新潟

篠田市長は即刻辞任せよ

ホントはブログはしばらくクルマ祭りにしたかったんですが、どうにも無視できる問題じゃないので書かずにいられません。

 

先日、新潟市の篠田市長の泉田前知事に対する発言について書きましたが(篠田昭・新潟市長に抗議します)、その件について篠田市長がコメントを発表しました。

平成29年3月14日 市長定例記者会見 新潟市

以下、コメント部分を転載です。

会見での発言についての市長コメント
平成29年3月14日の市長定例記者会見での浄水汚泥処理にかかる私の発言について、泉田前知事から「知事に警察の指揮権はなく、新潟市長の発言について訂正を求める」旨の申し入れがありました。
3.11大震災以降、増え続けていた浄水汚泥の処理について、当時の泉田知事と同席の際に話が及び、知事発言を「逮捕」との趣旨と私が受け止めたものであります。
関係者の皆さまにはご迷惑をおかけしました。

「関係者の皆さまにはご迷惑をおかけしました」というのは謝罪になるのでしょうかね?

泉田さんが求めていたのは「訂正のみ」で謝罪は求めてませんから(ここが泉田さんらしいのだが)問題ないと言えば問題ないのかもしれないけど、市長という立場の方がオフィシャルで現在は私人である泉田さんをdisるような発言をしたのはかなり問題で、求められていなくても「泉田さん、申し訳ございませんでした」と一言あるのが一般的な大人としての対応じゃないかと思います。

しかしまぁ、スルーではなく一応の訂正っぽいコメントを出したということで良しとしようかってところで、そのコメントについてのインタビュー映像を見て、むしろ逆に篠田市長に更なる怒りが湧いてきました。

BSN NEWS|BSN新潟放送動画ニュースサイト | 「逮捕発言」新潟市長が一部訂正
(削除されるかもしれないのでお早めに)

以下、映像後半部分の文字起しです。

記者「あれは訂正ということでよろしいでしょうか」
篠田「いや、基本的に私がそういう気持ちを持っているということに変わりはありません」
記者「なるほど、訂正ではなくてそういうお気持ちを・・・・」
篠田「(笑いながら)一応訂正でいいです」
記者「(泉田さんに)直接連絡ですとか謝罪ですとかはあったんでしょうか?」
篠田「そんなのは、あの・・・ホームページに載ってる通りです」

何なんですか、これ。全然悪びれてないよね。

めんどくさい人にイチャモンつけられたから形的には訂正したけど自分は間違っていたと思ってない、泉田さんにも市民にも謝るつもりもない、そういうことですよね。

もうね、市長とかって以前に大人としてダメだと思う。

泉田さんが知事だった頃は新潟県民であることが誇らしいとさえ思えたのに、こんな人が自分の住む市のリーダーなのかと思うと新潟市民として恥ずかしい。

篠田市長には今すぐ辞めていただきたいし、これに同調した国定・三条市長と森・前長岡市長も新潟から消えてほしい。

 

篠田市長をリコールして泉田さんに新潟市長になってもらいたいです・・・・。

 


篠田昭・新潟市長に抗議します

森友学園問題はついに安部総理本人にまで疑惑が及び、世間の注目はそこに集中しそうな感じではありますが、ローカルな話ながら新潟県民・新潟市民にとっては無視できない問題が出てきました。

 

昨年の泉田降ろしの件で新潟日報の購読を辞めたので紙面は見ていませんが(紙面にも載っていたという情報もありますが未確認)、昨日の新潟日報モアで報じられていた放射性物質を含む汚泥問題に関連したこちらのニュースで気になる発言がありました。

新潟市長、前知事の圧力示唆 放射性物質含む汚泥の仮置き問題|社会|新潟県内のニュース|新潟日報モア

以下、一部引用です

東京電力福島第1原発事故後に県内各地の浄水場などに放射性物質を含む汚泥がたまっている問題で、新潟市など7市・団体が2017年度から県外に搬出し処分する方針を決めたことについて、新潟市の篠田昭市長は14日の記者会見で、「前の知事が『あれ(放射性汚泥)を動かすと、あなたたちを逮捕するよ』と言っていたので、県の指示に従わざるを得なかった」と述べ、泉田裕彦前知事からの強い圧力で県内自治体などが処分できなかったとの認識を示した。

