辞任ラッシュ

あれだけ辞めるのゴネてた稲田防衛大臣がついに辞任。

辞めるならもっと早くすりゃよかったのに、最近の政治家全般に思いますけど辞め時が悪いと言うか、潔さがないよね。早く辞めれば支持率ここまで下がらなかったのに・・・とも言えないけど、多少は下げ幅抑えられたような気がするし、誤魔化せば乗り切れるなんて甘い考えでいることが有権者をバカにしてる表れじゃないかと思います。

さーて、今度は安部総理の任命責任でまた追及されますね。

 

そして野党・民進党でも野田幹事長に続いて蓮舫代表も辞任を表明。

これ、なんだかよくわかりません(笑)

野田氏は冷温停止状態宣言と自爆解散総選挙で悪しき流れを作った張本人ですから幹事長になる時点で適任ではないし議員辞職して引退するべき人物だと個人的には思ってるのでこのまま消えてほしいんですけど、蓮舫氏はなぜこのタイミングなのか。都議選の責任って言うならもっと前だろうし、支持率低迷ってことなら蓮舫氏自身と言うより民進党全体のKY感が主な理由だろうし、蓮舫氏が辞めて新しい代表になったところで民進党が復活することは正直もうないと思います。

下野してからの民進党は誰を見て政治をしようとしてるのかわかりませんね。去年の新潟県知事選で連合に気を使って米山氏を公認せず、米山氏の支持が伸びてきた頃に後追いで乗っかったあの件はとっても象徴的なんですけど、有権者もああいうKYな姿勢を感じてるから誰も期待しないんでしょうね。政権奪還した頃の「何かやってくれそう」という期待感は皆無です。

もう解党した方がよいのでは?

 

そして今度は今井絵理子氏の不倫報道。

なんですか、これ。果てしなくどうでもいいんですけど、この方って当選してから議員として何かしましたっけ?ゴシップやスキャンダル、公選法違反ばっかりじゃないですか。矛先が稲田氏に向いてるうちにこっそり辞任した方がよいかと。

さらには「このハゲー!」でおなじみの豊田氏。現在は入院中らしいんですが、公設秘書の後任が決まって辞表を提出しながらも議員辞職はしないんじゃないかというウワサが出てました。辞める以外の選択肢があるのにビックリです。

 

辞任する人、辞任した方がいい人、辞任しろと言われてもしない人、様々ですが、

 

 

ロクな政治家がおらんな!

 

支持率低迷の安部総理は秋頃に破れかぶれの解散総選挙に打って出るというウワサも立つ中、今度はちゃんとマトモな人だけが立候補して、有権者もマトモな人だけを選んで欲しいと切に願う今日この頃でした。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。