シート&キャリア交換

ケツが半分ハミ出るソロシートをセミダブルにしようかどうか散々悩んだ挙句、結局ソロシートで当面は行くことにしました。

ということで、シートとリアキャリアを交換してみました。

before

 

after

 

シートは2014年リリースのリトルカブスペシャル(スーパーカブシリーズ55周年記念モデル)用のホンダ純正シート。シート後部の千鳥格子柄がハデすぎず地味すぎず、トラディショナルな柄もカブだとなんだか和テイストにも見えてなんかいいかなーと。

この年式だとシートヒンジは一体式で、社外シートの説明書にある「シートヒンジが別途必要です」の意味がようやく目で確認できました。なるほど、そういうことだったのか。

リトル用でも基本的には同じなのでもちろんボルトオン。乗り心地も座り位置も当然変化ナシ。吸盤が死んでた前のシートから変えて「キュポッ」って吸盤の外れる音が出せるようになりました。

外した前のシートはまた違う雰囲気のシートカバーで遊んでみようかな。

 

そして、リアキャリアはリトル用のステンレス社外品。

箱付けたりする人はリトルでもカブ用に変えたり、もっと大きいキャリアに変える人が多いカブですが、私は箱を付ける予定も荷物を積む予定もなく、かと言ってドノーマルのリア周りでキャリアレスもマヌケなので小ぶりなリトル用に変更です。

カブ純正とリトル用を比べるとこんなに違うんですね。

 

最初は純正Usedをリペイントしようと思ってたんですが、ウチの枯れたブルーをリペイントで再現するのも難しいし、シルバーとか黒で塗るのもなんか違うかなーと思ってたところにステンレスの社外品を見つけたので試しに購入。純正でクロームのリトル用があればよかったんですけどねぇ。

しかし、この社外キャリアがなかなかの曲者。商品説明でも「加工が必要な場合があります」なんて書いてたアジアンメイドだったのであまり期待はしてなかったんですが、これが期待を遥か下に裏切る悪精度。フェンダーの幅とは合わないし、リアを決めるとショック上のボルトに半がかり、更にショック側も微妙に幅が合わず、要は全部ダメってこと(汗)

加工してどうにかなるレベルじゃないので諦めて付いたなりのそのまんま。

もしこれからこのキャリア買おうと思ってる方がいらっしゃいましたら・・・

100%オススメしませんっ!(笑)

作りを見るときっとロットによって個体差があるような感じはしますが、満足なレベルになってる個体と巡り合える確率はほぼゼロかと。

素直に純正買えばよかったかなー。でもクロームがないんだよなー。

 

 

何やかんや問題はありつつ、それでも後ろが軽快になって少しスタイリッシュなシルエットになったでしょうか。

現在、キャブセッティングもちょこちょこ変えたりしてるので、それが落ち着いたらレッグも元に戻そうかと思います。

 


CUB&BUGミーティング

昨夜はCUB&BUGミーティングでした。

CUBが6台、BUGが1台、ややVW劣勢ですが(笑)まぁそんなことはどうでもいいのです。元々VWオーナー繋がりで広がってきた輪は乗ってるクルマも住んでる地域も世代もバラバラで、クルマだったり、バイクだったり、何だか統一感あるようで無いような、しかし確実に共通しているのは「楽しい仲間」ということ。

CUBでもBUGでもなくても楽しい時間を共に過ごせる仲間がいること、これこそが最高の財産です。

 

 

しかし、9月でも夜は寒くなってきましたねぇ。

多少着込んではきたけどそれでも寒かった。

それに、東区から白根までカブで行くのはなかなか遠い。

バイパス乗るのが少し怖いので行きはオール下道にしたら50分近くかかったよ。

帰りは空いてたのでバイパス乗ったけど、カブでバイパスはやっぱ怖い。

スポーツスターならその気になればクルマを追い抜くのは全然余裕でも、カブじゃ邪魔にならないように走るのが精いっぱい。出そうと思えば出せるけどあんまりブン回し続けるのも中華エンジンでは少し不安。

まぁのんびり走るのが似合ってるよね。

 

いずれみんなでカブツーリングもしたいね。

 


結局・・・自民から出馬

世間的に今日の大きな話題は新型iPhone Xなんでしょうが、新潟県民にとっては自民党が泉田氏の擁立を正式に決めたことの方が重大。

え、あ、iPhoneも気になりますけど(笑)

正確には現時点で自民党新潟5区支部が擁立を決めただけで、今後県連としての会議を経て自民党本部に公認を要請ということなので正式決定は少し前のめりかもしれませんが、さすがにここまで来てひっくり返るなんてことはないでしょう。

 

この話が出てから私が見る限り泉田氏の自民からの出馬には批判的な声が圧倒的。泉田氏のツイートにはかなり辛口なリプも多かったです。自民党県連内でも疑問の声が多かったくらいですもんね。古賀茂明氏に至っては「ペテン師」「裏切り行為」と痛烈に批判、落選運動の展開も示唆していました。

で、どうなんでしょうねぇ。順当に行けば与党でも野党でも泉田氏の当選はほぼ確実。野党側がよほど強力な対抗馬を擁立できれば少しは風向きも変わるのでしょうが、今のところ候補の名前すら出てこない状態。あとは今回の自民からの出馬に反発する有権者がどう動くか。元々4区の泉田氏が5区から出ることに5区の方からは面白くないという声もチラホラ聞こえるし、重要争点である柏崎刈羽原発の再稼働への姿勢で泉田氏が変節したと受け取られれば「泉田落し」へと流れる可能性も。

