となるものですが、もんじゅは冷却材となるナトリウムの漏洩事故など度々トラブルを起こし、増殖炉として実用化の目途すら立たないまま金だけジャブジャブ浪費するという究極の役立たずポンコツマシンで、廃炉が決まったにしても空気中の酸素に触れただけで発火するナトリウムをどうやって処分するのかなど、進むも地獄・戻るも地獄という最悪のシロモノです。

しかし政府は核燃料サイクル事業をやめるつもりはないようで、もんじゅで得たノウハウで次のステップに進むというならまだわからなくもありませんが、何一つ満足にできずにムダ金を浪費したもんじゅの後継って意味がわかりません。

もんじゅの更に上を行くポンコツを作るつもりでしょうか。

ちなみにこれまでもんじゅに投じられた費用はおよそ1兆2千億円にもなるとか。もちろん原資は我々が収めた税金です。これだけムダ金使っておいて誰も責任もとらないし謝罪もなく、その上もっとムダ金使うって言ってるんですから気がふれてるとしか思えません。

実際のところ、もんじゅの廃炉すらままならない現状で次というのは拙速である以前に問題外だし、どこに作るつもりなのか知りませんけどもんじゅの前例がありながら建設を受け入れる自治体ってないと思うんですけど。

それに21世紀半ばって今から20~30年も先ですよ?その頃には電力事情も相当変わってるでしょうに。

再生可能エネルギーもどんどん普及が進んでいるってのに、この国の政府はもう少し現実に目を向けた方がよろしいかと思います。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。