急発進防止装置

後を絶たない高齢者の交通事故。それを抑止しようと最近は後付けの急発進防止装置がリリースされているとか。

上はオートバックスが販売している急発進防止装置。ブレーキと間違えてアクセルをベタ踏みした時にそれを検知して急発進を抑制するというもの。

対応する車種も近年のポピュラーな車種なら結構カバーしているようなので、純正で抑止機能の付いてない車種にお乗りの方は自分のクルマが取付可能か確認してみてはいかがでしょう。

オートバックスのこの商品は装置本体のほか、取付工賃や消費税も込みで32399円。モノだけの販売はせず、店舗で取り付けるのが前提とのこと。

オートバックス以外でも類似の商品はいくつかあるようなので、気になった方は調べてみてください。

先日は東京都の小池知事がこういった装置に補助を出すという話もしていたので、今後は東京都以外でも同様の補助制度が広がってくれるといいですね。

 

ただ、これはあくまでもアクセルベタ踏みの時に異常検知するもので、DのつもりがRに入った状態でゆっくりアクセル踏んだ場合なんかは異常として検知しませんし、人や壁を検知して発進を抑えるレーダーでもないので、現在考えられる事故の原因全てをカバーするものではありません。

そこまで求めるなら素直に最新のクルマを買いなさい、となってしまいますね。

 

あとはですねぇ、ずいぶん前だったと思いますがネットで「スマホ見ながら運転しててぶつかりそうになったけど自動ブレーキのお陰で助かった」みたいなのを見たことがあったんですよ。ぶつからずに済んだのは確かによかったでしょうけど、そもそもスマホ見ながら運転するのは違反ですし非常に危険。自動ブレーキもそんなことのために備わってるわけじゃありません。

結局のところ、いくら機械が進化しても使う側の技量やモラルに依存するところは大きいわけで、次々と登場してくる安全装置も「補助」でしかないことを忘れてはいけませんね。

煽り運転や暴走の動画でアップされてるクルマ、プリウスってケース多いみたいですしね・・・。

 

自主返納、できる?

相変わらず高齢者ドライバーの交通事故が絶えません。

先日、福岡市で起きた事故はニュースで事故発生時の映像見ましたけど、100km/hも出てたのではないかという猛スピードで突入していく様はまるでミサイルでも飛んでいくかのように恐ろしい光景でした。

これが高齢者故の事故なのか、単に目立って取り上げられているだけなのか、一概にこれと原因を一つに絞ることはできませんが、これだけ頻発すると何かしらの対策というのは考えなければいけないかもしれません。

事故を起こす車両にプリウスが多いというのも言われていますよね。確かに事故車の写真を見てプリウスだったケースは少なくありません。プリウスのシフトレバーがわかりにくくて事故を起こしやすいというのも言われています。それを解説した動画も見たことあるんですが、確かに昔ながらのシフト操作とやや異なるので誤操作は起こしやすいようにも思います。メーカー的には目新しさとか斬新さなどで購買意欲を掻き立てたいという想いはあるのでしょうが、ユーザビリティとして劣るのであれば何でもかんでも新しく変えていく必要もないようにも思います。

そんな中、俳優の杉良太郎さんが75歳を前に免許を自主返納したというニュースもありました。以前から75歳をメドに返納を考えていたのが、最近の高齢者による事故の多さから75歳から2ヵ月前倒しして返納したとのこと。「若い時と比べて衰えを感じている人は取り返しのつかない事故を起こす前に、運転をやめることを考えてほしい」という杉さんのコメントは正にその通りだと思います。

が、実際に自分がそれくらいの年齢になった時に自主返納できるかと考えると正直なところ微妙です。やっぱり昔からクルマやバイクが好きで、それ中心の人生を送ってきましたから、「今日を最後に金輪際運転できない」という判断は清水の舞台から飛び降りるくらいの覚悟が必要。以前からバイクに乗っていられるのは人生の最後を迎えるよりもっと早いだろうから乗れるうちにいっぱい乗っておきたい、という想いがあって、体力的に大きいバイクが厳しくなってもせめてカブでトコトコ走るくらいはさせてほしい、という想いもあり、自分の手でバイク人生を終わらせるのはなかなか勇気が出そうにありません。

しかし、クルマやバイクは一度事故を起こせば無関係の誰かの命を奪うリスクが必ずあり、自分ひとりが死ぬならまだしも、自分の願望のために他人を巻き込んで不幸を生んでしまうのは絶対に避けなければいけないんですよね。

そんなことを考えていると、杉さんの言葉がと~っても重くのしかかります。

皆さんは自主返納できそうですか?

