新型ジムニー試乗

昨日、午後からちょっと時間があったのでヨメさん連れて新型ジムニーの試乗にディーラーまで行ってきました。

用意されていたのはジムニー・ジムニーシエラ共に最上級グレードのXC、ミッションはどちらも4ATでした。最初はジムニー、続いてシエラと立て続けに試乗されていただきました。

個人的な印象、と前置きをした上で新型ジムニーに感じたのは良く言えば「落ち着いてる」、悪く言えば「鈍」ということ。一応以前に先代ジムニー(JB23)にも乗ってたことがあるのでどうしてもそれと比較してしまうのですが、乗ってた先代ジムニーは5MTだったせいもあるのか結構軽快な印象があったのが、新型は全体的に重ったるい感じ。ステアリングダンパーが追加されたステアリングフィールはかなりしっとりとして、フレームが強化されたせいなのか乗り味も重厚。先代のバタバタした感じはありません(ゴツゴツはする)。ジムニーとシエラのトレッドやタイヤサイズによる違いは試乗レベルではあまり差を感じませんでした。4ATは踏んでもさっぱり前に進まず、これは前にちょっとだけ乗る機会のあったJB23のATでも感じたんですがATは非常にマイルドでこれは新型になってもあまり変わらず、シエラはさすがに1500ccの余裕があるだけ加速は多少マシですが、普通のクルマに比べたらかったるいと感じてしまう方が多いのでは。後席に営業さんを乗せてたのであんまりアクセル踏めなかったので、ホントはもう少し思い切って踏んでみたかったところでした。

ただ、それらを差し引いてもこの中に不整地路や雪上での圧倒的ポテンシャルを秘めていると思えば全然アリでしょう。これが初めてのジムニーって方はもしかしたら面食らうところもあるかもしれません。でも、それがジムニー。多くのSUVと名乗るクルマたちがどんどん軟弱化していく中でジムニーがジムニーであるべき姿でいることはそれだけで価値があるんじゃないかと思います。

室内の進化はより強く感じますね。先代も後期はインパネの意匠が変わって前期より現代的に変わってましたけど、新型は軽自動車クラスとしては質感も悪くないと思います。立ち上がった前ガラスからの眺めも最初は狭く感じるのが慣れてくると適度な包まれ感で悪くないです。

私が乗るなら、もしATで選ぶなら断然シエラ、軽で選ぶならMTでしょうかね。できればシエラの5MTにも乗ってみたいところですが、残念ながら新潟県内のスズキディーラーではシエラの5MTの試乗車はないみたい。実際、近年のジムニーユーザーはATを選ぶ方が多いそうなのでシエラのMTなんてあんまり需要ないでしょうしねぇ。

 

ジムニー 缶バッジ

 

試乗したら記念品の缶バッジを頂きました。

冗談で雪が降った頃にまた試乗しに来ますと言ったら営業さんは「ぜひぜひ」と言ってくれたので来年の1月とか2月あたり、大雪降ったタイミングでまた試乗したいと思います(笑)




ジムニー vs ジムニーシエラ

ジムニー

新型ジムニーの受注がかなり好調のようです。

既に納車まで3ヶ月、いや半年、いや1年以上なんて話も出てたりして、注目度の高さが伺えます。

で、意外と好評なのが普通車版のジムニーシエラ。絶対的な台数比は軽自動車のジムニー圧勝なのは当然としても、先代と比べてシエラのオーダーがかなり多いそうです。

新型ジムニーとシエラを比べて見ると、個人的にはオーバーフェンダーが付いたシエラの方が全体のバランスが良く、シルエットが自然に見えます。対して軽のジムニーはシエラをムリヤリ軽規格に収めたような感じがしてやや貧相に見えます。実際にはオーバーフェンダーの有無と前後バンパー以外のボディそのものは両車共通なのに、ここまで印象が違うのか、と思ってしまいます。先代ではまず軽のデザインありきでムリヤリ普通車版に仕立てたシエラはややバランスの悪さを感じてましたが、新型はシエラありきでデザインがスタートしていたのかもしれません。で、今回はシエラのデザインが思いのほか良かったので軽ではなくシエラを選ぶ人が増えたのかもしれませんね。私もセカンドカーとしてなら軽ですけどメインで乗るなら税金や車両価格の差を差し引いてもシエラを選ぶと思います。

