日常域の楽しさ

スポーツスターが楽しすぎて全然飽きないので乗り換えるつもりは今のところ無いにしても、乗ってみたいと思うバイクはいくつかありまして、その内の1台がハスクバーナのスヴァルトピレン401。

スヴァルトピレン401

軽量コンパクトな車体に390DUKE譲りのエンジン。これだけでかなり期待値高くなっちゃいますが、前にこのブログで取り上げた時は動画があまりなかったんですけど、最近は試乗レビュー動画がいくつかアップされていて、それらを見てると単気筒とは思えない怒涛の吹け上がりでヒュンヒュン走るもんだからまぁおもしろそう。ヴィットピレンよりアップライトなポジションで街乗りもラクそうだし、最近スヴァルトピレンにも701が出るというニュースがありましたがこの走りなら401で充分じゃないかと思います。

残念ながら新潟にはハスクバーナのディーラーがなくて試乗も望めないんですが、390DUKEなら乗れる機会が得られそうなので、いずれDUKEでスヴァルトピレンの片鱗を体感できたらな、と考えています。

 

ただ、バイクとしては最高にエキサイティングでおもしろそうなスヴァルトピレン401も日常域ではどうなのか?とも思うわけです。

これまでにもそれなりに速いバイクに乗っていたこともありますけど、そのバイクによって走って気持ちのいい速度やステージというのは違っていて、SSなんかだと日本の一般道では完全にポテンシャルを持て余すわけで、一般道をクルマと一緒に法定速度で走ってる状況なんかはストレスでしかありません。高速道路を100km/hで走ってたとしてもアクビが出るくらい退屈。GPz900Rを降りた時がそんな状況でした。

今まで自分が乗ってきたバイクの中でスヴァルトピレンのスペック的に近いのはR1-Zじゃないかと思います。R1-Zも2ストらしくエキサイティングでおもしろいバイクでしたが、楽しく走れるのは一般公道での速度域よりもう少し上。そして街中よりはやはりワインディングが向いてます。

対して現在の愛車スポーツスターは排気量半分以下のスヴァルトピレンにも追いつけない鈍なバイク(個人の印象です)。回せばそれなりに走りはしますがスヴァルトピレンとはかなり性格が異なります。しかし、バイクの楽しさって排気量や性能だけで決まるものじゃなく、カブにはカブの、SSにはSSの楽しさがあるわけで、スポーツスターというバイクは私にとって街乗りからロングツーリングまで日常域のスピードで常に楽しさを提供してくれるバイクなんです。一般道を走っていればどうしてもクルマと一緒にゆっくり走らなければならないシーンがあり、しかもそれって乗ってる間の大部分を占めていたりします。水冷250ccくらいの性能があればビューンと追い抜いていけちゃいますけど、スポーツスターに乗ってるとクルマと一緒のゆっくりペースでもエンジンの鼓動だけで充分気持ちいい。5速で気持ちいい最低限のスピードはありますが、それ以上であればひたすらのんびりクルーズしてるだけでいいんです。そんな私を速いバイクがビュンビュン追い抜いていっても「慌てない慌てない」と一休さんのごとくマイペースでいられます。もちろんワインディングでのちょっと高めの速度域でも楽しいし、とにかく常識的なスピード域で常に楽しいバイクがスポーツスターなのです。

当然、同じスポーツスターでも乗る人によって感じ方は違うでしょうから、私よりもっとハイペースで走る人もいっぱいいます。スポーツスターにはそれも受け入れるキャパがあり、走るシーンやスタイルなどを選ばない懐の広いバイクではないでしょうか。

今でもまた乗りたいと思う250TRも似た感じですね。絶対的なパワーの低さはいかんともしがたいところなんですが、遅いなりに気持ちいいスピードで走ってるととにかく気持ちいい。エンジンフィールの心地良さはスポーツスターにも通じるものがあります(なのでロングストロークエンジンに異様に固執しちゃうのですが)。軽くてドコにでも行けちゃう気軽さも良かったですね。

だからスポーツスターって全然飽きないんです。

 

そんなことを考えていると、やっぱりスヴァルトピレンは自分の日常での使用を考えるとややスパルタン過ぎるような気がしてます。701なんて尚更持て余すだけでしょう。

でも、バイク乗りとして速さを否定することはないし、スヴァルトピレンはとても魅力的なバイクなので、もし状況が(要はヨメさんの目w)許すならスポーツスターを残したまま増車が理想。あとはカブともう1台250ccのオフ車があると最高。一人で4台ですか(笑)。

離婚されないように妄想だけに留めておきます・・・・。




YAMAHA Ténéré 700

Ténéré 700

前からウワサになっていたテネレがミラノショーのカンファレンスイベントで市販バージョンと思われる姿で発表されました。

Ténéré 700

ショーモデル・コンセプトモデルのような非現実的な要素は皆無で今すぐリリースできそうな完成度。

 

