米朝会談、そして拉致問題

歴史的な出来事となった米朝会談。しかしお仕事の方が色々バタバタしておりまして、あまりニュースを見れてません。

聞いたところでは北の条件だけ飲んでアメリカにとっては何の成果も得られなかったなんて厳しい声もアメリカ国内ではあったりするようですが、一度の会談で全部が解決するほど簡単な話ではありませんし、少なくとも犬猿の仲だった米朝が握手を交わしただけでも一定の成果はあったと思いますし、あとはこれから少しずつ関係改善・朝鮮半島の非核化に向って協議していただいて、くれぐれも決裂→武力攻撃なんて最悪のパターンにだけはならないことを祈るばかりです。

で、日本にとって一番の関心はやはり拉致問題。

米朝会談ではトランプ大統領が拉致を提起し、金正恩は従来の「拉致は解決済み」という立場に言及しなかった、とのことで、少しは期待ができるのかなという印象もありつつ、「拉致は解決済みに言及しなかった」というのが、「解決させる意思を持っている」という意味なのか、そもそも「拉致に関してはスルー」だったのかがよくわからない。何せ北との話し合いは完全にトランプ任せみたいな感じなので、いずれ日朝会談が実現するのか、それともいいように金だけ取られて終わってしまうのか、何とも見通せないのがもどかしいです。

「○○ちゃんが△△くんのこと好きなんだって」

なんて女子中学生の淡い恋話だったら微笑ましいけれど、

「シンゾーがユーと話したがっているようだ」

なんて国と国との外交で第三者頼りではお話しになりません。

まさか一切の水面下交渉すらしてないなんてことはないと思いますが、自分にとって拉致問題解決は最優先課題だなんて言いながら何もしてこなかった安倍総理にどこまでできるのか、かなり微妙ではあります。

しかし現状では安倍さんが総理なのですから、何が何でも解決に向かうように少なくともそこだけはがんばっていただきたい。

もう残された時間も少ないですしね・・・・。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。