晴れた隙に

今日はちょこっと出かける用事がありまして、道路はすっかり雪も消えて乾いていたのでType-3で出撃。

路肩や除雪でできた山はまだあるけれど、道路がクリーンだから気持ちよく走れましたね。

できればこのままもう降らないでほしいな~って、今年の大雪でやられた地域の方はみーんな思ってるでしょうが、どうやらまだ雪は続くっぽい。

ホント、もう雪いらないよね。

スキー場だけ降れ!(笑)

 

そろそろバイクも乗りたいんだけどなー。

 


バレンタインデー

昨日はバレンタインデー。

昔は女のコが好きな男のコに告白する日だったのに、今や友チョコやら何でもアリ状態で、我が家ではお父さんが家族にチョコ買ってあげる日になりつつある感。

あ、ちゃんとヨメさんからももらいましたよ、一応。

で、お父さんからは今年もやっぱりモロゾフのVWチョコです。

チョコを食べ終わったら空いた缶だけ頂く予定。

やっぱり趣旨が逸脱してる感じは否めませんがまぁいいんです。

TwitterやFacebookを見てるとVW乗りの方は頂いたり自分で買ったりでVWチョコの写真をアップしてる方が結構いらっしゃいましたね。

モロゾフの策に溺れるVW乗り(笑)

まぁVWオーナーさんはみんな満足でしょうからOKですよね。

 


激闘のハーフパイプ決勝

 

今日の午前中は仕事になりませんでしたねぇ。

昨日の予選でも熱い戦いが繰り広げられた男子ハーフパイプ。今日の決勝も歴史に残るような激闘でした。

大注目の平野選手は1本目をミスした後の2本目で見事な連続技を決めて、1本目で94.25をたたき出したショーン・ホワイトを抜く95.25とトップに立ち、3本目もミスしたものの残り2人を残して暫定トップをキープ。このまま逃げ切れば金メダル獲れるかと思いきや・・・最後の最後にやっぱりこの人、ショーン・ホワイトが97.75という高得点で平野を逆転し、平野は銀メダルとなりました。

こちらは95.25をマークした平野の2本目。

 

結果だけ見れば「金は獲れなかった」ということなんですけど、ライブで見てた決勝はメダルに届かなかった選手も含めて皆すばらしい滑りを披露してくれて、こっちもかなりテンション上がりました。ショーンに敗れはしたものの平野の2本目は世界のトップ選手に成長したことを示すハイレベルなものだったと思うし、31歳のショーンに比べ平野はまだ19歳ですからね。平野はショーンを脅かす存在であることは間違いないし、次世代の先頭に立つ選手になって4年後は念願の金を手にしてほしいですね。それに7位の片山来夢の滑りもとても良かった。あの舞台に立った全ての選手に拍手を送りたいですね。

心配なのは2本目でリップに激突した戸塚優斗。直後はパイプ内で動けず担架で運ばれていって、関係者の話では重大な怪我ではなく念のために検査のために病院に行く、とのことらしいのですが、1本目は最後にミスしたもののそれまでの滑りはかなりいい感じだったので、今後さらに伸びていくと期待を込めて無事復帰してくれることを願います。

 

選手の皆さん、熱い戦いをありがとう!

 


極寒の中での熱戦

何だかんだ言いながら平昌オリンピックそこそこ見てます。

しかし、事前に寒いって話は聞いていたけど、マヂで相当な寒さみたいですね。加えて気まぐれな強風。スロープスタイルでは強風で日程が変わったり、競技が始まっても転倒者続出と、風に悩まされる競技が多いみたいだし、昨日のジャンプでもコンディションが安定せずに選手は苦労してたみたいですね。それにあのジャンプ台の上って激寒ですよねぇ。放送時間の関係であんな夜中にやらされて、ただでさえ寒いのにあの風で実際の気温より体感温度はとても低く感じたんじゃないでしょうか。レジェンド・葛西選手も「こんなの中止でしょ」と漏らしてたそうですしねぇ。そんな条件の中でも冷静にジャンプを決めた高梨選手のメンタルすげぇ。金には届かなかったけど大健闘でしょう。

今日は仕事しながら男子ハーフパイプの予選を見てました。こちらは他に比べるとまだ風の影響は少ない方かなと思いましたが、風以上にハードな戦いが繰り広げられました。注目の平野選手は予選1本目で87.50をマーク、ショーン・ホワイトはそれを上回る93.25でトップに立ち平野は4位。予選は上位12人ですから平野のポジションなら2本目は流しても予選通過はほぼ確実な感じだったのに、平野は2本目でさらに上げて95.25をマーク。そしてショーン・ホワイトは2本目でなんと98.50!まだ予選なのに超ハイレベルな戦いです。作戦的には確実に予選通過するのが最優先ですから通過圏内にいるなら難度上げてミスやケガをするよりもリスク回避してもいいのに、2本目でも攻めてくるのはある意味ではアホなんですけど(笑)、このファイティングスピリッツには拍手ですよね。しかも上位選手はとっておきの高難度トリックをまだ温存してこの得点。ハーフパイプは100点満点からの減点法なので明日の決勝は判定基準が厳しくなってくるかも、なんて話もありました。当然、平野は金を狙ってX GAMESで魅せた連続4回転技を仕掛けてくるでしょうから、ライバルたちもそれを超える大技にチャレンジしてくるなど、予選以上の熱戦が期待されますね。

明日の決勝、仕事してられないな~(笑)

 


平昌オリンピック

いよいよ開幕した 平昌オリンピック。

北朝鮮の参加によって微妙に政治利用感が強くなってるように思いますが、ま、平和の祭典ですから腹黒い話はあんまり表に出さないで閉会まで無事に進行できるといいですね。

個人的にはスポーツを見る慣習があまりないのでオリンピックもそんなに一生懸命は見ないんですけど、冬季はスノーボード競技が結構おもしろいので機会があれば見たいと思ってます。

今日もスノーボード・スロープスタイルの予選があったのでちょこっと見てました。まー、ジャンプ技のすごいこと。スノーボードやってても普通に滑るだけで精一杯の私には逆立ちしてもマネっこできない技の数々。あの3つあるうち左右が斜めになってるキッカーなんてアプローチの入り方から一気に飛んでクルクル回る一連の流れが超カッけぇ。キッカー全部クリアできる選手が少ないことから相当ムズいんだろうなーってのはよくわかるし、だからこそ最後までキレイにキめた滑りは感動しちゃいます。

あとはスノーボードクロスも楽しみ。スノーボードクロスは日本人の出場選手が少なく(男子1名のみ?)メダル獲得の可能性も低いので日本ではあんまり注目されてる競技ではないけれど、見応えは他の競技に負けないくらいあるので個人的に以前から好きです。

あとは新潟県民としてはスノーボード・ハーフパイプの平野歩夢にはぜひ頑張ってもらいたいですね。先月のX GAMESでは99.00という高得点で優勝し、技の難易度、そして完成度も上がってきてますので金も期待できそう。ショーン・ホワイトとの対決も楽しみです。

 

あと・・・ウラで話題になってるのが下町ボブスレー。検索するとクズな話がいっぱい出てきてなんだかなぁって思います。で、そういうクズな話のウラには必ず安部さんが出てきて、昔「疑惑の総合商社」なんて言葉がありましたけど、正に安部さんにピッタリな言葉だなーって思いました。安部さん、開会式に出てそのまま平昌で永久凍結しちゃえばよかったのにねぇ(笑)