トランプ・ブーメラン

トランプ大統領がEUに対して行った高関税の報復措置として、EUはハーレーダビットソン製オートバイに対してこれまでの6%から31%という高い関税に引き上げ、ハーレーダビットソン社はこの関税を避けるためにEU向けオートバイの生産をアメリカ国外に移すと発表した、なんてニュースがありました。

トランプ大統領の貿易政策は度々批判の対象となってきましたが、アメリカを守るとしてきた方針によりアメリカから製造業が離れていってしまうという、なんとも皮肉なブーメランになってしまっているようです。

関税が6%から31%に引き上げられると1台あたり2200ドル、日本円で24万円前後の上乗せになると言うんですからHD社の対応も当り前かもしれません。一番安いSTREET500(EUに輸出してるかは知りませんが)でも20万以上も値上げになったらそりゃ売れないですよ。ただでさえ高いFL系でも大幅値上げになったら他の選択肢を考える人も出るでしょうし。

それにしてもハーレーって全車Made in USAなイメージなんだけどアメリカ以外に生産拠点持ってるんでしょうか?EU向けって具体的にどれ?

まぁいずれにしてもこの関税の応酬はあんまりいいことないような気がするので、自国優先はほどほどに、もっと建設的な貿易政策を行ってもらいたいものですねぇ。

トランプ追従の安部さんはどうするのかな?




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。