SR400生産終了、その先には・・・・

ウワサ通り、SR400は排ガス規制をクリアできずに8月で生産終了になってしまいました。

SR以外にもセローやドラッグスターも生産終了になり、ヤマハのオフロード車に至っては継続車種がゼロという事態にまで。

これはもうヤマハだけに限った話ではなく他社も軒並みラインナップ落ちが多数。

かつてない程に異常事態です。

しかし、ヤマハからは嬉しい発表もありました。

「SR400、セロー250、トリッカーは後継モデルの開発に取り組んでおります。(発売時期は未定)」

 

逆に言えばSR・セロー・トリッカー以外は後継モデルはナシということでもありますが、ヤマハの看板車種であるSRとセローはモデルチェンジしてこの先も続くということが確約されたわけです。

あとはどんな形に生まれ変わるのか。

セローは多少変わったとしてもマインドがセローであり続ければいいと思いますが、問題はSRです。スタイリングはもちろんのこと、空冷・単気筒・SOHC・2バルブというエンジンはもうそれ以外はありえなく、そうじゃなかった時にはファンの失望は計り知れないことでしょう。あとは次期SRはセルが付くというウワサもあって、これについても「キックオンリー」を望む声というのが案外多いようです。

まぁ、ヤマハ自身が誰よりもSRに求められているものをわかってるハズなので、もはやモンキーじゃねぇよって感じの次期モンキーみたいな的外れな新型SRは出さないんじゃないでしょうかね。

私の希望としてはガラパゴス規格の400ccにはこだわらず、グローバル市場で通用するように500~600cc版も用意して欲しいですね。仮に400オンリーだったとしても、先代のような500のストロークダウンではなく、500のボアダウンのようなロングストロークエンジンにして欲しいかなぁ。

更に言えば新型SRをベースに新世代XT500も復活させてほしい。最近はアドベンチャーモデルが人気だし、ビッグオフの需要ってそれなりにあると思うんですよね。でもアフリカツインみたいにデカすぎず、250ccオフとビッグアドベンチャーの隙間を埋めるビッグシングルオフローダーは該当するモデルがほとんどないので出せばそれなりに売れるんじゃないかなぁ。

ヤマハさん、期待してますよ~。

 


泉田氏の動向は

10月22日投開票のトリプル補選で俄然動向が注目されている泉田裕彦元新潟県知事。

今のところ自民党が泉田氏を擁立しようと動いていると伝えられていますが、民進党や他野党も統一候補としての擁立を目指して泉田氏の取り合いをしているというウワサも。

TwitterやFacebookなどネット上での泉田支持層の声を聞くと、大半・・・というかほぼ100%と言っていいくらいが泉田氏の自民からの出馬には反対意見。以前から泉田氏を支持してきた古賀茂明氏も自民からの出馬は避けてもらいたいと明言していました。

私もホンネは自民からの出馬には反対です。

過去に知事選の際に自民に推してもらっていたという経緯はあれど、そもそも泉田氏の理念と自民党の方針では正反対なところも多く、そんな双方で納得できるタッグが組めるものなのでしょうか?泉田氏が理念を捻じ曲げることは考えにくいし、自民が折れるというのもほぼありえない。いくら新潟県での知名度が高いと言ってもそんな考えに大きな隔たりがあるのに自民が泉田氏を擁立しようと考えること自体が不思議でなりません。知事時代にはバックに控える原子力ムラによる暗殺の危機すらあったのに・・・・。

この件で何人か話をする機会があったのですが、その中で泉田氏の自民からの出馬に肯定的な意見もありまして、それは「自民党の中から変える」「野党では何の力にもなれない」というような考え。まぁ・・・それも一理あります。現状は与党一強ですから野党候補として勝っても政策を動かすポジションにはなれないし、それでは泉田氏の実力は活かされない。自民党の中に入ってそれなりのポストを狙って中から変えていく方が野党の一員でいるより長期的には国民にとっても理があるかもしれない。けれど・・・現状の安部政権で知事時代に目の上のタンコブだった泉田氏を重要ポストに起用するなんてことはありえないだろうし、逆に鳥籠の中に押し込んで大人しくさせておくのが自民にとっては一番好都合。結局飼い殺しになるような気がします。

それに泉田支持層を納得させることができるのかという問題も。泉田支持層のほとんどが原発に反対の方でしょうから、再稼働を進める自民党からの出馬に誰も納得はできないだろうし、これまで熱心に支持してきた分、その反動はとても強いものになるかもしれない。特別に熱心に支持してきたわけじゃない有権者も自民からでは票が離れる可能性もあります。

私個人の考えでは・・・・泉田氏は自民でも野党でもなく、新党結成を念頭に置いた無所属で出てほしい。新代表に変わっても今後に期待できない民進党、実力はありながら過去の事件でオワコン化した小沢一郎率いる生活の党、ほぼ死に体と化してる社民党、いくら野党が協力しても単独で政権交代できる政党はなかなか難しいのが現状なので、ここはまったく新しく泉田氏を党首とした新党を立ち上げ、生活や社民はそこに併合という形はどうだろう・・・・というのが個人的な妄想。泉田氏がリーダーとなれば政党要件を満たす5人くらいはすぐに集まるのでは?

