Hellcrate Engine

SEMA2017でMOPERがHellcrateというV8・6.2リッター・スーパーチャージドHEMIエンジンをリリースすると発表。

Hellcrate(ヘルクレート)とはヘルキャット+クレートエンジンからの造語で、チャレンジー/チャージャーSRTヘルキャットに搭載されているエンジン単体と搭載に必要なパーツをセットにしたものだそうで、最大出力は実に707HPを誇るもの。1976年以前MTモデル用でHellcrateエンジン単体で19530ドルとのこと。

これを使えばビンテージMOPERに載る古いV8を捨て、最新のHEMIエンジンをイージーインストールできるわけです。

アメリカはこういうのよくやってくれますよねぇ。古いクルマでもバイクでも社外パーツだけで1台作り上げられるくらいパーツが充実してるし、メーカー自体もボディシェルをリプロダクトしたり、ビンテージカーへのリスペクト度合がハンパありません。日本でも最近はロードスターやGT-Rでパーツ再販やレストアサービスを始めてたりしますけど、充実度という面ではアメリカの足元にも及ばない。こういうのは文化の違いなんでしょうかね。

我らがVWはパーツの面ではかなり恵まれている方でしょうけど、VW社自体が空冷VWに対して積極的にサポートしようって動きはあんまり感じられない。21世紀の技術で進化した空冷FLAT4エンジンなんか作ってくれたらおもしろいと思うんですけどねー。

 


全固体電池

以前書いた「時代はEVへ?」でも触れたトヨタが開発中の全固体電池。

アメリカのベンチャー「フィスカー」が全固体電池の特許を申請したとの情報がありました。

航続距離800kmで充電時間わずか1分!フィスカーが全固体電池の特許を申請 – Autoblog 日本版

トヨタはフィスカーより先に全固体電池の実用化を目指してるそうですが、フィスカーが申請した特許というのは全固体電池そのもののものなのか、それとも構造の一部とか素材とかなのか、バッテリーを征するものがEVを征するとも言われるくらいEVにとって要となるバッテリーだけに開発競争は熾烈ですね。

で、フィスカーが開発中の全固体電池はフル充電で航続距離が約800km、フル充電までの時間が僅か1分というんですから、実用化に至ればこれまでEVのネックだった航続距離と充電時間の問題が一気にクリア。あとはコストや大きさ、重量がどの程度になるかにもよりますが、半分の400km・充電30秒なんてバッテリーができれば街乗りレベルなら充分だろうし、バイクに積めるくらい小型化できるのであれば距離200~300kmでも充電時間の短さで実用に足るかもしれない。量産化でコストが下がってくれば既存車のEV化も普及するかもしれません。

こうしてバッテリーは進化していくわけですが、忘れちゃならないのは電気を作るシステム。そもそもEVシフトが進んで行く背景にあるのは温暖化対策のためのCo2削減ですから、EVが増えたからと石炭・火力発電を増やしてたら本末転倒なわけで、バッテリーの進化より再生可能エネルギーの普及を先に進めていかなけれ電気の供給が追い付かなくなるかもしれません。もちろん福島第一原発事故を見てもわかるようにハイリスクな原発はフェードアウトさせてもらわないと。

 

全固体電池が手頃になって、空冷VWでガソリンタンク外したスペースに収まる大きさで300km走れるならEV化考えちゃうかも・・・・?

 


そろそろ冬支度?

ついに週間天気予報にも雪だるまマークが出るようになりました。

日曜日の雪、どの程度でしょうかねぇ。

一口に雪って言っても、チラチラ舞う程度なのか、うっすら積もるくらいなのか、ドカッと積もっちゃうのか。

さすがにドカ降りはないと思うけど、山間部では軽く積もる可能性もあるよね。

まだ冬タイヤに換えてないんだけどなー。

Type-3はタイヤすらまだ用意してない。

まぁVWは軽く積もったくらいならノーマルタイヤでも動けるけどね。

それでも油断は禁物。早めに準備しましょう。

 

 

これなら最強なんだけどなー(笑)

 