これについて、泉田裕彦・前知事が以下のようにツイートしています。

泉田さんが知事在任時に放射性物質への対応に慎重だったのは事実です。汚泥も瓦礫もその危険性を充分に認識し、それと同時に東京電力の責任や放射性物質に対する規制の在り方などについても指摘してきましたが、それはもちろん県民の健康・安全を最優先に考えていたためで、それを「強い圧力」とするのは事実と異なります。そして、泉田さんのツイートにあるように知事に誰かを逮捕する権限はありませんから「あなたたちを逮捕するよ」なんてことを言うわけもありません。

そして今日、泉田さんは篠田市長に電話で確認したことろ、このような回答だったそうです。

泉田さんの発言を拡大解釈しちゃったのか、他の誰かが言ったのを混同してるのか、そのあたりはよくわかりませんが、篠田市長の「前の知事が『あれ(放射性汚泥)を動かすと、あなたたちを逮捕するよ』と言っていたので、県の指示に従わざるを得なかった」という発言は完全に虚偽(あるいはねつ造)で、在任中、新潟県民のために尽力されてきた泉田さんを冒涜するものです。

さらに篠田市長に同調する国定・三条市長と、森・前長岡市長は篠田市長と共に震災瓦礫処理の中心人物であり、昨年の泉田降ろしネガティブキャンペーンの中心人物でもあります。

彼らはどこまで泉田さんを逆恨みするのでしょう。とても市政を担うリーダーとは思えません。

篠田市長はいつ・どこで言われたのかすら憶えてないのに、稲田防衛大臣にように「私の記憶によれば」で何でも話を作ってオフィシャルコメントを出すのでしょうか。泉田さんに言われた言葉が事実であれば同席者の証言も取って反論すればいい。そうすれば知事を退任しても篠田市長にとって煙たい存在であり続ける泉田さんを完全に潰すことができます。しかし、これが泉田さんの方が正しくて、篠田市長の発言が虚偽だった場合、もはや失言で済むレベルの問題ではなく、辞職相当だと思います。

 

この発言について、篠田市長に発言の訂正と泉田さんへの謝罪を求める抗議のメールを送りました。

篠田市長本人が目を通すのかはわかりませんが(広聴相談課からは目を通して市政に役立てるという定型の返信はありました)、他にも同様の抗議をしてくれた方がいらっしゃるようですので、篠田市長はこの声を無視することなく、事実に基いて説明をしていただきたいと思います。

同じく抗議のメールを送ろうという方は以下から

市長への手紙 新潟市

 

しかし、新潟日報も泉田降ろしの件からロクでもないですね。あれを紙面でそのまま読んだ人は泉田さんのことを完全に誤解しますよ。ウソを書いて人を陥れる新聞なんて早く潰れてほしいです。

 


雪ですね

雪

 

さっぱり降らなかった今シーズンも、ようやく本格的な雪が降るようになったでしょうか。

この週末は大雪に注意ということで、降らない冬も冬らしくないけれど、そんなに一気に降らなくてもねぇ。

写真のように新潟市は今日の時点でまだまだ大したことありません。

明日はどうなるのかなー。

 

で、明日からはセンター試験。

受験生は遅刻しないように早起きしないとね。

 


糸魚川市で大火災

今日、糸魚川市で大きな火災が発生しました。

全国ニュースにもなっていたのでご存知の方も多いでしょう。

このブログを書いてる時点では、まだ鎮火はしてないものの、これ以上の延焼は防げそうな見通しということで、安心・・・・ではないけど少しホッとしました。

それにしても、これだけ大規模な火災も地震などの大規模災害を除けば近年あまり聞いたことがありません。燃えたのは約140棟にものぼるそうで、住宅密集地で強風だったこともあってすごい勢いで延焼したみたいですね。同じように現代の基準でない古い町並みは糸魚川市だけでなく他にもたくさんあるわけで、関東大震災が起きたらこういう密集地で大火災が起こる可能性が高いとも言われてますし、地震でなくとも一度火災が起きればどこでもリスクはあるんだと再認識しました。

