スズキ隼・生産終了

スズキ 隼

隼(GSX1300R)がユーロ4に対応できずに生産終了とのことで、規制地域では年内で販売終了、規制が及ばない北米では在庫分は販売継続するも生産自体は終わるので在庫が尽きたら以上終わり、ということみたいです。

隼って言うとデビュー時のインパクトはかなりでしたよね。「300km/h」というはバイクのパフォーマンスにおいて一つの指標で、かつてCB750FOURが200km/hを超えた時のように、いつの時代もバイクは絶対的な速さが求められる一面があり、隼がデビューした時はバイク雑誌でもアウトバーンに隼を持ち込んで実際に300km/h超えのメーターの写真を撮ってたなんてこともありました。現実として日本で300km/h出せる公道は存在しないし、仮に出せるステージがあったとしても日常的に出す速度域ではないし、興味のない人からすればムダでしかない性能なわけですけど、「出せるけど出さない」のと「出したいけど出せない」のは決定的な差で、隼に限らず400ccくらいから上のバイクはほぼ公道で必要以上の性能を有してるわけで、ムダかもしれないパフォーマンスを追い求めるのがバイクのロマンであったりもするわけです。

その点で、今では隼を超える性能を持ったバイクはいくらでもある中で「300km/h」という数字が隼をハイパフォーマンスバイクの一つのアイコン的存在にしていたように思います。

そんな隼もついに生産終了。排ガス規制で終わっていく中の1台になってしまいました。

まぁ、300km/h出るバイクで公道を60km/hで走るのはストレスにしか感じない私には縁のないバイクなんですけど(笑)、アイコン的なバイクが消えていくのはちょっと寂しい気もします。

規制対応して復活はあるかな?




SUZUKI TF125

SUZUKI TF125

こんなのがあるなんて知りませんでした。

いや、過去にTS125とかあったの知ってますよ。

でもこのTF125、今でも「新車」が手に入るんだそうです。

オーストラリアスズキで売ってるんだって。

見ての通りエンジンは2スト。しかも空冷。しかもキャブ。しかも6V。

今のこのご時世ではありえない、化石のようなバイクです。

エンジンかけてる動画見たんですけど、水冷とは明らかに違うベケベケベケ~という空冷2ストならではの音。全体的な作りも前時代的。

マジ化石だわ(笑)

ただ、2ストとは言ってもそこは化石レベル、決して速いということでもないらしい。ファームバイクということでかなりローギアードな設定になってるせいもあるんでしょう。燃費は計った方によれば18km/ℓくらいだそうな。125ccのくせしてスポーツスターより燃費悪い(笑)

ここ何年か125ccクラスの人気が高まってきたせいで昔の125オフ車は軒並みプレミア価格になっちゃってますが、そんなの買うならコレでいいじゃん!って気がしてきました。クロスカブの新車とほぼ変わらない金額だし~。

来春、イっちゃう?




久々の散歩

スポーツスター

昨日は久々にスポーツスターでお散歩してきました。

たぶん・・・乗ったの1ヶ月ぶりとかじゃない?

これからどんどん寒くなる一方だし、日曜日に晴れる機会もなかなか恵まれないでしょうから、短い時間ですけど乗れてよかったです。

でもやっぱり寒かったですね。山の日陰に入るとすげー震える。

またいつものお散歩コースで内の倉ダム方面(ただしダムまでは行かず)まで走って、いつもの酒屋さんで暖かいコーヒーでも飲もうと立ち寄ったら同じくこっちまで走りに来ていたライダーと遭遇。

一人はかなり若そうな青年で乗ってたのがGT380。ご本人は「ポンコツなんです」なんて謙遜してましたけどとってもコンディションが良くてすげーピカピカ。走り去る時の空冷2ストの音がまたたまりませんでしたねー。もう一人はとっくに定年過ぎたであろうおじいちゃん。乗ってたのはホークの250かな?大昔に友人から1万で買ったというホークはこれまた40年前とは思えないコンディションの良さで、子どもが小学生のころからよく後ろに乗せていたんだなんてエピソードも聞かせていただきました。小柄で250でも足がツンツンでしたけど、乗り慣れたホークで軽快に走り去る後姿はいい味出してましたね。

ちょっとした時間のお散歩で、ちょっとした出会い。

短かったけど楽しい時間を過ごせました。




日常域の楽しさ

スポーツスターが楽しすぎて全然飽きないので乗り換えるつもりは今のところ無いにしても、乗ってみたいと思うバイクはいくつかありまして、その内の1台がハスクバーナのスヴァルトピレン401。

スヴァルトピレン401

軽量コンパクトな車体に390DUKE譲りのエンジン。これだけでかなり期待値高くなっちゃいますが、前にこのブログで取り上げた時は動画があまりなかったんですけど、最近は試乗レビュー動画がいくつかアップされていて、それらを見てると単気筒とは思えない怒涛の吹け上がりでヒュンヒュン走るもんだからまぁおもしろそう。ヴィットピレンよりアップライトなポジションで街乗りもラクそうだし、最近スヴァルトピレンにも701が出るというニュースがありましたがこの走りなら401で充分じゃないかと思います。

残念ながら新潟にはハスクバーナのディーラーがなくて試乗も望めないんですが、390DUKEなら乗れる機会が得られそうなので、いずれDUKEでスヴァルトピレンの片鱗を体感できたらな、と考えています。

 

