新潟県知事選

米山前知事の辞職により6月10日に新潟県知事選が行われます。

立候補したのは届け出順に

・安中聡
・花角英世
・池田千賀子

の3人。

このうち、花角氏は自民・公明が支持、池田氏は立憲・国民・共産・自由・社民が推薦し、事実上与野党対決の選挙となる構図です。

立候補した3人全員が柏崎刈羽原発の再稼働には反対もしくは慎重ということで、今回の知事選では原発再稼働が争点にならないという声も聞かれますが、これは泉田・米山と再稼働に慎重な知事が続いたことからもわかるように、新潟で原発を争点にしたら勝てないという与党の争点外し作戦。再稼働推進の自公が支持してる時点で選挙時に表向きは再稼働に慎重というポーズをとっていても、いざその時になれば中央の言いなりになるのは目に見えています。花角氏陣営がなるべく自民色を出さないようにと必死なところからも本音が透けて見えますね。

池田氏は柏崎市生まれで、柏崎市職員から柏崎市議、そして新潟県議へと歩んできたバリバリの原発立地地元民にもかかわらず、柏崎刈羽原発再稼働反対、そして原発ゼロを目指すと言うのですから、本当に再稼働を止められるのかというのは正直不安に思うところも個人的にはあったりしますが、これだけ反原発派の後押しを受けておいてやっぱり再稼働とはさすがにならないでしょう。

となれば、実際のところは

「再稼働に賛成なら花角氏」
「再稼働に反対なら池田氏」

という判断になると思います。

 

あとは安倍さんがどう出るかですかねぇ。選挙応援に安倍さんや小泉進次郎が来るのはインパクトはあっても逆にマイナスダメージになる諸刃の剣。特に安部さんは森友・加計で信用も支持率もガタ落ちですから、花角氏陣営としては来ないでくれって思ってるかもしれません。

個人的には安倍さんが応援演説でブーメラン食らうところを見てみたい気もするけど(笑)

 

さて、新潟県知事選の投開票日は6月10日。期日前投票も始まっていますので、当日都合が悪い方は早めに期日前投票して、県民の意思を示しましょう。めんどくさい・よくわからないって棄権するのはダメですよ~。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。