新潟県知事選

米山前知事の辞職により6月10日に新潟県知事選が行われます。

立候補したのは届け出順に

・安中聡
・花角英世
・池田千賀子

の3人。

このうち、花角氏は自民・公明が支持、池田氏は立憲・国民・共産・自由・社民が推薦し、事実上与野党対決の選挙となる構図です。

立候補した3人全員が柏崎刈羽原発の再稼働には反対もしくは慎重ということで、今回の知事選では原発再稼働が争点にならないという声も聞かれますが、これは泉田・米山と再稼働に慎重な知事が続いたことからもわかるように、新潟で原発を争点にしたら勝てないという与党の争点外し作戦。再稼働推進の自公が支持してる時点で選挙時に表向きは再稼働に慎重というポーズをとっていても、いざその時になれば中央の言いなりになるのは目に見えています。花角氏陣営がなるべく自民色を出さないようにと必死なところからも本音が透けて見えますね。

池田氏は柏崎市生まれで、柏崎市職員から柏崎市議、そして新潟県議へと歩んできたバリバリの原発立地地元民にもかかわらず、柏崎刈羽原発再稼働反対、そして原発ゼロを目指すと言うのですから、本当に再稼働を止められるのかというのは正直不安に思うところも個人的にはあったりしますが、これだけ反原発派の後押しを受けておいてやっぱり再稼働とはさすがにならないでしょう。

となれば、実際のところは

「再稼働に賛成なら花角氏」
「再稼働に反対なら池田氏」

という判断になると思います。

 

あとは安倍さんがどう出るかですかねぇ。選挙応援に安倍さんや小泉進次郎が来るのはインパクトはあっても逆にマイナスダメージになる諸刃の剣。特に安部さんは森友・加計で信用も支持率もガタ落ちですから、花角氏陣営としては来ないでくれって思ってるかもしれません。

個人的には安倍さんが応援演説でブーメラン食らうところを見てみたい気もするけど(笑)

 

さて、新潟県知事選の投開票日は6月10日。期日前投票も始まっていますので、当日都合が悪い方は早めに期日前投票して、県民の意思を示しましょう。めんどくさい・よくわからないって棄権するのはダメですよ~。

 

天領の里へ

本当なら昨年同様ミチノクレトロカーズセッションを見に蔵王までツーリングに行きたかったところでしたが、お家の事情で一日は空けられなかったので代わりにスポーツスターで天領の里まで行ってきました。

お天気よかったので道中も天領の里もバイクがいっぱいいましたね~。

天領の里はこの前カブでも行って、昨日もほぼ同じコースでしたが、この距離ならやっぱりスポーツスターの方がラクです。ただ、往復約140kmの距離はスポのタンクだとけっこうギリ。帰ってきた時はリザーブ寸前くらいでした。カブより航続距離短いって、うーん(汗)

あとねぇ、マフラーもうちょっと元気な音にしたいなって思いました。いい音出して走ってるバイクがいっぱいいたんでね~。爆音はヤだけど、もーちょい自分の耳にも聞こえる程度の気持ちいい音を出したい。ストックの雰囲気を壊さないスリップオンにでも変えようかなぁ。

 

パーセルシェルフ

先日、オークションでType-3用のパーセルシェルフをゲットしまして、試しに仮付けしてみました。

手前側は本来ならブラケットをビス留めして固定するっぽいですが、仮付けで穴は明けたくないのでリビングで使ってたカフェカーテン用の突っ張り棒を一時拝借。長さは1300mm前後とドンピシャで、棒を適当に突っ張らせて、奥側はコラムシャフトにヒモで結んで、あとは微調整してとりあえず仮に取り付けはできました。

で、試運転。

ん~~~、微妙にジャマですなぁ。

足が微妙に当たりそうで当たらなそうでたまに当たる(笑)

付ける位置にもよるんでしょうけど、ダクトホースとかがジャマして思ったより上に上げられないんですね。

あ、突っ張り棒はたぶん走ってるうちに緩んで落ちてくると思うので本番用にはオススメしません。

モノはいいんだけど私の好みとちょっと違ったので仮付けで終わって結局すぐ外しちゃいました。

誰か欲しい人がいたらお譲りしますよ。何ならクルマ丸ごとでも(笑)

 

Honda CRF450L

ホンダがCRF450のストリートバージョン、CRF450Lをこの夏にもリリースするとか。

エンジンはボアストロークは同じままピストンリングを2本から3本へ増やし耐久性アップ。排ガス浄化のエアインジェクションやキャタライザーも装備。ミッションは5速から6速へ変更しストリート向けに。リアホイールは19インチから選択肢の増える18インチにサイズダウン。車重はCRF450Rの112kgから18.8kg増ではあるが130.8kgとそれでも軽量。

保安部品を付けてレーサーであるCRF450系エンジンを少しディチューンとは言いつつ、ほぼレーサーレプリカですよ、これ。

CRF450Rからシート高が20mmダウンしてもまだ940mmもあるし、32000kmでエンジンオーバーホール、1000km毎にエアフィルター・オイル・オイルフィルターを交換というのはレーサーよりはいいけれどストリートバイクとしては結構ハードで、レーサーレプリカしては納得でも普段乗りにはなかなかハードルが高いバイクではないかと。

乗り手を選ぶね!

そんな感じなので私個人は手を出すタイプのバイクではないけれど、このクラスのオフ車を出してくれたのは素直に歓迎。ホンダは大英断だと思いますよ。

アフリカツインじゃデカいし、CRF250では物足りない・・・・400~600ccクラスのオフ車が出ないものかと前々から思っておりました。

理想は新型SRをとっとと開発して21世紀版XT500を出してくれることなんだけど。

ミドルクラスのトレール車って案外需要あると思うんだけどな・・・。

 

 

ホンダもヤマハもおもしろいバイクいっぱい作って~♪

 

ご当地ナンバー

この前のニュースで10月から全国41ヵ所の地域で図柄入りナンバープレート(いわゆるご当地ナンバー)の交付が始まるというのを見ました。

ちなみに我が新潟県では

▲新潟

▲長岡

この2種類が登場。

新潟は萬代橋の夕焼けと朱鷺、長岡は長岡花火をモチーフにしたデザインだそうです。

 

えーと、

個人的な見解ではありますが、

いらなくね?(笑)

 

地元の特色を出そうという気持ちはわからなくもありませんが、クルマのナンバーは限りなく主張しない控えめなもの(できればサイズも小さく)であってほしいのですよ。

いくらクルマをカッコよくしてもナンバーで台無しってこと、よくありますよね。

軽自動車とか特に。

最近は軽自動車でも白ナンバーが増えてきて、白でもOKなら全部白にしてくれぃと思うのは私だけではないでしょう。

 

しかしご当地ナンバーは希望して付けるものなので、いらないって方は希望しなきゃいいだけの話。

困るのは強制的にご当地ナンバーにされるパターン。

お友だちのカブ乗りで三条市に住んでる方がいるんですが、三条市は原付・ミニカー・農耕車のナンバーは強制的にご当地ナンバーにさせられるんだそうです。

三条市の花「ヒメサユリ」

いらねぇ(笑)

無地が選べるなら許せるが、強制的にこんなダサいナンバー付けられるなら三条市には住めないです。

アンポンタン市長は喜んでるんでしょうけど、あの人バイク乗りの気持ちわかってねぇ。

 

もっとクルマ・バイク好きの気持ちを考えて欧米のようなカッコいいデザインのご当地ナンバー作れないもんですかねぇ。