改正水道法

臨時国会が終わり、懸念の多い法案が多数可決されてしまいました。

大きな話題となった出入国管理法案は審議も今後の運用もデタラメっぷりが炸裂してますが、あまり大きく取り上げられなかった法案の中で心配なものに改正水道法があります。

自治体が運営する水道事業は経営状況が良くないところが多く、市町村での広域連携や運営の民間委託などを可能にすることで経営基盤強化を図る目的として可決されたのが改正水道法。水道管の老朽化問題なんかはニュースでもよく取り上げられてるように、私たちの生活インフラの維持に関わる問題ですので他人事ではありません。

しかし、これもニュースで報じられてますが、海外で水道事業を民間委託した例は多数あるものの、その多くが水道料金の高騰や水質の悪化などで再公営化されており、2000年から2014年の間に35ヵ国・180件もの再公営化事例があったそうです。つまり、民間委託でうまくいった例ってあんまりないってことです。

でもこれって少し考えればすぐわかることですよね。民間は利益を上げてナンボなわけですから採算性の悪いものに投資はしません。利用者の多い都市部なら投資に見合ったリターンが得られても、過疎地では当然利益率は低く、場合によっては赤字ですからそれを維持するかどうかはかなりシビア。例えば都市部から10km離れた過疎地に住民10人なんてところがあったら、水道管の交換費用が1kmあたり約1億円かかるそうなので、それをそのまま当てはめたら10億の投資が必要で、この先40年50年でその住民から10億も利益得られるかって言ったらそりゃムリな話。公営なら損得抜きでやれることも、民間だとそれができるとは限らないわけです。そうすると採算性の悪い地域では最悪の場合水道サービスの停止ということも考えられますし、維持するかどうかは委託された民間企業の良心に委ねられることになります。ゴーンさんのようにスパッとリストラしちゃうような考えの経営者だったら、これまでの公営のようなサービスはまず期待できないですよね。

そもそもの話で、経営状況が良くない自治体の水道事業を引き受けようって企業、いるんでしょうか。利益が見込めるなら参入する意義もあるでしょうけど、不採算事業を喜んで引き受けようって企業はまずいないですよね。公営のまま周辺自治体で広域連携するにしても、利益出してる自治体が不採算自治体の面倒までみようと思うものでしょうか。もし民間の経営ノウハウをアテにしているのであれば、公益のままノウハウだけ入れればいいだけの話で、それを言っちゃうと役人は無能だって自ら認めちゃうことにはなっちゃいますが(笑)、わざわざ法律変えなくてもできることはあるし、だったらこの改正が誰のためなんだってとこになるわけですよ。

内閣府には、公共施設等の建設・維持管理・運営等を民間と連携して効率化を図る「内閣府民間資金等活用事業推進室」というのがあるのですが、そこにフランスの水道サービス大手・ヴェオリア社の日本法人からの職員が出向してるらしいんですね。日本の水道事業にフランスの企業が?命に関わる水道事業を民間に、しかも海外の企業に?なんだかこれだけでキナ臭い感じがしてきますよね。

まぁ、この改正ですぐに日本中の水道事業が民間委託されるわけではなく、我が新潟県では9月の定例会で水道法改正案に反対する意見書を出していて、これは野党の「未来にいがた」が発案したのですが、なんと自民党の県議も「民間参入による弊害から県民を守るという点で意見が一致した」と意見書に賛成してるんですね(公明党は賛成せず)。これにはアンチ自民の私も感心しましたし、新潟県の水道事業が民間委託される可能性はかなり低くなったと少し安心しています。

しかし水道インフラの更新はどこも待ったなしの状況。アヤシイ法案通してオリンピックに金かけてるより、もっと先にやるべきことがあるだろうと思った臨時国会でした。




今シーズン初冠雪

昨日は仲間うちでの忘年会。

いつもの仲間と霧に霞む焼肉屋で最高の時間を過ごせました。

元々は空冷VWの縁で繋がった仲間もいつの間にか乗ってない人が増えたり他に興味が移ったりしながらも、縁が切れずに続いているというのは何とも不思議な気がしますね。

そんな切っても切れないお友だちは私の人生において宝です。

 

雪

で、忘年会明けの今日は新潟市も軽く雪が積もりました。

例年に比べて随分遅い初冠雪。ようやく新潟らしい冬が訪れました。

今日は土曜日ということで大きな交通の乱れはなかったのかな?

週明け、月曜の朝は道路が混むかもしれませんね。

まさかまだタイヤ換えてない人、いないですよね・・・?




久々の散歩

スポーツスター

昨日は久々にスポーツスターでお散歩してきました。

たぶん・・・乗ったの1ヶ月ぶりとかじゃない?

これからどんどん寒くなる一方だし、日曜日に晴れる機会もなかなか恵まれないでしょうから、短い時間ですけど乗れてよかったです。

でもやっぱり寒かったですね。山の日陰に入るとすげー震える。

またいつものお散歩コースで内の倉ダム方面(ただしダムまでは行かず)まで走って、いつもの酒屋さんで暖かいコーヒーでも飲もうと立ち寄ったら同じくこっちまで走りに来ていたライダーと遭遇。

一人はかなり若そうな青年で乗ってたのがGT380。ご本人は「ポンコツなんです」なんて謙遜してましたけどとってもコンディションが良くてすげーピカピカ。走り去る時の空冷2ストの音がまたたまりませんでしたねー。もう一人はとっくに定年過ぎたであろうおじいちゃん。乗ってたのはホークの250かな?大昔に友人から1万で買ったというホークはこれまた40年前とは思えないコンディションの良さで、子どもが小学生のころからよく後ろに乗せていたんだなんてエピソードも聞かせていただきました。小柄で250でも足がツンツンでしたけど、乗り慣れたホークで軽快に走り去る後姿はいい味出してましたね。

ちょっとした時間のお散歩で、ちょっとした出会い。

短かったけど楽しい時間を過ごせました。




大雪時のチェーン義務化?

