灼熱クルーズ

14日の土曜日はスポーツスターで奥只見まで行ってきました。

あ、正しくは奥只見の少し手前までですね。

枝折峠

通常、奥只見へ行くには奥只見シルバーラインを通っていくんですが、残念ながらこのトンネルはバイクが通行禁止。通ったことある方ならおわかりでしょうが、トンネル内はずーっと水で濡れてるので仮に通れたとしてもバイクでは好き好んで走りたくはないトンネル。なのでシルバーラインではなく隣を通るR352で行くんですが、地図で見てもわかるようにタイトコーナーが続く難所でして、大型バイクで行くと大変だろうなぁというのはわかっていながら前から一度は行ってみたかったところだったんですね。

で、実際に行ってみたら思ってた通りでした(笑)。どちらかと言えば大型よりも250ccオフとかの方がいいですね。狭いし所々濡れてたり砂が浮いてたり、大型で行ってもあんまり楽しくありません。

枝折峠

写真は奥只見湖までの中間ほどにある「枝折峠」。ここまで登ってくるとちょっと肌寒くて標高の高さを感じます。この先をもっと進むと奥只見湖、そして県境越えとなるのですが、ネットで調べた事前情報では枝折峠より先はもっと過酷ないわゆる「酷道」らしいので私はここでUターン。

クルマが結構停まってましたけど人がさっぱりいなかったので、このクルマは登山の方々でしょうか?あとロードバイク(自転車ね)も結構いました。

スポーツスター

山を降りてからは海へ向かって柏崎まで出て、そこからはずっと海沿いを走って帰ってきました。奥只見に向うまでも山道を通ってきたんですが、朝が早かったおかげで割と涼しかった(ただし走ってる時だけ)んですが、降りた頃には暑さもピークになって山道でも街中でも海沿いでも暑さとの戦い。この3連休は暑いところで39度にも達したなんてニュースで言ってて、それに比べたらたぶん33度くらいの新潟はまだマシなんでしょうが、バイク乗るには酷でしたねぇ。途中、コンビニに寄って飲むアイスコーヒーの美味しいこと!最近イートインのあるコンビニ増えてるじゃないですか。あそこで2時間くらい休んでいたい気分でした。

 

これだけ暑さが堪えてながら翌日の15日はカブで出動。いつでも帰ってこれるように市内をウロウロしてました。

スーパーカブ

スーパーカブ

スポーツスターだろうがカブだろうが暑いのは同じ。エアコン効いた涼しい部屋で大人しくしてりゃいいものを、暑いのわかっててどうしてバイク乗るんでしょう。この日もコンビニにいっぱいお世話になりました。イートイン最高♪

 

次の日曜日はビッグスワンで越後カブ主総会です。この暑さはしばらく続くようで、次の日曜も暑そうですねぇ。エントリーされてる方、見に来る方、暑さ対策しっかりして楽しみましょう。

 

スーパーカブ C125

スーパーカブオーナーなら気になる方も多いはず。注目のスーパーカブ C125が9月14日から販売開始になります。

パッと見た印象は紛れもなくスーパーカブ。しかしベーシックなカブに比べて高級感がハンパない。

エンジンはモンキー125と同じグロム系の125cc。ヘッドライト以外にもウインカーやテールランプもLED。デジタル併用のメーター。切削加工が施されたキャストホイールにフロントディスクブレーキ。スマートキーシステムなどなど、これがカブなのかと思うくらいの豪華装備の数々。

初代C100をモチーフにしながら、初代とは別次元の新時代カブです。

正直、カブにここまで必要なのかという気も・・・(笑)

 

個人的に気になるのはこのC125とベーシックなカブの存在意義。

ベーシックなカブは50ccと110ccがラインナップされていて、これが50ccのみというなら125ccの意味はあるし、C125が150ccとかだったら免許や税金面などで大きな差になるので110ccとの住み分けができるけど、110ccと125ccではカブ同士でユーザーの奪い合いをすることになるんじゃないでしょうか。

まぁ、先ほど書いたようにC125はベーシックなカブと比べ物にならない高級カブですので、一口にカブと言って同列に比較するのもお門違いなのかもしれませんが。

プライスはスーパーカブ110が275,400円、スーパーカブC125が399,600円(共に税込)とその差は10万以上。あれだけの豪華装備なら納得の価格差ではあるけれど、カブユーザーへの希求力として価格差を超えるだけのニーズが得られるのか。ちょっと心配になってしまいます。

でも、もしかしたらホンダとしてはC125が商業的に成功しなくても別にいいのかもしれません。カブ60周年、生産1億台、ホンダの原点とも言えるカブにとって記念すべきタイミングで開発した新時代のC125は「作った」という事実だけでも充分なのかも。

 

ちなみに、国内では冒頭に載せた写真、初代オマージュの「パールニルタバブルー」の1色のみのラインナップですが、生産されるタイではこれにもう3色加えて計4色のラインナップがあります。

せっかくなら国内でも4色ラインナップすればいいのにね。

 

Cubセッティング

タイトルが正しいようで正しくないような(笑)

