コンビニから成人誌が消える?

先日、イオン傘下のコンビニ「ミニストップ」で成人誌の取り扱いをやめるというニュースがあり、今後はミニストップだけでなくスーパーやネットでの販売もやめていく方針なんだとか。

これねぇ、私は大賛成ですよ。

他のコンビニ各社も追随してほしい。

まぁ、もうおっさんですけど一応私も男ですから、成人誌そのものを否定はしません。しかるべき場所で売る分には(内容にもよるけど)問題ないかと思います。

ただ、コンビニのあのコーナーだけは随分前から違和感アリアリで、子どもと一緒にコンビニ寄ってついでにトイレ、なんて時には否が応でもあの前を通らなければいけませんから、なんとかならんもんかと前から思っていました。

コンビニとしてもそれなりに需要があるから置いているんだとは思いますけど、ソレ系の本屋でよくある「のれん」の向こうみたいに、それを求めている人が自らの意思でそこに行くのは全然問題ないですけど、それを求めてもいない人の意志と関係なくそれを見せられるというのはある種テロみたいなもので、例えばYahooのトップページにいきなりアダルトの広告が出たら好ましく思わない人が多数かと思いますけど、アダルトサイトに自ら訪れてそこにアダルトな広告があってもそういうもんだと思うじゃないですか。それと変わらないことだと思うんですよね。

コンビニは一企業の一店舗ですからそこで何を取り扱うかは外部がとやかく言う事ではないかもしれませんが、公共性の高い店舗ですからやっぱりそのあたりの配慮はした方が良いかと。

私はCDレンタルでたまにDMM.comを利用しますが、DMMはアダルト商品も扱っていながら一般のトップページにはそれ関係の広告を一切出さず、R18への入り口は探さないとわからないくらいにひっそりしてます。どちらもビジネスとしては重要だけどニーズが異なる客層は双方に不快にならないように棲み分けするようにしてるんですよね。蔦谷書店のオンラインサイトも似た感じですけど、DMMの方が更に徹底してるように感じます。

ネットならサイトを分ければ済む話も実店舗のコンビニではなかなか難しいし、まさかのれんをかけるわけにもいかないでしょうしねぇ。どちらかを天秤にかけて取捨選択するのは致し方ないかと。

そもそもコンビニでエロ本買うのってかなり恥ずかしくない?そういう本屋に行ったなら今さら恥ずかしがってどうするですけど、コンビニのレジに持っていく段階で相当恥ずかしいし、持ってこられた店員さんも(女性なら尚の事)恥ずかしいと思うんですけどねー。そういうプレィを好んでしているようならそれってもはやセクハラです。

私の青春時代はネットなんてなかったですから、バレずにこっそりネットで注文できる現代はかなり恵まれてると思いますけどねー。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。