タイヤチェーン

国土交通省が、気象庁から警報が出るレベルの大雪の際に立ち往生が懸念される高速道路や国道で全ての車にタイヤチェーン装着を義務付ける方針を公表したとのことで、対象となる区間は今月末から年度末までに順次指定し、最終的に約200区間に広げる考えだそうです。

この前の冬シーズンは大規模な立ち往生が発生して大混乱になりましたもんね。そういう事態を防ぐための対策なんでしょうが、しかし義務付けると言っても高速道路とかなら料金所で検問できるかもしれないけど一般道ではどうするんでしょう。非装着車に指導したとしても、付けてない人がチェーンを装着するスペースも必要になるでしょうから、徹底させるのも結構大変なんじゃないかと思います。

 

で、クルマの免許を取って30年。雪国新潟で暮らしてきた私としてはチェーンはもちろん常備してるし装着だって超スムーズ・・・と言いたいところですが、実は生まれてから一度もチェーンを装着したことがありません。子どもの頃、父親のチェーン装着を手伝ったような記憶があるようなないような・・・そんな程度。なのでチェーン付けろって言われてもやり方わかりません(笑)

でも、冬にクルマを運転していてもチェーンが必要になるシチュエーションに遭遇したこともないんですよね。人生の大半が空冷VWなのでトラクションに強いRRは動けなくなるということはほぼ皆無だし、VW以外だとほぼFFなのでFFならやっぱり動けなくなるってことはほぼありません。坂道とか橋の上とかの滑りやすそうなところは行かないようにする知恵もあるし、除雪が行き届いてない道路も極力避けるので、冬に助けを呼んだこともありません。実際、新潟市内レベルだとチェーン付けてるクルマなんてめったに見ないし、せいぜいトラックくらいでしょうか。たまに田んぼに落ちてるクルマは見かけますけどね(笑)

今まで乗ったクルマで唯一冬がダメだと感じたのはユーノス・ロードスターですね。雪道ではアクセル踏むとすぐケツが流れるし、ABSの付いてないブレーキはすぐロックするし、何より最悪なのは腹を擦って亀になること。RRなら多少腹を擦ってもトラクション抜けないので突っ切ることができますが、FRは腹を擦って少しでもトラクション抜けるともうダメ。除雪されてない道の轍はノーマル車高でもかなりキビしかったです。その点ジムニーは2駆でもガンガン走っちゃったんですけどねー。

まぁ、備えあれば憂いなしとも言いますので、使わないことを願いつつ、チェーンは持っておいた方がいいですかね。

たぶん買わないけど(笑)
 

清津峡

昨日は前からお友だちに「いいよ」と聞いていた清津峡にType-3で行ってきました。

せっかくの紅葉時期だし、単に目的地まで行くだけではつまらんと山を経由して行ったらすげー時間かかりました。新潟市から十日町まで下道で行くのは結構大変だったんですね(汗)

しかしその甲斐あって道中の山道は紅葉もキレイで、いいドライブになりました。

で、お昼過ぎた頃に到着した清津峡。国道から清津峡まで続く道に入った途端に大渋滞で、これは駐車場に着くまで相当かかるだろうと、途中の閉鎖されたお店の前にクルマを置いて徒歩で清津峡まで。これがまた結構な距離で30分くらい歩いたでしょうか。それでも同じくクルマで清津峡を目指していた方のツイートでは駐車場まで1時間くらいかかったそうなので、歩いて正解だったかもしれません。歩きながらの景色もなかなか良かったですし。

そしてようやく到着した清津峡。想像していたより壮大なスケール、荒々しい岩肌、透き通る清流、そして見事な紅葉と、素晴らしい景色が堪能できました。

 

清津峡

清津峡

清津峡

清津峡トンネル

清津峡トンネル

清津峡

 

清津峡トンネル最終地点には水鏡の演出がされているのですが、さすがの人出でインスタに上げるような景色独り占めな写真は撮れませんでしたねぇ。

渓谷は節理と呼ばれる独特の岩の表面が特徴で、以前だったら「へぇ~」で終わってたところなんですけど、ブラタモリを見るようになってからにわか地質知識が芽生えてきたことで、タモリだったらこの岩肌を見てどんなウンチク語るかな、なんておもしろく見れました。いつかブラタモリ来てほしいですね。

で、クルマ置いた場所から歩いて、さらにトンネルも歩いて、よく考えたら帰りもまた歩かなきゃで、久しぶりにこんなに歩きましたよ。それでも歩いてでも見る価値はあったかと思います。まだ行ったことない方は一度は訪れてみてはいかがでしょう。

 

Type-3

 

雲ひとつない晴天の青、紅葉の赤・黄、Type-3の緑と、賑やかな色調はこの季節ならでは。

次はバイクでも行ってみたいですね。