20000km

スポーツスター

先日、スポーツスターのオドメーターが20000kmを超えました。

ホントは20000kmピッタリの写真を撮るつもりだったのが、スポ乗りの方ならわかっていただけると思いますがタンク容量の少ないスポではトリップ表示が常なので、もうすぐ20000kmだとわかっていたのについ見逃してしまったのでした。

30000kmの時、リベンジしよう(笑)

 

さて、4年前に我が家に来た時は約4500kmでしたので、4年で約15000km、年間平均だと4000km弱ですね。まぁ乗る人から見たら少ないと思われるんでしょうけど、近年の私のペースではまぁまぁ乗ってる方だと思います。それほど頻繁に遠出できるわけじゃないし、お散歩レベルだと1回100km前後なので、年に30~40回くらいお散歩してると思えば・・・ん、そんなに多くはないか(汗)

これが北海道1周とか九州1周とかできればガーンと距離を伸ばせるんでしょうけど、毎年「今年こそは」と思いつつなかなか行けてない現状ではこの先ものんびりペースといったところでしょうか。

 

しかし20000kmを超えてもトラブルらしいトラブルを起こさないスポーツスターって丈夫。大陸生まれのハーレーにとっては20000kmなんてナラシレベルの距離ですからね。この先5万でも10万でも走ってくれそうな気がするし、実際走っちゃうんだと思います。で、4年で15000kmを走っても飽きっぽい私が全然飽きることのないスポーツスターの楽しさ。この先、年齢を重ねていって体力が落ちてくるとスポの重さがキツクなってくることがいずれあるんじゃないかとは思ってますが、現状でスポから乗り換えたいと思えるバイクにも出会っていないので、セカンドバイクのカブはまぁそれとして、スポに乗ってられる間は乗っていたいし、持っていられるならずっと持っていたいと思わせてくれる良き相棒。

これからも末永くよろしくです。

 

スポーツスター




Twilight Run

しばらく続いた雨模様も一段落したのか、昨日の日曜日は終日いいお天気でした。

ということで、買い物やら用事を済ませてから夕方にちょっとだけスポーツスターで出撃。

海沿いを経由してシーサイドラインまで・・・行きたかったところでタイムアウトとなりシーサイド入口で引き返してきました。

雨続きで最近全然乗れてなかったので、昨日はあまり長い時間は乗れなかったにしてもまぁまぁ満足です。

 

スポーツスター

 

今週は超強力な台風21号が接近中。

今年と言わず、ここ数年で最強レベルの強さらしいのでまた災害が心配です。

バイクも台風過ぎるまではまたおあずけですね。




スポーツスターのタイヤを考える、2

今日は胎内市で40.8℃、三条市で40.4℃、新潟市中央区で39.9℃、東区でも39.5℃と、いずれも観測史上最高気温を更新するという暑さ。しかも北陸で40℃を超えるのも観測史上初だそうで、これだけ暑いとさすがにバイクに乗ろうという気分にはなりませんね(汗)

 

そんな暑さの中、この前から考えているスポーツスターの次期タイヤ、まだ決めてません。

この前挙げたF17&K527、そしてBATTLECRUISE H50の他に気になってるのがPIRELLIのNIGHT DRAGON。

PIRELLI NIGHT DRAGON

ナイトドラゴンはハイグリップのスポーツデーモンよりロングライフに振ってるそうで、グリップとライフのバランスがいいとなかなかの評判。

パターンはクラシカルではないけどBT45よりはスポーツスターに似合いそう。見た目と性能のバランスでは今のところ最有力候補かも。

 

あとはハーレーでは定番のMICHELIN COMMANDER II。

MICHELIN COMMANDER II

コマンダー2は定番だけあってこのタイヤもあまり悪い話を聞かないし、ライフがリアで30000kmもつというウソかホントかって話もあるのでライフ重視なら選択肢に入れたいところなんですけど、さすがにパターンがイマドキ過ぎるところが二の足踏むところですね。

 