・・・・・と、泉田氏の方針がハッキリしてない現状で外野があれこれ言っても仕方がないので、そう遠くないうちに示されるであろう泉田氏の動向に引き続き注目です。

 


レッグシールド、ON or OFF?

カブをオフ化するならレッグシールドは無い方がいいかなーと前から探してたカブラのカバーを先日ヤフオクでゲットできたのでレッグシールドを交換してみました。

 

カブラってのは1993年頃にホンダアクセスからリリースされていた純正アクセサリーを装着したカブのことで、ハーフヘルメットが入るくらいの大きなサイドカバーなんかがラインナップされていて、そのサイドカバーが野菜の「かぶら」に似てることからカブラと命名されたとか。上の写真はサイドカバーは装着されてませんがカブラアクセサリーのバリエーションとしてリリースされていたアクセサリーに交換してオフロード仕様になったハンターカブラ。このアップマフラーもずっと探してるんですが今となっては手に入れるのはほぼ絶望的な感じっぽいです。

 

で、今回手に入ったのはフレームカバーのみ。ホントはフロントのカバーもセットだったら色が統一できるんですけどね。キズあり、欠けあり、ヨゴレありのコンディション的には中の下くらいですが安かったのでまぁいいでしょう。さすが純正だけあってすんなり付かない社外と違いフィッティングは完璧です。

 

レッグシールドが無くなるとまぁ細いこと。あらためてレッグシールドがデザイン的にカブのアイデンティティとして大きな存在だったと感じます。

レッグシールドが無くなったことでアップマフラー・ブロックタイヤと合わせてオフロード色が強まった感はありますが・・・・なんか細すぎて貧層だよねぇ。

カバーの色もチグハグで、「やった感」はあるけれど、どちらかと言えば「あーあ、やっちゃった感」の方が当たってるかも(汗)

別に「カブらしさ」を活かしたいとかってわけじゃないんだけど、ウチのカブはレッグシールド残したままの方が似合うような気がする。ま、元に戻すのは簡単なので気分で付け替えてもいいですね。冬はレッグシールドあった方が確実にいいだろうし。

 

レッグシールドに関してはカブ乗りの間でも残す派と外す派と両方いるようですけど、これはもうどっちがいいとかって話じゃないですよね。カレーとラーメンどっちが好きかってくらい個人の好みの話。私はカレーもラーメンもどっちも好きなので悩ましいところですね・・・。

 


TR-1

 

カブのタイヤをブロックタイヤに交換しました~。

履いたのはIRCのTR-1というタイヤで、ヤマハのミニトレ純正装着タイヤらしいです(サイズは別)。ってことは相当古くからあるタイヤなんでしょうか。

ブロックタイヤでもモトクロスよりはトレール風なパターンで、本格的なオフロードではなく林道の散歩が主な目的のウチのカブには丁度いい感じ?

ノーマルの2.25-17から1サイズアップの2.50-17ですが、フェンダーに当たることはないみたい。

2.50でもっと本格的なブロックタイヤもあるんですが、海外産のタイヤではライフが極端に短いものもあるらしく(ヒドいと1000km程度とか)、いくらタイヤの安いカブでもそんなに頻繁にタイヤ交換したくはないので安心の国産からチョイスです。

ちょっと土手で遊んだ感じではカブレベルならダートは十分かな?舗装路でもヘンな癖もなく乗り味はニュートラルでした。ライフは今後の様子見ですね。

 


暑さ戻る?

昨日まで涼しかったのが今日は久しぶりに夏っぽい暑さ。

こうなるとバイクに乗ってお散歩に・・・・・行きたいところですが、月末&月頭はお客様のHP更新ラッシュなのでそうもいきません。

まぁまだチャンスはあるでしょう。

明日は子どもの体育祭で、お天気はまずまずっぽいので時間を見て応援に行ってこようと思います。

それにはやるべきことをやらねば。

ということで、今日はシンプルに以上で。