エストレヤ終焉

この前、モンキー生産終了という悲しいニュースがあったばかりなのに、今度はカワサキのエストレヤも生産終了というニュースを今朝目にしました。

生産終了の理由はモンキーと同じく排ガス規制への対応ということらしく、1992年とデビューはカブ系エンジンよりずっと新しいものの、設計が25年前の空冷単気筒では21世紀の環境性能を乗り越えるのは難しいということなのでしょうか。

モンキーと同じく、エストレヤも絶対数は多くないにしても決して売れないバイクじゃないんですけどねぇ。

 

このブログを以前から読んでる方なら私が今のスポーツスターの前にエストレヤの兄弟車である250TRに乗っていたのをご存じかと思います。エストレヤのデビュー当時はあの独特のエンジン左側の造形があまり好きにはなれず、エストレヤに興味はあまり持ってなかったんですが、同じエンジンを積む250TRに乗ってみると非力ながら250ccとは思えないテイストフルなエンジンフィールにすっかり魅了され、手放す時も非常に後ろ髪を引かれる思いをしたものでした。その250TRも2013年にひっそりと生産終了になってしまい、そしてついにエストレヤまで・・・・。

もうね、騙されたと思って乗れるうちに一度乗ってみて欲しいですよ、エストレヤ or 250TRに。全ての人がいいと思うとは限らないかもしれないけど、あのエンジンフィールはきっと目から鱗。正に私がそうでしたから。ホンダやヤマハの空冷単気筒も経験したことありますけど、それらとは全然違います。いわゆる「単気筒らしさ」の感覚で言えばSR400より上かもしれません。ビギナーもベテランも、借りてでもいいから一度は体験して欲しいカワサキの名エンジンです。

カワサキが今後、新世代のエストレヤを作るのか・・・作らない確率の方が高いかなぁ。カワサキに限らず、味のあるエンジンがどんどん消えて、環境性能はいいけど電気モーターみたいな味気ないエンジンばかりになっていくのでしょうか。

もうこのテのバイクで最後の砦はSR400くらいになってしまいました。SRはヤマハにとってホンダのモンキーくらいに重要な位置付けのモデルでしょうから簡単に生産終了にしないと願うばかりですが、そのモンキーですら生産終了となってしまうくらい厳しい排ガス規制への対応となれば、SRもそう長くない運命かもしれません。

バイクが売れない売れないとメーカーが嘆く昨今ですけど、魅力的なモデルがこうもどんどんと無くなっていけばそりゃバイクも売れなくなりますわ。

 


日報再読

昨年の夏に、新潟知事選で再選に意欲を示していた泉田知事(当時)を新潟日報が偏向報道によって出馬撤回にまで追い込んだ件で抗議の意味も含めて購読をやめた新潟日報を再度購読することになりました。

えぇえぇ、私としてはとっても不本意。

それがどうして再購読することになったかと言うと、娘が中3になって今年受験生なんですね。で、学校の方からも新聞を読めという話があって、まぁ時事問題への対応ということなんでしょうけど、とにかく新聞がないと話にならないということになって、新聞は新潟日報以外にもナンボでもあるんですけど、新潟ローカルネタまで見たいとなればなんやかんや言って結局は新潟日報くらいしか選択肢がなくて、非常に不本意ではあるんですが娘のためにやむなくです。

まぁ、泉田さん以外に関しては悪いってことでもないんだけど。

どうして日報はあそこまで泉田さんを目の敵にするかねぇ?

あんなに県民に寄り添った知事、県内外・古今問わずそうはいませんよ。

入試が終わるまでにその辺りが改善されるなら今後も考えますが、改善の兆しがなければ入試が終わると共にまた解約しようと思います。

 


nineteen sixtyfive

ウチのType-3は1965年式。

探してた時は特に65年にこだわりがあったわけではなく、バリアントでさえあればいいくらいのノリで、むしろ状態がいいならロングノーズの高年式が欲しいなと思ってたくらいなんですが、一般的に人気のないロングノーズType-3は国内での現存台数がかなり少なく、バリアントに限定して状態のいい個体なんて言ってたらほぼ見つからないので、特に年式絞らず探した結果が今のType-3です。

1961年にデビューして、Type-1同様に年々改良されていったType-3では、メーターの針が赤い通称「赤針」、ライトやワイパーのスイッチがプッシュタイプのいわゆる「ピアノスイッチ」などのディティールが残る64年式までがヴィンテージ的なポジションになるでしょうか。65年からは針が白くなってスイッチも丸ノブの普通のものになり、66年からはホイールが4穴でドアパネルがアームレストの無いタイプになって以降に引き継がれていきますから、Type-3の65年というのは64年までのディティールと66年以降のディティールを併せ持つ過渡期的な年式とも言えるかもしれません。

Type-1においても65年から窓が拡大されたり66年からはF足回りがボールジョイントになったりと、60年代中頃以降というのはかなり激変の世代。Type-1では67や68での変化も大きいですね。

Type-1の上級車種として位置付けられたType-3は装備や構造がType-1に先行して採用されたりするケースもあって、年式毎の1と3の変化を見比べてみるとなかなかおもしろいです。

