Pray for Taiwan

7日に発生した台湾東部地震。ニュースで傾いた建物の映像を見た時には過去の地震の記憶も混ざって背筋が凍るような思いがしました。現地ではまだ余震も続いていて、行方不明者の捜索・救助活動も思うように進められないでいるようです。

私たちが現地に行って救助活動というわけにはいきませんが、地震発生直後から義援金への協力の呼びかけが始まっています。

東日本大震災の時には総額200億円とも言われる義援金を寄せてくれた台湾。今こそ日本もできる限りの協力をしましょう。

ただし、ここで注意するのは義援金の送付先。東日本大震災でも横行したように義援金を騙った詐欺が今回も起こる可能性が高いため、信頼できる機関に送る必要があります。

一番確実なのは日本赤十字社と言われてますが、店頭や街頭、団体などの間にワンクッション入るものは確実に被災者の元に届くのか注意が必要です。それ以外の団体や日本以外の赤十字社も信頼できるところか事前に調べてからの方がいいです。

この記事を書いてる時点ではまだ日本赤十字社で台湾東部地震への義援金募集は始まっていないようですし、現地も救助活動最優先で今すぐ義援金という状況には至ってないと思われますので、信頼できる窓口ができるまで慌てず待つのが今はベターかもしれません。

検索すると色々出てきますので、事前に情報を集め、あなたの善意が誰かの懐に入ってしまわないように、ちゃんと被災者に届くように、台湾を支援しましょう。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。