オイル交換

すっかりバイクに乗るのに気持ちいい季節になったということで、スポーツスターも本格始動。

いや、今日から乗り始めたんじゃなく、少し前からちょいちょい乗ってはいたんですけどね。

たいして遠くに行ってるわけじゃないし、そんな距離だとわざわざ写真も撮らないですし。

ということで、今日はオイル交換をしてもらいにCORE CREWさんへ。

オイル交換した後ってなんだか気分的にも気持ちいいし、エンジンもまろやかになった気がします。

目前に迫ったGWはスポーツスターでちょっと遠出してみたいですね。

 

 

春っぽく、菜の花をバックにスポーツスター。

菜の花ってなんかヘンな臭いがするね(笑)

 


エストレヤ終焉

この前、モンキー生産終了という悲しいニュースがあったばかりなのに、今度はカワサキのエストレヤも生産終了というニュースを今朝目にしました。

生産終了の理由はモンキーと同じく排ガス規制への対応ということらしく、1992年とデビューはカブ系エンジンよりずっと新しいものの、設計が25年前の空冷単気筒では21世紀の環境性能を乗り越えるのは難しいということなのでしょうか。

モンキーと同じく、エストレヤも絶対数は多くないにしても決して売れないバイクじゃないんですけどねぇ。

 

このブログを以前から読んでる方なら私が今のスポーツスターの前にエストレヤの兄弟車である250TRに乗っていたのをご存じかと思います。エストレヤのデビュー当時はあの独特のエンジン左側の造形があまり好きにはなれず、エストレヤに興味はあまり持ってなかったんですが、同じエンジンを積む250TRに乗ってみると非力ながら250ccとは思えないテイストフルなエンジンフィールにすっかり魅了され、手放す時も非常に後ろ髪を引かれる思いをしたものでした。その250TRも2013年にひっそりと生産終了になってしまい、そしてついにエストレヤまで・・・・。

もうね、騙されたと思って乗れるうちに一度乗ってみて欲しいですよ、エストレヤ or 250TRに。全ての人がいいと思うとは限らないかもしれないけど、あのエンジンフィールはきっと目から鱗。正に私がそうでしたから。ホンダやヤマハの空冷単気筒も経験したことありますけど、それらとは全然違います。いわゆる「単気筒らしさ」の感覚で言えばSR400より上かもしれません。ビギナーもベテランも、借りてでもいいから一度は体験して欲しいカワサキの名エンジンです。

カワサキが今後、新世代のエストレヤを作るのか・・・作らない確率の方が高いかなぁ。カワサキに限らず、味のあるエンジンがどんどん消えて、環境性能はいいけど電気モーターみたいな味気ないエンジンばかりになっていくのでしょうか。

もうこのテのバイクで最後の砦はSR400くらいになってしまいました。SRはヤマハにとってホンダのモンキーくらいに重要な位置付けのモデルでしょうから簡単に生産終了にしないと願うばかりですが、そのモンキーですら生産終了となってしまうくらい厳しい排ガス規制への対応となれば、SRもそう長くない運命かもしれません。

バイクが売れない売れないとメーカーが嘆く昨今ですけど、魅力的なモデルがこうもどんどんと無くなっていけばそりゃバイクも売れなくなりますわ。

 


ホンダ・モンキーが生産終了・・・・

 

なんと、ついにモンキーが生産終了というニュース。

つい最近、50周年記念モデルが発表されたってのにねぇ。

今年の8月末での終了らしいです。

ホンダ二輪のアイコン的バイクで、モンキーとカブだけは終わることないと思ってたんですけど~~っ。

生産終了の理由は例によって排ガス規制。カブ系OHCはエコノミーなイメージが強いんですけど、それでも年々厳しくなる排ガス規制を乗り越えることはできないってことですか。まぁ開発コストや採算性の問題もあるんでしょうね。50cc売れてないし。

ということは、同じエンジンのカブも近々終了ってこと?カブはモンキーより代数的な需要あると思うけどなぁ。排ガス規制はエンジンの問題なんだからカブが存続できるなら車体の違うモンキーだって大丈夫なハズだし、モンキーがダメならやっぱカブ系OHCが終了ってことになるよねぇ。

鬼のように良好な燃費で、排出ガスの総量からしてみれば極僅かなのに、規制をクリアできなくて生産終了になるのって本末転倒な気がします。規制をクリアしててもカブ系エンジンに勝る燃費を発揮するエンジンなんてほとんどないのに~。

あぁ、なんか不条理。

 

50周年アニバーサリーモンキー、記念に買っておこうかな・・・・。

 


2017 初ライド

今日の新潟市は気持ちよく晴れてました。

お昼頃の気温は10℃ほど。

となれば、

 

 

今年初乗りしてきました。

去年の暮れに乗ったきり、ずっとほったらかしだったんですが、エンジンはセル一発で始動。少し長めの暖機で充分暖めてから海を目指してお散歩です。

10℃じゃまだ暖かいとは言えないものの、冬ジャケットに冬グローブ、更にウィンドシールドも付いてりゃ耐えられないほどの寒さじゃありません。

言うまでもなくスポのエンジンフィールは最高。

ただ走ってるだけで気持ちいい。

 

同じ事考えてた人も多かったようで、今日はたくさんのバイクとすれ違いましたねー。

本格シーズンインにはまだちょっと早いかもしれないけど、いよいよバイクに乗れるようになってきたかと思うとワクワクしますね。

もう少し暖かくなったらオイル交換しよーっと。

 


Ducati Scrambler Desert Sled

 

DUCATIスクランブラーに「Desert Sled」というモデルがラインナップに加わりました。

名前の通りスクランブラーは既にオフ要素を含んだモデルなんですが、よりオフロード色を強めたモデルということで、フロントはアップフェンダーにして18インチから19インチへ、タイヤはブロックパターンのピレリ・スコーピオン・ラリーSTRに変更、前後サスもロング化によってトラベルを増やしています。

 

 

PVを見るとかなりハードに走りこめる感じだけど、プロライダーですからねぇ。

エンジンはDesert Sledを含むスクランブラー全モデルでユーロ4に合わせたリセッティングが行われ、スムーズな特性に改められたとのことですが、前にICONに乗った印象からどれほど変わったのか興味深いですね。PVのようなハイペースではなく、のんびりトコトコレベルでもストレスなく乗れるセッティングになってくれてると、スクランブラーのキャラクターによりマッチしたエンジンになると思うので、もし機会があれば乗ってみたいです。

あとは国産メーカーでもこういうモデルが増えるといいんだけど・・・・。