MR流体ブレーキ

東京モーターショーにて曙ブレーキ工業が展示していた「MR流体ブレーキ」というのがなかなかスゴそうです。

曙ブレーキ工業のプレスリリースによれば

近年、交通事故の防止や環境負荷の削減にむけて、クルマの自動運転技術が注目されています。2020年代に普及するとされている自動運転車への対応と、摩耗粉やノイズを出さないといった環境への配慮の実現のため、当社はMR流体を用いた独自の技術により、摩擦ブレーキとは大きく異なる構造のブレーキを提案します。

MR流体(Magneto Rheological Fluid)とは、磁気に反応して特性が液体から半固体へと変化する流体のことで、1960年代から研究されてきた機能性材料です。磁場を加えると、液体中に分散された粒径数ミクロンの強磁性体粒子(鉄粉)が磁界方向に整列して鎖状粒子クラスターを形成し、半固体化します。

MR流体ブレーキは、車両に固定された円盤と、ハブベアリングと一緒に回転する円盤が交互に配置されている間にMR流体が充填される構造で、ブレーキ内部に配置された電磁石のコイルに電流を流し、円盤と垂直の方向に磁界を発生させることで固定円盤と回転円盤の間に鎖状粒子クラスターができます。回転円盤は回転し続けているため、鎖状粒子クラスターがせん断変形を受け崩壊され、隣のクラスターとつながり、また崩壊されるという現象がくり返され、回転円盤に抵抗力が発生します。この抵抗力がブレーキ力となります。

引用:曙ブレーキ、摩擦に頼らない「MR流体ブレーキ」を開発|ニュース|曙ブレーキ工業株式会社

 

えーと、何言ってるのかよくわかりません(汗)

詳しいメカニズムはともかく、従来のドラムブレーキ・ディスクブレーキのように油圧・摩擦を利用しないため、ブレーキパッドがいらない、油圧配管がいらない、ブレーキダストが発生しない、熱が発生しない、電気的にブレーキフィールを調整できる、パッドの交換不要でメンテナンスフリー、などなど、これまでの概念を覆すような新しい発想のブレーキだというのはわかりました。

懸念されるとすれば、原則として電源がいるので通電してないとブレーキが効かないということでしょうか。何かのトラブルで走行中に電源が失われたりしたらこのブレーキのみだと危険かも。あとは見た感じそれなりの重量ありそうなのでバネ下重量の増加とか。

現時点では2020年の実用化、2025年の市販を目指して開発が進められているそうなので、今後の進化に期待ですね。

 


Drift Stick for Focus RS

Ford PerformanceがフォーカスRS向けに「ドリフト・スティック」なるものを発表。

ドリフト・スティックの装着は無加工で、既存のハンドブレーキの上にドリフト・スティックを取り付け、コードを診断ポートに差す程度。ドリフト・スティックに内蔵されたマイクロスイッチがフォーカスRSのABSとリアデフクラッチを制御して後輪をロック、クラッチを踏むことなくテールスライドが可能、というシロモノ・・・・。

いやぁ、バカですねぇ(褒め言葉)

フォーカスRSには標準でドリフトモードが搭載されているのに、更にドリフト・スティックなんてもんを作っちゃって、どんだけケツ流したいんだって(笑)

で、フォーカスRSでドリフトとくれば思いつくのはケン・ブロック。実際にドリフト・スティックの開発にも関わっているそうです。

 

ドリフト・スティックを付ければ誰もがケン・ブロックのようなパフォーマンスができる・・・かはともかく、メーカーがこんなおバカ(褒め言葉)なパーツをホンキで作っちゃうノリが好き。

日本でもGT-Rなんかでこんなの作ってみたらどうなんでしょう。非常識だなんて批判受けるかな。

 

ちなみにドリフト・スティックはアメリカで12月1日から販売開始予定。価格は$999でFord Performanceの販売代理店かオンラインで購入できるんだそう。

Fordが日本から撤退してフォーカスRSも正規輸入されなかったので日本で必要な方はほぼいないかな?

