清津峡

昨日は前からお友だちに「いいよ」と聞いていた清津峡にType-3で行ってきました。

せっかくの紅葉時期だし、単に目的地まで行くだけではつまらんと山を経由して行ったらすげー時間かかりました。新潟市から十日町まで下道で行くのは結構大変だったんですね(汗)

しかしその甲斐あって道中の山道は紅葉もキレイで、いいドライブになりました。

で、お昼過ぎた頃に到着した清津峡。国道から清津峡まで続く道に入った途端に大渋滞で、これは駐車場に着くまで相当かかるだろうと、途中の閉鎖されたお店の前にクルマを置いて徒歩で清津峡まで。これがまた結構な距離で30分くらい歩いたでしょうか。それでも同じくクルマで清津峡を目指していた方のツイートでは駐車場まで1時間くらいかかったそうなので、歩いて正解だったかもしれません。歩きながらの景色もなかなか良かったですし。

そしてようやく到着した清津峡。想像していたより壮大なスケール、荒々しい岩肌、透き通る清流、そして見事な紅葉と、素晴らしい景色が堪能できました。

 

清津峡

清津峡

清津峡

清津峡トンネル

清津峡トンネル

清津峡

 

清津峡トンネル最終地点には水鏡の演出がされているのですが、さすがの人出でインスタに上げるような景色独り占めな写真は撮れませんでしたねぇ。

渓谷は節理と呼ばれる独特の岩の表面が特徴で、以前だったら「へぇ~」で終わってたところなんですけど、ブラタモリを見るようになってからにわか地質知識が芽生えてきたことで、タモリだったらこの岩肌を見てどんなウンチク語るかな、なんておもしろく見れました。いつかブラタモリ来てほしいですね。

で、クルマ置いた場所から歩いて、さらにトンネルも歩いて、よく考えたら帰りもまた歩かなきゃで、久しぶりにこんなに歩きましたよ。それでも歩いてでも見る価値はあったかと思います。まだ行ったことない方は一度は訪れてみてはいかがでしょう。

 

Type-3

 

雲ひとつない晴天の青、紅葉の赤・黄、Type-3の緑と、賑やかな色調はこの季節ならでは。

次はバイクでも行ってみたいですね。




あと1週間

受理書

本日、Street VWs Jamboreeのエントリー受理書が届きました。

気付けばもう来週の日曜なんですよね。

準備、なんもしてねぇ~(笑)

まぁ特に準備らしい準備もないんですけど。

とりあえずお天気がいいといいですね。

お台場でのラスト、楽しみたいと思います。




SUPER SLOT WHEEL

SUPER SLOT WHEEL

いつの間にかFLAT4でリリースされてたんですね。

いわゆる南アフリカスプリントスターとも呼ばれるRostyleホイール。

オリジナルはスチールで5Jだったかな?このリプロはアルミで5.5Jです。

 

Type-3のホイールを考えた時に、このホイールも候補にはありました。

が、その頃は海外でリプロが出たのは知ってたものの国内には入っておらず、ヨーロッパ経由で手に入れられそうな感じではあったんですけど定かではなかったので見送ったんですよね。

結局Type-3はSMWに落ち着いたわけですが、SMWが5Jの+21で、このホイールは5.5Jの+14ですから微妙に外に出ますよねぇ。タイヤにもよるでしょうがギリギリアウトなくらいかも。一応FLAT4の商品案内ではType-3も対象になってますけど、Type-3って中も外もクリアランスが結構シビアなんですよね。

数量限定とのことなのでレギュラーラインナップにはならないのかな?

11月のジャンボリーでは装着車がいっぱいいるかも~?

ぜひType-3オーナーさんもチャレンジしてみてください。参考にしますので(笑)




rainy day

昨日はType-3で仙台まで行ってきましたよ。

イベントの様子はHPにレポをアップしたのでお時間ある方はどうぞ。

SENDAI STREET BUG FESTIVAL|bug unlimited

 

レポにもあるように、昨日は一日中雨。

山形ではちょっと止んでた時もあったので少しは期待してたんですが、仙台は最初から最後までずっと霧雨でした。

まぁ、災害レベルの大雨よりはいいですけどね。

HPには上げてませんがジャズフェスも雨の中がんばってました。

ジャズフェス

この雨でも演奏目的でいらっしゃる方が大勢いまして、VW目的じゃなくても並んだVWに興味を示す方も結構いました。写真バシバシ撮ってた人もいたのでSNSでアップされてたりしたのかなー。

 

Type-3

お天気は残念でしたけど、1年ぶりにOVALに会えただけでも来た甲斐があります。

仙台往復ドライブもPRA気分で楽しかったし。

スタッフの皆さんも雨の中おつかれさまでした。

来年は晴れて~~~っ。