走行税?

今日のニュースで「走行税」なんて言葉が出てきました。

現在普及が進められている電気自動車(EV)が多くなってガソリン車・ディーゼル車が減るとガソリンや軽油にかけられている「揮発油税」が今後は減収になるという懸念から、ガソリンを使用しないEVでも税金を徴取できるように走行距離に応じて課税するというのが「走行税」という案。

以前は揮発油税は自動車重量税や自動車取得税などと合わせて「道路特定財源」という道路の維持・整備に使われる目的税で、2009年からは一般財源に変わっているのですが、道路を利用する人が道路を維持するコストを負担するというのはクルマを運転しない人への不公平感をなくす意味でも理にかなっていると思います。で、同じく道路を利用するEVがその負担をしないというのはガソリン・ディーゼル車に乗ってる人にとっては不公平感があるのは当然のことですよね。燃料・原動機の種類を問わず走った分(道路に負荷をかけた分)だけ課税されるのなら確かに公平かもしれません。

しかし、その走行距離ってどうやって調べるんですかね?

もちろんクルマのオドメーターを見ればすぐわかることなんですけど、年に1回オーナーが報告するのか、2年に一度の車検の時に調べるのか、自己申告なのか調べる人がいるのか、その辺りのルール作りはなかなか難しそう。

それ以外にも、走行税に置き換えられるのは揮発油税のみなのか、自動車税や重量税も対象になるのか、揮発油税が廃止されたらガソリン・経由が安くなるのか、距離測定時に廃車したり所有者が変わった場合はどうなるのか・・・などなど、話は簡単ではないように思いますね。

逆にガソリンが安くなるとEVのコスト的メリットが薄れてEV普及が鈍化するなんて懸念もあるかも。

 

個人的には趣味車はさっぱり距離伸びないので自動車税や重量税も含めて距離相応にしてもらえると負担がラクになるかな~と思ってます。あとは古いクルマの重課税はやめてほしいです・・・・。

 


コンビニから成人誌が消える?

先日、イオン傘下のコンビニ「ミニストップ」で成人誌の取り扱いをやめるというニュースがあり、今後はミニストップだけでなくスーパーやネットでの販売もやめていく方針なんだとか。

これねぇ、私は大賛成ですよ。

他のコンビニ各社も追随してほしい。

まぁ、もうおっさんですけど一応私も男ですから、成人誌そのものを否定はしません。しかるべき場所で売る分には(内容にもよるけど)問題ないかと思います。

ただ、コンビニのあのコーナーだけは随分前から違和感アリアリで、子どもと一緒にコンビニ寄ってついでにトイレ、なんて時には否が応でもあの前を通らなければいけませんから、なんとかならんもんかと前から思っていました。

コンビニとしてもそれなりに需要があるから置いているんだとは思いますけど、ソレ系の本屋でよくある「のれん」の向こうみたいに、それを求めている人が自らの意思でそこに行くのは全然問題ないですけど、それを求めてもいない人の意志と関係なくそれを見せられるというのはある種テロみたいなもので、例えばYahooのトップページにいきなりアダルトの広告が出たら好ましく思わない人が多数かと思いますけど、アダルトサイトに自ら訪れてそこにアダルトな広告があってもそういうもんだと思うじゃないですか。それと変わらないことだと思うんですよね。

コンビニは一企業の一店舗ですからそこで何を取り扱うかは外部がとやかく言う事ではないかもしれませんが、公共性の高い店舗ですからやっぱりそのあたりの配慮はした方が良いかと。

私はCDレンタルでたまにDMM.comを利用しますが、DMMはアダルト商品も扱っていながら一般のトップページにはそれ関係の広告を一切出さず、R18への入り口は探さないとわからないくらいにひっそりしてます。どちらもビジネスとしては重要だけどニーズが異なる客層は双方に不快にならないように棲み分けするようにしてるんですよね。蔦谷書店のオンラインサイトも似た感じですけど、DMMの方が更に徹底してるように感じます。

ネットならサイトを分ければ済む話も実店舗のコンビニではなかなか難しいし、まさかのれんをかけるわけにもいかないでしょうしねぇ。どちらかを天秤にかけて取捨選択するのは致し方ないかと。

そもそもコンビニでエロ本買うのってかなり恥ずかしくない?そういう本屋に行ったなら今さら恥ずかしがってどうするですけど、コンビニのレジに持っていく段階で相当恥ずかしいし、持ってこられた店員さんも(女性なら尚の事)恥ずかしいと思うんですけどねー。そういうプレィを好んでしているようならそれってもはやセクハラです。

私の青春時代はネットなんてなかったですから、バレずにこっそりネットで注文できる現代はかなり恵まれてると思いますけどねー。

 


Boston Dynamics Atlas

ボストン・ダイナミクス社が開発中の人型ロボット「アトラス」の能力がハンパないと話題になっていますね。

一昔前は二足歩行だけでもすごいって言われてたのに、今やバク宙するまでに進化。動画の一番最後で失敗してコケてるのはまだまだ未完の域であることを感じさせはするものの、間違いなく現時点で世界トップレベルであることは間違いないだろうし、コケてる様子はむしろ妙な人間臭さすら感じてしまう。

ASIMO、元気してる~?(笑)

ボストン・ダイナミクス社は現在ソフトバンクに買収されているそうで、あと数年後にはアクロバティックな動きをするPepperがリリースされているかもしれない。あんまり見たくないけど(笑)

