改正水道法

臨時国会が終わり、懸念の多い法案が多数可決されてしまいました。

大きな話題となった出入国管理法案は審議も今後の運用もデタラメっぷりが炸裂してますが、あまり大きく取り上げられなかった法案の中で心配なものに改正水道法があります。

自治体が運営する水道事業は経営状況が良くないところが多く、市町村での広域連携や運営の民間委託などを可能にすることで経営基盤強化を図る目的として可決されたのが改正水道法。水道管の老朽化問題なんかはニュースでもよく取り上げられてるように、私たちの生活インフラの維持に関わる問題ですので他人事ではありません。

しかし、これもニュースで報じられてますが、海外で水道事業を民間委託した例は多数あるものの、その多くが水道料金の高騰や水質の悪化などで再公営化されており、2000年から2014年の間に35ヵ国・180件もの再公営化事例があったそうです。つまり、民間委託でうまくいった例ってあんまりないってことです。

でもこれって少し考えればすぐわかることですよね。民間は利益を上げてナンボなわけですから採算性の悪いものに投資はしません。利用者の多い都市部なら投資に見合ったリターンが得られても、過疎地では当然利益率は低く、場合によっては赤字ですからそれを維持するかどうかはかなりシビア。例えば都市部から10km離れた過疎地に住民10人なんてところがあったら、水道管の交換費用が1kmあたり約1億円かかるそうなので、それをそのまま当てはめたら10億の投資が必要で、この先40年50年でその住民から10億も利益得られるかって言ったらそりゃムリな話。公営なら損得抜きでやれることも、民間だとそれができるとは限らないわけです。そうすると採算性の悪い地域では最悪の場合水道サービスの停止ということも考えられますし、維持するかどうかは委託された民間企業の良心に委ねられることになります。ゴーンさんのようにスパッとリストラしちゃうような考えの経営者だったら、これまでの公営のようなサービスはまず期待できないですよね。

そもそもの話で、経営状況が良くない自治体の水道事業を引き受けようって企業、いるんでしょうか。利益が見込めるなら参入する意義もあるでしょうけど、不採算事業を喜んで引き受けようって企業はまずいないですよね。公営のまま周辺自治体で広域連携するにしても、利益出してる自治体が不採算自治体の面倒までみようと思うものでしょうか。もし民間の経営ノウハウをアテにしているのであれば、公益のままノウハウだけ入れればいいだけの話で、それを言っちゃうと役人は無能だって自ら認めちゃうことにはなっちゃいますが(笑)、わざわざ法律変えなくてもできることはあるし、だったらこの改正が誰のためなんだってとこになるわけですよ。

内閣府には、公共施設等の建設・維持管理・運営等を民間と連携して効率化を図る「内閣府民間資金等活用事業推進室」というのがあるのですが、そこにフランスの水道サービス大手・ヴェオリア社の日本法人からの職員が出向してるらしいんですね。日本の水道事業にフランスの企業が?命に関わる水道事業を民間に、しかも海外の企業に?なんだかこれだけでキナ臭い感じがしてきますよね。

まぁ、この改正ですぐに日本中の水道事業が民間委託されるわけではなく、我が新潟県では9月の定例会で水道法改正案に反対する意見書を出していて、これは野党の「未来にいがた」が発案したのですが、なんと自民党の県議も「民間参入による弊害から県民を守るという点で意見が一致した」と意見書に賛成してるんですね(公明党は賛成せず)。これにはアンチ自民の私も感心しましたし、新潟県の水道事業が民間委託される可能性はかなり低くなったと少し安心しています。

しかし水道インフラの更新はどこも待ったなしの状況。アヤシイ法案通してオリンピックに金かけてるより、もっと先にやるべきことがあるだろうと思った臨時国会でした。




もんじゅの後継?

既に廃炉が決まっている高速増殖炉「もんじゅ」の後継となる高速炉を目標として21世紀半ば頃に運転開始という案が示されたとか。

高速増殖炉というのは皆さんもご存知の通りプルトニウムを燃料とする原子炉で、政府が進める核燃料サイクルを実現するための要となるものですが、もんじゅは冷却材となるナトリウムの漏洩事故など度々トラブルを起こし、増殖炉として実用化の目途すら立たないまま金だけジャブジャブ浪費するという究極の役立たずポンコツマシンで、廃炉が決まったにしても空気中の酸素に触れただけで発火するナトリウムをどうやって処分するのかなど、進むも地獄・戻るも地獄という最悪のシロモノです。

しかし政府は核燃料サイクル事業をやめるつもりはないようで、もんじゅで得たノウハウで次のステップに進むというならまだわからなくもありませんが、何一つ満足にできずにムダ金を浪費したもんじゅの後継って意味がわかりません。

もんじゅの更に上を行くポンコツを作るつもりでしょうか。

ちなみにこれまでもんじゅに投じられた費用はおよそ1兆2千億円にもなるとか。もちろん原資は我々が収めた税金です。これだけムダ金使っておいて誰も責任もとらないし謝罪もなく、その上もっとムダ金使うって言ってるんですから気がふれてるとしか思えません。

実際のところ、もんじゅの廃炉すらままならない現状で次というのは拙速である以前に問題外だし、どこに作るつもりなのか知りませんけどもんじゅの前例がありながら建設を受け入れる自治体ってないと思うんですけど。