とはいえ、Type-3に関しては知識がまだまだなので、これからまた新しい発見があるかと思うとそれも楽しみ。

フラバグでもいっぱいType-3見れるといいなー。

 

 


広いのと狭いのと

最近、D-Styleで制作するサイトのほぼ全てがスマホ対応で作っています。稀にPCオンリーで構わないというご希望もありますが、よほど強いご希望でない限りはスマホ対応するのをお勧めしますし、スマホ対応する方法ではレスポンシブウェブデザインをお勧めしています。

サイトにもよりますが、実際にアクセスの傾向を見てるとガラケーの頃では考えられないくらいにモバイルでの閲覧が増えていて、もうPCを超えてるケースも多々あるんですよね。

となれば、一番需要の高いデバイスを優先するのは当然のことで、デザインする際も構成を考える際もモバイルファーストになります。

しかし、ここで問題となるのがレスポンシブウェブデザイン。レスポンシブウェブデザインというのは同一のデータをユーザーが見てるデバイスサイズによってレイアウトを切り替える方法なんですが、ご存じのようにスマホは縦長のディスプレィ、PCは横長のディスプレィで、サイズがまったく異なります。いくらモバイルファーストと言ってもPCやタブレットを軽視するというわけにもいきませんので、いずれのデバイスでもレイアウトが破綻しないようにしなければならず、これがいつも一苦労です。

PC表示ではYahoo!Japanトップページの950ピクセルというのがレイアウト幅の一つの基準とされる場合が多いのですが、イマドキはPCもワイドディスプレィでノートPCですらどんどん画面サイズが大きくなってきてますので、ブラウザをフルディスプレィにしてる場合は950ピクセルでは左右の余白がすっからかんに見えてしまい、これを何とかできませんかというご要望も多いんですね。

狭いスマホとワイドなPCを1つのデータで共用しようって冷静に考えるとかなりメチャクチャな話です。

普段は2シーターのスポーツカーを家族で出かける時は7人乗りにしろって言ってるようなもの?ちょっと例えがおかしいですか(笑)

何にしても、デザイン的に相反する矛盾と戦いながらの作業となるわけです。

まぁそんなめんどくささも楽しかったりしますけど。

いずれ成熟する日が来そうでなかなか来ないWebはまだまだおもしろいですね。

 


中華アンプ

スピーカーが暫定ですけどType-3にオーディオを追加したのでHPにアップしました。

オーディオ・ETC設置 | bug unlimited

詳しくはHPを見ていただくとして、ここではここに至るまでの紆余曲折を。

 

OVALでもそうでしたが、ここ数年はクルマの中ではほぼUSBに入れた音源を繰り返し聴いてるだけで、ラジオもCDもほぼ使いません。そのためCDドライブレスのデッキでもまったく問題なく、むしろ奥行の小ささがグローブボックスにブチ込むには好都合でした。ウチのType-3はラジオアンテナも付いてないのでアンテナも接続していません。故にUSBあるいはiPod等の音源専用ですね。本来Fフェンダーにあるはずのアンテナ穴も埋められた痕跡が見受けられないので新車出荷時からラジオレスだったのかもしれません。Type-3でラジオ本体が失われるケースは結構多いと思いますが、もしそうなら新車時からラジオ本体もなかったのかもしれませんね。

で、ほぼUSB専用となれば別に1DINデッキである必要ですらなく、HPにも書いてるようにできるだけグローブボックス容積を失いたくなかったし、できるだけ見えないところに設置したかったので、当初はこんなのも考えていました。

中華製の12Vアンプ。ネットを漁ると同じようなアンプがゴロゴロ出てきてUSBスロットを備えているものも多々。写真のアンプはロッドアンテナまで付いてて、日本の周波数と合うのかわかりませんけどその気になればラジオも聴けるっぽい。自作オーディオマニアの方はコレを100Vで繋いで家庭用に使ってる人もいるそうな。プライスもさすが中華だけあって激安です。

コレなら1DINデッキより設置の自由度(向きとか)は高そうだし、リモコンも付いてればダッシュ裏の奥に本体押し込んで隠すこともできるかなと結構真剣に考えてました。

が、よく見てみるとモノ自体は実はそんなに小さくもないんですよね。幅は1DINより狭くても奥行きがCDドライブレスより大きかったり、リモコンが有線だったらFトランクに置くってこともできたけど無線じゃ鉄板越しだと操作できない可能性も高いし、わざわざコレを選ぶメリットがあんまり感じられなかったりして。まぁ何やかんや言って一番の理由は中華製ってことですか。激安なので壊れても懐のダメージはさほどじゃないですけど、万が一発火なんてことがあったらヤバいし、そういう事例は見てはいないんだけどありえなくもないという怖さもあるし(笑)

で、MVH-3300も実売は結構安いし、安物でリスク抱えるよりは安心を取った方がいいなという結論で今に至ります。

 

そんなことを考えてたら、DIN規格に囚われないコンパクトな12Vアンプが信頼性の高い国産であったら旧車乗りには結構歓迎されるんじゃないかなーと思いました。USBとiPodと Bluetoothが繋げれば今の世の中ほとんど問題ないだろうし。

どこかのメーカーさん、作ってみません?