Ténéré 700

エンジンはテネレ700の名前からわかるようにMT-07ベースの水冷パラツイン689cc。オフロード向けにセッティングを変えてたりするんでしょうか。フレームはMT-07と共用ではなく新設計された専用のダブルクレードルです。

 

Ténéré 700

個性的なLED4眼ヘッドライトはハイ・ローそれぞれ2灯。ラリーモデルっぽいスクリーンはフェアリング性能高そうですね。

 

Ténéré 700

メーターもラリーモデルっぽい縦型のマルチファンクションディスプレィ。燃料タンクは16リットルを確保し、350kmを超える航続が可能だとか。

気になるリリース時期はヨーロッパでは2019年後半を予定しているそうですが、日本への導入やその時期についてはまだ発表がありません。でもきっと日本でも出すよねぇ。競合するであろうアフリカツインも結構売れてるみたいだし、国内でもビッグオフローダーの需要ってそれなりにあると思います。

 

ロングツーリング目的ならこういうモデルいいですよね。アップライトなポジションと余裕のパワーでラクラククルーズ。未舗装のキャンプ場でも難なく入っていけるし、林道や砂浜でもかなり走れそう。

ただねー、水冷ツインってところが私としてはNotかなぁ。これは完全に個人的な好みなんだけど、やっぱ空冷シングルエンジンのオフローダーが欲しい。ってか、前から言ってるようにXT500を復活させてほしいのですよ。ドッカンドッカンと荒々しい振動に揺さぶられながら大地を爆走したい!そんな私の願いを叶えてくれるモデルがいつか現れるのでしょうか・・・・。




Pocket Rocket

Pocket Rocket

Pocket Rocket

Pocket Rocket

 

ドイツのSOLモーターズという会社が開発した電動バイク「Pocket Rocket」

メインフレーム(?)となる円柱をうまく使ったおもしろいデザインですね。

前後にサスペンションを備え、ブレーキは前後油圧ディスク、モーターは後輪ハブに組み込まれていて、最高出力は8.5hpまたは6hp、8.5hpモデルは最高速度80km/hで、1回の充電で80km走行できるそうです。フレーム・ホイール・フェンダー・ハンドルバーなどはアルミ製で重量はわずか55kg。スマホに専用アプリをインストールするとデジタルメーター兼コントローラーとして使えるようになり、コントローラーから選べる3種類の走行モードの中には「ウィリー」なんてのもあって、55kgで8.5hpなら確かにウィリーマシンにもなりそうです。

 

Pocket Rocket

 

走ってる姿もなかなかかわいい。

荷物はまったく積めないし、薄いシートは80kmでもお尻が痛くなりそうですが、個性的なシティコミューターとしてはおもしろいかも。

2019年にドイツで先行リリース予定で、2020年にはヨーロッパ以外でも販売する計画があるそうで、現在はクラウドファンディングで予約を受け付け中だそうです。

2年後には日本にも入ってきますかねぇ。ナンバー付けるとダサくなりそうな予感ですけど。

気になるお値段は6hpモデルが6240ユーロ(約80万円)、8.5hpモデルが7800ユーロ(約100万円)となかなかいいお値段。今なら27%OFFだそうですけど、それでもまだ気軽に買える価格じゃないですね。

それでもガソリンエンジンじゃできないEVならではの個性的なデザインの楽しいバイクがこれからも増えていくといいですね。




AEGIS by WORKMAN

最近、一部のバイク乗りの間で評判なのがワークマンのウェア類。

ワークマンってその名の通りお仕事する人向けの作業着とかが主な商品で、ご存じの方も多いでしょう。しかし最近は作業着以外にも展開してて、作った商品がバイク用途に合っていたのか、最初からライダーをターゲットにしていたのかわかりませんけど、レインスーツなんかはコスパ最高と以前から評判が高かったんですよね。バイク向け以外にもサバイバルゲーム向けの展開もあったりします。

で、今日はちょいと出かける用事があったので出たついでにワークマンを覗いてきました。

気になってたのは防寒グローブ。今使ってるのも防寒は申し分ないんですけど、防寒グローブってどうしても生地が厚いので操作性が悪いんですよね。で、ワークマンでもバイク向けグローブを出してるのでチェックしてきました。

 

ワークマン 防寒グローブ

 

手を入れるとこれもやっぱり生地が厚いですね。作り的には今のとあんまり変わらないかな?まだ今のが使えるうちに買い替えるほどではないですねぇ。ただ、価格は1900円と激安なので、今のがダメになったら次はこれもアリかな、と思いました。消耗品みたいなもんだし。

ウワサのレインスーツも見てきましたが、見た目はどうにも作業着テイストが払拭できてない感じ。しかしレインスーツも上下セットで5800円と安めなので見た目を割り切ってしまえばコスパはいいですよね。まぁ、そもそも雨の日にバイク乗ることがほぼ無いんだけど。

作業着では圧倒的な知名度のワークマンもいろいろ模索してるんですね。