Honda CRF450L

ホンダがCRF450のストリートバージョン、CRF450Lをこの夏にもリリースするとか。

エンジンはボアストロークは同じままピストンリングを2本から3本へ増やし耐久性アップ。排ガス浄化のエアインジェクションやキャタライザーも装備。ミッションは5速から6速へ変更しストリート向けに。リアホイールは19インチから選択肢の増える18インチにサイズダウン。車重はCRF450Rの112kgから18.8kg増ではあるが130.8kgとそれでも軽量。

保安部品を付けてレーサーであるCRF450系エンジンを少しディチューンとは言いつつ、ほぼレーサーレプリカですよ、これ。

CRF450Rからシート高が20mmダウンしてもまだ940mmもあるし、32000kmでエンジンオーバーホール、1000km毎にエアフィルター・オイル・オイルフィルターを交換というのはレーサーよりはいいけれどストリートバイクとしては結構ハードで、レーサーレプリカしては納得でも普段乗りにはなかなかハードルが高いバイクではないかと。

乗り手を選ぶね!

そんな感じなので私個人は手を出すタイプのバイクではないけれど、このクラスのオフ車を出してくれたのは素直に歓迎。ホンダは大英断だと思いますよ。

アフリカツインじゃデカいし、CRF250では物足りない・・・・400~600ccクラスのオフ車が出ないものかと前々から思っておりました。

理想は新型SRをとっとと開発して21世紀版XT500を出してくれることなんだけど。

ミドルクラスのトレール車って案外需要あると思うんだけどな・・・。

 

 

ホンダもヤマハもおもしろいバイクいっぱい作って~♪

 

2件のコメント

  1. 450ccで25psって何かの冗談でしょ、って感じです。
    250ccの普通のトレール車並みです。
    これだけアンダーパワーなら5万kmはノーメンテでいけるはず。
    レーサーレプリカというならば倍の50ps以上欲しいです。
    どんなに少なくとも45psはないと。

    サスは最高にいいのでしょうが、こんなのに100万円以上払う
    のだったら、WR250かKLX250に乗った方がマシかもしれません。

    簡単にパワーアップできる隠しワザがあるのでしょうか。
    それならば話は別ですが、、、

コメントは停止中です。