ジムニーロング

間もなくリリースになる新型ジムニーはかなりの注目を集めているようで、実際私も結構気になってますし、店頭に並んだら見に行こうと思ってます(買わないですけどね)。

で、早くも海外も含めて新型ジムニーのカスタマイズシミュレーションのCGなんかも作られてたりして、いくつか見た中でいいなと思ったのがコレ。

 

 

実際に4ドア版が出るという情報があったのかは定かではありませんが、シエラをベースにホイールベースを伸ばした4ドア版ジムニーってあったら結構な需要があると思うのは私だけじゃないハズ。

実は新型ジムニーの全貌がまだおぼろげだった頃、新型はワイド版が出るんじゃないかという気が個人的にしてました。軽のハスラーに対する普通車のクロスビーのような基本的な意匠は共通で幅の違うボディという手法。スズキは以前からそういうクルマをいくつか作ってきましたもんね。シエラはバンパーやオーバーフェンダーで数値的な全幅は軽ジムニーより広いけれどボディ自体は共通なので室内寸法はまったく同じ。海外でも売られているジムニーにカラダの大きい外国人では狭すぎじゃないかなぁと思うので、これまでのモデルでボディ自体は共用してきた軽と普通車のジムニーもそろそろワイドボディを投入してもいいんじゃないかと。軽とボディ共用にこだわらなければロング版出してもいいんじゃないかと。ま、結果として私の予想は外れてボディは共用のままだったわけですが。

そもそもジムニーの大きな魅力は卓越した走行能力とコンパクトなボディ。主力の軽ジムニーも軽自動車という税制上のメリットもさることながら、オーバーフェンダーの付かないナローなボディというのも選択する理由の一つだと思うので、ワイド版なんか出した日には「こんなに幅のあるのはジムニーじゃない!」とジムニーフリークからブーイングが起きるかもしれません。

が、ジムニー購入層はそんなガチのジムニーフリークより雪道や不整地路を安心して走りたいからという理由で選んでる人の方が多いと思うのです。雪国新潟ではジムニーやパジェロミニ乗ってる人、多いですもんね。ただ、ジムニーは小さく、2ドア故にファミリーカーとしては使い辛いので、エクストレイルやC-HR、ヴェゼルなんかを選ぶ人も多いんじゃないかと思うのですが、アチラはFFベース・モノコック・3ナンバーと同じ4WDとは言ってもジムニーとコンセプトがまったく異なるナンチャッテSUV。ジムニーと並ぶ本格派4WDとなるとあとはランクルくらいしかありません。

少し前まではダイハツ・ビーゴ/トヨタ・ラッシュなんていうコンパクトな普通車4WDがあったし、もう少し前にはパジェロに5ナンバーサイズのイオなんてのもありましたが、今はこのクラスのSUVは空白状態。C-HRやヴェゼルはエンジンが1500ccで税制上は3ナンバーのデメリットを受けませんが、道幅が狭くなった雪道ではあの幅がムダ。スズキにはエスクードもありますが、モデルチェンジの度に骨抜きになって現行モデルはラダーフレームも廃止されて普通の生活4WDになってしまいました。

なので、ジムニーのワイド&ロング版ってジムニーとランクルの間を埋める本格クロカン車として需要があると思うのですよ。「ジムニーが4ドアだったら欲しいんだけどなぁ」って思ってる人、絶対いるから。大きくなったジムニーはもはやジムニーと呼べないというならジムニーという車名にこだわらなくてもいいし。

もし4ドア版出してくれたらヨメさん用に買ってもいいです。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。