クズな大人たち

日本大学アメフト部の選手が関西学園大学の選手にタックルした件が大きな波紋を広げています。

昨日、その日大アメフト部の選手の謝罪会見を見ました。ニュースで編集され断片的ではありましたが、誰に責任を押し付けるでもなく、自らの非を認め、反省・謝罪をし、真実を話す姿は潔さを感じました。

もちろん彼のしたことはいけないことです。あの会見で全てがチャラになるということではないにしても、あとは当事者同士の問題であって、社会的な責任は少なからず果たしたのではないかと思います。

それに引き替え、日大の対応ったらヒドイ有様。大学も辞任した前監督も自分たちの責任逃れの言い訳ばかり。前監督は選手がケガをさせた関学大の選手に親と共に直接謝罪したいという申し出を止めたという話もあります。芸能人でもない二十歳の学生があれだけ大勢の記者・カメラの前で謝罪会見を開くというのは精神的に相当キツイと思います。社会的にも関心が高いことだけあって当人にかかるプレッシャーはハンパじゃないはず。選手としての将来を人質に取り、逆らえない状況で反則行為を強いるというのは、いじめ被害者に万引きを強要するのと変わらないほぼ犯罪と言っていいくらいの行為なのに、ズルい大人は学生を矢面に立たせて知らんぷり。自分たちの保身しか考えていません。本来であれば真っ先に選手を守る立場である大学側がコレというのは本当にクズすぎるなと思います。

これらの構図を見てると、同じような事が最近多いなと感じます。

次々とネタが上がってるのにウソにウソを重ねていつまでも自分の非を認めない某総理大臣。そのウソを取り繕うのに更にウソを重ねる取り巻き。他にもセクハラや暴力、性犯罪などなど、いい年した大人が言い訳がましく保身に走る姿は数え上げたらキリがありません。

彼らはあの謝罪した学生を見て、自分が恥ずかしいとは思わないのでしょうか。

本来であれば彼らの見本であるべき大人が、彼らより幼稚で恥ずかしい姿を悪びれることもなく晒してるのを見てると非常に情けない思いになります。

安倍政権の最大の功績はこうした恥ずかしいクズな大人を量産したことかもしれません。

 

そういう自分もたいして立派な人間ではありませんけど、ああまではなるまいと気を引き締める思いになったのでした。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。