ボス襲来

先日、夜も10時を過ぎた頃にウサギさんからTELがあり、こんな時間になんだ~?と思って出るとやけにごきげんな声が。
「明日、時間ある?」
「は?」
「ちょっと待って、代わるから。」
どうやら飲んでるようなのですが、さっぱりワケわかりません。
で、代わった相手は・・・・
「どーも、T沢です。」
うわぁ、PRAのボスじゃないですか。
(T沢さんについては「とんぼのひとり言」)

翌日、ウサギさんのお店でT沢さんとJ大さんにご対面。
T沢さんとはPRAで何度も会っているので挨拶程度にお話したことはありましたが、こーゆー形で話すのは初めて。
J大さんはあの有名な黒のOVALのオーナーさんです。

しかしまぁ、T沢さんの話のカルトなこと(爆)

私もそこそこVW歴は長い方だとは思いますが、もうネタが一世代違います。
エンジンやレースの話も我々とは見てる所が全然違います(そりゃそうか・・・)
多分、20代orVW歴10年以下の人は1割も理解できないんじゃないでしょーか。

普段VWネタはメンバーとばかり話してますが、こうして世代・世界・地域・スタイル・ベクトルなどが違う色々な人たちと話すのはとても勉強にもなるし楽しいです。
T沢さん、J大さん、また新潟に起こしの際は楽しい話を聞かせてください。


PRA FINAL

10月も終わりに近づき、11月になるといよいよPRA最終戦です。
今年は雨に泣かされて結局1回しか走れてないのにもう最終戦だなんて早いよーな気もしますがねぇ。

メンタル的にはまだ全然レースモードではないんですが、来週あたりからはテンション上がってきそうな感じです。
と言うか、上げてかなきゃ!

先回エンジン不調で悔しい思いをした某VWOCNメンバーはリベンジに燃えてるみたいだし、自分も実感ないままなぜか3位というポジションにいちゃったりするので、天気さえ良ければまた熱い走りが繰り広げられるのではないでしょーか。

できればVWOCNメンバーも、もっと参加してもらえると仲間内で盛り上がれると思うんだけどねー。
ドラッグレースってそんなに敷居高いもんじゃないし、ブラケットなら周回レースなんかよりよっぽどお金かからないんだから。

新潟から仙台は近いとは言えないかもしれないけれど、見た事ない人は1回見てみるといいっすよ。
カーショー・スワップミートとはまた違ったVWの魅力が見つかるかもしれません。


「新潟市 看板」1位

今日、看板を作りたいというお客様がいらっしぃました。
まだ企画段階なので詳細はお話できませんが、ウチに来社されたきっかけはYahoo!での検索だったそうです。

確かにYahoo!で「新潟市 看板」を検索するとD-Styleは一番上に来ています。
「新潟 看板」だとけっこー下がるのですが、それでも1ページ目。
Googleでも「新潟市 看板」だとそこそこ上にいます。
実際、検索結果からサイトに辿り着いて電話を頂く事って多いんですよ。

これ、全然意識してなかったんですけどねぇ・・・。

だって専業の看板屋さんなんて新潟市内にいっぱいあるだろうし(たぶん)、ウチは基本的にはデザイン屋ですから~。
いや、もちろん看板作りますよ。
つーか、作らせてください(営業)

でもさー、新潟市内の看板屋さん、もーちょっとSEO意識した方がいいんじゃないですかー?
検索でSEO対策してないサイトより下だとシャレになりませんよ(笑)


ラグトップから吹込む秋風

昨日の夕方、お客さんと打合せがあったのでOVALでお客さんの元へ。
いつものように窓とラグトップ全開でバイパスに乗るとちょっと肌寒い。
目の前で真っ赤に光る夕日を見ながら窓を閉める。

秋だねぇ・・・・。

窓を閉めても頭の上から容赦なく風は巻き込み、お客さんの会社に着く頃には毎度のことながら髪はボサボサ。
夏みたいにベタベタしないだけマシだけどね。

打合せを終える頃にはすっかり日も落ち、風はますます冷たくなる。
バイパスに乗るまではスピードも出ないのでゆっくりと頭上の夜空を楽しみながら帰路へ。

やっぱ寒いな・・・・。

バイパスの合流で2速から3速に入れる間にラグを閉める。
もう一枚着るのを持ってくればよかったな~。

屋根を開けたがる心理はわからない人にはわからない。
夏は暑いし、冬は寒い。
移動手段としての自動車にはまったく無意味な屋根を開けるという行為。

それでもやっぱ好きなんですわ、屋根開けるのが。

自制のため(ホントは予算のため)に車庫は1台分にしたけれど、環境が許すならオープンカーがもう1台欲しいものです。


気になるマークX

トヨタに「マークX」というクルマがありますが、先日マイナーチェンジをしたということで、以前から気になっていたコトを。

しかしながら、私ゃマークXにはこれっぽっちも興味ないんですが、じゃー、何が気になるって言うとあのエキゾーストの出口です。

普通、マフラーってバンパーの下からパイプが出てるもんですが、マークXはバンパーにビルトインなんですね。
こーゆー手法はマークXが初めてではないですが、身近(?)なクルマであんなコトしてるのはあんまりありません。
なので町で走るマークXを見る度にあの出口を見てしまうのです。

「あれ・・・・使えるよな・・・・。」

そーです。アレをType-1にも流用できるのではということです。

もちろんあれをそのままはムリなのでワンオフの嵐にはなりますが、Type-1のリアフェンダー後端にビルトインする形で出口付いてたらカッコいいと思いません?
現在のVWは太くてでっかいマフラーを「どーだっ!」とばかりに誇示するスタイルが主流ですが、ヨーロッパのカスタムVWやA-1の新作などで「スタイリッシュに隠す」というのもチラホラ見かけるので、今後はこんなスタイルがもっと増えるかもしれません。

エキゾーストレイアウトに制約を受けるのはVWの永遠の課題。
それを乗り越えた斬新なマフラー、どこかのVW Shopさん作りません?(結局他力本願)