で、人型ロボットが進化していく中で期待されるのはやっぱり原発の廃炉作業。福島第一原発にはこれまでもいくつかのロボット(人型ではない)が投入されていますが、そのほとんどが失敗に終わっています。ボストン・ダイナミクス社のロボットが高線量地域で正常に動作できるかはまだわかりませんが、生物が入って行けない場所での作業にロボット技術は不可欠。きっとボストン・ダイナミクス社もソフトバンクもその使命を意識してはいるはず。

逆に心配なのは兵器転用。今でもドローンで爆撃とか武力攻撃の無人化・自動化が進んでいて、人間はまるでゲームをするかのようにその様子をモニターで見るだけという時代になっていますが、武器が何になってもその先にあるのは人の命。戦争まで行かなくてもテロにロボットが使われるようになったら世も末です。

素晴らしい技術は人を守ることだけに使われてほしいですね。

 


泉田さん国会デビュー

 

昨日の特別国会初日にて、先日見事当選した泉田さんが国会初登院。

いよいよ国会議員デビューです。

 

んーとねぇ、正直私はまだ自民からの出馬をうまく消化できてません。

自民からの出馬表明以降、これまで泉田さんを支持してきた人たちの中にも「変節」「裏切り」といった声が多く、やはり原発推進の自民からの出馬と知事時代の言動が矛盾するのではという戸惑いも多く見られます。

泉田さん自身は知事時代と何も変わっていないと言ってますが、そもそも知事時代も反原発だとは一度も言ったことはなく、避難計画やヨウ素剤の配布など県民の安全が守れない=再稼働はできないというスタンスでしたから、選挙期間中も変わってないと言えば変わってないんですけど、泉田さんは昔から言葉にあまり白黒つけないところがあって、反原発と明言しなかった点もそうだし、選挙期間中のインタビューで「現時点では反対」と「じゃあ後に賛成もあるのか」と取られかねない中途半端な発言が多いので、その辺りが支持者が全面的に支持しかねることに繋がってるんじゃないかと思います。

少し意地悪な解釈をすれば、避難計画やヨウ素剤の配布などの不備を変える必要があるというのも、「不備の是正はムリだから原発やめましょう」ではなく、「再稼働できないから不備を緩めましょう」という方向に変える、とも受け取れるわけです。

これまで支持してきた身としてはそうではないことを信じたいところなんですけど、確固たる言葉がないために最後まで信じきれないモヤモヤが消えない。

 

知事時代は県のトップに立ってたわけですからとても強い権限を持っていたのに対し、衆議院議員はいくら国政とはいえペーペーの新米一年生議員でしかありません。最初のうちはたいしたことはできないでしょう。

これからどれだけ味方を増やし、具体的な成果に繋げていけるか。

「中から変える」という言葉が言葉だけで終わらないように、しっかりウォッチしていきましょう。

個人的にはいつか総理大臣になって今の安部政権のようなドス黒い政治じゃなく、クリーンに生まれ変わった自民党のリーダーになった姿を見てみたいですね。

 


JPN TAXI

トヨタから新しいタクシー専用車「(ジャパンタクシー)」が発売された、と。

タクシー専用車としてはトヨタのコンフォート、日産にはクルーがありましたが、コンフォートは今年の3月で生産終了、クルーは2009年に既に生産終了になってたそうで、クルーがそんなに前に生産終了になってたのは知りませんでしたねぇ。そういえば前にNV200ベースのタクシー専用車出してたから今はあれのみなんでしょうか。もっとも最近はクルーやコンフォートでなくプリウスなどのタクシー専用じゃないクルマをベースにするケースも多いですしね。

そして今回登場したJPN TAXI。タクシーでよく使われるセダンではなく2BOXタイプのボディ。見た目はずんぐりむっくりであんまりスマートではないけれど、1BOX並みの室内高と3列シートにできそうな室内長で2列ですから後席はかなりの余裕。フロアも低めになっていて乗降性にも配慮。エンジンはLPG+モーターのハイブリッドでこの辺りはイマドキですね。

中でもグッときたのがこれ。

折り畳み式のスロープをセットし、後席座面を上げれば、車椅子のまま乗車が可能。乗車後はタイダウンベルトで固定でき、車椅子はJIS規格を基準に設計しているので大半の車椅子がOK。付き添いの方がいる場合でも後席右側に一緒に乗ることができます。

いやー、素晴らしいじゃないですか。

車椅子の方がタクシーを利用する場合、ドライバーや付添いの方に介助してもらったり、ハイエースみたいな後ろにリフトの付いた介護タクシーを利用することになりますが、いくら介助してもらっても車椅子からクルマのシートに移動するのはなかなか大変だし、わざわざ介護タクシーを呼ばなければいけないのも街中では不便。でもこのJPN TAXIが普及して街中を走るタクシーのJPN TAXI率が上がっていけば両方の問題がクリアできます。

母が生きてるうちに出て欲しかった!

実際、母もいちいちドライバーさんに介助してもらうのが気疲れするからってあんまりタクシー利用したがらなかったですからね。JPN TAXIが普及すれば付添いナシでも車椅子のまま外出する機会が増えるという方も多くなるかもしれません。

今のところ必要に迫られてませんけど、自家用でもいいんじゃないかって思いましたよ。

お値段がいずれのグレードも300万円台ってのがちょっとネックかなぁ。普通のガソリンエンジンでお安いバージョンも出すと案外売れるかも?