Honda CRF450L

ホンダがCRF450のストリートバージョン、CRF450Lをこの夏にもリリースするとか。

エンジンはボアストロークは同じままピストンリングを2本から3本へ増やし耐久性アップ。排ガス浄化のエアインジェクションやキャタライザーも装備。ミッションは5速から6速へ変更しストリート向けに。リアホイールは19インチから選択肢の増える18インチにサイズダウン。車重はCRF450Rの112kgから18.8kg増ではあるが130.8kgとそれでも軽量。

保安部品を付けてレーサーであるCRF450系エンジンを少しディチューンとは言いつつ、ほぼレーサーレプリカですよ、これ。

CRF450Rからシート高が20mmダウンしてもまだ940mmもあるし、32000kmでエンジンオーバーホール、1000km毎にエアフィルター・オイル・オイルフィルターを交換というのはレーサーよりはいいけれどストリートバイクとしては結構ハードで、レーサーレプリカしては納得でも普段乗りにはなかなかハードルが高いバイクではないかと。

乗り手を選ぶね!

そんな感じなので私個人は手を出すタイプのバイクではないけれど、このクラスのオフ車を出してくれたのは素直に歓迎。ホンダは大英断だと思いますよ。

アフリカツインじゃデカいし、CRF250では物足りない・・・・400~600ccクラスのオフ車が出ないものかと前々から思っておりました。

理想は新型SRをとっとと開発して21世紀版XT500を出してくれることなんだけど。

ミドルクラスのトレール車って案外需要あると思うんだけどな・・・。

 

 

ホンダもヤマハもおもしろいバイクいっぱい作って~♪

 

ご当地ナンバー

この前のニュースで10月から全国41ヵ所の地域で図柄入りナンバープレート(いわゆるご当地ナンバー)の交付が始まるというのを見ました。

ちなみに我が新潟県では

▲新潟

▲長岡

この2種類が登場。

新潟は萬代橋の夕焼けと朱鷺、長岡は長岡花火をモチーフにしたデザインだそうです。

 

えーと、

個人的な見解ではありますが、

いらなくね?(笑)

 

地元の特色を出そうという気持ちはわからなくもありませんが、クルマのナンバーは限りなく主張しない控えめなもの(できればサイズも小さく)であってほしいのですよ。

いくらクルマをカッコよくしてもナンバーで台無しってこと、よくありますよね。

軽自動車とか特に。

最近は軽自動車でも白ナンバーが増えてきて、白でもOKなら全部白にしてくれぃと思うのは私だけではないでしょう。

 

しかしご当地ナンバーは希望して付けるものなので、いらないって方は希望しなきゃいいだけの話。

困るのは強制的にご当地ナンバーにされるパターン。

お友だちのカブ乗りで三条市に住んでる方がいるんですが、三条市は原付・ミニカー・農耕車のナンバーは強制的にご当地ナンバーにさせられるんだそうです。

三条市の花「ヒメサユリ」

いらねぇ(笑)

無地が選べるなら許せるが、強制的にこんなダサいナンバー付けられるなら三条市には住めないです。

アンポンタン市長は喜んでるんでしょうけど、あの人バイク乗りの気持ちわかってねぇ。

 

もっとクルマ・バイク好きの気持ちを考えて欧米のようなカッコいいデザインのご当地ナンバー作れないもんですかねぇ。

 

カブ90

現在For Saleなうの我が家のカブですが、売りに出しながらも引き続き乗ってますのでちょいちょいとやりたいこともあったりして。

そのうちの一つがエンジン。

現在乗ってる中華107ccでもそこそこ走りますが、モアパワーを考えた時に中華のまま行くか純正に載せ替えるかで悩み中。

中華エンジンの販売元ではあのエンジンをΦ24キャブにするとかなりパワーアップが望めるそうで、キャブもかなりリーズナブル。ただ、キャブ自体が中華でノーマルエアクリーナーが使えなかったり燃料コックを別途用意しなきゃだったり少々面倒。カブ用社外チューニングパーツも使えないのでやれるのはそこまでというのもネック。

純正エンジンなら90のノーマルをベースに豊富な社外パーツでライトチューンなんてプランも考えられますが、昨今のカブブームのせいもあるのか、そもそもベースにする90エンジンがなかなか高い。オークション等で探してはいますが、3万キロオーバーの状態不明なアヤシイのでも結構な金額で取引されてたりして、出回ってるのはセル付の90カスタムエンジンが多いんですけど、市場で人気のないカスタムなら車体丸ごと買った方が早いんじゃね?ってくらい。

まぁ、実際にそこまでやるかって話なんですけど。

少し前なら車体で3万とか普通にあったのに、ブームは結構だけど何でも高くなってしまうのは困りものですなぁ。

 

Cub Night

昨夜はいつものIGNITE配布の夜会。

カブで白根まで行くのは正直ちょっと大変なんですけど、なんとなくカブ率が高そうな予感がしたのでカブで出撃しました。

最近カブ復帰した彼も絶対乗ってくると思ったのにまさかの水冷VWって(笑)

まぁ、乗り物は何でもいいんです。

 

Twitterでの告知を見て駆けつけてくれたのは越後カブ主総会主催メンバーのお二人。

ストック然の2台とハードカスタムの2台、とっても対照的なカブが集まりました。

どんな形でもカブはカブ。様々なスタイルを受け入れてくれるのがカブの良さでもありますね。

ベージュのオーナーさんとは実はお互いの娘が中学で同じ部活に入っていたりして、家も結構ご近所さんという不思議な縁でもあります。

ドコでどう繋がるかもわからないのがSNSのおもしろさ。

場所も日時も不定期のゲリラ開催ですが、ぜひまた遊びに来てください。

 

内の倉ダムへ

 

土曜日はスポーツスターで内の倉ダムへ。

天気が良かったせいか、テント張ってる人もいましたねー。

ここってキャンプOKなのかな?

OKだとしても夜は真っ暗だから泊まるのは怖いよねぇ。

公園に向う道には野生のお猿さんがいっぱいいたし。

食べ物あったら確実に襲われる(笑)

 

内の倉からは県道14号線で国道まで。

このルートも緑がいっぱいで気持ちいい。

スポーツスターならエンジンの鼓動だけでドコを走っても気持ちいいけどね。

 

旅したいなー。