ただ、ジムニーの納期もさることながらシエラの納期もかなり待つらしい。

軽のジムニーの月間生産台数が2000台に6000台以上(一説では2万台!なんて話も)のオーダーが入ってるというウワサに対し、シエラは月間生産台数が僅か100台!シエラのオーダーが3000台を超えてるというウワサもあって、それがガチなら今すぐオーダーしても単純計算で2年半待ち!いくら国内需要が軽メインでもシエラは海外でも売るんだから生産計画が甘すぎじゃないですか?2年半後には3型が出てて特別仕様車もあったりボディカラーも変わってたりするんじゃない?

巷ではオーダーストップになるんじゃないかという話もあるそうで・・・。

スズキは嬉しい悲鳴ですね。

増産なるかなー。

 

Type-3売れたらシエラでもいいかなーなんて思ってましたけど、3年後くらいにまた考えます(笑)

 

新型ジムニー、リリース

新型ジムニーがいよいよ今日から販売開始。

ということで、早速近くのディーラーまで見に行ってきました。

が、ディーラーですら入荷してたのが軽ジムニー1台のみ。最上位のXC・ジャングルグリーン・5MTで、今後試乗車にする予定とのことでしたがまだナンバー付いてなくて試乗はできず、他の色やシエラも見ることはできませんでした。

現物見た印象は良かったですよ。下廻りの防錆処理とかちょっとチープな感じもありましたけど、そもそも高級車じゃないし、歴代ジムニーも似たようなもんだし。JB23より立ったAピラーは室内の圧迫感がJBより緩和されてる気がするし視界もいい。カクカクボディのお陰で全体的に車両感覚掴みやすそう。

まぁ、何よりジムニーがジムニーとしてのDNAを引き継いでくれていれば細かいことはどうでもいいです(笑)

 

 

今後、社外パーツもどんどん出てくるでしょうから、これから楽しみですね~。

 

できればこの機会にJB23の中古が値下がりしてくれることを期待したいところですが、30年近く前のJA11ですら強気なプライスがつくジムニーなのでJB23もまだまだ高値安定といったところでしょうか。

 




ジムニーロング

間もなくリリースになる新型ジムニーはかなりの注目を集めているようで、実際私も結構気になってますし、店頭に並んだら見に行こうと思ってます(買わないですけどね)。

で、早くも海外も含めて新型ジムニーのカスタマイズシミュレーションのCGなんかも作られてたりして、いくつか見た中でいいなと思ったのがコレ。

 

 

実際に4ドア版が出るという情報があったのかは定かではありませんが、シエラをベースにホイールベースを伸ばした4ドア版ジムニーってあったら結構な需要があると思うのは私だけじゃないハズ。

実は新型ジムニーの全貌がまだおぼろげだった頃、新型はワイド版が出るんじゃないかという気が個人的にしてました。軽のハスラーに対する普通車のクロスビーのような基本的な意匠は共通で幅の違うボディという手法。スズキは以前からそういうクルマをいくつか作ってきましたもんね。シエラはバンパーやオーバーフェンダーで数値的な全幅は軽ジムニーより広いけれどボディ自体は共通なので室内寸法はまったく同じ。海外でも売られているジムニーにカラダの大きい外国人では狭すぎじゃないかなぁと思うので、これまでのモデルでボディ自体は共用してきた軽と普通車のジムニーもそろそろワイドボディを投入してもいいんじゃないかと。軽とボディ共用にこだわらなければロング版出してもいいんじゃないかと。ま、結果として私の予想は外れてボディは共用のままだったわけですが。