私個人としては「与党内でなければ何もできない」という考えに一定の理解もありつつ、今回の補選では泉田氏には落選していただいて「いくら泉田でも原発再稼働推進の自民ではダメ」という新潟県民のメッセージを再認識させる必要があるかな、と。

まぁ、なんだかんだ言って当選は濃厚かと思いますけどね。

自民に擦り寄る泉田さんなんて見たくないなぁ。

ただ、今回の補選が終わっても遅くとも来年12月までには次の衆院選が待ってるわけで、補選で当選してからの間で安部総理に飲まれるような姿を見せればきっと次は無いし、補選で落ちて次は野党から、あるいは4区から、なんてことをすればまたそれはそれで反発が強そう。

某アイドルグループメンバーの結婚発表みたいに、ファンの熱意が強ければ強いほど、期待を裏切った時の代償は大きいのです。

 

今回の出馬劇は泉田氏にとって自らの政治生命を追い込むことになるかも・・・?

 


カブのシート

カブに乗ると私の身長ではどうにもポジションが狭く、いつもお尻半分シートからはみ出して乗るような形になってしまいます。

たぶん、同じような方いっぱいいますよね。

C100がデビューした1958年頃の日本人平均身長を調べてみると、20歳の男性で161~162cmくらい、2000年代になると171~172cmくらいらしいので、10cmほど違うことになります。まぁ昔でも身長高い人はいたでしょうし、この数値がまんまハマるわけではないと思いますけど、平均身長が伸びてる割にカブの乗車ポジションはほぼ変化がないわけで、ウチの息子なんて180オーバーですから私より確実に窮屈なハズです。

で、カブのノーマルのソロシートでは狭いのでもう少し余裕のあるセミダブルにでも変えようかなと思うのですが、カブ用の長いシートであんまりカッコいいのがない。一番ポピュラーかなと思う某ショップらが出してるセミダブルが無難なんだろうけど色や縫製がなんだかイマイチだったり、シート単体で見ると良さそうでも着いてる写真見ると微妙だったり、また別のショップが出してるカッコいいコブラシートなんかもあったりするんだけど、ほぼノーマルのウチのカブにはシートだけカッコ良すぎて違和感たっぷりだったり。今後、ハードカスタムを進めていくならそれもアリだけど、そんな予定もないしねぇ。

そんな感じであれはどう、これはどう、なんて色々考えてみても、結局一番カブらしいのはソロシートかなぁなんてところに落ち着いたり。

シートがソロかセミダブルかでリアキャリアをどうするかも変わってくるしさー。

どこかのショップさん、「カブにはこのシートしかないっ!」ってくらいカッコいいシート作ってくださいな。

 


OVALとの再会

昨日のSENDAI STREET BUG FESTIVALはレポートをアップしましたのでおヒマな方はどうぞご覧ください。

SENDAI STREET BUG FESTIVAL|bug unlimited

 

さて・・・・

昨年の8月25日に新オーナーの元へ嫁いだOVALと約1年ぶりとなる再会。

現オーナーのHさんはとても大切にしてくださってて、私がほったらかしだったヘッドライナーのクリーンナップやFフード内の配線整理なんかもしてくれて、私が乗ってた頃よりキレイになっていたかもしれません。

ドタキャンしたくせに更にブログでdisるような方の元に嫁がなくてホントに良かったと思います(毒)。

 

そして天童と仙台の往復をOVALとランデブー。

自分が乗ってる時は当然自分で走ってる後ろ姿を見ることはないわけで、前を走るOVALを見ていると・・・・・

やっぱOVALカッけぇ

と思いました。

 

Hさんがオーナーになってから大きく変わったのはマフラーがCSP PYTHONになったくらい(騒音対策らしいですw)で、細かいところはHさんの好みでちょこちょこ変更はされていても、色や内装、車高もホイールも前と変わってなかったので、あの姿は正に自分がやりたくてやってきたあの頃のまま。

やっぱOVALカッけぇ

仙台に向う道中がハイランドへ通ってたあの当時とオーバーラップして、思い出と共に懐かしくも切ないような気分になりましたねぇ。

 

いや、手放したことを後悔はしてませんよ。この先Hさんの手によって更なる進化を遂げるOVALの未来も楽しみです。

 

で、Type-3のステアリングを握りながらOVALの後ろ姿を見つつ、もしまたType-1に乗ることがあったら次はどんなスタイルに仕上げるかな・・・・と妄想。

いつかはコンバチという想いもあるし、でもセダンのシルエットも好きだし、セダンならやっぱラグトップは必須だよなー、58以降のスクエアでもいいけどやっぱOVALもいよなー、足廻りはまたピッチ変更してRODLITEとは違うホイールをセットしてみたいかなー・・・・。

あ、フラグじゃないですからね(汗)

VWは子どもが手を離れるまでType-3で大人しくしてます。

 

 

イベント会場では一緒に並べてるのにウチのType-3よりOVALの方が見ていく人・写真撮っていく人が多かったような。

オレが乗ってる時、こんなに見てもらえたか?(笑)

ちょっとOVALにヤキモチ焼いてみたり。

 

やっぱOVALはカッけぇです