Street VWs Vol.117

Street VWs Vol.117最近はネットでポチばっかりだったのが、タイミング良くショップに行く機会があったので珍しく発売前にゲットです。

 

今回は「キャルルック最新事情2018」ということで、個人的に感じてる空冷VWカスタマイズのトレンドとしてはもう何年も前からGFKに代表されるようなオリジナルボディでオプションてんこ盛りなローライダーまたはレストキャルが王道かなと思いますが、かつてBRMのリプロダクトやEMPIフィーバーで確立したオールドスクールは一定の地位を築いた一方で、80~90年代に流行ったフルカラー・ディクローム・ビレットなどのスタイルは飛び越えて、その後に続いたヴィンテージキャルは現代のGFKスタイルへ昇華していったのに、80~90年代のスタイルはむしろ「恥ずかしい過去」とすら思われてるんじゃないかというほど流行のループに乗れないままでいたのが、ここ1~2年くらいで急に日の目を見るようになった気がします。

私がVWに乗り始めた30年前は正にそんな時代で、ビタローニミラー、ラバーアンテナ、ウインクミラー、MOONDISC、グランツステアリング等のパーツが盛況だった頃。ミニトラックも含めてネオンカラーも流行ってましたね。今号のVintage Accessory Collection Catalogにも登場している透明のディスビキャップやクロームコイルは私も使ってたし、プロカーシートのグレーベロアなんて高くて買えなかったけど憧れたものでした。当時のVW Trend誌に登場するカスタムVWもそんなクルマが多かったように思います。その後ビレットパーツが登場して、ホイールもインテリアもエンジンルームもフルビレットで飾られたハイテックVWも登場したものですが、ハデなカスタムが一段落するとヴィンテージキャルの時代が訪れ、あの頃のスタイルを残すVWを見るとカッコいいとかって言う前に懐かしさがこみ上げてきていたものでした。

しかし最近、これはVWに限らず他のクルマやバイクなんかにも当てはまるように私は感じてるんですけど、あの頃のスタイルが見直されているような気がします。ちょっと前なら恥ずかしかったあのダサさが今のタイミングではカッコよく見えてくる不思議。まぁ、あの時代に生きていたからころ感じることなのかもしれないし、じゃあ自分であのスタイルのVW作るかって言えばしないんだけど(笑)、あの頃の雰囲気をリスペクトしながら現代のエッセンスを加えたアレンジというのは今後、少しずつ認知されていくのかもしれません。

 




Let’s Play VWs Vol.54

Let's Play VWs Vol.54

 

Let’s Play VWsの最新号が発売になっています。

今回はCal Look & Custom VW Selectionということで、国内外のカスタムVWがたくさんピックアップされています。

最近、こういう感じの特集が少なかったような気がするので見ててなんだかワクワクしますね。

冒頭の1958年式のラグトップなんてシンプル&クリーンでとってもステキ。

表紙にもなってるType-3 Chronicleはバリアントオーナーとしては興味津々。

そろそろ秋のイベントシーズンも始まるので、各地のイベントでもたくさんの空冷VWを見たいですね。

 

Street VWs Vol.116

ストヴイ最新号が発売になってます。

リアフードがアクリルの’62 Type-1とか新旧T3比較とか興味深いものもありつつ、ちょいと気になるのがFLAT4からリリースされた新型クーラーKIT。

 

FLAT4 / VWオリジナルスタイル アンダーダッシュエアーコンディショナーKIT センターマウントエバポレーター 12V センターマウント 40HP-ON

 

基本、空冷VWにクーラーはNotと思いながら30年ほどのVWライフを過ごしてきた私ですが、近年の夏の暑さに老体が堪えることや、以前のエバポレーターは後付け感たっぷりで室内の雰囲気台無しだったのが新型で純正オプションのようなスマートさになったことなどで、「コレならクーラーもアリじゃね?」と少し軟弱な気持ちに傾きつつあったりします。

Type-3用は残念ながら今のところ専用品はリリースされておらず、きっとこの先も出ることはないでしょう。

コレならスッキリ付くんですけどねー。

ニーズの少ないType-3のKIT作っても採算合わないですよね。

まぁ、そこまでクーラー欲しけりゃ夏は空冷以外に乗ればいいじゃんって話にもなるんだけど(汗)

 

もうすぐ夏ですね~。

 




Bumblebee

映画「Bumblebee」の予告編が公開に。

Bumblebeeはトランスフォーマーシリーズのスピンオフ作品らしいのですが、トランスフォーマー見たことない私にはさっぱりわかりません(汗)

でも映像を見る限りおもしろそうですね。

 

 

ベースになってるのは’67でしょうか。

日本でも公開になったらVWオーナーさんは子どもたちに「あ、バンブルビーだ!」って指差されるかも。

 

あ、Type-3の私は大丈夫ですね(笑)

 

OVAL Again?

日頃、次に乗るならType-1コンバチと公言してる私ですが、先日のフラバグでカッコいいOVALを何台も見て、やっぱりOVALカッコいいよな~ってちょっと気持ちがグラグラ。

 

 

ねぇ、カッコいいよねぇ・・・・。

 

じゃあ手放さなければよかったじゃんってのは言わないで(汗)

 

もしまたOVAL乗るとしたら個人的にマストな56 or 57。ラグトップは必須ですね。

コンディション面も含めるとかなり個体数が限られるコンバチより、ラグトップ付に限定してもOVALの方がまだタマ数はありそう。

いや、前のOVALの時もなかなか見つからなかったんだけどね。

 

 

ねぇ、カッコいいよねぇ・・・・。