トランプ大統領もせっかく日本に来て貿易赤字解消を要求するならエアフォースワンにフォーカスRSとケン・ブロック乗せてくればよかったのにね(笑)

 


もみじ谷

昨日はヨメさんと弥彦公園に行ってきました。

・・・が、この時期は弥彦神社では菊まつり、弥彦公園では紅葉が見ごろ、さらに3連休とあって現地に着くまで激渋滞。何もなければ自宅から1時間前後のところ、倍以上かかったんじゃないでしょうか。まぁとにかく人・人・人でした。

 

 

写真がヘタクソでいまいち美しさが伝わらないかと思いますが(汗)、なかなかいい紅葉が見れました。

弥彦公園は県内トップクラスの紅葉人気スポットだそうですが、新潟に住んでいながら実は弥彦公園に行ったのは初。

公園内にもみじ谷という文字通り谷に挟まれて木々が生い茂ってる場所があって、谷にかけられた橋の上から見下ろす、谷の下から見上げるなど、高低差や起伏に富んだレイアウトがとても素晴らしかったです。「弥彦公園 紅葉」で画像検索すると私よりよっぽど上手に撮ってるキレイな写真がいっぱい出てきますので気になった方は探してみてください。

これでもう少し人が少なかったらねぇ・・・・。

橋の上なんてスマホで撮ってる人で溢れかえってましたもん。

夜はライトアップもされるそうなのでまた違った雰囲気を楽しめるんでしょうね。

紅葉の見ごろは例年10月下旬から11月中旬くらいだそうなので、まだ行ったことないという方は一度足を運ばれてはいかがでしょうか。

大渋滞覚悟で(笑)

 


ride in autumn

昨日の文化の日はとってもいい天気でしたね。

ということで、午後から久しぶりにスポーツスターで出撃。

適当に山を目指します。

 

 

ガッツリ紅葉・・・ってほどでもないけど、いい感じに秋の景色を楽しめました。

風はそこそこ冷たかったけど着込んでればまだ大丈夫だし。

新潟でバイクに乗れるのも残り僅かだし、こういう日は貴重ですね。

 

そして、エンジンの鼓動を感じながらの走りはやっぱり格別。

ただ真っ直ぐな道でも走ってるだけで気持ちがいい。

スポーツスターに乗ってて良かった!

 

天気が良かったこともあって昨日はバイク乗ってる人がいっぱいいましたね。

ハーレーの集団にも何度か遭遇したけどスポーツスターは見なかったなぁ。

 


泉田さん国会デビュー

 

昨日の特別国会初日にて、先日見事当選した泉田さんが国会初登院。

いよいよ国会議員デビューです。

 

んーとねぇ、正直私はまだ自民からの出馬をうまく消化できてません。

自民からの出馬表明以降、これまで泉田さんを支持してきた人たちの中にも「変節」「裏切り」といった声が多く、やはり原発推進の自民からの出馬と知事時代の言動が矛盾するのではという戸惑いも多く見られます。

泉田さん自身は知事時代と何も変わっていないと言ってますが、そもそも知事時代も反原発だとは一度も言ったことはなく、避難計画やヨウ素剤の配布など県民の安全が守れない=再稼働はできないというスタンスでしたから、選挙期間中も変わってないと言えば変わってないんですけど、泉田さんは昔から言葉にあまり白黒つけないところがあって、反原発と明言しなかった点もそうだし、選挙期間中のインタビューで「現時点では反対」と「じゃあ後に賛成もあるのか」と取られかねない中途半端な発言が多いので、その辺りが支持者が全面的に支持しかねることに繋がってるんじゃないかと思います。

少し意地悪な解釈をすれば、避難計画やヨウ素剤の配布などの不備を変える必要があるというのも、「不備の是正はムリだから原発やめましょう」ではなく、「再稼働できないから不備を緩めましょう」という方向に変える、とも受け取れるわけです。

これまで支持してきた身としてはそうではないことを信じたいところなんですけど、確固たる言葉がないために最後まで信じきれないモヤモヤが消えない。

 

知事時代は県のトップに立ってたわけですからとても強い権限を持っていたのに対し、衆議院議員はいくら国政とはいえペーペーの新米一年生議員でしかありません。最初のうちはたいしたことはできないでしょう。

これからどれだけ味方を増やし、具体的な成果に繋げていけるか。

「中から変える」という言葉が言葉だけで終わらないように、しっかりウォッチしていきましょう。

個人的にはいつか総理大臣になって今の安部政権のようなドス黒い政治じゃなく、クリーンに生まれ変わった自民党のリーダーになった姿を見てみたいですね。