灼熱クルーズ

14日の土曜日はスポーツスターで奥只見まで行ってきました。

あ、正しくは奥只見の少し手前までですね。

枝折峠

通常、奥只見へ行くには奥只見シルバーラインを通っていくんですが、残念ながらこのトンネルはバイクが通行禁止。通ったことある方ならおわかりでしょうが、トンネル内はずーっと水で濡れてるので仮に通れたとしてもバイクでは好き好んで走りたくはないトンネル。なのでシルバーラインではなく隣を通るR352で行くんですが、地図で見てもわかるようにタイトコーナーが続く難所でして、大型バイクで行くと大変だろうなぁというのはわかっていながら前から一度は行ってみたかったところだったんですね。

で、実際に行ってみたら思ってた通りでした(笑)。どちらかと言えば大型よりも250ccオフとかの方がいいですね。狭いし所々濡れてたり砂が浮いてたり、大型で行ってもあんまり楽しくありません。

枝折峠

写真は奥只見湖までの中間ほどにある「枝折峠」。ここまで登ってくるとちょっと肌寒くて標高の高さを感じます。この先をもっと進むと奥只見湖、そして県境越えとなるのですが、ネットで調べた事前情報では枝折峠より先はもっと過酷ないわゆる「酷道」らしいので私はここでUターン。

クルマが結構停まってましたけど人がさっぱりいなかったので、このクルマは登山の方々でしょうか?あとロードバイク(自転車ね)も結構いました。

スポーツスター

山を降りてからは海へ向かって柏崎まで出て、そこからはずっと海沿いを走って帰ってきました。奥只見に向うまでも山道を通ってきたんですが、朝が早かったおかげで割と涼しかった(ただし走ってる時だけ)んですが、降りた頃には暑さもピークになって山道でも街中でも海沿いでも暑さとの戦い。この3連休は暑いところで39度にも達したなんてニュースで言ってて、それに比べたらたぶん33度くらいの新潟はまだマシなんでしょうが、バイク乗るには酷でしたねぇ。途中、コンビニに寄って飲むアイスコーヒーの美味しいこと!最近イートインのあるコンビニ増えてるじゃないですか。あそこで2時間くらい休んでいたい気分でした。

 

これだけ暑さが堪えてながら翌日の15日はカブで出動。いつでも帰ってこれるように市内をウロウロしてました。

スーパーカブ

スーパーカブ

スポーツスターだろうがカブだろうが暑いのは同じ。エアコン効いた涼しい部屋で大人しくしてりゃいいものを、暑いのわかっててどうしてバイク乗るんでしょう。この日もコンビニにいっぱいお世話になりました。イートイン最高♪

 

次の日曜日はビッグスワンで越後カブ主総会です。この暑さはしばらく続くようで、次の日曜も暑そうですねぇ。エントリーされてる方、見に来る方、暑さ対策しっかりして楽しみましょう。

 

水害への備え

もうすぐ7月13日が訪れます。

新潟県民なら忘れられない2004年7月13日の三条市を中心とした水害。

あの時、友人の実家が被害に合って、片付けのお手伝いをさせていただきましたが、現地で目にした惨状は14年が経とうという今も目に焼き付いています。

 

7.13水害

7.13水害

7.13水害

 

当時、家の中を拝見した際に見た壁に残った一本の線。ここまで水が上がってきていたという証拠。腰くらい、いや胸近くまであったでしょうか。廻りは住宅の他に田んぼや畑もあって面積的に結構広いのに、この規模でここまで水位が上がるのかというのは衝撃でした。

そして今回の西日本豪雨災害。床上浸水はもちろんのこと、場所によっては二階まで水没してしまったところもあって、報道で屋根だけが見えている映像も度々見ました。一般的な住宅なら二階の軒下までの高さは少なくとも5m以上、普通は6~7mほどらしいので、7.13水害で見た水位どころではありません。

・・・ゾッとしますね。

我が家は総二階なので屋根に上がる術がありません。ベランダにハシゴをかけようにも軒がジャマして立てられない。仮に二階まで水没するレベルの水害で逃げ遅れたら完全にアウトです。避難するにしても近くで高い建物って中学校くらいですし、近隣住民が集中したら収容しきれるかもわからない。

生き残る術を警報が出てから考えていては間に合わない。やはり日頃からの備えというのが重要なんですね。

最近、ゴムボートとライフジャケットも持ってた方がいいのかななんて真剣に考えてしまいます・・・。

 

Beautiful Sea

 

昨日はスポーツスターでまた県北方面へ。

えぇ、メチャ暑かったですわ。

所々に設置されてる温度計見ると余計暑く感じる。

股の間に鎮座するVツインも熱いし~。

走ってる分には多少マシなものの、止まると熱がムワっと来てたまりません。

 

でも、空は気持ちよく晴れ、笹川流れから見る海の景色は爽快でしたね。

走りながら海を見下ろすと透き通った水。

海水浴に来てる家族もチラホラいたりして、私もバイク降りてパシャパシャしたい気分でした。

しなかったけど。

 

Uターンして帰りは山コース。

緩いカーブをのんびり走ってると気持ちいい。

スポーツスターに乗っててよかったな~と感じる瞬間。

心地良い回転数をキープしたままどこまでも走り続けたい。

 

1週間くらい旅したいです。

 




花角新新潟県知事、早くも本性を現す

こちらは6月16日付の朝日新聞新潟版朝刊。

「脱原発社会をめざします」と大々的に謳って原発争点隠しに成功し新知事に就任した花角知事が、自身の任期中の柏崎刈羽原発再稼働認可の可能性について「当然ありうる」と答えました。