レギュレーターハンドル

Street VWs JamboreeでゲットしたType-3用レギュレーターハンドル。多少の小傷はあるものの、コンディションとしては良い方ではないかと。

お店の方に聞いたところ、コレは66onlyのハンドルで、その前後ではノブの形や色が違うのでしょうか。よくわかりません。65まではノブの材質が悪くて66以降は改良され、そのため65以前のハンドルはコンディションのいいUsedはなかなか出てこないとも言ってました。根元は65も66も同じなので取り付け自体は問題ありません。

ウチのType-3は購入時に片側がノブが紛失してる状態で、路上復帰までにショップさんのコネクションを駆使して探していただいて、現在は左右共に付いてはいるんですが、元々付いてた方のノブが65オリジナルかはわかんないですけど既にヤバい状態で、ノブが砕ける前に予備が欲しいと探しておりまして、今回無事にゲットできたという次第。

オークションなんかでも探してたんですけど、コンディションのいいType-3用ってなかなか無いんですよね。そのコンディションでどうなん?ってハンドルでも強気のプライスだったり。ハンドルはType-1と共用できないType-3専用パーツで、Type-3用はリプロも社外のカスタムパーツもナシ。65オリジナルに拘らなくてもオリジナルを探さなきゃいけないという、レギュレーターハンドルに限らずType-3ってそんなのばっかり。

スワップミートでType-3パーツ出してた方と話しても「あ~Type-3ってそうですよね」的な返事が多いこと多いこと。「○○を探してる」って言うと「アレはなかなか出ないっすよね~」って。やっぱりType-3経験者は皆さん少なからず同じ道を歩んでるようです。

Type-1や2に比べて絶対的な生産台数が少ないType-3ですからリプロ作っても商業的にアレって事情もわかるんですが、もうちょっと充実してくれるといいんですけどねぇ。

 


Bamboo Leaf Dumpling

Street VWs Jamboreeのイベントレポートをアップしましたのでご興味ある方はこちらからご覧ください。

11th. Street VWs Jamboree | bug unlimited

 

で、レポでも触れている通り、今回のディスプレィテーマが笹だんご。

 

ショーネームにした「Bamboo Leaf Dumpling」

「Bamboo Leaf」は竹の葉、つまり笹ですね。

「Dumpling」は辞書を引くと「小麦粉をねってゆでただんご、果物入り焼き団子」などとなるんですが、団子状のものはDumplingでOKらしい。

で、Bamboo Leaf Dumpling=笹だんご、と。

ただ、笹だんごの英訳としてはたぶんあんまり正確じゃないです。

笹は学術名で「sasa」と呼ばれて世界共通だという話もあるし、leafかgrassのどちらが適しているかという話もあるし、団子もrice cakeやrice ballという表現もあるようだし、いずれにしても笹だんごを見たこともない海外の方に正確に訳すとなると名称というより説明文みたいな訳になりそうだし、そもそも日本独自の食べ物なんだから「sasa dango」でOKという意見もあったり。

まぁ、正確に伝えたいってよりも言葉の雰囲気重視で(笑)

 

もっとも、緑のバリアントを見て笹だんごが頭に浮かんだのは世界でも私一人くらいだろうし、一応ディスプレィ上のストーリーとして、

日本文化に魅せられたオレゴン出身のアメリカ人が日本で和菓子職人として修業を積み、オレゴンに戻って笹だんごを主とした和菓子屋を開業、デリバリー用に選んだのが笹だんごカラーのバリアントだった・・・・

なんてのを考えてたりしたんですが、そんなの誰にも伝わらないわ(笑)

ま、遊びですから。

 

あと、パッケージと一緒に並べたミニパネルは笹福の店内ポップを英語バージョンでアレンジしたもの。

和柄の折り紙を買ってきてヨメさんや娘に折ってもらった鶴やかぶとなどを添えました。

フェイクのもみじも秋らしさがあっていいでしょ?

 

ネタに共感してパッケージ提供など協力してくれた笹福さんには感謝感謝です。

ジャンボリーでは特にアワードもらってませんが、まり豆店長アワードをいただきました(笑)

あ、実際笹だんご食べてみたいって方は笹福オンラインショップでどうぞ。

 

なかなか伝わりにくいディスプレィでしたけど、個人的にはネタ考えたり仕込んだりしてた時間が楽しかったので満足です。

次は・・・・もうちょっとわかりやすいのにしましょうか。