あとはルックス的にDUNLOPのK300GPもいいなぁと思うのですが、グリップ最高の代わりにリアは5000kmくらいしかもたないというので懐事情を勘案するとパスかなぁ。




スポーツスターのタイヤを考える

スポーツスターのタイヤがそろそろ交換時期が近い。

で、次のタイヤはどうするかって考えてると、これがまぁエンドレスで結論出ない(笑)

今、履いてるバトラックスBT45はそんなに悪くはないと思うし、純正のD401に比べたら格段にいいとは思うのだけれど、現代風のトレッドパターンがどうにも私のスポーツスターには似合ってないように思っていて、性能はスポイルしたくはないが、もう少しクラシカルなパターンのタイヤにしてみたい。

この前お会いしたアイアンさんはDUNLOPのF17・K527というコンビネーションで、オーナーさん曰く「普通に走りますよ」とのこと。

 

DUNLOP F17

▲F17

 

DUNLOP K527

▲K527

 

まぁBT45に比べたらクラシカルと言えばクラシカル。

実際、BT45の性能をフルに使うような走りをするわけじゃないし、どうにもならないアジアンタイヤは論外として、そこそこグリップすれば十分で、あとはライフがそこそこ長けりゃいいくらい。

昔からあるタイヤなのでたぶんプライスもそこそこだと思うので、一度試してみる価値はあるかな?

 

BATTLECRUISE H50

 

あと、見た目は全然クラシカルではないけど気になってるのがブリジストンがハーレー向けにリリースしたBATTLECRUISE H50。

謳い文句が「摩耗ライフ」「ハンドリング」「乗り心地」ということで、仮にまたBT45を履くくらいならコイツを試してみたい感じ。

しかし、バトルクルーズって、もっと落ち着いたネーミングできなかったのか(笑)なんだかヤングマシン的な子どもっぽさを感じてしまうのは私だけでしょうか。

 

あとはピレリやメッツラー、ミシュランにエイボンなど、スポーツスターに使われる定番タイヤはいくつもあるんですけど、ネットでインプレッション読んでもそれぞれで全然違うこと書いてたりして、タイヤの印象ってすげー主観的すぎてインプレッションはあんまりアテにならないですね。

また主治医と相談しよ~。




バイクの日の出会い

昨日は胎内にGATTA NEW RIDEを見に行ってきました。

レポはHPにアップしてありますので、おヒマな方はご覧ください。

GATTA NEW RIDE 2018

 

で、昨日は8/19で「バイクの日」でもありまして、だからというわけではないんですけど胎内へはスポーツスターで出撃しました。

 

スポーツスター

 

行きはまだ気温も高くなくて気持ちよかったですね~。

ウチから胎内までは約45km、1時間くらいで軽く走るには調度いい距離です。

GATTA NEW RIDEの会場ではカブ主さんともお会いして、だったらカブで行けばよかったかなぁと思いつつ、帰りに立ち寄ったコンビニではスポで行ってよかったと思う出会いが。

 

スポーツスター

スポーツスター

 

小千谷から来たというアイアン。もちろん知らない方です。80何年って言ったっけなぁ。忘れちゃった。

シートとウインカー、エアクリ以外はキープストック。ウインカーもいずれ純正に戻したいとおっしゃってたくらいのストック派で、色々と好みが合いそう。

クルマでもバイクでも古いの乗ってる方は新しい年式を見下すようなタイプがややいたりしますけど、この方は全然そんなことなくとってもフランク。「跨ってもいいですよ」なんて言われて、それは丁寧にお断りしましたが、貴重なアイアンをまじまじ拝見できて、スポで来てラッキーでした。

リフレクター付のアウターフォーク、クラシカルなフルフェンダー、後ろに垂れ下がったフェンダーストラットなどなど、私の好きなディティール満載。アイアンでもエボでもスポーツスターのストックシルエットってとってもステキ。タイヤチョイスも参考になります。

気付けば結構な時間お話しさせていただいて、有意義なひと時でした。

このブログをご覧になることはないと思いますけど、またどこかでバッタリ会えたらいいなと思います。

楽しいお話、ありがとうございました。