それに21世紀半ばって今から20~30年も先ですよ?その頃には電力事情も相当変わってるでしょうに。

再生可能エネルギーもどんどん普及が進んでいるってのに、この国の政府はもう少し現実に目を向けた方がよろしいかと思います。




ゴーンより安倍

昨日、突如として報じられた日産自動車代表取締役会長カルロス・ゴーン氏逮捕のニュース。いやぁ、まさかまさかですよ。年末に向けた時期に大きなニュースが飛び込んできたもんです。

しかし、Twitterでは
「ゴーン氏よりも先に逮捕するヤツがいるでしょ」
「ゴーンが逮捕なら安部も」
という声が多々聞かれました。

ゴーン氏については現時点では容疑者なので容疑については置いておくとして、仮に容疑が事実だとすれば当然、法で裁かれてしかるべき償いをすることになりますが、それでも影響は日産本体や関連企業、あとは投資家やユーザーなど限定的で、特に関わりのない一般市民にはほぼ無関係。一方で安倍総理とそのお友だちに関しては私たちの収めた税金がいいように使われている案件ですので全国民が無関係ではいられません。

一民間企業の経営者にメスが入って、国会議員の疑惑に何のメスも入らないのは普通に考えて不自然極まりなく、「ゴーンより安倍」と感じるのは当然のことかもしれません。

先日も麻生さんが北橋健治北九州市長を名指しして「人の税金を使って学校に行った」と批判したニュースがありましたが、人の税金から給料もらってる人が人の税金を不正に使っておいて何を言ってるんだ、とブーメラン食らう結果となりました。まぁ麻生さんはああいう人なのでトンチンカンな暴言吐くのは今さらな感じではあるのですけど、国民や税に対する意識が根本的に間違っているというのを改めて示したとも言えます。ちなみに北橋市長は東大卒で、麻生さんの長女も東大卒らしいので、そっちの面でもブーメランでした。

もうね、いい加減にした方がいいですよ。いつまでこんな人たちをのさばらせておくんですか。未だに安倍内閣の支持率が4割以上もあるなんて信じられない。

日産が傾いても私は痛くも痒くもありませんけど、我々の血税をいいように使われて、我々を縛り付ける悪法を強行採決していく安倍政権が続くのは国民の利になりません。

早く安倍総理とそのお友だちを退場させてください。




ハロゥインなんてやめちまえ

すっかりこの時期恒例になったハロウィン。

この週末も各地でハロウィンのイベントやコスプレが行われたようです。

が、渋谷のセンター街ではトラブルが相次ぎ、まったく無関係の軽トラが横転させられたりしたそうな。

ハロゥイン

こんなの、まるで暴動じゃないですか。

他にも暴行や痴漢、盗撮などもあったそうだし、終わったあとには毎年のように大量のゴミが投棄されていて、周辺の店舗も大迷惑だし、ボランティアがゴミ清掃までしなければならず、ハロウィンなんてイベントに便乗してやりたい放題すぎ。

自分のゴミすら片付けられないならハロウィンなんてやめちまえ!

と、思ってしまいます。

 

スポーツイベントなんかじゃ試合後に日本のサポーターが掃除をして帰る姿が世界から称賛されてたりするのに、自国でこんな状態なの、恥ずかしくて海外に見せられないですよ。

小さい子どももハロウィンの仮装を楽しみにしてるのに怖くて行けないなんて声も聞かれました。

こういうことをしていると、いずれイベントの開催中止や立ち入り制限など規制が始まったりして、自分たちの首を絞めることになるのがわからないんですかねぇ。

31日のハロウィン当日にも何か起きそうな悪寒がいっぱいですが、楽しみたいならマナーやモラルも一緒に、ということを忘れないでいただきたい。




消費税10%へ

消費税

来年10月から消費税を10%に上げることが閣議決定されました。

10%に上がることは前から決まっていて、今まで伸び伸びになってただけですから、それ自体は今さらって感じなんですけど、事業者としては度々税率を変えられるといろいろめんどくさいことも多いので、その面でやや憂鬱ですねぇ。

さらにめんどくさいのが軽減税率。ウチはその対象となる商品を扱っていないので、その点でのめんどくささはありませんが、スーパーやコンビニ、外食産業等に関わってる方々は対応に苦慮されてることでしょう。複数税率に対応したレジシステムの更新に超お金かかって、ただでさえ増税で消費が落ち込みそうなのに設備投資まで強いられて、勘弁してくれって声も聞かれます。

5%から8%に上がって、今度は8%から10%に。3%と2%の差ですから8%になった時より消費マインドは下がらないんじゃないかという声もあるようですけど、10%って1割ですからね。「1割」って響き、結構インパクト強いんじゃないですか?安倍さんは「対策に万全を期す」と言ってますけど、中小企業の業績とお給料が上がらなければ消費は確実に落ち込むんじゃないかと思います。

その増税のめんどくささや消費低迷よりも問題は増税分の使途ですよ。

8%に上げた時でも安倍さんは「全て社会保障に充てる」と言ってたのは全部ウソだったし、今回だってどうなることやら。

アメリカの言い値で買わされてるオスプレィとかイージスアショアなんかをやめちまえば他に回せる財源は出てくると思うんですけどね~。

 

あ、予定通り来年10月に10%になればウチも10%になりますので、ホームページ制作のご依頼はお早めに(笑)