原爆の日

今日は73回目の原爆の日。

広島市の平和記念公園で行われた平和記念式典であいさつした安部総理は「核兵器のない世界の実現に向け粘り強く努力を重ねていく」と述べたものの、昨年と同様に核兵器禁止条約に触れることはなく、平和記念式典の後に行われた被爆者団体の代表が参加する「要望を聞く会」に出席した際に核兵器禁止条約ついて「条約とは考え方、アプローチを異にしている。参加しない考えに変わりない」と不参加を明言。

もう、今さら安倍総理に核廃絶への期待なんてまったくしてませんけど、日本中が過去の悲劇を繰り返すまいと想いを共にする日に国民の願いと逆行する言葉を発するというのは悲しいと言うより怒りすら覚えます。

上っ面のウソすらつけないってことは安倍さんは核廃絶なんてするつもりもないのでしょう。

こんな人が被爆国・日本のリーダーだなんて恥ずかしい限りです。

 

安倍総理の数々の疑惑に対する不誠実な対応。

LGBTへの差別的な発言。

ラグビーの悪質タックル問題。

医大の女子受験者への減点操作。

ボクシング協会の問題。

豪雨災害時の酒宴。

世界各国での貿易戦争。

 

数え上げたらキリがないくらい日々起こる諸問題。

これらはそれぞれ別の問題で一律に扱うものではないし、核廃絶とも直接関係するものではないのだけれど、最近起こってるこれらの問題も核廃絶への非協力的な姿勢も、根本にある「優しさの不足」という点で共通してるように最近思います。

弱い立場の人や困っている人に手を差し伸べるというのは世界共通の人としての優しさ。どの問題も少なからずそういう優しさがあったらこんなに大きな問題にならないんじゃないでしょうか。

そしてこの国のリーダーには優しさの欠片もない。

今さら安倍総理に優しさを期待してもムダなので、早いとこ優しさを持つリーダーに代わってもらいましょう。

 




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。