MR流体ブレーキ

東京モーターショーにて曙ブレーキ工業が展示していた「MR流体ブレーキ」というのがなかなかスゴそうです。

曙ブレーキ工業のプレスリリースによれば

近年、交通事故の防止や環境負荷の削減にむけて、クルマの自動運転技術が注目されています。2020年代に普及するとされている自動運転車への対応と、摩耗粉やノイズを出さないといった環境への配慮の実現のため、当社はMR流体を用いた独自の技術により、摩擦ブレーキとは大きく異なる構造のブレーキを提案します。

MR流体(Magneto Rheological Fluid)とは、磁気に反応して特性が液体から半固体へと変化する流体のことで、1960年代から研究されてきた機能性材料です。磁場を加えると、液体中に分散された粒径数ミクロンの強磁性体粒子(鉄粉)が磁界方向に整列して鎖状粒子クラスターを形成し、半固体化します。

MR流体ブレーキは、車両に固定された円盤と、ハブベアリングと一緒に回転する円盤が交互に配置されている間にMR流体が充填される構造で、ブレーキ内部に配置された電磁石のコイルに電流を流し、円盤と垂直の方向に磁界を発生させることで固定円盤と回転円盤の間に鎖状粒子クラスターができます。回転円盤は回転し続けているため、鎖状粒子クラスターがせん断変形を受け崩壊され、隣のクラスターとつながり、また崩壊されるという現象がくり返され、回転円盤に抵抗力が発生します。この抵抗力がブレーキ力となります。

引用:曙ブレーキ、摩擦に頼らない「MR流体ブレーキ」を開発|ニュース|曙ブレーキ工業株式会社

 

えーと、何言ってるのかよくわかりません(汗)

詳しいメカニズムはともかく、従来のドラムブレーキ・ディスクブレーキのように油圧・摩擦を利用しないため、ブレーキパッドがいらない、油圧配管がいらない、ブレーキダストが発生しない、熱が発生しない、電気的にブレーキフィールを調整できる、パッドの交換不要でメンテナンスフリー、などなど、これまでの概念を覆すような新しい発想のブレーキだというのはわかりました。

懸念されるとすれば、原則として電源がいるので通電してないとブレーキが効かないということでしょうか。何かのトラブルで走行中に電源が失われたりしたらこのブレーキのみだと危険かも。あとは見た感じそれなりの重量ありそうなのでバネ下重量の増加とか。

現時点では2020年の実用化、2025年の市販を目指して開発が進められているそうなので、今後の進化に期待ですね。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。