Twitter凍結祭り

昨日の夜くらいなんでしょうか。

米Twitter社が偽アカウントを削除すると発表され、その対象が数千万アカウントにもなるとのことで、今朝になってフォロワー大量凍結によって激減したというツイートがいくつか見られました。

数十万ものフォロワーがいるアカウントでは万単位でフォロワーが減った方もいたそうで、まぁ偽アカならばそもそも必要ないフォロワーでしょうから減っても特に支障はないと思うのですけど、フォロワー数を気にする方は万単位で減ると結構ショックかも。

私のアカウントは昨日からフォロワーさんが1人減ってましたけど、これは普通にリムられただけですね。政治ネタや社会ネタのツイートが続くとクルマ・バイク関係のフォロワーさんが離れていくのはいつものことです(笑)

 

さて、この「偽アカウント」というものですが、ニューヨークタイムズ紙の解説では「社会的影響力を大きく見せるため偽のフォロワーを買ってフォロワー数を多く見せている利用者がいる。ツイッター社の今回の措置でこうした利用者のアカウントからは急激にフォロワー数が減る可能性がある。」とのことで、実際フォロワーを買ってるかどうかはわかりませんが、米トランプ大統領のアカウントはフォロワーが約30万人減ったとか。それでもまだ5000万人以上からフォローされてるので屁みたいなもんでしょう。

まぁねぇ、フォロワー数多いアカウントはその数字だけ見れば多くから支持を得て信頼されているとも取れるのでフォロワー数を増やしたい気持ちもわからなくはないですけど、自分のメッセージが届く・受け止めてもらえるフォロワーでなければいくら数が多くてもTwitterの本来の用途としては本末転倒ではないかと。フォローされててもほぼ放置のゾンビアカだったり、フォロワー集めの相互フォロー目的だったり、偽アカじゃなかったとしても全てのフォロワーにメッセージが届いてるわけでもないですしね。

私もたまによくわからないアカウントからフォローされることはあって、仮想通貨や副業系、出会い系などのアダルト関係、あとは相互フォロー目的とか、「アンタ絶対オレのツイートなんて見ないだろ」ってアカウントな場合はこっちからフォロバすることはありませんし、場合によってはブロックします。量より質、ですね。昨日から1人リムだけで特に変化なかったということは私のフォロワーさんは質が高い方ばかりなんでしょう。

 

今回の措置でヘンなアカウントにフォローされる機会が減るといいのですが。

 

Firefox Quantum

何かアップデートがあったなと思ったらFirefoxがバージョンアップ、「Firefox Quantum(57)」になってましたね。

私はメインブラウザにFirefoxを、サブでChrome使うことが多いんですけど、57になって動作がやたら軽く感じます。あと、デフォルトフォントがメイリオになってますね。CSSでフォント指定してないMS Pゴシックだったサイトもごっそりメイリオに置き換わってるのでかなりビジュアルの印象が違います。2chでよく使われるAA(アスキーアート)は崩れまくってますが(笑)

一方でこれまで使えたアドオンが軒並み死んだという声も多くて、皆さん戸惑ってるようです。ウチはあんまりアドオン使ってないのであんまり関係ないですかね。動作が重い方が深刻だったので軽くなったのは歓迎です。

それより今までフォント指定してなかったサイトへの対応の方が大変。MS Pゴシックでちょうど収まっていたのがメイリオになったことで1文字オーバーして意図しない改行が起きたりと、微妙な修正が必要な個所があるかもしれない。

作って時間が経ってるのはそろそろリニューアルさせていただきたいです・・・・。

 

FLASHの終焉

AdobeがFLASHのサポートを2020年で終了というニュースがありました。

Adobeが「Flash」のサポートを2020年に終了すると発表 利用の大幅減が理由 – ライブドアニュース

ようやくと言うかやっとと言うか、長らくWebでの表現方法として使われてきたFLASHも最近はiOSでサポートしなくなってウチでも非推奨にしてるので、逆にAdobeは意固地になってるんじゃね?と思うくらいだったのですが、サポート終了が正式にアナウンスされたことで2020年を待たずに今後はWebからフェードアウトしていくことでしょう。

