そろそろ冬支度?

ついに週間天気予報にも雪だるまマークが出るようになりました。

日曜日の雪、どの程度でしょうかねぇ。

一口に雪って言っても、チラチラ舞う程度なのか、うっすら積もるくらいなのか、ドカッと積もっちゃうのか。

さすがにドカ降りはないと思うけど、山間部では軽く積もる可能性もあるよね。

まだ冬タイヤに換えてないんだけどなー。

Type-3はタイヤすらまだ用意してない。

まぁVWは軽く積もったくらいならノーマルタイヤでも動けるけどね。

それでも油断は禁物。早めに準備しましょう。

 

 

これなら最強なんだけどなー(笑)

 


レギュレーターハンドル

Street VWs JamboreeでゲットしたType-3用レギュレーターハンドル。多少の小傷はあるものの、コンディションとしては良い方ではないかと。

お店の方に聞いたところ、コレは66onlyのハンドルで、その前後ではノブの形や色が違うのでしょうか。よくわかりません。65まではノブの材質が悪くて66以降は改良され、そのため65以前のハンドルはコンディションのいいUsedはなかなか出てこないとも言ってました。根元は65も66も同じなので取り付け自体は問題ありません。

ウチのType-3は購入時に片側がノブが紛失してる状態で、路上復帰までにショップさんのコネクションを駆使して探していただいて、現在は左右共に付いてはいるんですが、元々付いてた方のノブが65オリジナルかはわかんないですけど既にヤバい状態で、ノブが砕ける前に予備が欲しいと探しておりまして、今回無事にゲットできたという次第。

オークションなんかでも探してたんですけど、コンディションのいいType-3用ってなかなか無いんですよね。そのコンディションでどうなん?ってハンドルでも強気のプライスだったり。ハンドルはType-1と共用できないType-3専用パーツで、Type-3用はリプロも社外のカスタムパーツもナシ。65オリジナルに拘らなくてもオリジナルを探さなきゃいけないという、レギュレーターハンドルに限らずType-3ってそんなのばっかり。

スワップミートでType-3パーツ出してた方と話しても「あ~Type-3ってそうですよね」的な返事が多いこと多いこと。「○○を探してる」って言うと「アレはなかなか出ないっすよね~」って。やっぱりType-3経験者は皆さん少なからず同じ道を歩んでるようです。

Type-1や2に比べて絶対的な生産台数が少ないType-3ですからリプロ作っても商業的にアレって事情もわかるんですが、もうちょっと充実してくれるといいんですけどねぇ。

 


Bamboo Leaf Dumpling

Street VWs Jamboreeのイベントレポートをアップしましたのでご興味ある方はこちらからご覧ください。

11th. Street VWs Jamboree | bug unlimited

 

で、レポでも触れている通り、今回のディスプレィテーマが笹だんご。

 

ショーネームにした「Bamboo Leaf Dumpling」

「Bamboo Leaf」は竹の葉、つまり笹ですね。

「Dumpling」は辞書を引くと「小麦粉をねってゆでただんご、果物入り焼き団子」などとなるんですが、団子状のものはDumplingでOKらしい。

で、Bamboo Leaf Dumpling=笹だんご、と。

ただ、笹だんごの英訳としてはたぶんあんまり正確じゃないです。

笹は学術名で「sasa」と呼ばれて世界共通だという話もあるし、leafかgrassのどちらが適しているかという話もあるし、団子もrice cakeやrice ballという表現もあるようだし、いずれにしても笹だんごを見たこともない海外の方に正確に訳すとなると名称というより説明文みたいな訳になりそうだし、そもそも日本独自の食べ物なんだから「sasa dango」でOKという意見もあったり。

まぁ、正確に伝えたいってよりも言葉の雰囲気重視で(笑)

 

もっとも、緑のバリアントを見て笹だんごが頭に浮かんだのは世界でも私一人くらいだろうし、一応ディスプレィ上のストーリーとして、

日本文化に魅せられたオレゴン出身のアメリカ人が日本で和菓子職人として修業を積み、オレゴンに戻って笹だんごを主とした和菓子屋を開業、デリバリー用に選んだのが笹だんごカラーのバリアントだった・・・・

なんてのを考えてたりしたんですが、そんなの誰にも伝わらないわ(笑)

ま、遊びですから。

 

あと、パッケージと一緒に並べたミニパネルは笹福の店内ポップを英語バージョンでアレンジしたもの。

和柄の折り紙を買ってきてヨメさんや娘に折ってもらった鶴やかぶとなどを添えました。

フェイクのもみじも秋らしさがあっていいでしょ?

 

ネタに共感してパッケージ提供など協力してくれた笹福さんには感謝感謝です。

ジャンボリーでは特にアワードもらってませんが、まり豆店長アワードをいただきました(笑)

あ、実際笹だんご食べてみたいって方は笹福オンラインショップでどうぞ。

 

なかなか伝わりにくいディスプレィでしたけど、個人的にはネタ考えたり仕込んだりしてた時間が楽しかったので満足です。

次は・・・・もうちょっとわかりやすいのにしましょうか。

 


Go Odaiba

さて、明日はStreet Vws Jamboree。

久しぶりにエントリーでございます。

最後にエントリーしたのが2010年ですから7年ぶり?

あんまり昔のような気がしないけどずいぶん経ってましたね。

 

 

OVALからType-3に変わって、これと言ってアピールすることもないんですけど、ちょっとしたディスプレィネタも考えてたりするので、ラージエリアで見かけたらラゲッジルームをちょいと覗いてみてください。

キーワードは・・・・新潟銘菓?(笑)

 

今日は早めに仕事を切り上げて、夜にお台場へ向かいます。

 


ホイール交換

先日、Type-3のホイールをSpeed Masterに交換したのでHPにアップしました。

VW Type-3 SQB Speed Master Wheel | bug unlimited

どうでしょう。個人的にはまぁまぁアリかな?と思いますが、せっかくVW専用ピッチがあるのにSpeed Masterってあんまり履いてる人がいないような。人気ないんでしょうかね?(笑)

センターキャップはHPにも書いた通り現在欠品中で入荷待ち。最初MOONEYESのオンラインストアにあった5耳のキャップをオーダーしたんですが、あれって形は似てるけどVW5穴用とは違うものだったんですね。「取付けはセンターハブ穴に押込むタイプ」とは書いてあるけどストアに載ってるキャップは5耳と耳ナシの2種類しかないので完全に思い違いしていました。ストアに載ってるキャップはビス留めっぽく見えてビス頭はモールディングによるダミーで、大きさもVW用より一回り小さかったです。MOONEYESには事情を説明して交換してもらうようお願いしたんですが、キャップがホイールメーカーでも欠品とのことで、納期はまったくの未定。キャップ自体はAmerican Racingなんかと同じサイズらしいのであまり長くかかるようならそれをデカールだけ変えてなんて話もありましたが、オリジナルはウラにMOONEYESの刻印が入ってるからできるだけオリジナルを用意するようにしたいとMOONEYES側からの提案もありつつ、まぁ私はどっちでもいいのでお任せしますということでMOONEYESさんにはご面倒かけて申し訳ないです。

ということでしばし汚れたキャップでガマンですが、どうせジャンボリー終わったらもう冬タイヤに交換だしね。

あとは日曜日が晴れてくれますように・・・・。