Google+の終焉

Google+

Google+(グーグルプラス)が2019年8月で個人向けサービスを終了する、と。

終了するのは個人向けで、企業向けサービスは継続とのことですけど、個人ユーザーがいなければそもそも広告発信の場として成り立つのかってちょっと疑問。

まぁ、ぶっちゃけ流行ってなかったですからねぇ。

私の廻りでもTwitterやFacebookを使ってる方はたくさんいますけど、Google+やってるって人、聞いたことないですもん。

私自身も一応アカウントはありますけどほぼ放置状態ですし。

検索エンジンやAndroid OSでは強いGoogleもSNSはどうにもヒットが出ませんね。これで世界的に見ればFacebook一人勝ちってとこでしょうか。Twitterは我が道を行くって感じ?(笑)

新しい技術やサービスが登場しては淘汰されていくのがネットの世界。何に乗って何を切り捨てるのか、今後もどんどん変化していくんでしょうね。

私はTwitterが今のまま続いてくれればそれでいいや。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。