カブ積載アップ計画③

カブ積載アップ計画

カブ積載アップ計画②

木箱のニス塗りが終わったのでいよいよ装着です。

 

暗めの色のニスにした上に塗るのもヘタだったので新品とは思えない味が出ました(笑)

 

リアキャリアにはイージーにタイラップ留め。前後に動かないように底板にはキャリアの穴位置に合わせた窪みをつけてあります。6本でしっかり結ぶと意外としっかり固定できました。でもあまりお勧めできる方法じゃないですね(汗)

 

箱を載せた姿。まぁ悪くないんじゃないでしょうか。

 

荷物が飛ばないように上部はネットでカバー。

 

一先ずこれでカブ積載アップ計画は完了。

箱は内寸でA4プラスαくらいの大きさがあるので、少々のものなら充分でしょう。タイラップ留めなのであまり重いものはやめた方がよさそう?

ま、キャンプツーリングに行くわけでもないし、お酒や醤油を運ぶ三河屋さんでもないですし。

木箱・ニス・タイラップ全て込みで総費用2000円程度のチープさなので、飽きて外しても痛くないですね(笑)

 

UNIQLO × VOLKSWAGEN

これまでにも数多くの企業・ブランドとコラボしてきたユニクロのUTシリーズ。

最近VWとのコラボTがリリースされたとのことで、昨日買い物に出たついでにユニクロ寄ってゲットしてきました。

 

グリーン地にVOLKSWAGENの文字とType-1のフロントビュー。

 

バックはType-1がリアビューになっています。

 

過去にもVWコラボのTシャツはあったと思いますが、たぶん空冷じゃなく水冷ばかりだったような気がします。

行ったお店にはSとXLが各1枚、Lが2枚の4枚しか残ってなかったので残りのLを2枚ゲットしてきました。

 

もう1種類、こちらのデザインもあるんですけど、あんまり好みじゃなかったのでこっちはパス。

 

SNSでは同じくゲットしたというVWフリークの声が散見されたので、今年はイベントに着て行ったら何人もカブりそう(笑)

まだゲットしてない方はお早めに~。

 

不思議な縁

昨夜はCUB&BUGミーティング。

しかし、まさかのカブゼロミーティング(笑)

まぁ、昨日の夜は寒かったしね。

カブが多いと予想してType-3で行ったら結果的にVWミーティングになりました。

 

で、バイクに乗ってくる人はいなかったんですけど、ミーティングの話を聞きつけて遊びに来てくれた方がいらっしゃいまして、カブもお持ちなんですけど他にもバイクを持ってまして、そのうちの1台が

2016年の昭和の乗り物大集合で私が気になったバイクとしてブログに載せたCB125、こちらのオーナーさんでして、当時検索して辿り着いたこのブログも見てくださっていたようで、実はTwitterでもフォローしてる方でした。

SNSやブログなどネットはいろんな人と繋がれる面白いツールではあるんですが、リアルで会うまでには至らなかったり、実際に会っていてもハンドルネームしか知らないと同じ場にいるのに気付かなかったり難しい点も多々あったりして、それでもたまにこうしてリアルでも顔を合わせることができたりするのが面白いところ。

もうお一方、CBオーナーさんと同じ会社のお友だちも来てくださって、こちらも古いバイクをたくさん持ってるマニアックな方で、実はいつもお世話になってるショップさんのお客さんでもあり、お兄さんは空冷VWオーナーでもあったりして、こちらも何だか不思議な縁を感じます。

乗ってるクルマ・バイクはそれぞれ違っても、同じ臭い(笑)のする者同士だからなのか、とっても楽しくお話させていただきました。

 

次回のリベンジもお約束してくれたので、もう少し夜でも暖かい頃になったらまたやりたいと思いま~す。

 

カブ積載アップ計画②

カブ積載アップ計画

前にカゴを付けるか、後ろに箱を載せるか、最初は前で考えてカッコいいカゴを探しておりまして、気になるカゴもいくつか見つけたんですけど、この前ホームセンターに買い物に行った際にちょうどよさそうな木箱を見つけたので、試しに後ろに木箱を載せるプランでいくことにしました。

 

ドコにでも売ってそうなチープな木箱。1000円くらいだったかな?

このまんま載せても芸がないのでちょっと小細工します。

 

厚紙にステンシルフォントを印刷してデザインナイフで文字をカット。

リアは「D-STYLE」、両サイドはbug unlimitedならぬ「CUB UNLIMITED」(笑)

 

位置を決めて黒スプレーでシュ~~~っ。

多少ラフな方が粗雑な雰囲気出るかなと雑に吹いたらホントに雑になっちゃった(汗)

まぁ、これだけでも何となく雰囲気は増したでしょうか。

 

今はニスを塗ってる最中。全部一気にはできないし重ね塗りしなきゃなので数日かかりますね。

夏休みの自由工作気分で進めてます。

 

カブ積載アップ計画③へ続く・・・・。

 

 

Flat Tail Light

Type-3のウインカーレンズを交換したので、昨日HPにアップしました。

ウインカーレンズ交換 | bug unlimited

前から換えたいと思っていながら伸び伸びにしていたんですが、フラバグも近いので思い切って換えてみました。

 

で、今回はフロントとサイドのみでリアは今まで通りのままなんですが、Type-3のテールレンズと言えばスタンダード用のいわゆる「フラットテール」がマストとされています。

 

デラックスモデルにスタンダードモデルのレンズを使う退化とも思えるカスタマイズはよりシンプルなルックスを求めるCal Look的発想から来てるのでしょうか。

ウチのType-3は購入当初からデラックス用のレンズのままで、フラットテールもキライじゃないし、NBやFBだったらフラットテールに換えていたかもしれないけど、SQBにはテールフィンっぽいデラックス用の方がワゴンとしてのプロポーションにマッチしてるような気がします。

いや、そんなに拘ってもいないんだけど(笑)

まぁ手に入れる機会があれば換えてみてもいいかな、くらいな感じです。

 

 

ちなみにスタンダード用がフラットテールと言うのに対してデラックス用の通称ってあるんですかね?

辞書で調べるとflat(平坦)の対義語はrelief(起伏)とかsharp(鋭い)なんて出てくるんですけど、relief tailとかsharp tailって聞いたことない。

どなたか知ってたら教えてくださいませ。