カブ90エンジン

ずいぶん長いこと探していたカブ90エンジンをようやくゲットできました。

走行約20000kmで降ろす直前まで使ってたとのことなのでまだまだ大丈夫でしょう(たぶん)。

写真はロングブロックだけですがキックアームやチェンジペダルもあります。キャブはオマケで中華のが付いてきましたけど使えるかは不明。恐らく純正エアクリに接続はできないと思われるのでキャブは今の中華をそのまま使うか社外に変えるか載せてから考えます。

探しながらずっと見てると、オークションに出品されてるのはセル付の90カスタム用エンジンが多めな印象ですね。丸目のC90は車体そのもので需要が高いのに対し、カスタムは全体的な需要としては低めなのでバラしてパーツで出されるケースが多いのかも。セル付でもレッグシールドをカットすれば載るハズなので私はどっちでもよかったんですが、今回ゲットしたのはセルナシの方。ここ1年くらいの平均相場からすればちょっとお安く手に入れることができました。

で、どうして安かったかというと理由はコレ。

エキゾーストのスタッドボルトが片っぽ折れてました(それは承知の上で)。救出しようとドリルで揉んだような跡もありますね。少しでも頭が出てればバイスで挟んで救出できたのかもしれませんが、こうなると素人にはお手上げなので素直にプロに頼みました。

外すのは折れた方だけでよかったのにナゼか両方外されてたので、2本ともPOSHのステンスタッドに交換。頭がヘックスなので付けるのはただの長ボルトの純正より簡単ですね。

あとは中華を降ろして90に載せ替えるだけ。ノーマルに戻すようなもんなのできっと中華に載せ替えるよりは簡単だよね?

天気と時間を見て近々載せ替えます。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。