キャルマガジン

たまに思い出したように過去の雑誌を読み漁る時があります。
1日に1冊の時もあれば4~5冊ぶっ続けで読む時もあります。

そして今読んでるのはキャルマガジン。
創刊されたのが1988年、休刊になったのが2005年、通算161冊、17年もの長きに渡って私のVWライフに欠かせない雑誌でした。

読み返していると、クルマは懐かしいのやら時代を感じるのやらその時々でいろんなスタイルがあるし、広告を見てても当時から今でも続いているショップやなくなってしまったショップがあったりこのクルマがこんなに安く!みたいなのもあったりして、今だからこそ楽しめる部分も多いです。懐かしい顔もたまに出てたりするし。

キャルマガジンが休刊になった今でも空冷VWには「Street VWs」と「Let’s Play VWs」というVW専門誌が定期的に発行されているというのは非常にありがたく、うれしいことです。単一車種で複数の雑誌が定期発行されているというのは空冷VW以外ではかなり少ないでしょうしね。しかし、雑誌が車種やスタイル毎に細分化されていくと、逆にキャルマガジンのような幅広くカーカスタムを取り上げる雑誌というのは貴重な存在だったんだな~と思ったりもします。空冷VWは好きだけどホットロッドやミニトラックも好きという方も多いでしょうし、今まであまり気にしてなかった車種やスタイルに興味がわくということもあるでしょう。昨年のHot Rod Custom ShowでもVW以外のクルマやバイク見てると非常に興味深かったですしね~。

1つのジャンルに固執するのもそれはそれでいいんですけど、他のジャンル同士で結びつくのも面白いと思いますよ。

 

キャルが終わったらストヴイだぁ
D-Styleのtwitter

6件のコメント

  1. 懐かしいですねCalマガ。
    確か創刊号は黄色いカルマンが表紙を飾ったかと記憶してます。
    本場(表現が旧い!)のサブカルチャー記事も好きでしたよ(^k^)b

  2. calマガ懐かしいですねー!
    俺も、ふとした時に読み返しちゃいます

    他ジャンルとの融合って絶対に楽しいっすよね!
    vw界は他世界のカスタムを取り入れると反応が微妙ですもんね。。。

  3. >ミドリガメさん
    そうそう、当時はグリルレスにスムージングしたカルマンとビキニのおねーさんが衝撃的でしたね~。

    >バブさん
    最近まわりでも多いんですよ。他ジャンルとの交流の話。
    VWはなんとなく排他的な雰囲気があったりしますけど、ジャンルは違えど同じクルマ好きなんですから楽しんじゃえばいいと思うんですけどね~。

  4. Calマガジン創刊号に僕の乗っていた紺色のビートルが見開きで掲載されています♪
    ムーンディスク履いていますが、すぐにエンピタイプ8スポークホイールに履き替えました!
    懐かしい・・・

  5. 広島5ナンバーでしたっけ・・・(汗)
    そういえばそうだったかも・・・(笑)
    元々は先輩のビートルでして当時のSCAT広島で製作された車です!

コメントは停止中です。