 

高齢者ドライバーの免許更新は厳しくしてはどうでしょう

最近また高齢者ドライバーによる事故が多発してニュースになっています。

一方は逮捕されて一方は逮捕されなくて不公平だなんて声もあって、それはそれで問題かとは思いますが、今回はそこではなくどうしたら高齢者ドライバーによる事故を減らせるかということについて。

これは前から結構どうなの?と思っていたことなんですが、運転免許の更新でいくつかやる検査とかあるじゃないですか。免許取って初めての更新という若者も、運転歴ウン十年のベテラン高齢ドライバーも基本的には同じ内容で、果たしてアレで運転の適性や技術などを正しく計れるものなのかなぁというのは以前からの疑問です。

若い人は無謀な運転をしがち、高齢者は判断力や反射神経等が衰えがち、すっごくアバウトだとそんな傾向が考えられますが、それ自体も人によるだろうし、一口に高齢者と言っても衰え具合は人それぞれ。もう少し個人の能力や素質を考慮した免許更新ができないものでしょうか。

例えば60歳以上(と年齢で区切るのも難しいのだろうけど)は免許更新の際に自分のクルマに乗ってきてもらって、教官を横に乗せてコースを走るという実技検定を加えるというのはどうでしょう。公平な目で判断して、もし危険なら更新させない、微妙なら3・5年ではなく1年で再度更新とか、少し厳しめでも良いんじゃないかと思うんです。

最近は高齢者ドライバーの免許自主返納という動きも増えてはいますが、あれも結局は本人の同意がなければできないことで、もっと厳しく「あなたはもう運転しない方がいい」とジャッジしてあげるのも必要なのではないかと。

そんなことしたら、免許更新の手続きが大変だとかコストはどうするとか、あるいは地方でクルマがないと生活できない高齢者から免許を取り上げるのか、なんて声もあるんじゃないかと思うので簡単に導入とはいかないんでしょうけど、何せ人が亡くなる事故がこれだけ起きてるんですから、いくら自動車の安全性能が上がっても運転する人の技量が下がっていればどうにもならないわけですよ。

そもそも最初に免許取る時点でももっと厳しくてもいいと思うんですよね。普段運転してると高齢者じゃなくても危なっかしいドライバー結構見かけますしね。暴走のような危険行為じゃなくても、ウインカー点けずにいきなりスーっと車線変更して割り込んできたりとか、普通に停止線オーバーして停まってたり、やたらバックがヘタだったりとか、ちょっとしたことでも「大丈夫?」と思うケースは数知れず。

先日の事故で奥と娘を亡くした男性の会見見てたらやり切れないじゃないですか。遺族の気持ちを思えばああいう事故を起こさないためにも少し厳しめにしてもいいんじゃないでしょうか。

 

Street VWs Vol.119

ストヴイ最新号が届きました。

巻頭のType-2特集、続くキャルルック特集と見所はいくつかあれど、毎回グッと来るのがディープなヴィンテージアクセサリーコレクション。

そろそろネタが尽きてきそうですかね?(笑)

ファンハウジングとジェネレーターなんてそんなに情報多くないだろうに、毎回毎回よく調べてくるなぁと感心します。

Type-3用の背の高いエンジンカバーなんて初めて見ましたよ。

クロームやビレットのドレスアップパーツも懐かしいですね。

 

あと・・・・FLAT4さんからバリアント用のルーフラックが出てましたね。

私がバリアント乗り始めた時点で昔からあったスチール製は在庫切れになってしまっていて、イベントのスワップミートでも散々探しましたが結局入手できないままバリアントは手放すことになってしまいました。

あと1年早かったら!

でもステンレス製となったことでスチール製から大幅にプライスアップしちゃったので、1年早く出てたとしても購入に至ったかどうか・・・。

また廃版になるといつ手に入るかわかりませんので、バリアントオーナーさんは早めにゲットしてください。

デザインアイコンとしてのVolkswagen

ヨメさんから「ユニクロのチラシにType-2のTシャツ載ってたよ」という情報を得て、早速チェックしてみるとほぅほぅVWコラボTシャツの新作ですか。ネットもチェックすると今回はバリエーションも多いようで、出かけたついでにユニクロへGo。

ネットでゴルフⅠのTシャツも載ってまして、カブリオレではなくGTIなんですけど、ゴルフⅠをモチーフにしたTシャツなんて金輪際出ないかもしれないので1枚ゲットしようと思ってましたが行ったユニクロでは置いてませんでした。速攻で売れた?いや、ニーズが無さすぎて仕入れてなかったのかも(笑)

ということで、ゴルフはやめてType-2のTシャツをゲットしてきました。

胸ポケットのType-2がかわいいですね。

 

他にもいくつかあったバリエーションの大半はType-1かType-2がモチーフになったもの。やはり唯一無二の個性を持つType-1&Type-2はデザインしやすいってのもあるのでしょう。

それに引き換えゴルフの地味なこと(笑)

果たしてこの日本でこのゴルフTシャツを買うゴルフオーナーがどれだけいるのか。絶対的な数では空冷VWオーナーよりゴルフオーナーの方が圧倒的でも多くはゴルフ6・7あたりのオーナーでしょうからゴルフⅠに惹かれる人もかなり限られるように思います。私だってゴルフ乗ってなかったらこのTシャツに手を出そうとは思わないですよ。

対してType-1&Type-2はどんなにデフォルメしてもそれとわかるくらいのアイデンティティを持ってますし、VWオーナーじゃなくてもクルマに興味のない人でも惹きつけられるかわいさ・魅力を持っています。

Type-3やカルマンギア、Type-2でもレイトだとデフォルメしちゃうと普通のクルマにしか見えないですしねぇ。

そう考えるとビートルとアーリーバスってすごいデザインだったんだなってあらためて思います。