そもそもジムニーの大きな魅力は卓越した走行能力とコンパクトなボディ。主力の軽ジムニーも軽自動車という税制上のメリットもさることながら、オーバーフェンダーの付かないナローなボディというのも選択する理由の一つだと思うので、ワイド版なんか出した日には「こんなに幅のあるのはジムニーじゃない!」とジムニーフリークからブーイングが起きるかもしれません。

が、ジムニー購入層はそんなガチのジムニーフリークより雪道や不整地路を安心して走りたいからという理由で選んでる人の方が多いと思うのです。雪国新潟ではジムニーやパジェロミニ乗ってる人、多いですもんね。ただ、ジムニーは小さく、2ドア故にファミリーカーとしては使い辛いので、エクストレイルやC-HR、ヴェゼルなんかを選ぶ人も多いんじゃないかと思うのですが、アチラはFFベース・モノコック・3ナンバーと同じ4WDとは言ってもジムニーとコンセプトがまったく異なるナンチャッテSUV。ジムニーと並ぶ本格派4WDとなるとあとはランクルくらいしかありません。

少し前まではダイハツ・ビーゴ/トヨタ・ラッシュなんていうコンパクトな普通車4WDがあったし、もう少し前にはパジェロに5ナンバーサイズのイオなんてのもありましたが、今はこのクラスのSUVは空白状態。C-HRやヴェゼルはエンジンが1500ccで税制上は3ナンバーのデメリットを受けませんが、道幅が狭くなった雪道ではあの幅がムダ。スズキにはエスクードもありますが、モデルチェンジの度に骨抜きになって現行モデルはラダーフレームも廃止されて普通の生活4WDになってしまいました。

なので、ジムニーのワイド&ロング版ってジムニーとランクルの間を埋める本格クロカン車として需要があると思うのですよ。「ジムニーが4ドアだったら欲しいんだけどなぁ」って思ってる人、絶対いるから。大きくなったジムニーはもはやジムニーと呼べないというならジムニーという車名にこだわらなくてもいいし。

もし4ドア版出してくれたらヨメさん用に買ってもいいです。




色は大事

7月リリース予定の新型ジムニーの情報が徐々に明らかになってきましたね。

ジムニーフリークにとって、モデルチェンジにより失われるんじゃないかと懸念だったラダーフレーム・リジットアクスル・副変速機付パートタイム4WDなどのジムニー伝統のメカニズムは新型にも継承されるということで、ジムニーはやっぱりジムニーだと安心した方も多いことでしょう。

エクステリアデザインは丸みを帯びたJB23から原点回帰とも見れるスクエアなデザインに変わり、事前のリーク写真でもSNSではかなり評判が良かったので、旧来からのジムニーフリークにも新しいユーザーにも受け入れられるんじゃないかと思います。

ただ・・・

個人的に残念だなぁと思ったのがカラーバリエーション。

現時点で発表されているカラーで私がいいなと思うのはジャングルグリーンくらい。蛍光色みたいなイエローは違和感しかないし、白にソリッドとパールの2種類設定するくらいなら、もうちょっとジムニーらしいカラーをラインナップすればいいのにと思ったのは私だけでしょうか。

ということで、個人的に新型ジムニーに似合いそうなカラーを考えてみました。

 

 

アース系の色ってのはベタかもしれないけど、このテのクルマにはやっぱ似合うと思うんですよね。

クルマ自体の魅力もそうだけど、より引き立ててくれるボディカラーってとっても大事。

スズキってこの辺りがあんまり上手じゃないなぁって昔から思うところです。

まぁきっとこの先には特別仕様車(と言いながらほぼレギュラーモデル)のランドベンチャーやワイルドウインド、クロスアドベンチャーなんかもラインナップに加わるハズなので、その際にはレギュラーモデルと差別化を図るボディカラーが登場するのではないかと。

今後に期待ですね。