YAMAHA XTZ125

オフ車に乗ればロードが欲しくなり、小さいの乗ればデカいのが欲しくなり、そのまた逆も然りで、バイク乗りというのは何とも欲張りなものです。

え?それって私だけじゃないですよね?

だってバイクの楽しさってそれぞれ違うしさぁ、天秤で比べるものじゃないじゃん。

で、スーパーカブにブロックタイヤとアップマフラーで軽くオフ遊びをしてはみたものの、ボトムリンクサスじゃオフはキツイということでクロスカブが欲しいなというのは去年から続いてるんですが、「クロス」カブと言ってもガチでオフを走れるワケじゃないので、だったらいっそ普通に125のオフ車でもいいかなと揺れる今日この頃。

125オフなら鉄板はKawasaki KLX125。しかし気付けばもう生産終了なんだとか。

KLXと双璧をなす・・・とは言っても中国生産故かあんまりライバル視されてない気もするけど(笑)、YAMAHAにはXTZ125というのもあり、中国生産故に価格は激安でKLXの中古より安く新車が乗れたりするもんだから、KLXやクロスカブを買うコストを覚悟するならXTZでもいいかなぁという気もしてます。

F21/R18インチのフルサイズは125唯一(というかKLXが生産終了しちゃったので125で選べる国産オフ車って現状ではXTZしかない)。シート高もそれなりになりますが、それほど足つきは悪くないそうです。何たって125だけに軽いしね。パワーは所詮125で、しかも現行は規制でパワーダウンしちゃってるのでとても期待できるものではないんですが、それよりパワーが欲しければ素直に250クラスを選ぶしかないわけで、原二クラスから選択するならそこは妥協しなきゃいけません。

モトクロスやるわけじゃないし、林道散策程度なら充分でしょ。

 

唯一の難点はカブを手放してXTZにしちゃうとカブ主総会出られないっていう(そこかよ)

 

Harley-Davidson LiveWire

HDのEVバイク「LiveWire」がいよいよ正式リリース決定されたというニュースが先日ありました。

北米とヨーロッパでは今秋からデリバリー開始予定らしく、日本はまだ未定。お値段は29799ドルとのことで、日本円だと330万円くらい?日本での販売価格もまだ未定だそうです。

2014年に始まったProject LiveWireから5年。このブログでも5年前にLiveWireについて触れてますが、このLiveWireが市場にどう受け止められるのか、既存のVツインフリークに受け入れられるのか、これまでHDと縁のなかったユーザーを取り込むのか、5年経っても興味はある一方で微妙だよなぁってのが正直なところ。

現状でまだEVバイク自体が発展途上で特に航続距離はツーリングユーザーを満足させられるレベルに達してませんから(フル充電で110マイル・176kmだそうです)、HD社もLiveWireがいきなりバカ売れするとは思ってないハズで、恐らく今後の主導権を握りたいとか、後々の技術開発のための試験的投入という面も強いんじゃないかと思います。

 

でもねぇ、一度は乗ってみたいよね。

私はクルマのEV(EVモードのハイブリッドも含め)も乗ったことないので、自分で乗りたいとまで思わないにしても、どんな乗り味なのかは興味あります。

日本で正式リリースになっても新潟のディーラーで試乗車は用意されないですかねぇ。高額車だし。また全国ツアーやってくれたら乗る機会得られるかな?

 

sea blue

天気も良かったのでスポーツスターで笹川流れ方面まで走ってきました。

暖かいのかな~と思いきや、意外と寒かったですね。

もうちょっと厚着してくればよかったです。

それでも、笹川流れをのんびり流しながらの景色はとってもよかったですよ。

海の青がすごくキレイ。

まるで南国の写真かのような青い海の向こうに見えてるのは粟島なんですけどね。

絶好のツーリング日和ということでバイクいっぱい走ってましたねー。

 

笹川流れから帰りは山を経由して今日の走行距離は200kmほど。

この前換えたタイヤ、すごくいいですよ。

前のBT45はフロントがやや接地感が希薄というか、たまに不安になることがあったんですが、換えたF17はとても安心してコーナーに入っていける。特筆するような特徴はないんだけど、ハンドリングもニュートラルでヘンなクセもなく、いい意味で普通。絶対的なグリップではBT45の方が上なんでしょうけど、F17は私の走り方にとっても合ってるように思います。これでライフが常識的な範囲なら常用したいですね。

 

道中はあちらこちらで桜が咲いてました。場所によって、また品種によってもなのかな?咲き加減が様々なのもおもしろかったです。

我が家の前の桜並木もほぼ満開。

春ですなぁ。

 

SWM SIXDAYS

スポーツスターよりもうちょっと軽いバイクを・・・なんて考えていた冬の間、いろいろと見てはいましたがなかなかコレというバイクが見当たらず、しかし結局スポーツスターに乗ってしまえば「スポ最高♪」となるのは前の記事で書いた通り。

