もうメチャクチャですやん

加計学園の獣医学部新設に至る中で、「広域的に獣医学部がない地域」という条件が追加され、ライバルとされた京都産業大学は近隣の大阪府に獣医学部があることから特区の対象から外されたという経緯があります。

局所的に獣医学部が集中することを避ける、という意味でこの追加条件はあながち間違いではなく、四国に獣医あるいは獣医師を志す方のニーズがあるならば加計学園が選ばれる正当性はあるとも言えます。が、この条件が加えられたのがあまりにも唐突で、正に鶴の一声のようだったことから、広域的に云々というのは建前で、単に加計学園以外の選択肢を潰す目的だったのではという疑念が生じ、この点は先週の会見で前川・前文部科学事務次官も指摘していました。

で、この辺りの真相を・・・・という流れだったところへ安部総理は

「1校しか認めなかったから余計な疑念を生んだ。地域に関係なく2校でも3校でも意欲あるところにはどんどん獣医学部の新設を認めていく」

と、今までの流れを完全にちゃぶ台返しにするような発言をしました。

それ、もう特区じゃないじゃん・・・・・。

更に、これは公式なコメントではありませんが上の発言について「批判されたから頭に来て言った」と漏らしていたなんて話も。

まるで子ども(笑)

ゲームに負けそうだったから頭に来てリセットボタン!

もうメチャクチャです。

これがまかり通るなら安部さんの一存で何でもアリじゃないですか。

 

早いとこお辞めになった方がよろしいかと・・・・。

 


ちーがーうーだーろーっ!

いやー、連日政治の腐れっぷりを見てますけど、久々にインパクト強いのが出ましたね。

自民党の豊田真由子議員による政策秘書への暴言・暴行。

最初Twitterで見てどんな暴言なのかと思ったら、想像してたのよりはるか斜め上に行ってました(笑)

いや、(笑)じゃないよね。

聴いてない方はこちらよりどぞ。

まー、ヒドすぎる。

動画埋め込んでもよかったけど自分のブログであの声は流したくないですわ。

政策秘書の方は既に秘書を辞められているそうですが、暴言だけでなく実際にケガまでする暴行も日常的に行われて、しかも被害者はこの政策秘書の方だけではないらしく、1年半で20人も秘書が辞めたなんて話もあるそうです。

この記事を書いてる時点で豊田真由子議員は自民党に離党届を出したそうですが、これは離党すれば済む話じゃないし、議員辞職はもちろんのこと、暴行・傷害で逮捕するレベル。

どうしてこんな人がこれまで議員を続けてられたんでしょう・・・・。

1期目はマグレでもこの人2期目ですからねぇ。

やっぱり有権者は上っ面だけじゃなく国民の代表としてふさわしいかしっかり見極める必要があります。

なんとなくで選ぶ(or投票しない)とこんなモンスター議員が生まれちゃうんですから。

 

しかし、安部さんと愉快な仲間たちはどんどんボロが出てきますね。

連立の公明党も共産党に下品なヘイトをしてるし、もう地に落ちた感じ。

石川県知事も「北朝鮮国民を餓死させなければいけない」なんてアホな発言してるしねぇ。

志賀原発に危機感持つなら廃炉にするのが先決だと思うけど。

 

子どもの教育に良くない人たちはとっとと辞めてくださいませ。

 


支持率急落

昨日発表になった世論調査で内閣支持率が軒並み10ポイント前後の急落。

一部の調査では不支持が支持を上回ったものも。

まぁ、先週あれだけの暴挙を行ったわけですから、この結果は当然のことでしょう。

 

ざまぁ

・・・・と言いたいところですけど、過去にないくらいのブラック内閣の暴挙のあとで諸問題もまったくクリアになっていないにもかかわらず、まだこんなに支持があるのが不思議なくらいです。

で、この支持率急落を受けて自民党は「都議選への影響は最小限に抑えねば」と、こんな状況になってもまだ自分たちのことしか考えてません。

まずは支持を得られるように国民に向き合うべきでは?

ウヤムヤのまま隠し通そうとするのではなく率先して疑惑を晴らすべきでは?