クリスマス3連休を前に、年越しも近いこのタイミングで火災に合われた皆さんは本当にお気の毒です。家族でのクリスマスパーティやプレゼントを楽しみにしていたのにそれどころじゃなくなっちゃったお子さんも多いですよねぇ。歴史ある酒蔵も被害を受けたそうですし・・・・。

 

火災に合われた皆さんには心よりお見舞い申し上げます。

しばらく避難生活が続くかと思いますがくれぐれも体調管理には気をつけて、一日も早く元の暮らしに戻れることを祈ってます。

 


いじめ問題で思うこと

昨日から全国ニュースでも大きく取り上げられている新潟市の小学校でのいじめ問題。

子ども同士のいじめももちろん良くないことですが、信頼して相談していた先生にまで裏切られるような発言をされたというのがあまりにもヒドイ話です。もし同じようなことをされたら大人でも病むレベルですよ。このニュースを聞いてほとんどの方が同じ思いを抱くことかと思います。

言うまでもなく放射性物質は人に移ったりはしません。バイ菌扱いすること自体が間違っています。少し前に横浜市の当時小学生だった子どもが賠償金もらってるからとお金を取られたというニュースもありましたが、避難してる方は3.11前と同じレベルの生活をした上で更に特別ボーナスとして賠償金をもらったかのように思われているのかもしれませんがそれも全然違います。賠償金を受け取ってもそれ以上に多くのものを失って避難してるのです。原発から放出された放射性物質による被曝の心配、地元に戻れるのか戻れないのかわからない中での長期の避難生活、生活再建がままならない将来への不安、様々なことが重くのしかかっています。そんな状況の中で多くの方は避難者の皆さんに優しく手を差し伸べてるかとは思いますが、大人も子どももそれと逆の扱いを受けているという話を度々聞くのも事実。

もし自分が同じ境遇だったらどう思うか。そこに気が回れば今回のようないじめは起きないはず。問題の先生は40代とのことでもしかしたら生徒と同じくらいの子どもがいるかもしれません。我が子が先生からそんなことを言われたら・・・・・言うまでもなく誰でもわかることです。

新潟は福島から近いこともあって震災直後から今でも多くの避難者の方が生活しています。あれからもう5年半以上が経ってるのに先行きが見通せないままの方も多いはず。このようなことが二度と起こらないことを祈るばかりです。

 

で、この先生を擁護するつもりはないというのを前提としてですが・・・・

ネット上では早くも小学校や先生を特定するような情報が出回っています。いくら名前を伏せても隠し通せるものではないとは思いますし、内容が内容だけに世間の怒りの感情も充分わかってはいるのですが、先生個人を特定して世間総がかりでフルボッコにするのには先生に対するものとは別の憤りを感じます。

繰り返しになりますが、この先生のやったことは擁護できる点は1つもないし、謝って済む話でもありません。しかしこれだけ全国ニュースになるほど大きく取り上げられて、当然学校側でも保護者や児童からの怒りの声はあるだろうし、恐らく何らかの処分はされるでしょう。これだけでもこの先生は相当な精神的・社会的制裁を受けるわけで、その上で直接関係のない私たちが暴言を浴びせる必要があるのでしょうか。もしかしたら今度は先生のお子さんがいじめを受ける対象になるかもしれないし、いじめられていた児童もこれだけ大騒ぎになったら「僕が先生を追い詰めた」と自分を責めるかもしれません。「いじめはヒドイ!」と騒ぐことが結果としていじめになってるんじゃないか。私はそんな気がしてならないのです。

あとは今回の件で「いじめをするとこんな罰を受けるんだよ、だからいじめはいけないよ」という話にすり替わったりしないかというのも心配。いじめが悪いのはすると罰を受けるからではなく、すると傷付く人がいるからです。先生が叩かれて学校を辞めて責任を取る、ということではなく(結果的にそうなるかもしれませんが)、先生の言葉で○○君を傷付けてしまった、先生は間違っていた、他の子どもたちは同じ過ちを繰り返さないでほしい、思いやりをもった優しい子になってほしい、そういう導き方をしてほしいなと思います。

 


1 / 7312345...102030...最後 »