ただ、バイクとしては最高にエキサイティングでおもしろそうなスヴァルトピレン401も日常域ではどうなのか?とも思うわけです。

これまでにもそれなりに速いバイクに乗っていたこともありますけど、そのバイクによって走って気持ちのいい速度やステージというのは違っていて、SSなんかだと日本の一般道では完全にポテンシャルを持て余すわけで、一般道をクルマと一緒に法定速度で走ってる状況なんかはストレスでしかありません。高速道路を100km/hで走ってたとしてもアクビが出るくらい退屈。GPz900Rを降りた時がそんな状況でした。

今まで自分が乗ってきたバイクの中でスヴァルトピレンのスペック的に近いのはR1-Zじゃないかと思います。R1-Zも2ストらしくエキサイティングでおもしろいバイクでしたが、楽しく走れるのは一般公道での速度域よりもう少し上。そして街中よりはやはりワインディングが向いてます。

対して現在の愛車スポーツスターは排気量半分以下のスヴァルトピレンにも追いつけない鈍なバイク(個人の印象です)。回せばそれなりに走りはしますがスヴァルトピレンとはかなり性格が異なります。しかし、バイクの楽しさって排気量や性能だけで決まるものじゃなく、カブにはカブの、SSにはSSの楽しさがあるわけで、スポーツスターというバイクは私にとって街乗りからロングツーリングまで日常域のスピードで常に楽しさを提供してくれるバイクなんです。一般道を走っていればどうしてもクルマと一緒にゆっくり走らなければならないシーンがあり、しかもそれって乗ってる間の大部分を占めていたりします。水冷250ccくらいの性能があればビューンと追い抜いていけちゃいますけど、スポーツスターに乗ってるとクルマと一緒のゆっくりペースでもエンジンの鼓動だけで充分気持ちいい。5速で気持ちいい最低限のスピードはありますが、それ以上であればひたすらのんびりクルーズしてるだけでいいんです。そんな私を速いバイクがビュンビュン追い抜いていっても「慌てない慌てない」と一休さんのごとくマイペースでいられます。もちろんワインディングでのちょっと高めの速度域でも楽しいし、とにかく常識的なスピード域で常に楽しいバイクがスポーツスターなのです。

当然、同じスポーツスターでも乗る人によって感じ方は違うでしょうから、私よりもっとハイペースで走る人もいっぱいいます。スポーツスターにはそれも受け入れるキャパがあり、走るシーンやスタイルなどを選ばない懐の広いバイクではないでしょうか。

今でもまた乗りたいと思う250TRも似た感じですね。絶対的なパワーの低さはいかんともしがたいところなんですが、遅いなりに気持ちいいスピードで走ってるととにかく気持ちいい。エンジンフィールの心地良さはスポーツスターにも通じるものがあります(なのでロングストロークエンジンに異様に固執しちゃうのですが)。軽くてドコにでも行けちゃう気軽さも良かったですね。

だからスポーツスターって全然飽きないんです。

 

そんなことを考えていると、やっぱりスヴァルトピレンは自分の日常での使用を考えるとややスパルタン過ぎるような気がしてます。701なんて尚更持て余すだけでしょう。

でも、バイク乗りとして速さを否定することはないし、スヴァルトピレンはとても魅力的なバイクなので、もし状況が(要はヨメさんの目w)許すならスポーツスターを残したまま増車が理想。あとはカブともう1台250ccのオフ車があると最高。一人で4台ですか(笑)。

離婚されないように妄想だけに留めておきます・・・・。




YAMAHA Ténéré 700

Ténéré 700

前からウワサになっていたテネレがミラノショーのカンファレンスイベントで市販バージョンと思われる姿で発表されました。

Ténéré 700

ショーモデル・コンセプトモデルのような非現実的な要素は皆無で今すぐリリースできそうな完成度。

 

Ténéré 700

エンジンはテネレ700の名前からわかるようにMT-07ベースの水冷パラツイン689cc。オフロード向けにセッティングを変えてたりするんでしょうか。フレームはMT-07と共用ではなく新設計された専用のダブルクレードルです。

 

Ténéré 700

個性的なLED4眼ヘッドライトはハイ・ローそれぞれ2灯。ラリーモデルっぽいスクリーンはフェアリング性能高そうですね。

 

Ténéré 700

メーターもラリーモデルっぽい縦型のマルチファンクションディスプレィ。燃料タンクは16リットルを確保し、350kmを超える航続が可能だとか。

気になるリリース時期はヨーロッパでは2019年後半を予定しているそうですが、日本への導入やその時期についてはまだ発表がありません。でもきっと日本でも出すよねぇ。競合するであろうアフリカツインも結構売れてるみたいだし、国内でもビッグオフローダーの需要ってそれなりにあると思います。

 

ロングツーリング目的ならこういうモデルいいですよね。アップライトなポジションと余裕のパワーでラクラククルーズ。未舗装のキャンプ場でも難なく入っていけるし、林道や砂浜でもかなり走れそう。

ただねー、水冷ツインってところが私としてはNotかなぁ。これは完全に個人的な好みなんだけど、やっぱ空冷シングルエンジンのオフローダーが欲しい。ってか、前から言ってるようにXT500を復活させてほしいのですよ。ドッカンドッカンと荒々しい振動に揺さぶられながら大地を爆走したい!そんな私の願いを叶えてくれるモデルがいつか現れるのでしょうか・・・・。