PRAレポ

とりあえずVWOCNで先日のPRAのイベントレポートをアップしました。

ここのところ私のレポばっかり続いていますが、PRAのレポって走ってる私がするのって意外と困ります。

だって、自分が出てると他の人の走ってるところ見れないんだもん。

今回は私がブラケットでTOMBOさんがSEだったのでタイミングによってはTOMさんの走るトコ見れた時もありましたが、基本的にはほぼ一緒の時間帯で走るので他の人がスタートがどうだったとかタイムがどうだったとか、まるでわかんないんですよ。
普通のイベントなら全然OKなんですけどねぇ。

できれば走らないメンバーも観戦に来てレポもしてくれると超助かるんですけど、ドラッグレースに興味ない人にとっては、行っても中止になるかもしれない仙台というのは足が向かないんでしょうね。

ドラッグレースも、もっとショーアップが必要かもしれません。

PRA OPENING NATIONALS

ダメだと半分諦めていたPRA OPENING NATIONALSですが、予想に反して無事開催できました。

オマケにトーナメントで初ファイナル進出、勝負は負けたけど2位になりました。
ただ、トーナメントの内容は満足できるものではないので、次回は自分の実力で勝てたらいいな~。
(詳しくは近日中にイベントレポ&bug unlimitedで!)

で、トーナメントでは惜しくも(?)2位だったものの、今回な~んとベストリアクションタイムをゲットしましたぁ~~!!
いつも思うようにスタートできず老化を感じていた30代オヤジとしては、むしろ2位よりもコッチの方がうれしかったりします。
昨日はなんだかわかんないけどスタートは絶好調だったんだよなぁ~。

・・・・・・マグレ?(汗)

また雨ぇ?

さっきネットで見たら明日の仙台は「曇時々晴」の予報になってましたが、微妙っすねぇ~。
下は晴れてるのに上は雨ってパターン、よくあるし・・・・・。

明日は待ちに待ったPRA OPENING NATIONALSだってのに、「これなら絶対走れる!」と、「多分走れないよなぁ・・・」では、テンションがまるで違います。
晴れてる時は行く道中からかなりハイテンションになれるんですが。
(その代わり、帰りはボロボロ・・・・笑)

まー、僅かな望みに賭けて、頑張って息子と二人で仙台に向います。

スバル ブラット

久々にTAMIYAのHPを見たら、なんともまぁ懐かしいスバルブラットが復刻だそうな。

1/10RC スバル ブラット

ブラットって聞いても20代以下の人にはピンと来ないと思いますが、ブラットとは当時のスバルの代表車種・レオーネをベースとした輸出専用のピックアップモデルです。
(レオーネもピンと来ないよなぁ・・・・汗)
参考1 参考2

レオーネが現役の頃は世は正にスーパーカーブームで、多くの子供たちの例に漏れず「大人になったら絶対カウンタック買う!」と心に決めていた私の手元にはやはり「スーパーカー図鑑」とか「自動車大百科」みたいな本がいっぱいありまして、水平対向エンジン&4WDという当時としては革新的(=変態)なメカニズムを持っていたレオーネがなぜかスーパーカーでもないのに一緒に載っていることが多々ありましたが、しかし子供にとってはガルウィングドアやリトラクタブルヘッドライトや最高速度300km/hこそスーパーカーの証で、水平対向も4WDも何の付加価値も感じませんし、当時のレオーネったらそりゃーもうメチャクチャ「カッコワルイ」クルマで、スバルに今のインプレッサやレガシーみたいなイメージは全然ないもんですから、当時の私はRCのブラットにもあんまり興味を持ちませんでした。

しかし今改めて見ると・・・・・ブラットってなかなかカッコいいっすね。
(あくまでもブラットでレオーネではないですが)
日本ではあまり受け入れられない乗用トラックですが、小さいエルカミみたいなリア廻りのデザイン(特にBピラー!)は720なんかよりアメリカっぽく、さりげなく足に転がしたらけっこーいい感じじゃないでしょーか(ただしモノが無い)。

ところでここ数年復刻モデルが相次いでいるTAMIYA。
そーです。言いたいのはブラットのコトじゃありません。

ワーゲンオフローダーも早く復刻せいっ!

能登半島地震

昨日の能登半島地震。
ちょうどテレビを見ていたら臨時ニュースのテロップが。

「えっ、地震!?」

新潟市内も震度4を観測したとのことなのですが・・・・・私、気付きませんでした(汗)

確か中越地震の時も新潟市は震度4くらいだったと思うのですが、昨日もあれくらい揺れたのでしょうか?
棚から何か落ちてきたとか、照明が揺れてたとか、窓がガタガタしたとか、全然わからなかったんです。
いくら新築でも震度4ならかなり揺れると思うんですけど・・・・我が家全員気付きませんでした。

な、なぜ・・・・・??

しかし、徐々にニュース映像が届けられ始めると、その被害の大きさが伝わってきました。
被災された方々には心よりお見舞い申し上げます。

あと、飯島愛さん。
人命と私の引退は、比べるに値しない」と言い切る彼女の言葉は確かにもっともだけど、あのまま終わりではかわいそうな気が・・・・・。
是非とも最後の花道を飾ってほしいと思います。

「飯島愛最後の生放送」地震で中止