 

そんな気、さらさらないって知ってるけど。

 

与野党ともにこのままでいいと思ってはいないでしょうから、与党は少しは反省して、野党はここで追及を緩めることなく安部総理の辞任まで追い込んでくださいませ。

 


数の暴力

今までも何度も同じような横暴が行われてはきましたけど、昨日から今朝にかけての共謀罪採決は過去最悪の暴挙でした。

これまで丁寧な説明をとか十分な理解をなんて言っておきながら、委員会での審議・採決をすっ飛ばして中間報告という形で本会議で採決。中間報告自体は違法なものではないけれど、これを使うのは異例中の異例で特に理由もなく自由に行使できるものではありません。与党は中間報告の動議でもその理由すら述べないし、もう完全にやりたい放題。最後はいつものように数で推し切り、もはやこれでは国会も衆参両議院も機能してません。

アベがやると言ったら何がなんでもやる!

こんなの政治じゃねぇよ。独裁だ。

まるでヒトラーか北の将軍ですな。

 

ここまで共謀罪成立を急いだのは共謀罪そのものもありますが、加計学園問題での追及から逃れるために国会を早く閉じたかったからとも、もうすぐ行われる東京都議選への悪影響を避けるために強行採決のドタバタをメディアに流されないよう中間報告という形にしたとも言われています。本来なら国会会期を延長してでも共謀罪の審議を国民が納得できるまでやるべきだったのに、会期を延長すると加計で攻められるからって、このことからも安部政権が国民の方をまったく向いてないということがわかります。

そして成立してもう会期末ってタイミングで文科省が追加調査を発表して文書の存在が確認されたって、安部総理の思惑通りにコトは進んでいます。

ここまで好き勝手やられて、今まで安部政権を支持してきた人たちはまだ支持するんでしょうかね?安部さんのおかげで経済が良くなったとか、安部さん以外に適任者がいないとか、積極的・消極的いずれの場合の支持でも安部政権はその支持者すら何とも思ってないんですよ?

私からすれば、自民・公明・維新に投票した人はこの安部テロへの共謀罪で逮捕してほしいくらいです。

そろそろ気付いてもいいんじゃないですかねぇ・・・・。

 

で、結局のところ与党に過半数を与えたのは我々有権者なわけですよ。私はもちろん自公に投票なんぞしませんが、阻止できなかったという点では同罪なのかも。

経験が長いから
知名度があるから
野党じゃ不安だから
よくわからないから多数に乗る

こんな理由で投票先を選ぶのはもうやめましょう。

先日の文科省職員への脅しのような発言をしたヤンキー先生だって立候補時はキレイ事を並べてたのに今じゃアレですよ。自称・平和の党の公明党だって自民のブレーキどころか完全に安部補完勢力と化してるし、野党のフリしてる維新も同様。

よく考えもしないで投票する、あるいはめんどくさいと投票に行かない、こうして小選挙区制のデメリットを活かして独裁政権が生まれるのです。

 

こういう時には何かやってくれそうなヒーローを期待しちゃうもんですが、残念ながらヒーローはいません。

数の暴力を生み出したのは私たち。

逆に言えば数の暴力を止められるのもヒーローではなく私たち有権者なわけですよ。

国民の方を向く人を選ぼうよ。

 

まぁ、特定秘密保護法&共謀罪で安部政権に逆らう人は封じ込められると思いますけどね。

私もこんなブログ書いてるとそのうち逮捕されるかもしれません。

 

さて、次の世論調査で支持率はどうなるかな・・・・。

 


ヤンキー先生の恫喝

今日の参院農林水産委員会にて自由党の森ゆうこ氏が

「文科省の文書再調査は犯人捜しのためにやっているという話も出ている。今回告発した人は公益通報者にあたると思うが、権利を守る意識はあるか」

と尋ねたのに対し、義家弘介文科副大臣は

「告発内容が法令違反に該当しない場合、非公知の行政運営上のプロセスを上司の許可無く外部に流出されることは、国家公務員法(違反)になる可能性がある」

と述べたと。

 

つまり、「チクったヤツは落とし前つけてもらう」ってこと。

 

これ、事実上の圧力、もっとハッキリ言えば脅しですよね。

前川・前文部科学事務次官に続き、実名を出して告発してもいいという文科省職員が複数いるという話もありますが、彼らは不正を正すための告発をしてるのであって、いわば正義の証言者。その彼らを自分たちの不都合を隠すために脅すなんてことはあってはならないし、文科副大臣ともあろう立場であれば本来は彼らを守る立場にあるはず。

ヤンキー先生だか何だか知らないが、そこらのヤンキーだって筋くらい通すのに、義家氏はヤンキー以下のチンピラレベル。教育者としても大臣職としても素質を疑います。

 

こんな人が文科省にいては日本の教育にいい影響はありませんので、即刻議員辞職していただきたい。