理想としてイメージしているのはスポーツスターよりも軽量で、250ccよりはパワフルな空冷単気筒。そうなると400~600ccくらいのミドルクラス、かつてのXT500のようなビッグシングルオフなんかは最高なんですけど、今はもうビッグシングルのバイクって絶滅危惧種レベルに少ないんですよね。

そんな中、気になったモデルの1つがSWMのSIXDAYS400。

SWMって日本じゃあんまり知られてないメーカーで、私もあんまり知らないんですけど、最近はクラシックシリーズと銘打った空冷単気筒モデルがちょいちょいメディアに取り上げられてたりして、SILVER VASEやGRAN TURISMO等と並んでクラシックシリーズにラインナップされているのがSIXDAYSです。

恐らく他のモデルとはエンジン・フレーム等を共有した兄弟車。SIXDAYS以外の3車がタンク等も共有した似たようなスタイルなのに対してSIXDAYSだけはタンクも専用デザインでイメージは大きく違います。SILVER VASEもスクランブラーという扱いですがSIXDAYSはスクランブラーでありながらSILVER VASEよりもう少しオフ寄りでしょうか。いずれのモデルも本国イタリアでは440ccなのを日本の免許事情に合わせて400ccモデルが導入されています。

ミドルクラスオフではロイヤルエンフィールドのヒマラヤンも気になる1台ではありますが、ヒマラヤンが180kgオーバーに対してSIXDAYSは150kgほどと30kg以上も軽量なのもポイント。エンジンのキャラクターは正反対なので同じ天秤で比べるバイクではないかもしれませんが、軽量ボディで高回転まで回る単気筒というのはなかなか面白そうではあります(かつてのSRX的な?)。スクランブラーとしてのオフ性能はさほど期待するものでなかったとしても、私自身も250TRで遊んでた程度のオフ性能しか求めてないのでそこは問題ないでしょう。

1点気になるのがそのエンジン。SWMは中国資本が入ってるそうで、エンジンはホンダのXR400系の完全コピー中華製なんだとか。正しくはコピーと言うより当時ホンダが中国で製造していた鋳型や工作機械を譲り受けて生産してるエンジンらしく、実際にSIXDAYS400とXR400モタードのエンジンスペックを比較すると、85.0×70.0mmでボア・ストロークは完全に同じ、圧縮比はSIXDAYSが10:1でXRが8.8:1とやや違いがあるものの、パワーはSIXDAYSが20kw、XRが22kwとXRの方が高くピークは共に7000rpm、トルクは33Nm/5500rpmと両者一致、あとはキャブとインジェクションという時代を反映した差はあれど、エンジンの外観的にもほぼ一致なので、ほぼXRそのままで改良を加えたエンジンのようです。となれば、400は440のボアダウン版とされていますが、むしろ400が元で440がボアアップ版と言うべきなのかも。

うーん、これってどうなんでしょう?

SWMは一応ちゃんとしたメーカーでしょうし、中国の工場にはSWMのエンジニアも派遣されているそうなので製品管理はそれなりにしてるかもしれませんし、日本のメーカーだって中国で生産してるバイクはたくさんありますけど・・・先入観としてあんまり信用できないような・・・。だったらいっそCB400SSベースでスクランブラーにしちゃった方が早くね?なんて気もしちゃいます。

現車確認、できれば試乗したいところですが、新潟でSWM扱ってるお店がないんですよね~。残念。

 

ちょっとだけ

土曜は晴れてたのにゴルフの診断でショップに行ったりして時間がなく、日曜の予報はイマイチだったのでまたバイク乗れないな~と思っていたら、日曜は朝から結構いい天気だったのでこのチャンスを逃すまいとスポーツスターで出撃。

ホンの1時間くらいでしたけど、気持ちよく走ってこれました。

 

腰痛が慢性化してて、重いバイクはそろそろキツいかな~なんて冬の間はネガティヴな気持ちもあったりしたんですが、いざスポーツスターに乗ってしまえば

「最高♪」

ってネガティヴな気持ちもすっ飛んじゃいます。

やっぱねぇ、気持ちいいんですよ、スポーツスターの鼓動感。

もうちょっと軽いミドルクラスの単気筒とか250ccオフ車でもいいかなって思いながらも、この鼓動感は小排気量じゃ絶対に味わえないし、それなりの排気量の単気筒でもこの味わいはなかなか出るもんじゃないので、スポーツスターに代わるバイクというのはそうはありませんよね。

リジスポもどんどんタマが減っていくばかりだし、一度手放したらもう二度と買えないかもしれないですしね。

「もうムリ!」ってなるまでは乗り続けたいと思った春なのでした。