まぁFLASHにはFLASHの良さもあるんですけどね。

テクノロジーが淘汰されていくのは時代の流れということですか。

しかし最近はFLASHの脆弱性をついたウイルスやハッキングなど悪いイメージばっかりでしたから、意地になって続けていくより潔くやめるのも懸命な判断だと思います。

 

プラグインのアップデートに注意

昨日、ブログを書こうとWordPressの管理画面にログインしたところ、プラグインのアップデートがあったので先にアップデートしておこうと実行したら・・・・WordPressクラッシュ(笑)

アップデートしたプラグインは「WP Social Bookmarking Light」。ブログにソーシャルボタンを追加できるプラグインで利用者も多いものなのですが、表示されたエラーを見ると「wp-social-bookmarking-light.php」の44行目がナンチャラと書かれていますがよくわからない。ブログも表示されないしログインもできない状態で、ネットで検索してみると同じ症状に陥ってる方が多数いらっしゃって、やはり原因はこいつが悪さをしたようです。

PHPのバージョンによって動く・動かないなんて話もありましたが、とりあえず現状でどうにもならないし、プラグインのバックアップなんてのも取ってないのでFTPでサーバーに接続してWP Social Bookmarking Lightのフォルダを丸ごと削除、一先ずWordPressは復旧はしました。

ということで、現時点でこのブログにソーシャルボタンはなくなっちゃいました。

いやー、焦りましたね。「お使いのバージョンのWordPress ではテストされていません」なんて出てたから一瞬「?」と思ったんですけどね。深く考えずアップデートしたらこれですよ。

全てのWPで同じ症状が起こるかはわかりませんが、現状ではアップデートは控えた方が良さそうです。

いずれ対策されるかな?

人気のプラグインだけに、これで終わってほしくないですね。

 

広いのと狭いのと

最近、D-Styleで制作するサイトのほぼ全てがスマホ対応で作っています。稀にPCオンリーで構わないというご希望もありますが、よほど強いご希望でない限りはスマホ対応するのをお勧めしますし、スマホ対応する方法ではレスポンシブウェブデザインをお勧めしています。

サイトにもよりますが、実際にアクセスの傾向を見てるとガラケーの頃では考えられないくらいにモバイルでの閲覧が増えていて、もうPCを超えてるケースも多々あるんですよね。

となれば、一番需要の高いデバイスを優先するのは当然のことで、デザインする際も構成を考える際もモバイルファーストになります。

しかし、ここで問題となるのがレスポンシブウェブデザイン。レスポンシブウェブデザインというのは同一のデータをユーザーが見てるデバイスサイズによってレイアウトを切り替える方法なんですが、ご存じのようにスマホは縦長のディスプレィ、PCは横長のディスプレィで、サイズがまったく異なります。いくらモバイルファーストと言ってもPCやタブレットを軽視するというわけにもいきませんので、いずれのデバイスでもレイアウトが破綻しないようにしなければならず、これがいつも一苦労です。

PC表示ではYahoo!Japanトップページの950ピクセルというのがレイアウト幅の一つの基準とされる場合が多いのですが、イマドキはPCもワイドディスプレィでノートPCですらどんどん画面サイズが大きくなってきてますので、ブラウザをフルディスプレィにしてる場合は950ピクセルでは左右の余白がすっからかんに見えてしまい、これを何とかできませんかというご要望も多いんですね。

狭いスマホとワイドなPCを1つのデータで共用しようって冷静に考えるとかなりメチャクチャな話です。

普段は2シーターのスポーツカーを家族で出かける時は7人乗りにしろって言ってるようなもの?ちょっと例えがおかしいですか(笑)

何にしても、デザイン的に相反する矛盾と戦いながらの作業となるわけです。

まぁそんなめんどくささも楽しかったりしますけど。

いずれ成熟する日が来そうでなかなか来ないWebはまだまだおもしろいですね。