The Complete Book of Cal Look

The Complete Book of Cal Look

ポチってたのが今日届きました。

「The Complete Book of Cal Look」

正直、過去記事の焼き直しとFLAT4の広告の本って感じで目新しさはなかったりするんですけど、逆に、カッコいいCal Look VWは時間軸を超えて今見てもカッコいいってのを再認識させてくれるとも言えます。

セオリーや定義などはありつつ、1台として同じクルマはない。

私自身はあんまり堅苦しいルールに囚われるの好きじゃないし、新しい発想や技術もどんどん受け入れていきたいってスタンス。コレはこうじゃなきゃ!という押し付けなんてゴメンだし、王道のスタイルやパーツチョイスで「カッコはいいけどつまんない」みたいなクルマは創りたくない。それでも基本的なルールがわかってないとそのルールを超えてカッコいい方向に進むことはできないし、この本に掲載されているVWsはセオリーを踏まえつつ、オーナー・ビルダーのセンスをスパイスとして効かせてることで普遍的なカッコよさを手に入れているのかもしれない。

そんな事を思いました。

新潟から唯一掲載されたあのVWも、オーナーさんは私より全然VWのキャリア短いのに、短いからこそなのか持って生まれたものなのか、自由な発想で、それでいてデタラメではなくて、自分にない面白いアレンジにずいぶん刺激を受けたものでした。

自分自身は近く空冷VWを一旦離れることになりそうなんですけど、またいつの日か理想のCal Look VWを創れたらいいなーとも思います。

 

IGNITE Vol.33

IGNITE

IGNITE最新号が出るとは聞いていましたが、今回はわざわざCORE CREWさんがウチまで届けてくれました。

届いたのが今日で、明日から出張に行くからということだったんですけど、気を遣っていただいて恐縮です。ありがとうございます。

 

肝心の中身は毎度の通りコテコテのIGNITEワールド。

いつも期待を裏切らないのが素晴らしい。

で、見所はたくさんある中で私がインパクト受けたのがVWエンジンのバイク「VOLKS-CYCLE」

VWエンジンを載せたバイクと言えばアマゾネスが有名ですが、この VOLKS-CYCLE はアマゾネスベースではなくイチからのワンオフ。フレームはオリジナル設計でエンジンはType-3ベースの2054cc、ミッションはモトグッチV11にBMW K100のシャフトをドッキングと、他車流用しつつももはやベースが何なのかって言えないくらいレベル。リアアクスルにBMWを使ったことでスイングアームは片持ちで、ホイールはVW用のCenterline 3.5Jを使っていたり、キャブは48IDA、点火はMSDと、VW乗りには興味深いディティールがてんこ盛り。

ビルダーはバイク乗りであると同時にVWフリークなんだろうな・・・と思うのですが、残念ながら製作したショップやビルダーの情報がない。

ってことはプライベーターですか?

このバイク、ぜひ一度現物を拝見させていただきたいですね。

 

モロゾフVWチョコレート

モロゾフVWチョコレート

またこの季節がやってきましたね。

モロゾフでは今年もVWモチーフのチョコレートが発売。

そして今回の注目はこれっ。

モロゾフVWチョコレート

空冷VW乗りならみんな知ってるスペアタイヤセンターにセットするツールボックスがパッケージとなったチョコレート。

これ、かなり欲しいかも。

あとはいつものバリエーションでミニカー入りやかわいいパッケージのものなど一通りラインナップ。

家族が期待できない私はまた自分でゲットかな~(汗)

トヨタ86/スバルBRZで大規模リコール

スバルが86/BRZに搭載のエンジンでバルブスプリングの不具合で近々リコールを届け出る、というニュースがありました。

リコール対象は海外販売分も含む数十万台にも及ぶらしく、これまでの不正検査問題への対応と合わせてスバルの経営にかなりの影響を与えることになりそうです。

86/BRZのエンジンはスバルが誇る水平対向エンジン。クランクをセンターに左右にシリンダーが伸び、その先にヘッドがあるわけで、直列エンジンのようにボンネット開けたらすぐヘッド、という形ではないので、車載状態でヘッドをバラすのは作業スペース的に難しいそうです。となると、最低限エンジンは降ろさないといけなくて、DOHCだとバルブスプリングを換えるにはヘッドカバーを外して最低でもカムシャフトは外さないとバルブスプリングにはアクセスできませんから、1台のリコール対応だけでもかなりの重作業。もしそれなりの走行距離の車両だとバルブ廻りで交換した方がいい部品が発生してることも考えられるので、リコール対象じゃないところまで作業が及んだらこれまた大変な作業だろうし、どこまでメーカー負担でどこからユーザー負担なのかもトラブルのタネ。リコール作業を行うにしても、スバルのディーラーなら水平対向エンジンの扱いは慣れてるかもしれないけど、トヨタのディーラーでも対応できるものなのか、海外のディーラーではどうなのか、はたまたスバルのディーラーですら対応できる範疇を超えているのか、内容が内容だけに対応が難しいですねぇ。

でも、86/BRZって結構エンジン回すケースが多いクルマなのに、バルブスプリングのトラブルが起きてるって聞いたことないんだけどなぁ。何が悪いんだろ?

この時期を書いてる時点でまだスバルから公式発表がないので、ガセネタじゃね?なんて話もあるようですかどうなんでしょう。

いずれにしてもスバルブランドも落ちていくばっかりですねぇ・・・。

 

これが空冷VWならエンジン載せたままヘッドに容易にアクセスできるし、タペットカバー外せばすぐにバルブスプリングとこんにちはなのでスバルに比べたら作業は圧倒的にラクですよね。慣れてるメカニックなら左右で30分、かかっても1時間くらい?水廻りもないからサクッと終わりますね。

嗚呼、空冷VWってやっぱ偉大(笑)




台風24号

なんだか今年はやたら台風が多いような。

非常に強い勢力の台風24号がこの週末に日本を直撃しそうな予報です。

土日は各地でイベントが予定されていましたが、30日のFLASH BUGS RALLYは中止が決定(延期開催の可能性はアリ)、All Odds Nationalsは天候に関係なく開催が決定と、イベントによって対応はマチマチのようです。まだ対応が発表されていないイベントもありますので、参加予定の方は主催者にご確認ください。

で、開催されるにしてもあんまりムリはなさらないように。

今年は各地で台風による豪雨災害が起きてますし、今回の台風24号がどの程度の影響を及ぼすのかまだ未知数ですけど、浸水・強風被害が起こる可能性は否定できませんので、気象情報や自治体の発表する情報も小まめにチェックするようにし、状況によっては参加を取りやめる勇気も必要。せっかくの楽しいイベントが苦い思い出になるのはイヤですもんね。

 

沖縄県知事選も気がかりですね。

一部の地域では投票日が繰り上げられる等の対応が取られてますが、沖縄は警報級の影響が出るかもしれないという予報がありますので、投票率にも少なからず影響は出るでしょう。

 

新潟はどうかなぁ。

台風が来る度に、いつか屋根のソーラーパネルが吹っ飛ぶんじゃないかと戦々恐々なんですけど(汗)

何事もなく通り過ぎてくれることを祈るばかりです。