高齢者ドライバーの免許更新は厳しくしてはどうでしょう

最近また高齢者ドライバーによる事故が多発してニュースになっています。

一方は逮捕されて一方は逮捕されなくて不公平だなんて声もあって、それはそれで問題かとは思いますが、今回はそこではなくどうしたら高齢者ドライバーによる事故を減らせるかということについて。

これは前から結構どうなの?と思っていたことなんですが、運転免許の更新でいくつかやる検査とかあるじゃないですか。免許取って初めての更新という若者も、運転歴ウン十年のベテラン高齢ドライバーも基本的には同じ内容で、果たしてアレで運転の適性や技術などを正しく計れるものなのかなぁというのは以前からの疑問です。

若い人は無謀な運転をしがち、高齢者は判断力や反射神経等が衰えがち、すっごくアバウトだとそんな傾向が考えられますが、それ自体も人によるだろうし、一口に高齢者と言っても衰え具合は人それぞれ。もう少し個人の能力や素質を考慮した免許更新ができないものでしょうか。

例えば60歳以上(と年齢で区切るのも難しいのだろうけど)は免許更新の際に自分のクルマに乗ってきてもらって、教官を横に乗せてコースを走るという実技検定を加えるというのはどうでしょう。公平な目で判断して、もし危険なら更新させない、微妙なら3・5年ではなく1年で再度更新とか、少し厳しめでも良いんじゃないかと思うんです。

最近は高齢者ドライバーの免許自主返納という動きも増えてはいますが、あれも結局は本人の同意がなければできないことで、もっと厳しく「あなたはもう運転しない方がいい」とジャッジしてあげるのも必要なのではないかと。

そんなことしたら、免許更新の手続きが大変だとかコストはどうするとか、あるいは地方でクルマがないと生活できない高齢者から免許を取り上げるのか、なんて声もあるんじゃないかと思うので簡単に導入とはいかないんでしょうけど、何せ人が亡くなる事故がこれだけ起きてるんですから、いくら自動車の安全性能が上がっても運転する人の技量が下がっていればどうにもならないわけですよ。

そもそも最初に免許取る時点でももっと厳しくてもいいと思うんですよね。普段運転してると高齢者じゃなくても危なっかしいドライバー結構見かけますしね。暴走のような危険行為じゃなくても、ウインカー点けずにいきなりスーっと車線変更して割り込んできたりとか、普通に停止線オーバーして停まってたり、やたらバックがヘタだったりとか、ちょっとしたことでも「大丈夫?」と思うケースは数知れず。

先日の事故で奥と娘を亡くした男性の会見見てたらやり切れないじゃないですか。遺族の気持ちを思えばああいう事故を起こさないためにも少し厳しめにしてもいいんじゃないでしょうか。

 

Street VWs Vol.119

ストヴイ最新号が届きました。

巻頭のType-2特集、続くキャルルック特集と見所はいくつかあれど、毎回グッと来るのがディープなヴィンテージアクセサリーコレクション。

そろそろネタが尽きてきそうですかね?(笑)

ファンハウジングとジェネレーターなんてそんなに情報多くないだろうに、毎回毎回よく調べてくるなぁと感心します。

Type-3用の背の高いエンジンカバーなんて初めて見ましたよ。

クロームやビレットのドレスアップパーツも懐かしいですね。

 

あと・・・・FLAT4さんからバリアント用のルーフラックが出てましたね。

私がバリアント乗り始めた時点で昔からあったスチール製は在庫切れになってしまっていて、イベントのスワップミートでも散々探しましたが結局入手できないままバリアントは手放すことになってしまいました。

あと1年早かったら!