脱原発社会を目指すなら、廃炉への道筋を示すとか、廃炉後の地域経済への活性策とか、そういうものを考えていくべきで、再稼働なんて選択肢に入るわけがありません。

それが投開票からわずか5日で本性を現しました。

しかし、こうなることは多くの方が予想していたこと。口で何と言ってもバリバリの自民サイドの花角氏に脱原発なんて期待する方がおかしくて、「脱原発社会をめざします」なんてのは選挙に勝つためだけのデタラメだということは、池田氏支持層のほとんどがわかっていたこと。

ただ、こんなに早いとは思いませんでした。

県による3つの検証に目途が立つまで数年、その結果に関係なく再稼働を認める方向に進むだろうとして、知事任期3年目、4年目あたりで再稼働の是非を問うべく知事選へ、こんな感じで予想していたんですが、当選5日後って有権者ナメてんすか。

さすが自民クオリティ。

花角氏を支持した層の中にも少なからず脱原発に期待した人もいたでしょうに、自身へ投票した人すら裏切る愚行。こんな人に県政任せていいんでしょうか。

今さら言っても遅いけど、デタラメばかりの安部自民党の言う事を信じるなんて、有権者もちょいと騙され過ぎなんじゃないですか?

 

昨日は群馬で震度5弱、今日は関西で震度6弱を記録する大きな地震がありました。その他にも千葉沖でスロースリップと呼ばれる地震が頻発しています。

群馬で震度5弱を記録したのは大正12年に統計を取り始めてから初めてとのことで、確かに群馬を震源とする大きめの地震というのは記憶にありません。関西で震度6弱クラスの揺れを記録するのは阪神淡路大震災以来で、大阪府内で震度6以上を記録したのはこちらも統計開始以来初めてだそうです。

いずれも原発への影響はなかったようですが、普段ノーマークな地域でもいつ大きな揺れに襲われるかわからないのが日本。今が大丈夫でも明日はわかりません。「もし」を言い出したらキリがないんですが、ひとたび重大事故が起これば「想定外」は通用しないのが原発事故。7年前に我々は学びました。地震は防げなくても、原発事故は防げます。それには1日でも早く原発をなくすこと。柏崎刈羽原発周辺では中越沖地震以降大きな地震はありませんが、長野北部では度々地震が起きてるし、中越沖地震の際には原発敷地内の断層も動いたわけですし、事故を起こすくらいの地震に見舞われる可能性は充分にあるのです。

花角知事はそれでも柏崎刈羽原発の再稼働にGoを出すのですか?

事故が起きた時に責任持てるのですか?

地震で道路が寸断された状況で住民を避難させられるのですか?

まともな考えを持っていたら原発なんて動かせるわけがない。

新潟県知事には自民のイエスマンになるのではなく、真に県民の安全を最優先に考えていただきたい。




新潟県知事選 2018

事実上の与野党対決となった新潟県知事選は与党の推す花角氏が当選しました。

破れた池田氏とは僅差で、池田氏は健闘したなんて声も聞こえてはきますが負けは負け。

実はなんとなくこんな結果になるんじゃないかって予想はしてたんですよね。花角陣営は原発再稼働への慎重姿勢を示し、最後まで安倍総理や小泉進次郎を応援に行かせず自民色を封印、双方の主張で原発ワンイシューにならず、争点がボヤけてしまったのは花角陣営の作戦勝ちといった感じでしょうか。

逆に言えば、原発再稼働推進では選挙に勝てないし、安部さんも選挙の追い風にはもうならないということを証明したとも言えます。

おもしろいのは両候補の地域別得票率。

どの市町村で差がついているのか? 新潟県知事選の得票率と得票数を地図化

原発立地地域である柏崎市周辺では池田氏が優勢、柏崎から離れると花角氏優勢、佐渡は花角氏の出身地なので当然ですし、池田氏は柏崎出身なのでその周辺で優勢になるのは当たり前かもしれませんが、傾向としては柏崎から遠いほど原発問題に関心が低くなっていく、とも読み取れます。

フクイチレベルの事故が起きたらこんな距離は関係ないくらい広範囲に被害が及ぶのにね。

個人的なイメージでは柏崎市や刈羽村、その周辺地域こそ再稼働に賛成する傾向が強いかなと思っていたのですが、実際には逆になってるんですね。つまり、新潟県民にとって脱原発は既に既定路線で、もう脱原発・反原発だけでは選挙は勝てないとも言えるのかも。そうなると池田氏は市議・県議としての実績はあるものの、副知事の実績を持つ花角氏の方が政策に期待が持てる、と思う人も多いかもしれません。あとは自民お得意のエサで釣る戦法もあったかもしれませんがその辺はよくわかりません。

いずれにしても花角氏が新知事となったのですから、池田氏支持だった方もこれからの花角県政をしっかり見守らなければいけません。

原発推進な与党支持の花角氏でも、選挙では再稼働に慎重な姿勢を示していたのですから安易に再稼働へ寝返るということはできないでしょうし、新潟県が進める3つの検証が終わらない限りは再稼働の議論はしないと泉田・米山路線を引き継ぐことも名言してますから、あと数年は再稼働することはないでしょうし、仮に再稼働となれば県民に信を問う(つまり選挙)との考えも示していますので、その際には県民の意思を投票という形で示せばいいということになります。

が、投開票から一夜明けた今日、さっそく東電が再稼働に向けてのアピールコメントを発表。

「引き続き、柏崎刈羽原子力発電所の安全対策などに取り組み、花角新知事をはじめ県民の皆様に丁寧に説明するとともに、新潟県が進めている3つの検証にしっかりと協力してまいります」

結局選挙が終わればもうこれですよ。新潟県民、完全にナメられてますなぁ。

この調子じゃ花角氏が寝返るのも時間の問題かも。

あーあ。