90エンジンに積み替えた際にクリップだけ調整しておいたキャブは、まだ微妙に濃い感じだったのでメインジェットを変えました。

バイクのジェット交換ってめんどくさいよねぇ。

いちいちフロート室外さなきゃだし、その度にガソリン垂れるし、IDFならエアクリ外して上からジェット外せるのになー。

ということで、何度もやりたくないので手持ちのジェットで一番小さいのに変更。107ccから85ccまで下がったんだからまぁこれくらいでしょう。試走すると結構いい感じだったので一発で終了。っていうか、かなりアバウトでもそれなりに走るな、あのキャブ。突き詰めたところでさほど速くなるわけじゃないし、そこまでやりたいならPC20行くわ。

たぶんOKということで、仮にカブラにしてたレッグシールドも戻しました。

・・・・キャブセッティングはとりあえずOKになったんだけど、試走してる間にリアの木箱、壊れて底が抜けちゃいました(笑)




カブ、エンジン載せ替え

エキゾーストスタッドボルトを直して準備OKとなったカブ90エンジン。

「近々」と言いながら早速今日載せ替えてしまいました。

 

まずはカバーやマフラーなど外していきます。

 

ここくらいまではサクサク進みます。

 

ジャッキにかけてマウントボルトを抜けばもう中華摘出完了。

キャブはそのまま使うのでマニから外しただけ。

 

そして90エンジンを搭載。

あとは外した逆の順番で組み付けていくのみ。

 

と思ったら中華のマニだと高さが足りない。同じようなエンジンに見えて微妙に寸法違うんですね。

 

90エンジンに付いてきた純正(?)のマニに変えたらドンピシャ。マニとキャブの接続も無問題。

 

残りのパーツも組み付けて、エンジンオイルを入れたら載せ替えは完了。

オイルを回すために何度かクランキングさせてから、イグニッションONでキックを降ろしたら何事もなかったかのように一発でかかりました。

レッグシールドを付ける前にこの状態でテストラン。若干濃い感じだったのでクリップ1段下げました。

 

キャブはまだ調整の可能性があるので脱着がイージーなカブラレッグにして、これにて90エンジン載せ替え作業は完了です。

ここまでで約2時間半くらい?慣れてる人なら1時間もあれば終わりそうな作業ですが、なにせ腰痛持ちなもので続けての中腰作業がキツイので、休憩挟みつつ(そっちの方が長い?w)それでもこれくらいで終わっちゃうのはカブの良さですねぇ。

 

で、今のところ近所を走った程度ですが、90エンジンなかなかいいんじゃないでしょうか。

ノーマルなのでフィーリングは普通のカブと変わらないのは当たり前として、107ccから85ccに減った分、やっぱりパワーは低いです。でも60km/hくらいまではさほど大きく変わらないくらいだし、60km/hを超えてくると107ccとの差を感じますが、セッティング次第ではその差を多少は縮められるかも。ミッションも中華の4速から3速になったわけですけど、確かに加速の面では4速の方に分があるとは思いますが、普通に街乗りする分にはたいした差でもなく、むしろギアチェンジの回数が減るのでラクなくらい。きっと坂の多いシーンなんかでは3速に不満が出るんでしょうね。

キャブについては載せてから考えるつもりだったんですけど、今までの中華キャブがほぼ未セッティング状態で普通に走っちゃったので、このまま使ってもいいかなーって気がしてます。でも、ホンダ純正になったことで豊富な社外チューニングパーツが使えるメリットが生まれたんですから、社外のビッグキャブ、あるいはマイルドなハイカムくらい入れてみてもいいかなぁ。クラッチ強化が必要になってくるレベルだと泥沼行きなので、そこまではするつもりありません。

 

さて、降ろした中華107ccはどうしよっかな。

 

カブ90エンジン

ずいぶん長いこと探していたカブ90エンジンをようやくゲットできました。

走行約20000kmで降ろす直前まで使ってたとのことなのでまだまだ大丈夫でしょう(たぶん)。

写真はロングブロックだけですがキックアームやチェンジペダルもあります。キャブはオマケで中華のが付いてきましたけど使えるかは不明。恐らく純正エアクリに接続はできないと思われるのでキャブは今の中華をそのまま使うか社外に変えるか載せてから考えます。

探しながらずっと見てると、オークションに出品されてるのはセル付の90カスタム用エンジンが多めな印象ですね。丸目のC90は車体そのもので需要が高いのに対し、カスタムは全体的な需要としては低めなのでバラしてパーツで出されるケースが多いのかも。セル付でもレッグシールドをカットすれば載るハズなので私はどっちでもよかったんですが、今回ゲットしたのはセルナシの方。ここ1年くらいの平均相場からすればちょっとお安く手に入れることができました。

で、どうして安かったかというと理由はコレ。

エキゾーストのスタッドボルトが片っぽ折れてました(それは承知の上で)。救出しようとドリルで揉んだような跡もありますね。少しでも頭が出てればバイスで挟んで救出できたのかもしれませんが、こうなると素人にはお手上げなので素直にプロに頼みました。

外すのは折れた方だけでよかったのにナゼか両方外されてたので、2本ともPOSHのステンスタッドに交換。頭がヘックスなので付けるのはただの長ボルトの純正より簡単ですね。

あとは中華を降ろして90に載せ替えるだけ。ノーマルに戻すようなもんなのできっと中華に載せ替えるよりは簡単だよね?

天気と時間を見て近々載せ替えます。