でもステンレス製となったことでスチール製から大幅にプライスアップしちゃったので、1年早く出てたとしても購入に至ったかどうか・・・。

また廃版になるといつ手に入るかわかりませんので、バリアントオーナーさんは早めにゲットしてください。

デザインアイコンとしてのVolkswagen

ヨメさんから「ユニクロのチラシにType-2のTシャツ載ってたよ」という情報を得て、早速チェックしてみるとほぅほぅVWコラボTシャツの新作ですか。ネットもチェックすると今回はバリエーションも多いようで、出かけたついでにユニクロへGo。

ネットでゴルフⅠのTシャツも載ってまして、カブリオレではなくGTIなんですけど、ゴルフⅠをモチーフにしたTシャツなんて金輪際出ないかもしれないので1枚ゲットしようと思ってましたが行ったユニクロでは置いてませんでした。速攻で売れた?いや、ニーズが無さすぎて仕入れてなかったのかも(笑)

ということで、ゴルフはやめてType-2のTシャツをゲットしてきました。

胸ポケットのType-2がかわいいですね。

 

他にもいくつかあったバリエーションの大半はType-1かType-2がモチーフになったもの。やはり唯一無二の個性を持つType-1&Type-2はデザインしやすいってのもあるのでしょう。

それに引き換えゴルフの地味なこと(笑)

果たしてこの日本でこのゴルフTシャツを買うゴルフオーナーがどれだけいるのか。絶対的な数では空冷VWオーナーよりゴルフオーナーの方が圧倒的でも多くはゴルフ6・7あたりのオーナーでしょうからゴルフⅠに惹かれる人もかなり限られるように思います。私だってゴルフ乗ってなかったらこのTシャツに手を出そうとは思わないですよ。

対してType-1&Type-2はどんなにデフォルメしてもそれとわかるくらいのアイデンティティを持ってますし、VWオーナーじゃなくてもクルマに興味のない人でも惹きつけられるかわいさ・魅力を持っています。

Type-3やカルマンギア、Type-2でもレイトだとデフォルメしちゃうと普通のクルマにしか見えないですしねぇ。

そう考えるとビートルとアーリーバスってすごいデザインだったんだなってあらためて思います。

 

足車ドナドナ

これまで足として活躍してきたホンダ・ロゴ。

ゴルフカブリオレを通年で使うためロゴは不要になったので、Twitterで呼び掛けて手を挙げていただいた方に本日引き取られていきました。

ロゴが我が家に来たのが約6年前。それから6年間で走ったのは約20000km。いつの間にかそんなに経ってたのねと思うと同時に足でもやっぱりあんまり走ってないな、と(笑)

特に思い入れはないけど、まぁでも、足としてはいいクルマでしたよ。

ムダにこんなことしてた時期もありましたねぇ。

今にして思えばこのBBS残しておけばゴルフに使えたかな。

 

まぁそんなわけで、今後クルマはゴルフ1台体制。

雨でも雪でもガンガン乗りますよ。

 

Let’s Play VWs Vol.55

Let’s Play VWs Vol.55

Let’s Play VWs最新号がリリースになっています。

興味深かったのは表紙にもなっているENDLESS制作のカルマンギア。

東京オートサロンに出展されていて、ENDLESSのブレーキを使用してカスタムされたということくらいまではネットで知ってはいましたが、そのブレーキについての詳細まではわからなかったので、今回の記事で詳しく紹介されていたことで内容がよーくわかりました。

保守的な方には17インチホイールやダッシュのナビなど好みが分かれるところかもしれませんが、そういう好みはさて置いて、注目のブレーキシステムはワンオフで終わらせるのがもったいないくらいの完成度で、見かけだけであんまり効かない海外のディスクブレーキより現実的なストッピングパワーを得られそうだし、リアのアルフィンドラムは恐らくビレットで市販化の予定もないとされていましたが、キャストで現実的なプライスでリリースされたら、更にPCDも130mmや205mmなど複数バリエーションがあって、更に更にフロント用もリリースしてくれたら、ディスク化までは必要としないバネ下軽量化やアダプターを使わずにPCD変更など、VWカスタムの幅が広がると思うので、ぜひ市販化してほしいと願わずにいられません。

私自身もかつてOVALでPCD変更したことがあり、その時はフロントはディスク化、リアは高年式ドラムを加工したのですが、VW5穴ってボルトオンで付くポルシェピッチドラムもないのでオフセット変わらず5穴にそのまま使えるノンホールドラムがあればいいのになぁって思ったものです。

ENDLESSさん、きっと需要ありますよ!

FUJITSUBO製のマフラーも良さそうだしねー。

 

また空冷戻ろっかな(笑)